絵を描くことが好きで、アニメーターに憧れている女性は多いです。

自分の考えたキャラクターや自分が描いた絵が多くの人から注目を浴び人気になったらうれしいでしょう。

今では、絵が上手であることを特技として活躍する女性はたくさんいます。

その1つが、アニメーターという仕事です。

本記事では、アニメーターの仕事内容や、なり方について詳しく解説しています。

アニメーターの仕事内容

ペンタブを操作する女性

まずは、アニメーターの仕事内容について紹介します。

アニメーターには、大きく分けて2種類あります。

  • 原画マン
  • 動画マン

この2つのそれぞれの仕事内容について、1つずつ解説していきます。

原画マン

原画マンというのは、最初のアニメーションのもとになる絵を描く仕事です。

アニメの台本や絵コンテなどをもとに絵を描いていきます。

ただ絵を描くだけでなく、キャラクター設定やこれまでの流れもしっかりと見て表情なども丁寧に描いていきます。

基本的に、この原画がアニメ全体の印象を作り出すのでとても重要な仕事です。

大体30分のアニメの場合、300カットほどの原画を用意するのが一般的です。

動画マン

動画マンは、原画マンが仕上げた原画を動画としてつないでいく仕事です。

原画だけでは映像にカクツキが生まれてしまうので、その間をきれいに埋めていくのが主な仕事です。

原画を使いながら、最終的に監督の思う通りの動きになるように仕上げる重要な仕事です。

 

ワンポイント
原画マンが作った原画を使って、動画マンが最終的なアニメーションに仕上げていくというイメージです。

アニメーターのスケジュール

スケジュール帳

次に、アニメーターの1日について紹介します。

アニメーターの1日は、基本的にひたすら作画をすることです。

それぞれ作品ごとに締め切りが決まっていますので、それに必ず間に合うよう絵を描いてくことが必要です。

担当するアニメが始まるときなどに集まってミーティングを行うこともあります。

大切なのは、クオリティを維持した原画を作りつつ、納期に必ず間に合わせることです。

そのため、自分の進捗状況などをしっかりと管理しておかなければなりません。

 

無料転職相談をしてアニメーターの求人を見てみよう

 

アニメーターに必要なスキル

パソコンで絵を描く

では、アニメーターに必要なスキルというのはどんなものがあるのでしょうか。

ただ単に「絵を描くことが好き」というだけでなく、これから紹介する5つのスキルに目を向けてみましょう。

画力の高さ

アニメーターになるためには、まずはもちろん画力が必要です。

絵を描くことが好きだというだけではアニメーターとして務まりません。

指定された絵を描けること、雰囲気や躍動感なども含めて画力の高さは当然求められます。

スピード感

先ほども解説しましたが、30分のアニメに対して300カットほど原画を作ります。

週に1回放送しているアニメで考えれば、その仕事がどれだけスピード感をもってしなければならないかわかるでしょう。

納期に間に合わないなんてことはあってはいけないことです。

かといって、シーンごとにキャラクターの絵が違ったり作画が崩壊したりしていると作品になりません。

アニメーターになるには、高い画力を維持しながらのスピード感が非常に重要です。

キャラクターを動かす

アニメーターは2Dの原画をひたすら描くことができればいいというわけではありません。

作り出したそのキャラクターを動かすアニメーション技術も必要となります。

アニメーションを作るにはさまざまなソフトがありますが、基本的な操作や作成方法については知っておきましょう。

忍耐力

アニメーターという仕事は、意外と忍耐力が必要です。

アニメーターになる人はほとんどが絵を描くことが好きな人でしょう。

ですが、絵を描くことが好きだからといって毎日絵を何枚も描いて、いつでも楽しいわけではありません。

締め切りは待ってはくれませんから、時には手が痛くなるほどの思いをしてでも原画を進めていく必要があります。

また、苦労して描いた原画も監督から却下を受け、やり直しになる場合ももちろんあります。

アニメーターになるには、忍耐力も必要なのです。

コミュニケーション能力

打ち合わせをする女性

意外かもしれませんが、アニメーターになるにはコミュニケーション能力も必要です。

最初に渡される絵コンテや台本は、いつでも完璧な状態というわけではありません。

また、絵コンテなどは本当にざっくりとしたものが多いので、ある程度自分で読み込みが必要です。

この時のキャラクターの感情はどんなものか想像が必要です。

そして、それで間違いないかの確認もチーム内で適宜していかねばなりません。

そういった意味で、アニメーターにとってコミュニケーション能力というのは非常に重要です。

 

ワンポイント
 アニメーターは画力だけでなくコミュニケーション能力も必要です。
 

スマホだけで』らくらく転職!
家から一歩も出ずに内定へ!

ウィメンズワークスではスマホだけで転職ができるよう
求人選定から内定までをサポートします。


アニメーターのキャリアアップ

キャリアウーマン

アニメーターは自分の実力次第でキャリアアップが目指せる夢のある仕事です。

実力次第では独立して活躍していくことも可能です。

アニメーターの次になるキャリアアップの仕事としては、以下のようなものがあります。

  • 作画監督になる
  • アニメプロデューサーになる
  • 演出家や制作進行などの作画ではなく企画に回る

基本的に、アニメーターのキャリアアップは、絵を描く仕事からプロデュース側監督側に回ることです。

監督として活動しヒット作を作ることができれば有名になることも夢ではありません。

今現在、アニメの監督として有名な方々の多くがアニメーターからスタートしています。

アニメーターは、下積み時代は長い印象です。

ただ、その中でも単純に指示された作画をするわけでなくさまざまな想像を膨らませ描くことでキャリアアップに近づきます。

自分ならどんな風に展開するか、またはどんな描き方がこのシーンに合っているかなど自己研鑽を怠らないことです。

Women's Worksの非公開求人ご紹介
デザイン|東京

【グラフィックデザイナー】完全週休2日制/大手ナショナルクライアントからの直接取引多数

360万円 ~ 600万円

広告デザイン・コンテンツ企画

グラフィックデザイン

年間休日121日 社保完備
この非公開求人に興味がある

アニメーターに向いている人

疑問を感じる女性

では、アニメーターの仕事に向いているのはどんな人なのでしょうか。

アニメーターとしての仕事の内容が分かったところで、それに向いている女性の特徴についても紹介します。

絵が好き

まずはやはり絵が好きなことが挙げられます。

アニメーターとして働く場合、毎日毎日絵を描くことになります。

それを続けることができるというのは、絵が好きでないとなかなかできないでしょう。

絵に対する向上心

キャリアアップに関することでもありますが、自分の描いた絵に対する向上心も重要です。

アニメと一言でいっても、アクションものや萌え系のものなどさまざまなジャンルがあります。

「このジャンルしか描けない」「こういう描写がどうしても苦手」という状態ではなかなかキャリアアップも望めません。

常に自分の絵に対して分析し、向上心を持てる人はアニメーターに向いています。

素直である

アニメーターの仕事は、基本的に絵コンテや台本通りにそれを表現する仕事です。

決して自分のアレンジだったり個人的な感情をプラスしたりして付加価値が生まれるものではありません。

監督が思うその通りのものを素直に正確に作り上げてこそ、優秀なアニメーターといえます。

そのため、アニメーターには素直さが必要です。

責任感

森の中でガッツポーズ

次に、責任感も非常に重要です。

お伝えしてきた通りアニメーターの仕事には納期があります。

納期通りに仕事ができないと、後続の仕事がどんどん遅れてしまいます。

手直し等の必要性も含めて逆算して仕事ができるような、責任感のある人はアニメーターに向いています。

アニメが好き

最後に、アニメが好きな人ということが挙げられます。

アニメーターの仕事は、とにかくひたすら何カットも絵を描いていきます。

作業的にしてしまっては、なかなかキャラクターに命は入りこみません。

それでは単純作業と化し、仕事が続かないなんてパターンになってしまいかねません。

アニメが好きで絵を描くことが好きで、初めて仕事として続けることができるのです。

 

ワンポイント

アニメーターの仕事は、とにかく絵を描く枚数が多いため好きでないと成り立ちません。

それに加えて、アニメへの情熱が必要です。

アニメーターになるためには

女性、仕事

では、アニメーターになりたいと思ったら、まずはどうしたらいいのでしょうか。

アニメーターになるために必要なスキルや方法も解説していきます。

画力を高める

まずは、お伝えしたとおり画力の高さは大前提です。

そのため、独学でもいいですしなにか通信講座などでもいいので画力を高める努力をしましょう。

画力を高めるのに上限はありません。

どんどん向上心を持って絵の練習をしていきましょう。

デジタルソフトを学ぶ

昔はアナログで作っていたものも、今ではデジタルで作り出しているものも非常に多いです。

デジタルソフトを使いこなすことができれば、転職後も即戦力になりやすいというわけです。

最近ではフリーでも非常に優秀なデジタルソフトがありますので、一度試してみてください。

アニメーターになりたいなら、ある程度デジタルソフトを使えるようになっておきましょう。

作品を作成する

アニメーターになるには、ポートフォリオ作成などの為にも、作品をどんどん作っていきましょう。

自分の得意な分野から、応募先企業に合ったジャンルのものなど、さまざまな作品にチャレンジしてみましょう。

一般的にアニメーターになるために企業に応募する際、ポートフォリオを提出することが多いです。

そのため、自分の作品というのはゆくゆく必ず必要になります。

ある程度、ソフトなどの使い方に慣れたら、自分のスキルをアピールできる作品をどんどん作っていきましょう。

制作会社への就職

握手する女性

アニメーターになる最終的なステップは、アニメ制作会社への就職をすることです。

基本的にアニメーターはアニメ制作会社に属しています。

お伝えしてきた通り、絵の練習やソフトを学び、ポートフォリオとなる作品ができあがったら制作会社に就職をしましょう。

 

無料転職相談をしてアニメーターとして活躍しよう

 

アニメーターの給料・年収

お金

ここまで話してきたところで、アニメーターの給料・年収についても触れていきます。

アニメーターの給与・年収は、年齢やその経歴などによって本当にバラバラです。

入社したてのころだと年収にして200万円前後ということも少なくありません。

ただし、キャリアアップせずそのまま年齢を重ねても給与が大きく上がることは一般的には少なくなっています。

40代~50代でもアニメーターとして活動している場合は、年収は300万円~400万円ほどの方が多くなっています。

 

ワンポイント
 アニメーターの年収は、入社当初は200万円前後といわれています。
その後、キャリアアップを目指す場合300万円~400万円ほどの平均年収となっています。
 

スマホだけで』らくらく転職!
家から一歩も出ずに内定へ!

ウィメンズワークスではスマホだけで転職ができるよう
求人選定から内定までをサポートします。


アニメーターの学校

通学する女性

実は、アニメーターになりたい人が通うアニメーターの学校が数多くあります。

専門学校の中のアニメーター学科など、日本各地に多く存在しています。

作画の基礎からアニメ-ション技術、演出の技法などさまざまなことを学ぶことができる場所です。

それぞれ学校や学科によって学べるスキルは異なります。

そのため、学校に通って勉強したいという方はまずはその学校で何が学べるのかを確認しましょう。

学費についても、学べる内容や学校の規模などによってさまざまです。

アニメーターは独学で絵の勉強をし、OJTで働いていくということも可能です。

ですが、学校に通うという選択肢があることも視野にいれてみてください。

Women's Worksの非公開求人ご紹介
デザイン|東京

【グラフィックデザイナー】完全週休2日制/大手ナショナルクライアントからの直接取引多数

360万円 ~ 600万円

広告デザイン・コンテンツ企画

グラフィックデザイン

年間休日121日 社保完備
この非公開求人に興味がある

アニメーターへの転職はエージェントを活用しよう

女性エージェント

絵を描くことが好きで、それを仕事にしたいという女性は多いです。

ただ、アニメーターに転職しようと思っても何から始めればいいか分からないという声もたくさん聞きます。

映像関係の仕事が未経験だったり、専門学校に通っていたわけではない人だったりするとなおさらです。

そんなときは、まず転職エージェントに相談しましょう。

転職エージェントなら、あなたの希望条件にあった企業を探してくれます。

今持っているスキルでアニメーターとして働ける場所や、ゆくゆくのキャリアアップなども含めて検討が可能です。

意外と手間取る履歴書や職務経歴書の作成についてもサポートを受けることができます。

アニメーターへの転職を考えたら、まずは転職エージェントに相談しましょう。

 

無料転職相談をしてアニメーターとして働こう

 

まとめ

ペンタブを操作する女性

絵を描くことが好きで、絵が上手な女性はたくさんいます。

その好きなことを仕事にしたいという気持ちは決して恥ずかしいことではありません。

アニメーターという仕事は、納期などもあり大変な仕事ではありますがとてもやりがいのある仕事です。

転職エージェントと相談しあいながら、あなたにぴったりの企業でアニメーターとして活躍してください。

『スマホだけで』らくらく転職!家から一歩も出ずに内定へ!

スマホで転職
ウィメンズワークスではスマホだけで転職ができるよう求人選定から内定までをサポートしています。
今までの面倒臭さを解消し通勤時間や仕事のスキマ時間で転職を成功させましょう。
 

ウィメンズワークスでは以下のサービスで転職をサポートします。

  • 質問や相談はLINEで気軽に
  • スマホでのやりとりだけで転職をサポート
  • スマホ面談時の服装は自由
  • 履歴書や職務経歴書の作成代行
  • スマホでの相談からオーダーメイドで求人紹介
  • データはクラウド管理でセキュリティも万全

 

『スマホだけで』
らくらく転職する!

 

質問や相談はLINEで気軽に

LINEをする人

ウィメンズワークスとのやり取りはLINEを使用します。(希望者にはメールでもご対応いたします。)

メールの文章や署名、宛先の確認など、今までの面倒な作業時間を削減してスキマ時間で転職を成功させましょう。

LINEではチャット感覚で転職相談ができるので、まずは気軽にご相談ください。

スマホでのやりとりだけで転職をサポート

女性

ウィメンズワークスでは、転職相談から転職後まで完全オンラインでサポートいたします。

面談のときに来社する必要はありません。

現職が忙しくて時間が取れない…。わざわざ足を運びたくないと思う方も問題ありません。

応募先企業も完全オンライン面接の企業も多く、スマホひとつで転職できるでしょう。

スマホ面談時の服装は自由

服装自由
面談時にスーツは不要です。

リラックスした状態で本音をお聞かせください。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

 

『スマホだけで』
らくらく転職する!

履歴書や職務経歴書の作成代行

男性と女性
いざ転職をしようと思っていてもPCで作成するのが面倒くさい。そもそもPCを持ち歩いていない。

履歴書・職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の履歴書・職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい履歴書・職務経歴書の作成を目指しています。

スマホでの相談からオーダーメイドで求人紹介

提案
ご要望があれば、キャリアアドバイザーに気軽にお申し付けください。

簡単な質問に答えるだけでご要望を把握し、最適な求人を完全オンラインでご紹介させていただきます。

また、ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。
面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

データはクラウド管理でセキュリティも万全

クラウド

 

ウィメンズワークスでは紙媒体は使用しません。

ペーパーレスでデータはすべてクラウド上で管理いたします。

紛失の心配が無いためセキュリティ面でも安心です。

また、応募先企業に送るデータももちろんウィメンズワークスで管理いたします。