転職エージェントの担当者と相性が合わないことで「転職活動がストレス」という悩みをよく耳にします。

「相性が悪いというだけで担当者を変えてもらうことはできるのか」と悩んでいる人も多いでしょう。

もちろん、人と人の話ですから相性の良し悪しがあるのは当然です。

ただ、転職エージェントと一言でいっても経歴や方針など個人差があるのは当然です。

そこがいかに自分自身とマッチするかどうかで今後の転職活動のペースを左右するといっても過言ではありません。

本記事では、転職エージェントの担当者と合わないと思ったときの担当者変更の方法や良い担当者の見分け方を解説します。

Contents

転職エージェントの担当者変更の方法を解説

指示帽を持つ女性

転職エージェントの担当者は、転職サイトに登録するとまずは自動でつくケースが多いです。

「あなたの担当は私です」というふうに連絡があるため、その人とずっと転職活動を共にすると思いがちです。

もちろん、問題なければそのままで構わないのですが、相性が合わない場合ももちろんあります。

転職エージェントの担当者からのレスポンスが遅い、求めている回答と違うなど状況はさまざまあります。

そんなときは、担当者変更をお願いしても構わないのです。

転職エージェントの担当者変更はしても問題ない!

OKを出す女性

先ほどもお伝えしましたが、転職エージェントの担当者変更はお願いしても全く問題ありません

転職活動はスピード勝負の面を持っています。

年齢制限だったり、離職してからの転職活動の場合はブランク期間を開けたくなかったりする場合もあるでしょう。

転職エージェントと相性が合わないという理由で転職活動がスムーズにいかないのは非常にもったいないことです。

なかには、担当者変更を申し出することは「担当者に申し訳ない」と思う方もいます。

「変更を申し出ることで担当者に何かペナルティが課せられるのではないか」という心配でいえないという声も聞きます。

それは社内の話ですし、相性が合わないだけで転職エージェントの担当者が必ずしも仕事ができないというわけではありません。

人と人のやり取りというのは相性の問題がありますから、必ずしも指導が入るわけではありません。

転職エージェントの担当者と合わないと思ったり、変更してほしいという気持ちが出てきたりしたなら躊躇せず申し出ましょう。

 

ワンポイント

転職エージェントの担当者の変更を申し出することは悪いことではありません。

必要な場合は、思い切って伝えましょう。

転職エージェントの担当者変更の方法

解説する女性

では、実際に転職エージェントの担当者と合わないと思ったらどうしたらいいのでしょうか。

転職エージェントの担当者変更の方法について紹介していきます。

転職エージェントの担当者変更を申出する場合のパターンは主に3つあります。

メール

転職エージェントの担当者を変更するのに、「直接伝えるのはちょっと気が引ける」という方は多いです。

「あなたは嫌です」とはっきり伝えるのはなかなか勇気がいることでしょう。

そんなときは、メールで伝えることが可能です。

多くの転職エージェントでは、電話だけでなくメールで求人紹介をしています。

そのため、いつも連絡を取り合っているメールにその旨を伝えると良いでしょう。

どうしても本人に送るのは気が引けるという場合もあるでしょう。

そんなときは、転職エージェントの公式サイトから問い合わせメールを送っても大丈夫です。

電話

もちろん、電話で担当者変更を申し出することも可能です。

その場合はメールよりも、どういった理由で変更をお願いするのか気持ちが伝わりやすいでしょう。

今の転職エージェントの担当者との問題点がきちんと相手に伝われば、相手側も次につける担当者を選びやすいです。

WEBサイトで手続き

パソコンを触る女性

中には、WEBサイトで担当者変更の申し出をできる転職エージェントもあります。

その場合、転職エージェントの公式サイトに直接アクセスしてみてください。

WEBサイト上で依頼する場合は、どういった理由で転職エージェントの担当者を変更してほしいのかしっかりと伝えましょう。

それをしっかりと伝えなければ、次に就く担当者も同じような人になりかねません。

きちんと「今こういう状態だから変更してほしい」「本当はこういうふうにしてほしい」と自分の希望を伝えましょう。

 

ワンポイント

 担当者変更の方法は、メール・電話・WEBサイトで手続きの3パターンです。

どの場合でも、自分の希望をきちんと伝えるようにしましょう。

転職エージェントの担当者変更の具体例

困った女性

ここまで、転職エージェントの担当者との相性が合わないなどの理由での担当者変更の話をしてきました。

ですが、実際に「こんな理由で担当者変更を頼んでいいのだろうか」と悩む人もいるでしょう。

「こんな些細なことで頼んでいいのだろうか」「その後の処遇が変わったりしないだろうか」と悩む女性は多いです。

より具体的なイメージが沸くよう、具体的なエピソードを2つ紹介します。

向こうからは連絡が来るがこちらからの連絡には返事が遅い

よく聞く悩みのパターンは「求人紹介のメールはたくさん来るのに、こちらから質問しても返事が遅い」ということです。

転職エージェントには一定のノルマがある場合が多く、求人メールを送ることが仕事です。

ですが、そればかりにとらわれてメールの返信がおろそかになってしまうことがあります。

転職エージェントの担当者も日々忙しいでしょうが、転職希望者からすると気持ちの良いことではありません。

「こちらの質問は無視で、求人メールばかり送ってくる」という悪印象を抱き、変更を申し出するパターンが多くあります。

紹介してもらえる求人が自分の希望とマッチしない

転職希望者の方から希望は詳細に伝えているのにも関わらず、それに当てはまらない求人ばかり紹介するケースです。

全ての希望にぴったりマッチするものがない場合「ここが希望とは外れますが…」と一言あればまだ話は別です。

ただ、転職希望者からすれば時間を割いて希望を詳細に伝えたのにそれを無視した求人を紹介されるといい気はしません。

これでは、転職エージェントの担当者が求人メールをいくら送っても、転職希望者は開く気も薄くなっていきます。

お互いにとって良くない連鎖が続いてしまうのです。

転職エージェントの担当者変更後に注意すべきこと

ポイント

では、ここからは実際に転職エージェントの担当者変更をしてもらった後に注意するべきことも紹介します。

転職エージェントの担当者を変更してもらった場合、次の3つのことを意識しましょう。

  • 新しい担当者と必ず面談をしよう
  • 変更してもらったことの感謝を伝えよう
  • 変更した担当者も問題なさそうか観察しよう

1つずつ詳しく解説していきます。

新しい担当者と必ず面談をしよう

まず、新しい担当者が決まればその担当者と必ず面談をしましょう。

新しい担当者も同じような感じでは、せっかく変更してもらった意味がありません。

まずはしっかりと顔を合わせ、以前どんな悩みを持っていたか・これからどうしていきたいかを改めて伝えましょう。

変更してもらったことの感謝を伝えよう

面談する女性

理由はどうあれ、担当者変更をしてもらったことは事実です。

お互い気持ちよく転職活動をしていくためにも、担当者変更に対応してもらったことの感謝を伝えましょう

転職活動は、転職エージェントと二人三脚で行うものですから、しっかりと信頼関係を築いていきましょう。

変更した担当者も問題なさそうか観察しよう

担当者変更が叶っても、そのあとの担当者も同じであれば意味がありません。

例えば、不満に思っていることがそもそもその転職エージェント自体の方針である可能性もあります。

そうなれば、その転職エージェント内でいくら担当者を変えてもらっても状況はあまり変わりません。

担当者変更が完了した後も、しばらくは新しい担当者に問題がなさそうか観察するようにしましょう。

優秀な転職エージェントの特徴

ガッツポーズ

一度「転職エージェントの担当者と合わない」と思ったら、次の担当者との関係も不安になってしまいがちです。

では、優秀な転職エージェントの担当者とはどんな特徴があるのでしょうか。

優秀な転職エージェントの担当者の特徴についても詳しく解説していきます。

返信やその他対応が早い

まずはやはり返信や対応について、レスポンスが早いことです。

あらゆる業界にいえることですが、対応が早いということは仕事ができることの1つの証明といえます。

たとえすぐに回答ができない場合でも、一時対応を迅速にするなどその仕事への姿勢でいかに優秀かがわかります。

転職したい業界や業種に詳しい

転職エージェントは、求人情報を単純に横流しするわけではありません。

その業界がどんな雰囲気なのか、仕事の具体的な内容、キャリアアップなど幅広く知識が必要です。

業界や業種について詳しい転職エージェントは、紹介する求人の内容も分かりやすくより説得的です。

優秀な転職エージェントはさまざまな業界について勉強し、企業と転職希望者を結ぶ仕事をしています。

入社後のことまで考えてくれている

ガッツポーズをする女性

転職の難しいところですが、求人情報だけでは分からないものがあります。

優秀な転職エージェントは、入社後のことまでしっかりと考えてくれるという特徴があります。

転職は、入社して終わりではありません。入社したあと、納得いく状態でいかに働いていけるかが重要です。

キャリアアップや給与面など、入社後のことまできちんと考えられるのが優秀な転職エージェントといえます。

 

ワンポイント
 新しい担当者が決まったら、まずは面談をし感謝を伝えましょう。
そのうえで、新しい担当者にも問題がないか観察することも忘れないようにしてください。

変更すべき転職エージェントの特徴

バツポーズの女性

先の分では、優秀な転職エージェントの担当者について紹介しました。

その逆に「こんな場合は変更を申し出た方がいい」というケースもお伝えします。

これから紹介するケースに当たり悩んでいる場合は、転職エージェントの担当者変更を申し出てもいいといえるでしょう。

返信や対応が遅い

先に「返信や対応が早い転職エージェントは優秀だ」と解説しました。

その逆に、返信や対応があまりにも遅い場合は担当者変更を申し出するのを考えてみるといいでしょう。

返信や対応がいちいち遅いと、出来ているはずの転職活動がどんどん先延ばしになってしまいます。

そうなると転職活動の期間も伸びてしまいかねません。

希望でない求人を紹介してくる

自分が希望の職場の詳細を伝えているのに、それに当てはまらない求人を紹介してくるケースもよく聞きます。

あまりにも希望にそぐわない求人情報は、転職希望者にとって何社紹介されてもそれは時間の無駄です。

正当な理由があるわけではないのに希望でない求人ばかり紹介してくる場合、担当者変更を考えてみましょう。

入社後のことまで考えてくれていない

先にも解説しましたが、転職は入社してゴールではありません。

その後、転職先でいかに活躍していけるか・納得して働いていけるかどうかです。

女性ならなおさら、妊娠・出産などライフイベントとキャリアプランは切っても切り離せません。

そういった入社後のことを考えず、求人をとにかく紹介してくるような担当者の場合は、変更を検討しましょう。

転職エージェントは複数活用しよう

パソコンを触る女性

転職エージェントの担当者といっても、人と人の関係です。

どんなに他の人にとって優秀な転職エージェントであっても、自分と合わなければ意味がありません。

自分と相性のいい転職エージェントの担当者を見つけるために、転職エージェントを複数活用することをおすすめします。

転職エージェントやその担当者によって得意な業界も異なります。

複数の転職エージェントに登録をして、さまざまな担当者の意見を聞くことでより効率的な転職活動ができます。

複数の転職エージェントに登録するのは「やり取りが増えて大変」と感じるかもしれません。

ですが、転職活動をスムーズに行うために重要なことです。

その方が結果的に良い企業と巡り合え、転職活動が早く終わる可能性は高くなります。

転職活動をする場合は、複数の転職エージェントに登録するようにしましょう。

 

ワンポイント
 転職活動を成功させるには、複数の転職エージェントに登録しましょう。

転職エージェント選びに迷ったら?

パソコンを触る女性

インターネットで検索すると、転職エージェントはたくさんヒットします。

大手企業が運営しているところもあり「実際のところどれがいいのか分からない」と感じる方も多いでしょう。

ウィメンズワークスなら、まずは無料で相談が可能です。

転職を強く希望している人から「転職したほうがいいのだろうか」と悩んでいる人まで幅広く相談に乗っています。

また、無料登録だけで非公開求人の紹介や、職務経歴書のフルオーダー作成・内定後の労働条件の確認まで行っています。

もちろん、模擬面接や相手先企業への強い推薦などウィメンズワークスならではの無料サービスが多くあります。

転職エージェント選びに迷ったら、まずはぜひウィメンズワークスに登録してみてください。

まとめ

外回りする女性

転職エージェントの担当者は、いろんなタイプの人がいます。

当然ですが、精通している業界やコミュニケーション能力はそれぞれ違います。

だからこそ、相性が合わないことがあってもおかしくありません。

「この人とは合わないな」と思いながら長々と転職活動をしてしまうと、どちらにとってもプラスになりません。

転職エージェントと合わないと感じたら、思い切って転職エージェントの担当者変更を申し出しましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら