「子供が好き。」

「子供と関わる仕事がしたい。」

こう考えている方も多いのではないでしょうか。

子供と関わる仕事の代表としてあげられるのが、保育園や幼稚園の先生です。

ですがその他にも子供と関わる仕事はたくさんあります。

そんな子供と関わる仕事や転職の際のポイントをご紹介します。

子供が好きな女性が活躍できる仕事はたくさんある

ママ友

子供と関われる仕事と聞いて、まずは保育士や幼稚園教諭を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

子供の月齢によって仕事は変化しますが、子供が好きな女性が活躍できる仕事はたくさんあります。

資格がないと子供と関わる仕事は難しいのではないかと踏みとどまっている方もいらっしゃるかもしれません。

しかし資格がなくても子供と関われる仕事はあります。

子供を見守る仕事

子どもと遊ぶ

子供を見守る仕事としてあげられるのが保育士・幼稚園教諭・ベビーシッターです。

そんな仕事の内容や、必要な資格についてご紹介します。

保育士

保育士は0~6歳の未就学児の身の回りのお世話をします。

国家資格の保育士資格を取得することで保育士になることができるのです。

保育士資格を取得するには、大学・専門学校で保育士養成教育を修了することで取得できます。

その他にも年2回開催されている保育士試験に合格すれば資格を取得できます。

資格には有効期間はありません。

仕事内容としては、

  • 身の回りのお世話
  • 遊びを通して体力作り
  • その日の様子を連絡帳で保護者に伝える
  • 発表会・運動会など催し物の企画・準備

などです。

保育園は厚生労働省の管轄で、子供の基本的な生活習慣を身に付けさせることが保育士の主な仕事です。

幼稚園教諭

パペット

幼稚園教諭は3~6歳の未就学児の身の回りのお世話をします。

幼稚園教諭免許を取得後、採用試験に合格する必要があり大学・専門学校で必要な単位を修得します。

免許状は、1種・2種・専修の3種類です。

公立では教員採用試験の1次・2次どちらも合格、私立では各幼稚園で実施されている採用試験に臨みます。

保育士教諭は教員免許にあたり、教員免許には有効期限が定められているので免許状の更新が必要です。

幼稚園は文部科学省の管轄で、就学に備えて教育を行うのが幼稚園教諭の主な仕事です。

園によっては英会話・計算問題に力を入れているなど特色があります。

ベビーシッター

ベビーシッターとして働くのに必要な資格はありません。

働こうと思えば、派遣会社を通してベビーシッターの仕事を受けることができます。

ベビーシッターは基本的に保護者が不在の時でも子供とマンツーマンで過ごします。

子供と過ごす時間が長い分、子供に関する基本的な知識を保有していることが望ましいでしょう。

大切な子供を預けるので、保育士や幼稚園教諭、助産師の資格を保有していれば頼む側の保護者としては安心と信頼に繋がります。

ベビーシッター資格認定試験に合格すれば認定ベビーシッターとして働くことができるのです。

また、英会話・計算力・楽器演奏など得意なことがあれば特技を活かせるので自身の強みになります。

子供に教える仕事

勉強中

子供に先生として教える仕事を3つご紹介します。

子供に教える仕事は、自分の経験を活かすことができます。

幼児教室

幼児教室は、0~6歳までの未就学児にさまざまな教育を行う教室のことです。

年齢の近い子供同士がふれあうことで、協調性や社会性を身に付け人間関係の築き方を学びます。

その一方で、幼稚園や小学校の受験を目的とした教室もあります。

基本的に幼児教室は子供が授業に興味を持って楽しんで取り組むことを目的とした教室が多数です。

家庭教師

家庭教師は生徒の自宅で勉強を教え、受験対策や成績アップを目的に勉強を指導します。

主に小学生から高校生までを対象にして、科目は数学や英語の学習が中心です。

指導はマンツーマンなので、生徒のレベル・苦手項目に合わせての指導が必要です。

生徒が成績アップしたり、目指していた学校に合格したりしたときにはやりがいを感じることができるでしょう。

子供を対象とした習い事の先生

自分自身の得意や資格を活かして習い事の先生をすることができます。

子供を対象とした習い事で人気なのは、

  • ピアノ
  • 水泳
  • 習字
  • バレエ
  • 英会話
  • そろばん

などです。

 

ワンポイント
 子供に教える仕事は、これまでの経験や資格を活かすことができます。

子供を助ける仕事

エプロンの女性

さまざまな事情があり、助けや介助を必要とする子供がいます。

そんな子供を助ける仕事をご紹介します。

フリースクールのスタッフ

フリースクールは、不登校や軽度の障害を持つ子供たちを受け入れる場所です。

学校に行きたくない、行くことができない子供が学校の代わりに通い学ぶ場です。

子供の心身のケア、コミュニケーション能力が必要とされます。

そのため教員免許を保有している場合や英会話・ピアノなどが得意であれば優遇されます。

個人、ボランティア団体が運営しているので、求人は少なくボランティアとして働くことが一般的です。

学童指導員

学童は両親が仕事で、長い時間1人で過ごすことの多い子供のために主に学校の空いた教室で子供を預かります。

放課後や夏休みなどの長期休暇中、子供を預かり楽しく安全に過ごす場所です。

子供は宿題をしたり自由に遊んだりして過ごします。

学童指導員として働くのに必要な資格はありません。

以前は学童保育に携わる人は全て学童指導員と呼ばれていました。

しかし2015年4月に放課後児童支援員という資格が創設されました。

これに伴い、学童保育では放課後児童支援員を配置することが義務付けられています。

放課後児童支援員と学童指導員の違いは、資格を持っているか持っていないかです。

仕事内容に大きな違いはありません。

 

ワンポイント
 フリースクール・学童指導員に資格は必要ない。

資格がなくてもできる子供と関わる仕事

赤ちゃんを抱っこ

特別な資格がなくても子供と関わる仕事に就くことができます。

そんな資格が必要なくてもできる仕事をご紹介します。

特別支援教育支援員

特別支援教育支援員は、障害のある子供の生活や学習で必要な支援を行います。

  • 食事補助
  • 衣服の着脱
  • 排泄
  • 日常生活の介助
  • 安全確保
  • 黒板の読み上げ

などです。

障害のある子供たちに対するニーズは1人1人違い、教師だけでは対応が難しい場合があります。

そんなときに、障害のある子供たちの介助や学習のサポートを行うのが特別支援教育支援員の仕事です。

子供服やおもちゃ屋の販売員

基本的な接客や品出し、レジなどの業務は他のお店と変わりありません。

来店するお客さんは、子供の両親や祖父母・プレゼントを考えている友人などです。

しかし子供を連れた保護者の来店が多いので試着を手伝う、欲しい商品を一緒に探すなど子供とふれあう機会はたくさんあります。

特に資格も必要なく求人も多いので、チャレンジしやすい職種です。

子供向けテーマパークのスタッフ

テーマパークは数多く存在しますが、子供をターゲットとしたテーマパークであれば来場者のほとんどが子供とその保護者です。

担当アトラクションの案内や商品の販売、清掃などの業務を担います。

特に資格は必要ありませんが来場者がテーマパークという非日常の時間を楽しむために、世界観を壊さない心構えが必要です。

また子供と直接ふれあう機会も多いので、明るい笑顔・柔らかな雰囲気を身に付けるのが望ましいでしょう。

 

ワンポイント
 資格がなくても、子供と関わる仕事はチャレンジしやすい。

資格が必要な子供と関わる仕事

子どもを抱きしめる

子供の命や心に関わる仕事は責任が大きいですが、その分やりがいを感じられる仕事です。

資格が必須な子供と関わる仕事をご紹介します。

スクールカウンセラー

スクールカウンセラーは児童や保護者、時には先生の心のケアを学校で行います。

カウンセリングだけではなく、校内の会議の参加や事件が発生した時に被害生徒のサポートも業務内容に含まれます。

  • 臨床心理士
  • 精神科医
  • 大学の臨床心理専攻教員

スクールカウンセラーは上記のどれかである必要があります。

勉強・部活・いじめ問題・不登校などの相談だけではなく、障害や問題行動など相談内容は幅広いです。

悩み解決に向けて解決策を考える必要があり相談者に寄りそい、相談しやすい雰囲気作りや広い視野が求められます。

小児科の看護師

ベビーカーを押す

小児科の看護師に必要な資格は、看護師資格です。

小児科は0~15歳の子供を診療し子供のほぼすべての疾患を診察するので、豊富な知識や経験、技術が求められます。

更に専門性を高めたい場合には以下の資格取得が望ましいでしょう。

  • 小児看護専門看護師
  • 小児救急看護認定看護師
  • 新生児集中ケア認定看護師

などです。

また病気やけがをしている子供の身体をケアすると共に、心のケアや家族へのケアも必要です。

恐怖を取り除いたり内容を子供にも分かりやすく説明したり、誕生日会やクリスマス会などのイベントを実施する場合もあります。

養護教諭

養護教諭とは、保健の指導や学校で怪我をしたときに手当をしてくれる保健室の先生です。

養護教諭の免許状を保有していれば養護教諭として働くことができるのです。

大学・専門学校で必要学科を修了し、教員採用試験に合格する必要があります。

採用試験は公立・私立によって内容が異なります。

主な業務内容は以下です。

  • 怪我や病気の手当
  • 保健指導
  • 身体測定の実施
  • 健康観察

などです。

また身体だけではなく、心のケアを行うことも大切な業務の1つです。

子どもと関わる職種へ転職する際のポイント

赤ちゃん

子供と関わる職種には、資格が必要なものと必要でないものがあります。

ただ子供が好きというだけでなく、どういった業務の中で子供と関わりたいのかを考えましょう。

また子供と関わる仕事は同時に保護者とも密接に関りを持ちます。

事前にメリット・デメリットを確認し、転職後にミスマッチが起こらないようにしましょう。

そして以下で説明する4つの力を身に付けておきましょう。

 

ワンポイント
 子供と関わる仕事は、保護者との関係も重要です。

子供と関わる仕事に必要なこと

赤ちゃんと女性

子どもと関わる仕事には4つの力が必要です。

4つの力を自分自身が備えているのかを確認しておきましょう。

忍耐力

どんなに子供が好きでも、子供が相手だと思い通りにいかず苦しい思いをしてしまうこともあるでしょう。

言うことを聞かない、理解してくれないなど子供を相手にしていると予想もしていなかったトラブルはつきものです。

1人1人、得意なこと・苦手なことは異なり、すぐにできる子・できない子とさまざまです。

子供に無理を強いると言うことを聞いてくれないばかりか、保護者との思わぬトラブルに繋がる可能性もあります。

子供の個性を理解し、思うようにいかなくても焦らず子供の成長を見守る忍耐力が必要です。

観察力

子供は大人と違い、自分の気持ちを的確に言葉に表すことができません。

自分の気持ちを表現することが苦手な子供もいます。

言葉で伝えられない子供たちの行動や何気ない言動から、どういう気持ちなのかを把握する観察力が必要とされます。

1人1人、クラス全体を注意深く観察していれば体調が優れない場合や子供同士のいざこざも察知することができるのです。

コミュニケーション能力

子どもと先生

子供は明るく楽しい人を好みます。

また子供と関わる仕事は同時に保護者との関わりもかかせません。

人との関わり方を身近なお手本として見せると同時に、大切な子供を預ける保護者との信頼関係を築くことは必要不可欠です。

対面だけではなく、連絡帳を使ってのコミュニケーション能力を求められる場合もあるでしょう。

日ごろからコミュニケーションが取れていれば、問題点解決に向けての課題や相談なども円滑に進めることができます。

体力

何事にも興味を持ち全力で遊ぶ子供の体力は無限です。

子供と一緒に走り回ったり、抱っこやおんぶをしたりと体力が必要とされます。

体力がないと子供と遊んで疲れてしまい、その後の業務が手につかないなんてことになりかねません。

また子供の集団生活は、インフルエンザや手足口病などさまざまな感染症が広がりやすい環境です。

病気にかからない身体の抵抗力も必要とされます。

体力に合わせ、体調管理も子供に関わる仕事には重要といえるでしょう。

子供好きな女性に向いている仕事を探すなら転職エージェントに相談!

遊ぶ子

「子供に関わる仕事がしたい。けど自分に向いているのか分からない。」

「転職がうまくいくか不安だ。」

そんな悩みをお持ちではありませんか。

転職エージェントに相談すれば、そんなあなたの悩みも解決することができます。

エージェントがあなたの代わりに求人情報を探し、あなたにピッタリの求人を提案します。

1人で悩んでいる方は転職エージェントに相談して、悩みを解決し転職を成功させましょう。

まとめ

食事中

今回は子供と関わる職種や必要なことをご紹介しました。

資格が必要な職種や必要でない職種は数多くあります。

自分自身が子供とどのように関わっていきたいのかをしっかりと考えましょう。

また転職に悩みや不安がある方は、転職エージェントを活用しましょう。

エージェントがあなたの悩みに寄りそい、転職を成功に導きます。

あなたの転職を成功させ、明るい未来を手に入れましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら