人材業界から転職したいと考えている方もいらっしゃるかもしれません。

どのような職種に転職しやすいのかを知っておくと転職活動もスムーズにいくでしょう。

人材業界で培ったスキルを知ることにより、転職先を探す指針にできることもあるでしょう。

この記事では人材業界から転職しやすい職種を解説します。

どのような職種であれば仕事の環境を改善できるのか知っておくと良いでしょう。

女性が人材業界からの転職を成功させるコツも紹介しますので参考にしてください。

女性が人材業界から転職したい理由

女性

女性が人材業界から転職したいと考えるには多くの理由があるでしょう。

転職したい理由をまとめると以下のようなものが挙げられます。

  • 将来への不安
  • 日常生活に支障をきたす
  • 精神的な余裕がなくなる

このような問題点は、給与仕事内容からくることが多いようです。

自分が転職したい理由はどのようなものか、そして何を改善したいかを明確にしておくと転職活動が円滑に進むでしょう。

女性が人材業界から転職したい理由を紹介しますので、自分に当てはまるものがあるかどうか確認してください。

給与が見合わない

悩み

自分の業務内容に対して給与が見合わないと感じる方が多いようです。

特に人材業界は、その業務内容から業績が景気に大きく影響されることがあります。

インセンティブ制度を採用する企業が多いことも影響して給与が安定しません。

成果のない月は労働時間に見合うような給与がもらえない可能性もあるのです。

毎月の給与の不安定さや給与の低さを転職の理由に上げる女性も少なくありません。

急な残業でライフワークバランスが取れない

人材業界ではクライアントの企業やスタッフの都合で動かなければならないため、急に残業することもよくあります。

人材を商材としているため、人と人とのトラブル仲裁に時間を割かなければならないことも珍しくありません。

急な土日出勤や残業でトラブルに対応するため、ゆっくりと休める日が少ないといえるでしょう。

ライフワークバランスが取れないことを転職の理由にする女性も多いです。

思うようにいかないことが多い

女性

人材業界の社員は常に企業と人材の間で板挟みになります。

企業からは人材の性格や能力に関するクレームが入ることもあるでしょう。

職場の環境や人間関係についてスタッフの相談に乗ることも多いです。

人と人とのやり取りが発生しますので全て思い通りに業務が完了することはありません。

思うようにいかないことがストレスになり転職を考える女性は多いです。

ストレスを抱えたまま業務を行うと精神的に疲弊してしまいます。

人材業界で身につくスキル

女性

人材業界では企業との連携や求職者の情報収集・求人広告などを行います。

クライアントの代わりに求職者へ業務の説明を行うこともあるでしょう。

仕事の内容を正しく理解する必要があるため担当者とのコミュニケーションは欠かせません。

転職希望者と面接する際には求職者の情報を正確にヒアリングしてマッチする企業を探します。

こうした業務経験からどのようなスキルが身についているのか気になる方もいらっしゃるかもしれません。

自分が持っている可能性のあるスキルが分かれば転職活動に活かすことができるでしょう。

この章では人材業界で身につくスキルを紹介しますので参考にしてください。

営業力

営業

人材業界では毎日求職者からコンタクトがあるとは限りません。情報登録だけして音沙汰がない求職者もいるでしょう。

そのため人材業界の営業はコツコツとテレアポを行います。

また新規のクライアント企業開拓のための営業も欠かせません。

クライアントや求職者の都合に合わせて休日出勤をしたり残業をしたりすることもあります。

こうして磨かれた精神力営業力は転職先の企業でも活用できるでしょう。

コミュニケーションスキル

話し合い

人材業界の特徴はクライアントも人材も『人』だということです。

双方の悩みや問題点を解決できるように、コミュニケーションを取りながら聞き取りを行う必要があります。

そのため「相手の話をじっくりと聞く」「相手の悩みや問題点を見抜く」といったスキルが自然と身につくでしょう。

コミュニケーションスキルはどのような業種に転職しても役立つスキルです。

仕事は一人でするものではありません。

どんなに技術があっても一緒に仕事仲間とコミュニケーションが取れなければ業務はスムーズに行なえないのです。

人材業界で身についたコミュニケーション能力を活かしていきましょう。

提案力

ファイル

求職者にマッチしたクライアント企業を提案するための提案力も人材業界で身につくスキルといって良いでしょう。

的確な提案をするためには相手の話を聞きながら正確な情報を把握しなければなりません。

「相手によって提案の内容を変える」「相手にマッチした提案をする」というスキルはどの業種でも必要になるでしょう。

また人材業界では多くのクライアントとコミュニケーションをとることで、様々な職種の内部事情を知ることができます。

職種の採用担当者求める人物像を考えることによって転職先を選ぶ指針にしてみてください。

 

ワンポイント
人材業界で身につくスキル
・鍛えられた精神力や営業力
・人を相手にするコミュニケーションスキル
・相手の過大を解決できる提案力

人材業界から転職しやすい職種

女性

人材業界の経験で手に入れたスキルは他の職種でも活かすことができます。

採用担当者がどのようなスキルを持った人材を求めているかを判断して、アピールするスキルを選びましょう。

転職を目指している職種が未経験であったとしても、役立つスキルを見つけてアピールすれば良いのです。

採用担当者がほしいと考える人材がどのような人物像かを見抜くスキルも身についているでしょう。

その経験は自分の転職活動時にも役に立ちます。

人事・採用

面談

人事や採用担当者は企業の人材を確保する上で重要な役割を担います。

そのため人事・採用担当者を中途採用募集する場合は経験年数○年以上とする企業が多いです。

しかし人事・採用担当を指定年数以上経験した方の多くが転職を希望することはそれほど多くはありません。

そこで人事・採用の人材がほしい企業は、人材業界からの転職希望者の採用を視野に入れることがあります。

人材業界で積み重ねてきた多くの企業採用者とのコミュニケーションが役に立つでしょう。

不動産営業

女性

人材業界で営業として活躍していたのであれば、多くの職種の営業をこなすことができるでしょう。

顧客とコミュニケーションを取りながら今不安に思っていることや問題点を見抜くことで的確な提案ができるのです。

不動産の営業は顧客と何度も打ち合わせを重ねるなど粘り強い精神力が必要になります。

人材業界の営業を経験しているのであれば、顧客の不安や悩みを聞きながら的確な提案をすることができるでしょう。

IT・Web業界の法人営業

女性

IT・Web業界の法人営業は「クライアントの抱えている問題を見抜いて改善の提案をする」業務になります。

ただシステムの営業を販売するのではなく、このシステムがクライアントのどのような問題点を解決できるかを提案するのです。

クライアントの抱えている問題を改善するという点は、人材業界の営業と似ています。

クライアントがどんな不安や問題を抱えているかを見抜く力を発揮することができるでしょう。

クライアントが納得する提案をすることができればIT・Web業界の法人営業でも活躍できるのです。

コンサルタント

コンサルタントは多くの知識や分析能力が必要になる職種です。

クライアントの課題を解決できるような提案をすることが重要になります。

人材業界でクライアントの問題を解決できるような提案ができるのであれば、コンサルタントへの転職もできるでしょう。

人材業界の経験を活かしてクライアントの改題解決のための提案ができるかどうか考えてみてください。

教育業界

女性

教育業界は人と向き合って成長を促すという点が人材業界と共通しているといえるでしょう。

人と向き合うことにやりがいを感じる方にも向いている職種です。

人材業界で培ったコミュニケーションスキルを活かすこともできるでしょう。

 

ワンポイント
人材業界で培った「営業力」「コミュニケーションスキル」「提案力」は様々な職種で活かせる。

仕事環境や待遇の改善から考える転職先

女性

転職先を考える際には、仕事環境待遇の改善点を見るのも良いでしょう。

仕事を選ぶ条件として収入や就業環境を重視する方も多いです。

この章では人材業界からの転職で給与アップが見込める職種や就業環境が改善される職種を紹介します。

転職で自分がこだわりたい条件を考えながら参考にしてください。

給与アップが見込める職種は?

女性

給与アップを見据えての転職では以下のような職種を考えられます。

  • 大手商社やコンサルティング
  • 不動産業界や保険業界
  • 高収益企業

大手商社やコンサルティングは基本給が高めに設定されているのがポイントです。

一方不動産業界や保険業界はインセンティブで高収入を実現できるでしょう。

高収益企業は専門性の高い業種や競合の少ない市場に参入しているところが多いです。

いずれも給与アップが見込める職種ですので、自分の希望とマッチしているかどうかを検討してください。

ライフワークバランスが取れる職種は?

ライフワークバランスが取れる業界は以下のようなものが考えられます。

  • 医療機器メーカー
  • 化粧品メーカー
  • 科学・素材メーカー

メディカル業界は残業時間が短く休日が多いといわれていますのでライフワークバランスが取れるといって良いでしょう。

ライフワークバランスが取れる職種は以下のようなものが挙げられます。

  • 受付
  • 事務
  • 品質管理

残業の少なさと休日日数の多さを考えると、事務系・アシスタント系がライフワークバランスを取ることができるといえます。

仕事の成果が出やすい職種は?

女性

仕事の成果が給与に反映される職種であれば十分な収入を得ることでプライベートを充実させることもできるでしょう。

仕事にやりがいを感じて楽しくなるかもしれません。

保険業界や不動産業界は歩合制を採用している企業も多く、自分の頑張りで成果を出すことができるでしょう。

仕事の自由度も高く、自分に合った方法で成長していくことができます。

転職先を選ぶ時は転職目的や希望条件をはっきりさせよう

ポイント

転職先を選ぶ時は、転職の目的希望条件をはっきりとさせておきましょう。

どんなに条件の良い転職先でも自分の転職目的にマッチしていなければ意味がないのです。

ライフワークバランスの改善を求めていたのに、年収が良いからといって激務の職種を選んでしまうといった失敗もあるでしょう。

大切なのは、最初に自分の目的と希望をしっかりと認識しておくことです。

自己分析を行って希望を書き出すのも良いでしょう。

転職の目的は自分の問題点を解決することです。今自分がどんな問題を抱えていて、何を解決したいのかを確認しましょう。

 
【無料】パソナキャリアに転職相談する  

女性が人材業界からの転職を成功させるコツ

女性

人材業界から女性が転職するためのコツは、転職する理由を明確にしておくことです。

そして転職先の企業に求める条件も決めておくと良いでしょう。

自分の目的を達成するため、転職の起業の出す条件に納得できるかどうかを確認します。

希望する企業が見つかれば、その企業がどんな人材を求めているのかを知りましょう。

求められているスキルをアピールすることで転職活動を有利に進めましょう。

 

ワンポイント
人材業界から転職を成功させるために転職する理由と目的を明確にしよう。

人材業界から転職する際の注意点

メモ

人材業界から転職する際の注意点は、希望条件に固執しすぎないことです。

転職をするのだから少しでも自分の希望に沿った企業を見つけたいと思う気持ちは誰にでもあります。

しかし理想の条件ばかりを並べていても、それにマッチする企業がなければ意味がありません。

まず譲れない条件をひとつ決め、その他の希望条件はいくつか満たしていなくても考えてみるといった方針をおすすめします。

また人材業界の方針に固執しすぎるのも注意が必要です。

人材業界で培ったスキルをアピールすることは大切でしょう。

しかし人材業界の仕事の仕方や方針に固執してしまうと、転職先の企業で他の社員と歩調が合わない可能性もあるのです。

志望動機や面接の対策方法は?

ポイント

志望動機を考える際は、自分の経験やスキルをどのように活かせるかを具体的にアピールするのが良いでしょう。

転職先の企業が求める人物像をリサーチし、それにマッチした経験を示します。

具体的なエピソードを添えて「なぜ転職先の業界か」「なぜ転職先の企業なのか」を考えましょう。

面接の対策方法に不安がありましたら転職エージェントに相談してみるのもおすすめです。

 

ワンポイント
「なぜその業界か」「なぜその企業か」を明確にして志望動機を考えよう。

女性の転職は女性向け転職エージェントへの相談がおすすめ

女性

人材業界からの転職は多くの職種を選べる可能性がありました。

しかし自分の希望する条件とマッチする職種がどのようなものか悩む方もいらっしゃるかもしれません。

希望する企業で自分の能力を活かせるかどうか不安になることもあるでしょう。

女性の転職の相談は女性向けの転職エージェントに相談するのがおすすめです。

自分だけで不安や悩みを抱え込まず、転職のプロにアドバイスを貰いましょう。

不安や悩みを解決して転職活動を成功させてください。

 
【無料】パソナキャリアに転職相談する  

まとめ

女性

人材業界では多くの経験スキルを伸ばすことができます。

転職を考える際には、転職先の企業にどのスキルがマッチするかも考えましょう。

自分の持つスキルを活かせる転職をすれば、転職先でも活躍できます。

もしどのようなスキルが役に立つのか疑問に思われましたら転職エージェントにご相談ください。

的確なアドバイスで疑問を解消して転職を成功させましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら