ドラッグストアで働いている女性で転職希望者は少なくありません。

ですが、ドラッグストアから転職する場合にどのような転職先があるのか悩む人も多いです。

本記事では、ドラッグストアから転職する場合のポイントを紹介します。

ドラッグストアでの勤務経験がある方ならではのスキルも見てみてください。

Contents

ドラッグストアから転職したい女性の悩みは?

悩みがある女性

ドラッグストアで働いている女性は多いイメージがありますが、なぜ転職を希望するのでしょうか。

ドラッグストアから転職したい女性の悩みはどんなものがあるのか、まずはそれを見てみましょう。

人間関係のストレス

さまざまな企業で、離職理由の上位を占めている「人間関係のストレス」ですがドラッグストアも例外ではありません。

接客をしながら、レジ打ち・商品の陳列・在庫管理などドラッグストアは業務が非常に多いです。

また、登録販売者に確認が必要なことがあるなどスムーズにいかないケースも多くあります。

そんな忙しい業務を日々長時間こなしているため人間関係がギスギスしているという悩みを多く聞きます。

登録販売者の資格が取得できない

勉強

ドラッグストアの店員のキャリアアップの1つとして「登録販売者になること」ということがあります。

登録販売者になることで給与アップを望むことも可能です。

ただし、登録販売者になるための試験はとても難しく、全国平均でも合格率は40%~50%となっています。

都道府県が開催しているため、地域によって差はあります。

ただ、日々忙しい業務をこなしながら登録販売者の試験勉強もするとなると疲弊してしまうのです。

結果、チャレンジはするもののなかなか受からずモチベーション低下につながるという悪循環が生まれてしまいます。

 

ワンポイント
 登録販売者になるとキャリアアップを目指すことはできます。
ただし、登録販売者の試験の合格率は全国で40%~50%程度となっています。

複雑な業務と役割の多さ

ドラッグストアの商品は多岐に渡るジャンルがそろっています。

「安いから」といって食料品や靴下などもドラッグストアで買うという人も多いでしょう。

それに加え、第2医薬品など薬剤師でないと取扱いができない商品も交じっています。

商品の在庫管理や陳列など、単純作業のように見えますが実は気を付けないといけないことはたくさんあります。

接客中にも、薬剤師に頼まないといけないことか否かを常に意識して回答しなければなりません。

ドラッグストアの業務は、気を付けることが多く思っているよりも複雑です。

本来自分がしてはいけない業務を行ってしまうなどあってはならないことが多いため、非常に神経を使います。

ドラッグストアの正社員の平均年収や待遇

お金

ドラッグストアの正社員の平均的な年収は、300万円~450万円ほどといわれています。

登録販売者の資格を持っていたとしても、400万円前後が相場です。

とても安いとまではいいませんが、決して高いともいえない平均年収となっています。

また、待遇についても最低限の福利厚生などはあるにしても、休日を取りにくいのが現状です。

多くのドラッグストアは定休日がなく、ほぼ年中無休で営業しています。

ドラッグストアは薬だけでなく、食料品から介護用品など幅広く商品展開をしているところが多いです。

そのため業務は非常に多く、休みがとりづらい特徴があります。

休みがとりづらいと、ワークライフバランスに影響が出ると悩む女性は多いです。

辞めたくなくても辞めざるを得ないという方も少なくありません。

さまざまな企業でもいえることではありますが、休みが少なく拘束時間が長いドラッグストアならではの悩みです。

 

ワンポイント
ドラッグストアでの勤務は、休みが少なく拘束時間が長いという特徴があります。
そのため、ワークライフバランスを取りにくいと悩む女性は多いです。

ドラッグストアでの経験が活かせる職種

ガッツポーズ

では、ドラッグストアでの経験を活かしてどんな職種につけるのでしょうか。

「自分はドラッグストアでの経験しかないからスキルがあまりない」と考える女性も少なくありません。

ですが、よく考えるとドラッグストアでの勤務経験というのはさまざまなスキルを身につけることができます。

それらのスキルを活かして他の職種に転職することは不可能ではありません。

販売職

ドラッグストアでの接客経験を活かせば、販売職で活躍することが可能です。

ドラッグストアでは「この商品はどんなものなのか」というような商品アピールが必要な接客も多いでしょう。

そういった経験から、いい商品をアピールして買ってもらうというスキルが自然と身についているはずです。

医薬品の営業職

ドラッグストアで働いていると、医療品に詳しくなります。

その知識と、先ほども解説したように商品をアピールするスキルを活かし医療品の営業職という選択肢もあります。

医療品の営業は、自社メーカーの医療品をドラッグストアにおいてもらえるように営業する仕事というイメージです。

相手先企業はさまざまですが、ドラッグストアでの接客経験を活かし営業職に就くこともおすすめです。

調剤薬局

調剤薬局の女性

医療品の知識を活かし、調剤薬局で働くというのも1つの手です。

調剤薬局は、薬剤師しか働けないわけではありません。

薬剤師の補助として窓口やレジ業務を行ったり、商品の陳列や在庫管理をしたりするなどの仕事があります。

こういった仕事は、いままでドラッグストアでしてきたことと共通するものが多々あるのです。

そのため、調剤薬局への転職はスムーズに新しい仕事に入りやすいというメリットがあります。

また、調剤薬局は病院の近くに併設されているケースが多いです。

そのため、病院の患者様の多くがその調剤薬局に来てくれると考えると経営についても比較的安心です。

ドラッグストアから異業種・異業界へは転職しやすい?

考える女性

ドラッグストアでの勤務経験は、主に以下のようなスキルを身につけることができます。

  • 接客
  • 在庫管理から発注・納品
  • 売り上げ管理
  • 薬の知識

これだけ見ても、他の業種や業界で活かせるスキルは十分にあるといえます。

ドラッグストアから転職する場合、そのスキルをあらゆる業界から大歓迎されるというわけではありません。

ただ、これからのスキルを転職先にどう活かせるかをしっかりアピールできれば、十分に転職は可能です。

異業種・異業界での転職先

女性、仕事

ドラッグストアから転職する場合で、異業種や異業界に転職する際はどんなものがあるでしょうか。

異業種・異業界にチャレンジしてみたいと思う人はぜひ参考にしてみてください。

小売業

先にも解説した通り、ドラッグストアでの接客経験は1つの商品を販売するというスキルに長けています。

そのため、小売業に挑戦するという手もあります。

小売業はノルマがあるところが多かったり、なかなか成果を出しにくかったりというイメージが多いかも知れません。

ですがその分達成感につながりやすいことや、給与アップが望めるというメリットもあります。

人材育成に関わる職種

ドラッグストアの店員として、お客様だけでなく店長や薬剤師などさまざまな人と関わってきたと思います。

そのスキルを活かし人材育成にかかわる職種にチャレンジすることもいいでしょう。

ドラッグストアで培ったコミュニケーション能力を発揮することができれば、人材育成の職種も無理ではありません。

転職を成功させるためのポイント

ポイント

では、転職先のイメージが少しずつついてきたところで、転職を成功させるポイントも紹介します。

同じ企業に応募したとしても、しっかりと転職準備ができているか否かで合否は変わります。

これから紹介する3つのことをまずは考えてみてください。

自分のしたいことは何かを決める

まずは、自分が次の仕事で何をしたいのかを考えましょう。

それがはっきりしないとまた転職を繰り返す羽目になりかねません。

自分は今どんなことに不満があり、次はどんなことをしたいと思っているのか、整理してみましょう。

待遇面の条件を考える

次に、転職先企業に求める待遇面の条件もしっかりと洗い出しましょう。

女性ならではの妊娠・出産などのライフプランなどもしっかり考えてみてください。

それらに対応する福利厚生や制度は整っているかということも非常に重要です。

もちろん、結果的にみて転職先にすべての希望が通るとは限りません。

ですが、まずは自分が希望する待遇面を広く考えてみましょう。

その上で、どうしても譲れないもの、出来ればあってほしいもの、というふうにランク付けしてみましょう。

これをするだけで、転職先探しがとてもスムーズになります。

転職活動を始める時期を見極める

転職活動は、現職を離職してからする方法と現職と並行しながらする方法があります。

現職を離職してから転職活動する場合は、転職活動がしやすいというのが最大のメリットです。

転職エージェントとの面談や、応募先企業との面接の段取りがしやすいからです。

ただし、転職先がすぐに見つかるとも限りません。

その場合、金銭面とブランク期間が大きくなるというデメリットがあります。

現職と並行しながら転職活動をする場合はその逆です。

金銭面やブランク期間ができてしまうという悩みはない反面、転職活動が忙しくなります。

現職の人手がどれだけ足りているかによっても、転職活動の時期というのは判断が難しいでしょう。

まずは転職エージェントに相談し、先に離職するべきかを相談してみるのもおすすめです。

 

ワンポイント
 転職活動を始める際には、しっかりとした事前準備が必要です。
忙しいなかとは思いますが、紹介した3つのことをしっかりと実践しましょう。

転職理由・志望動機を考える際の注意点

注意

ドラッグストアから転職する際、転職の理由や応募先企業への志望動機を考えなければなりません。

転職理由・志望動機を考える際の注意点についても紹介します。

前職の悪口やネガティブな内容は書かない

先に解説したようにドラッグストアを離れる女性の理由はネガティブなものが多いです。

それでなくとも、転職理由や志望動機はどうしても前職の不満などネガティブな内容になりがちです。

ただし、それは応募先企業には関係ないことですので、それを書いてしまうと悪印象をあたえてしまいます。

転職理由についても、それを「愚痴っぽい」といったネガティブな捉え方をされないよう表現に注意しましょう。

できるだけポジティブな表現に言い換え、それを打開するために今回応募したというストーリーを作りましょう。

これまでの経験がどう活かせるかを考える

悩む女性

繰り返しになりますが、ドラッグストアで培ってきたスキルというのはたくさんあります。

それらをどう活かし応募先企業に貢献できるかをしっかりと考えてみてください。

具体的に働いている姿を想像し、自分はどれだけ役に立つことができるのかを説得的に説明することが大切です。

根拠を持たないアピールでは意味がありません。

「前職ではこんな仕事をしていた、御社ではそれを活かしこんなことができる」と具体的に伝えることが大切です。

自己PRのポイント

面接ではきはき話す女性

これまで紹介してきたとおり、ドラッグストアでの勤務経験はとても多くのスキルを身につけられます。

日々の忙しい業務にかられ、気づきにくいかもしれませんがそのスキルはさまざまな業界で活かすことができます。

自己PRには、自分が一番得意とするスキルは何か・どう応募先企業で活かしていきたいかを意識しましょう。

視野を広く持つと今まで何気なくやってきた業務も、他の業種にも活かせるものがたくさんあることに気が付きます。

紹介してきたように、それらをしっかりとまずは整理して、あとは自信をもって自己PRしていきましょう。

 

ワンポイント
 自分の強みは何か、それをどう応募先企業で活かせるかをしっかり考えましょう。
自身をもって応募先企業に伝えることで、説得力が増します。

ドラッグストアからの転職なら転職エージェントに相談しよう

転職エージェントとの面談

ドラッグストアでの勤務は忙しく、なかなか思うように休みも取れません。

勤務時間も長いため、転職活動も思うように進まないという悩みも多く聞きます。

ドラッグストアから転職したいと思ったら、まずは転職エージェントに相談しましょう。

転職エージェントに相談しておけば、希望にマッチした求人を代わりに探してくれます。

また、実際に企業に応募する際にもさまざまなサポートを受けることができます。

意外と大変な書類の作成から面接の練習など、多くのサポートを受けながら効率的に転職活動をしていきましょう。

まとめ

外回りする女性

ドラッグストアは大手から子会社・個人経営まで幅広く展開されており、街にたくさんあります。

並んでいる商品も非常に豊かで、人々が集まる一方で従業員の負担は増すばかりです。

そんなドラッグストアから転職したいと考えたら、まずは今回紹介してきたように転職の準備をしましょう。

「ドラッグストアしか経験していない」という方も自信をもって転職活動をしてください。

まずは、自分がどんな仕事に就きたいか転職エージェントと一緒に考えながら、転職活動に励んでください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら