マスコミ関係の仕事は特に人気があり、記者の仕事も例外ではありません。

記者として働きたいという女性はたくさんいます。

では、記者とはいったい具体的にどんな仕事内容なのでしょうか。

1日のスケジュールや記者に向いている人など詳しく解説していきます。

記者の役割

メモを取る女性

第一に、そもそも記者の役割とは「正確な情報を世間に伝えること」です。

今どこで何が起こっているのか、それは今後どんな影響があるのかなど詳しく掘り下げも必要です。

記者の仕事は、社会全体に発信することなので、誤報は許されない責任の重い仕事となっています。

その分自分の成果や、やりがいも感じやすく自分の力を試したい意欲的な女性を中心に人気の職業となっています。

そして、記者と一言でいっても大きく分けて仕事の分類は2つあります。

1つずつ詳しく説明していきます。

新聞記者

主に新聞の記事を書く記者です。

新聞の中にも、時事・民間の事件・スポーツ・エンタメなどさまざまなコーナーがあります。

それぞれどの担当につくかによっても働き方や忙しさは変わってきます。

新聞記者は、基本的に文字だけで情報を伝えなければなりません。

文字だけで語弊のないようにいかに万人が正しく理解できる文章を書くかという文章力が問われる仕事です。

また、新聞を書くのにあたって、書く場所・順序など一定のルールがありますから、それをまず覚えなければなりません。

報道記者

報道記者は、基本的に会見や事故・事件現場などに行って情報を伝える記者です。

他の報道局よりもいち早く現場に到着し、現場の状況を伝える任務があります。

ただし、事件後すぐであったりすると情報が錯綜し何が本当か分からない場合も多々あります。

警察や救急の邪魔にならないように徹底的に配慮しながら現場を把握しなければなりません。

その上で、しっかりと言葉でまとめて今どういう状況なのか、これからどうなっていくのかを伝えるのが仕事です。

 

ワンポイント

記者には、新聞記者と報道記者の2種類あります。

どちらもそれぞれ特性があり、自分はどちらになりたいのかをイメージして考えてみましょう。

記者の仕事内容

ポイントを説明する女性

まずは記者の仕事内容を紹介していきます。

記者といえば、とにかく情報をいち早く入手し現場に駆け付けるというイメージですがそれ以外にも仕事はあります。

どんなことをしているのか、具体的に解説していきます。

情報の収集

まずは情報の収集です。

記事になりそうな情報をひたすら自分で収集することが求められます。

中には、情報提供者の方から連絡をくれる場合もありますがそれは稀です。

記者のほとんどは、自分でSNSなどをチェックしながら記事になるような情報をかき集めます。

取材

マイクを向ける女性

記事になりそうな事件・事故などが見つかれば、次は取材です。

許可を取って録音をしながら、的確な質問を行う必要があります。

後々執筆するときに「あれも聞いておけばよかった」となってしまうと、記事が中途半端な仕上がりになってしまいます。

取材に行く前に事件などの概要をあらかじめまとめておき、具体的な質問や話のストーリーを考えておく必要があるのです。

記事の執筆

取材が終われば、その内容をもとに記事の執筆をします。

録音やメモを確認しながら、しっかりと語弊のないように記事を書いていきます。

この業務が一番記者の業務としてメインの仕事です。

内容によっては、何日もかかってしまうものももちろんあります。

また、その内容によって記事の表現を変える雰囲気も必要です。

事件や事故・政治などの記事と、エンタメ系の記事では全く書き方が違います。

自分の担当するテーマに沿って、読み手を意識しながら書くことが大切です。

広報担当・情報提供者との交流

執筆する内容は、自分だけがすべてを決めるわけではありません。

情報提供者が情報を伝えてくれ、広報担当がその内容をOKして初めて人の目に触れる記事に仕上がるのです。

そのため、広報担当や情報提供者との交流はとても大切です。

 

ワンポイント

記者の仕事は、記事を書くことだけではありません。

情報収集から、それを記事として仕上げる作業まで幅広くこなします。

記者の1日のスケジュール

スケジュール帳を見る女性

では、記者の主な仕事内容が分かったところで、1日のスケジュールを見てみましょう。

ほんの一例ではありますが、参考にしてみてください。

9:00   出社 この時までに当然ですが新聞やニュース、ネットなどで当日のニュースを把握します。

10:00  移動し取材 自分で現場に駆け付け、取材を行います

12:00  ランチタイム

13;00  都庁などでの定例会見に備え移動

14:00  定例会見の記録・取材 内容によっては、会見を聞くだけでなく自分で質問も行います。

17:00  記者クラブという記者の仕事部屋に戻り、当日書く記事の情報収集。

18:00  執筆を開始

19:00  原稿確認

20:00  退社

ざっくりとではありますが、こんなイメージです。

東京都内の場合はこのように、都庁での定例会見を見に行くこともあるためフリーの時間が限られています。

そのほか、突発的に大きな交通事故や事件が起きた場合にはその現場に向かうこともあるのです。

ベースの1日のスケジュールはあるものの、その日に起こった事件等によって左右されやすいという特徴があります。

 

ワンポイント

記者の仕事は、ベースとなるスケジュールは決まっていても事件などに左右されやすいです。

そのため、臨機応変に動く必要があります。

記者のやりがい

ガッツポーズの女性

記者のやりがいは以下のようなものが挙げられます。

  • 自分の書いた記事を良記事として読者に褒められたとき
  • 大きなスクープが取れたとき
  • 社会問題を提起した記事が多くの人に共感されたとき

記者は、情報を発信する中で、その発信した情報が人の役に立ったり、認められたりしたときにやりがいを感じています。

特に、記事が人気となればたくさんの人に大きな影響を与えることもあるのです。

内容によりさまざまな反応がありますが、社会全体に影響力の大きい記事を書くということは大きなやりがいにつながります。

記者に向いている人

記者

では、記者の仕事内容やスケジュールが分かったところで、だいぶイメージがわいたと思います。

ここまでの紹介で、記者として働くのはとても大変なものだということがわかりました。

そんな記者の仕事をこなせるような女性はどんな特徴があるのでしょうか。

ここからは、記者として働くのに向いている人の3つの特徴を紹介していきます。

  • さまざまな出来事の問題点を見つけられる
  • タフな体力と精神力
  • 責任感・正義感の強さ

それぞれ1つずつ、詳しく解説していきます。

さまざまな出来事の問題点を見つけられる

1つの出来事に対して、さまざまな視点から問題意識を持つことができる人は、記者に向いています。

何か物事が起こったときに、視野が狭い状態で記事を書くと偏った情報記事になってしまいます。

それは記者としてふさわしいとは決していえません。

些細なことに問題意識を持ち、さまざまな立場の人間の視点から見ることができる人は、優秀な記事を書くことができます。

タフな体力と精神力

ガッツポーズをする女性

記者の仕事は、とても忙しい毎日を過ごします。

自分の立てたスケジュールにプラスして、何か突発的なことが起きればそこに駆け付けなければなりません。

そこでまたリスケするなど情報の重要度を判断し、記事の厚みなども調整する必要があります。

そのため、記者の仕事はタフな体力や精神力がないとなかなか難しいのが現実です。

責任感・正義感の強さ

繰り返しになりますが、新聞記者も報道記者もどちらも不特定多数の人へ情報を伝える仕事です。

基本的に、誤報は許されません

そのため、責任感を持って仕事をできる人でなければなかなか務まりません。

責任感と正義感をもって仕事をすることが記者にとってはとても重要です。

記者の大変さ

頭を抱える記者

マスコミ業界といえば華がある職業ですが、記者にはそれなりの大変さがあります。

そんな記者の方々が感じる記者の大変さについても解説していきます。

タイムリーで取材・執筆をしなくてはならない

記者の大変さの中で一番といえるのは、やはりタイムリーに対応しなければならないことです。

取材も執筆もできるだけタイムリーに出し、ほかの報道局よりも早く出すという心意気が必要です。

出だしが遅れてしまうと、撮影にいい場所を取られてしまっていたり情報提供者のアポが取れなかったりします。

いかに早く情報をキャッチして、すぐに動くことができるかが重要です。

正確に情報を伝えなければならない

繰り返しになりますが、基本的に誤報は許されません。

不特定多数の人が見る記事に誤ったことを書いてしまうと訂正するにも一苦労です。

そもそも、SNSが普及してきた昨今では、誤報を完全に訂正することが不可能になりつつあります。

そのため、何度も自分が書いたことに間違いはないか、正確な情報であるかを確認する必要があります。

読者が求めている情報を見つけなくてはならない

頭を抱える女性

どんなに自分にとって興味深い内容でも、今読者が求めている情報でなくてはあまり読んでもらえません。

タイムリーな時事的な記事を書くことや、トレンディな内容にすることが重要です。

そう考えると、いつでも自分の好きな記事を書くことができるというわけではありません。

時には、自分の苦手な分野の記事を書くことも必要です。

自分とはあまり縁がない分野のことでも、どんなニーズがあるかを把握し情報を見つけるというのは難しいことです。

分からないことは調べたりチームで共有しあったりしながら仕上げていく必要があります。

新聞記者の年収

お金

新聞記者の年収は、都心で働くか地方新聞社で働くかなど場所によって大きく異なります。

ただ、都心の大手などで働いた場合は年収800万円ほどともいわれています。

もちろん入社してすぐにそんな年収が上がるわけではなく、全体の平均的な年収は450万円ほどといわれています。

それでも平均年収としては高い方なので、年収アップの転職としても見込みはあります。

新聞記者におすすめの資格

勉強

記者になるために、必須の資格というものは特にありません。

ただし、持っておくべき資格や免許はあります。

普通自動車免許

お伝えしてきた通り、記者は何か事件や事故があればいち早く現場に駆け付けます。

そのほか、情報提供者の元を訪れるなど意外と移動が多い仕事です。

そのため、普通自動車免許は持っておく方がいいでしょう。

車の運転ができないとなると、公共機関などでの移動となり現場到着に遅れが出てしまう可能性があります。

実用英語技能検定

記者に大切なのは語学力です。

語学力といってもそれは日本語だけではありません。

ときに、情報提供者が海外の人だということもあります。

最低限、日常会話の英語だけでも話すことができるようになっておくべきでしょう。

可能であれば、ビジネス英語などもチャレンジしていきたいところです。

 

ワンポイント

記者になるために必須の資格や免許はありません。

ただし、紹介してきた2つの免許や検定は、持っていれば記者活動がスムーズになるため取得をおすすめします。

記者への転職ならエージェントにご相談を

転職エージェントに相談

「記者にチャレンジしたい」と思っても、なかなか何から始めたらいいか分からない女性も多くいます。

そんなときはまず、転職エージェントに相談しましょう。

転職エージェントならあなたの希望内容や、条件にあった企業先を一緒に探してくれます。

また、履歴書や職務経歴書を書くサポートなどもしてくれる心強い存在です。

記者の仕事は特に、文章力を見られたりもしますから提出書類はしっかりと揃えたいところです。

転職エージェントがいれば、その点とても安心でしょう。

その後、面接対策なども一緒に行い、二人三脚で転職活動をすることができます。

「転職したい」「記者として働きたい」と思ったら、まずは転職エージェントに相談してみましょう。

まとめ

女性記者

記者の仕事は、紹介してきた通りとても大変です。

忙しいスケジュールをこなすために走り回っているだけでなく、執筆も手を抜けません。

多くの方が目にするものですから、間違った情報や語弊のある表現を避けて執筆する必要があります。

気をつけることやタスクが多く、大変な仕事ですがその分やりがいは大きなものです。

自分の仕事の成果を毎日目で見ることができるという点も大きな魅力です。

記者になりたいと思ったら、転職エージェントと相談しながら積極的に転職活動していきましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら