今まではビジネスシーンや家庭で固定電話を使用することは当たり前でした。

しかしメールに加え、近年はチャットツールが普及し若い人を中心に電話を使用する機会は減少傾向にあります。

お客さんの対応やすぐコンタクトを取りたいときには、電話はとても便利なツールです。

そんな便利な電話ですが、電話が怖い電話恐怖症という症状を抱え苦しんでいる人がいることはご存じでしょうか。

なぜ電話が怖いのか、電話恐怖症に悩み電話応対が苦痛で転職を考えている方に対処法をご紹介します。

Contents

電話恐怖症はどんな症状?

悩む女性

「電話恐怖症という言葉は聞いたことがあるけど、どんな症状か知らない。」

「自分はもしかしたら電話恐怖症かもしれない。」

と考え悩んでいる方も多いかもしれません。

そんな方のために、電話恐怖症にはどんな症状があるのかを解説します。

電話をかける・電話に出るのが怖い

電話恐怖症の人は電話かける・電話に出ることに恐怖を感じてしまいます。

事前に予告もなく、誰からかかってくるか分からない電話。

対面の会話とは違って、相手の表情やジェスチャーをうかがい知ることはできません。

問いの返答がすぐにできないなど、過去に体験した苦い思いを抱えている人にとっては電話は恐怖の対象です。

電話応対時には動悸・息切れ、吐き気、汗をかくなどの症状が表れる場合があります。

留守電を聞くことも怖い

電話恐怖症の人の中には、留守電を聞くことも怖いという人もいます。

電話は相手の顔が見えず、判断材料が声のトーンしかありません。

相手の顔の表情を無意識に悪い方向に考えてしまい、留守電を聞くことが怖いと感じてしまうのです。

実は若い世代で増えている

スマホを持つ

近年、メッセージツールやチャットアプリが普及しています。

テキスト中心のコミュニケーションは、返答に時間をかけて考えることが可能です。

しかし電話となると考える時間は少なく瞬発的に返事をしなくてはなりません。

また若い世代は、勧誘電話などを避けるため知らない電話番号には出てはいけないと教育を受け育っています。

メッセージツールの普及・知らない電話番号には出ないという環境で電話を使う機会が減っているのです。

そのため社会人になって、知らない人と電話することに抵抗感を感じている人も少なくありません。

 

ワンポイント
 電話恐怖症の症状には、
・電話をかける・電話に出るのが怖い
・留守電を聞くことも怖い
・実は若い世代で増えている
があります。

まずは不安のもとを知って整理しよう

電話対応

なぜ電話を怖いと感じてしまうのか。

不安のもとを知って整理することができれば恐怖心を減少させることができるかもしれません。

電話恐怖症の人はどんな不安のもとをもっているのかを整理します。

事前にわからない相手や要件に対応する不安

電話での対話は、内容を事前に知ることができていない状態です。

急に電話がかかってきて、質問内容に対して瞬発的に返答する必要があります。

また職場の場合、複数人から電話がかかってくるので誰からの電話か分かりません。

返答内容を頭で考えているちょっとした間も気まずく感じてしまう場合もあるでしょう。

なぜなら相手の状況を判断する材料は声しかないからです。

  • 電話でよく問い合わせがある内容はシミュレーションしておく
  • どうしても分からないときは、周りの人に代わってもらう

など事前に対策を練っておきましょう。

周りに応対を聞かれる不安

悩む女性

電話で話していると、どうしても周りの人に対応を聞かれてしまいます。

自分の言葉づかいやマナーに不安を抱えていると、周りの人に対応を聞かれると不安になってしまうでしょう。

しかし周りが注意を払って内容を聞いていることで、正しい対応を身に付けることができるのです。

電話の表情の見えない相手より、表情の見える周りの人に注意してもらうほうが恐怖を感じにくいでしょう。

また最小限の失敗で済み、間違った言葉づかいやマナーの癖がつくことも防げます。

周りに対応を聞かれることは、困ったときに誰かが助けてくれるだけではありません。

自分の言葉づかいやマナーの見直しに繋がるのです。

同じミスを繰り返すかもしれないという不安

電話対応で失敗してしまうことは誰にでもあります。

過度に失敗を恐れると、同じミスを繰り返してしまうのではないかと不安な気持ちになってしまうのです。

不安になると、考えたり思うように喋ったりすることができなくなります。

同じミスを繰り返すと上司に怒られる・怖いという感情に支配されてしまうかもしれません。

電話対応で失敗した場合は、反省点を考え次回の失敗を防ぎましょう。

周りの人に電話対応を聞いてもらって、反省点を教えてもらうのも1つの手です。

すぐにできる電話での対処法

グッドサイン

電話恐怖症の人がすぐにできる電話での対処法をご紹介します。

電話をかけたり出たりするときに恐怖を感じてしまう人は試してみてください。

第一声の文言をすらすら言えるようにしておく

お店の予約を取るときに、お店に電話をしたことがある人は多いのではないでしょうか。

「お電話ありがとうございます。○○(会社名)です。」

このような第一声があげられます。

まずはこの第一声の文言をすらすら言えるようにしておきましょう。

第一声がうまくいけば、自然と自分の対応に自信が持てるようになります。

電話相手や要件など電話の中身に集中する

スマホを操作

電話に対する不安・失敗への恐怖で頭の中がいっぱいだと、肝心の要件が頭に入ってこないでしょう。

電話の相手も要件が伝わっているのか不安になると口調が強くなってしまう、なんてことになりかねません。

電話対応のときは余計なことを考えず、電話相手・要件に集中すると意識しましょう。

オウム返しをしながらゆっくり考える

「注文した〇〇はどうなっていますか?」

「注文されていた〇〇は××です。」

オウム返しを使えば、ゆっくり考える時間が生まれます。

オウム返しのその他のメリットは以下です。

  • 内容にまちがいがないか確認できる
  • 内容を正しく理解できていることが相手に伝わる
  • 内容にまちがいがあればすぐに訂正が入る

などです。

オウム返しにはメリットが多いので、電話対応に活用しましょう。

 

ワンポイント
 すぐにできる電話での対処法は、
・第一声の文言をすらすら言えるようにしておく
・電話相手や要件など電話の中身に集中する
・オウム返しをしながらゆっくり考える
の3点です。

電話応対は「コミュ障」でも大丈夫

安心する

自分はコミュ障だから電話対応は無理。

そう考えて諦めていませんか。

実は電話対応はコミュ障でも大丈夫です。

理由を解説します。

形式的な対応がコツ

形式的な対応を意識していれば、

  • 人によって対応を変える必要が無い
  • あらかじめ対応方法を準備しておける
  • 相手に変な人と思われない

などのメリットがあります。

電話対応に苦手意識があるのであれば、形式的な対応を意識しましょう。

コールセンターの人もカンペを使っている

企業の顔となって、お客さんの困りごとを解決するのがコールセンターの仕事です。

電話対応のプロフェッショナルというイメージのあるコールセンターの人もカンペを使って対応しています。

あらかじめ用意されている対応法や会話術を見ながら会話の流れを進めているのです。

なので会話がとまってしまうことが少ないといえます。

 

ワンポイント
 電話応対は、コミュ障でも形式的な対応を心がければ大丈夫です。

対応マニュアルを作っておくと気持ちが楽になるかも

ハートマーク

電話恐怖症の対処法を試してみたけれど、どうしても不安な気持ちが拭えない方も多いでしょう。

そんなときには、対応マニュアルを作っておくと不安な気持ちが楽になるかもしれません。

どんな対応マニュアルを作っておけば良いのかをご紹介します。

よく使う言葉を完璧にする

電話対応で良く使用する言葉があります。

電話の第一声の、

「お電話ありがとうございます。〇〇(会社名や氏名)です。」

電話を切るときの、

「お時間いただきありがとうございます。それでは失礼します。」

相手の声が良く聞き取れなかったときの、

「恐れ入ります。もう一度お伺いしてもよろしいでしょうか。」

などです。

自分が言いやすい言葉にアレンジして、メモに書いておきましょう。

よく使う言葉を練習していれば、徐々にメモを見なくても喋れるようになります。

電話がうまい人の対応やフレーズをまとめる

自分の対応を周りの人に注意して聞いてもらうだけではなく、電話がうまい人の対応やフレーズを聞いておきましょう。

その中で、上手な対応方法や使えるフレーズをまとめておけば電話対応で困ったときに役立ちます。

また電話でも円滑なコミュニケーションを実現するのです。

「いざとなったら転職してもいいんだ」という心構え

安心する

いくら対処法を実践しても電話恐怖症が克服できないことはあります。

努力不足だと、自分を必要以上に責めるのはやめましょう。

誰にでも得意・苦手はあります。

たまたま電話対応が苦手だったというだけです。

長い間無理をして苦手なことを続けていると、ストレスで体調を崩してしまう原因にも繋がります。

電話対応の必要がない職場はたくさん存在するので安心です。

いざとなったら転職してもいいんだという心構えでゆとりをもっておきましょう。

 

ワンポイント
 苦手なことを長く続けると、ストレスの原因になるので注意しましょう。

転職するならどんな仕事が向いている?

OKサイン

電話恐怖症の人が転職を考えたとき、どんな仕事が向いているのでしょうか。

電話恐怖症の人が向いている仕事をご紹介します。

転職を考えられている方は参考にしてみてください。

電話をする機会がほぼない仕事

そもそも電話対応がほぼない仕事であれば、電話恐怖症の人が不安になるタイミングが減り安心です。

  • 工場
  • データ入力
  • 清掃業

などが電話をする機会がほぼない仕事としてあげられます。

緊張しやすい人が安心して働ける仕事

  • 事務
  • 製造業
  • 農家

などが緊張しやすい人が安心して働ける仕事です。

事務は、日々の仕事内容が突発的に大きく変化することがありません。

製造業は、1人もくもくと作業を行います。

農家は、自然に囲まれながら仕事ができるのです。

周りの目を気にする性格がプラスに働く仕事

周りの目を気にする性格は、周りに注意が向いている繊細な心の持ち主です。

そんな性格がプラスに働くのは、人の心や体に寄り添い癒す仕事といえるでしょう。

  • カウンセラー
  • エステティシャン
  • セラピスト

などがあげられます。

また周りにの人をサポートするアシスタント業務も向いているといえるでしょう。

電話恐怖症の女性が転職を成功させるコツ

スマホとパソコン

電話恐怖症で電話対応が苦手な人は、

  1. 電話対応を避ける
  2. 苦手な電話応対を克服する

まずは、どちらにするのかを決めておくことが大切です。

電話対応を避けるのであれば、事前に電話対応の有無を確認してお互いにミスマッチが発生しないよう気を付けましょう。

転職の悩みは転職エージェントに相談すると気持ちが楽

相談する

転職を考えているけれど、応募の電話を考えただけで1歩が踏み出せないでいるという悩みがあるかもしれません。

そんなときには、転職エージェントに相談すると気持ちが楽になります。

エージェントへの相談は電話だけでなく、メールでも行えるのです。

事前にメールで経歴を共有すれば、電話応対でもスムーズに話を進めることができます。

自分1人で転職をしようと考えると、企業との日程調節に電話応対をしなければならない場面がでてくるかもしれません。

そんな電話応対もエージェントがあなたの代わりに行うので安心です。

転職エージェントに相談して、明るい未来を手に入れましょう。

まとめ

悲しい表情

今回は、電話恐怖症の症状や対処法をご紹介しました。

電話恐怖症の症状としては以下があげられます。

  • 電話をかける・電話に出るのが怖い
  • 留守電を聞くことも怖い
  • 実は若い世代で増えている

の3点です。

すぐにできる電話の対処法は、

  • 第一声の文言をすらすら言えるようにしておく
  • 電話相手や要件など電話の中身に集中する
  • オウム返しをしながらゆっくり考える

でした。

いくら対処法を実践してみても、電話恐怖症を克服できないという方も多いでしょう。

人には誰でも得意なこと・苦手なことがあります。

苦手なことを長く続けていると、ストレスで体調を崩してしまう原因にも繋がってしまうでしょう。

そんなときには、無理に克服しようと考えずいざとなったら転職してもいいんだという心構えが大切です。

転職の際に転職エージェントに相談すれば、気持ちを楽にさせることができます。

エージェントがあなたの代わりに企業との日時調節を行うので、通話をするタイミングを減らすことが可能です。

1人で悩んでいる時間は戻ってきません。

転職エージェントに相談して、あなたの明るい未来を手に入れましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら