病院やクリニックの事務全般を担当する医療事務には、医療に携わりたいという強い意志が必要です。

もちろん環境にもよりますが、医療事務は勤務時間が長く休みが取りにくいこと比較的多い仕事だからです。

夢や憧れを抱いてせっかく医療事務の仕事についても現実は厳しいこともあります。

労働環境は働くうえでとても重要ですので、現状に満足できないと感じたら転職を考えてみてはいかがでしょうか?

Contents

医療事務から転職したい女性の悩み

悩む女性

病院やクリニックは一般的な企業と較べると勤務時間が変則であることが多く、事務というよりも接客業に近い勤務形態です。

クリニックなどでは診療報酬などの方針は院長次第のところがあり、求めていた状況と異なることも多々あります。

それでは転職理由に多い具体例をみてみましょう。

給料が低い

医療事務に役立つ民間の資格は多数ありますが、医療事務を行うために国家資格は必要ありません

また仕事は多くなりますがルーティンワークが多く、プロジェクトや新規業務への取り組みの機会は少ないといえます。

一度仕事を覚えてしまえば日々同じ業務になるため大幅昇給のチャンスはあまり望めません。

周囲の同世代・病院やクリニックの他の職業の人と比較すると給料水準が低いと感じることがあるでしょう。

人間関係が複雑

人間関係

大きな総合病院とクリニックでは大分環境が異なるため一概にはいえませんが、人間関係は狭くて複雑なことが多いです。

特にクリニックは院長と院長婦人が人間関係のほぼ全てなので、好き嫌いがある場合はとても辛い状況になるでしょう。

また医療事務は仕事が決まっているため、勤続年数が長い人も珍しくありません。

職場によっては医療事務内での派閥がある場合もあり、若い世代には難しい環境になることがあります。

祝日などに休みが取れない

診療内容により若干異なりますが、毎日診察を行っている病院では一般的な土日祝休みは難しいでしょう。

最初は土日ではなく平日休みでも気にしないかもしれませんが、年数を重ねるうち土日休みの希望が強くなっても不思議ではありません。

プライベートを大切にしたい人は特にその傾向が強くなります。

残業が多い

クリニック勤務の場合医療事務の人数が少なく、一人で一通りの仕事をしなければなりません。

単純に業務量が多いため必然的に残業も多くなります。

また入院患者を受け入れている総合病院では面会対応もあるため、面会時間ギリギリの訪問者がいると残業になってしまいます。

医療事務から転職したい女性におすすめの転職先

パソコン前で本を持つ女性

医療事務は一般事務や営業事務と仕事内容が全く異なるため、どのような転職先があるのか不安に感じる人も多いでしょう。

ここでは医療事務から転職する場合におすすめの職業をご紹介していきます。

スキルを活かすなら

医療事務の仕事はルーティンワークが多いのですが、様々な要素を持っています。

患者や付き添い者の対応は接客業、カルテ管理やレセプトはシステム操作というように医療事務以外でも通用するスキルがあります。

医療事務は年齢を選ばない仕事なので一度経験したことがある人であれば復帰することも難しくありません。

転職を考えるのであれば一度医療事務から離れて他の職業にチャレンジしてみるのもおすすめです。

職場環境の改善を第一に考えるなら

勤務先のシステムによって仕事内容に違いはありますが、医療事務の基本は同じです。

医療事務の仕事は嫌いではないけど現職の職場環境に不満がある場合は職場を変える転職がおすすめです。

医療事務の経験は様々な職業で活かすことができます。

  • クリニック
  • 病院
  • 検診センター
  • 調剤薬局
  • 保険組合や保険会社など健康保険に関連する業務

医療事務の仕事を変えずに転職する選択肢も

カルテを持つ女性

繰り返しになりますが医療事務の仕事は、担当範囲の幅の違いはありますが基本的に決まっています。

せっかく覚えた医療事務の仕事を続けたいと考える人も多いのではないでしょうか?

転職したいからといってまったく違った職種を探す必要はありません。

科を変えると環境も変わる場合も

説明する女性

残業が理由で転職を考えている場合は、科を変えることで労働環境を変えられる可能性があります。

患者が限定的な科や緊急性が低い科などは診療時間や休診日が一般企業に近い場合もあります。

医療事務の仕事が好きな人は異業種へ転職を考える前に異なる科の勤務条件を確認すると良いでしょう。

総合病院は比較的環境がいい

クリニックと比較すると総合病院の方が待遇や労働条件が良いことが多いです。

一人で何でもこなさなければならないクリニックと較べ、複数の科が存在する総合病院は人数も多く仕事も分担されています。

医療事務の人数もクリニックより総合病院の方が多いためバックアップ体制も整っています。

医療事務を続ける気持ちがある場合は異業種への転職を考える前に総合病院に挑戦してみてはいかがでしょうか?

病院以外にも様々な職場が

医療事務の経験を活かせる場は病院やクリニックだけではありません。

調剤薬局でも医療事務の仕事は大いに役立ちます。

また保険を申請される側の保険会社や保険組合でも医療事務の経験は好まれます。

医療事務の仕事から完全に離れずに異業種へ進む道もあることを忘れないでください。

医療事務からの転職でまず準備したいこと

PCを操作する女性

転職したいけどどのように始めたら良いか分からない人は案外多いです。

医療事務からの転職に限りませんが転職準備はどのように進めたら良いかご紹介しましょう。

転職理由と希望条件を明確にする

まず最初に転職したいと考えた理由と転職先に求める希望条件を明確にします。

例えば転職したい理由が人間関係ならば、職種を変更する必要はなく医療事務の仕事も転職先の候補になります。

医療事務が向かない、あるいは他にやりたいことがある場合は転職先は医療事務以外で探すことになるでしょう。

また100%希望にあった転職先を探すことは非常に難しいため、転職する際に重視したい点に優先順位をつけます。

仕事内容・お給料・勤務地・勤務時間など希望条件の順位は人それぞれなので、自分が仕事をする上で一番大切なことを認識しましょう。

転職先の情報収集をする

転職先については事前にできるだけ情報を収集することをおすすめします。

自分で企業のホームページや口コミを閲覧したり、転職エージェントに登録して相談することもできます。

公表されている情報が全てではありませんが、転職後に想像と違うからといって元に戻ることはできません。

転職後に後悔しないよう情報収集はとても大切です。 

 

ワンポイント
 転職活動は希望条件の確認と情報収集から始める。

 
【無料】テンプスタッフに転職相談する  

医療事務からの転職を成功させるコツ

ポイント

転職を成功させるには自己分析をしっかり行うと良いでしょう。

自分がどのような人間で、何をしたいのかをしっかり認識することが転職成功のカギになります。

それでは医療事務からの転職を成功させるポイントについてご紹介していきましょう。

初めて転職を考えている人は是非参考にしてください。

転職準備は在職中から

転職する際は現職を辞める前に転職先を決めるた方が有利です。

転職を成功させるためには準備期間が必要になりますので、少なくとも転職準備は在職中から開始しましょう。

企業の中には仕事をしていない期間について説明を求めるケースがあるため、退職からできるだけ時間を空けない方が良いです。

そうは言っても在職中は忙しくて転職活動が難しい場合は、効率よく転職活動を行うために転職エージェントを利用すると良いでしょう。

医療事務の経験で得たスキルを自己分析

医療事務の経験で得たスキルから他の業種でも活かせるアピールポイントを考えましょう。

患者とのコミュニケーションは接客業やコールセンター、レセプト業務や電子カルテ作成はシステム操作やデータ入力に繋がります。

お知らせ文書の作成経験がある場合はエクセルやワードの使用経験をアピールすることが可能です。

一般的な企業ではメール、エクセル、ワードなどを日常的に使用するため、基本的には必須と考えた方が無難です。

一般事務や営業事務などのバックオフィス系の職種を希望する場合は、事前にパソコンのスキルは習得しておきましょう。

選考対策を十分に

パソコンを見る女性転職には自分が志望する企業が求める条件に合っているか見極めることが大切です。

仕事が忙しくて選考対策ができないまま応募しても、採用を勝ち取ることは厳しいでしょう。

医療事務から職種を変えずに転職する場合は経験は十分にアピールできますが、転職理由が重要になります。

医療事務から異業界へ転職する場合は転職理由にプラスして、どのような活躍ができるかをアピールしなければなりません。

転職を成功させるためには十分な事前の企業研究と選考対策が欠かせません。

 

ワンポイント
 転職準備のポイントはスキルの棚卸と自己分析。

医療事務から転職する際の志望動機の書き方は?

悩む 女性

転職するには説得力がある志望動機の伝え方がとても重要です。

志望動機は業界・職種・企業のそれぞれについて、具体例をあげながら作り上げていきます。

また新卒の就職活動と異なり、転職の場合は活かせるスキルや経験をアピールする必要があります。

応募する業界や職種によって志望動機を変更すると一貫性に欠ける可能性があるため、業界・職種は予め絞る方が無難です。

業界や企業研究の側面からも業界・職種は同じ志望動機を使用し、企業に特化した部分のみ変えると良いでしょう。

医療事務から転職する際の志望動機の書き方の例

ヒント

志望動機では退職理由、経験・スキル、転職後に実現したいことを基本に前向きな姿勢を示します。

実際にどのように志望動機を書くと良いのか、同業種へ転職する場合と異業種へ転職する場合についての例をご紹介しましょう。

クリニックから総合病院へ転職

「現職はクリニックにて医療事務をしており、医療事務の仕事をこれからも続けていきたいと思っております。

クリニックでは一通りの医療事務の仕事を経験いたしましたが、業務が限定的であると感じるようになりました。

総合病院には様々な診療科目があるため、幅広く多くの経験を積めると考えております。

地域との共生をモットーとされる貴院では個々の患者と寄り添うクリニックの経験を活かしながら地域の人々をサポートしていきたいと思います。」

転職理由としてクリニックでは実現が難しい事を説明するとともに、なぜ総合病院を希望しているのかを伝えましょう。

医療事務から異業種へ転職

「医療事務の仕事は好きなのですが、業務内容が限定的であることを感じております。

院内のお知らせやアンケートなどを自主的に実施していくうちに、医療事務とは別の職種にチャレンジしたい気持ちが強くなりました。

市場展開の準備をされている貴社で、是非様々な業務に挑戦し成長していきたいと思い応募いたしました。」

異業種への転職の場合は医療事務として実現が難しい事を説明します。

中途募集は基本的に経験者を求めていますが、ベンチャー企業などは成長が見込まれる人材を積極採用しているケースもあります。

 

ワンポイント
 志望動機は志望動機では退職理由、経験・スキル、転職後に実現したいことで構成する。

 
【無料】テンプスタッフに転職相談する  

転職の面接で意識したいこと

ビジネスウーマン

書類選考を通過すると次は面接です。

面接では印象がとても大切ですので、身だしなみ・表情・声のトーンに注意しましょう。

面接は応募書類に基づいて進んでいきますので、応募書類に記載した内容と齟齬がないよう準備します。

また退職理由についてはネガティブな印象を与えるような内容を伝えることは避けましょう。

人間関係・給料が低い・残業が多いなどはどの業界、企業でも同じことが発生する可能性があります。

退職理由は自分自身の努力では変えられない内容である方がベターです。

面接は想定外の質問をされたり、同じ内容について質問方法を変えて聞かれることがあります。

取り繕った内容では一貫性に欠け説得力もなくなる恐れがありますので、しっかりと自己分析を行った上で面接に臨む準備をしましょう。

またほとんどの面接では面接官から「質問はありますか?」と逆質問があります。

面接の途中で様々なやり取りが発生している場合を除き、必ず質問は準備しておきましょう。

何も質問がないと「興味がない」と受け取られる可能性があるためマイナスポイントになります。

応募者にとって応募企業について直に情報を得るチャンスですので、ぜひ有効活用してください。

 

ワンポイント
 面接でネガティブな発言は厳禁。積極的な姿勢を心がけよう。

悩んだら女性向け転職エージェントに相談しよう

OKポーズ

転職したいけど行動が起こせずに悩んでいる場合は転職エージェントに登録し、相談してみてはいかがでしょうか?

転職エージェントに登録したら必ず転職しなければいけないわけではありません。

転職市場の動向や実際にどのような募集があるのか、あるいはどのような転職例があるのかなど情報収集することが可能です。

転職エージェントには様々な企業から募集案件も集まってくるので、非公開求人も多く持っています。

希望する募集が見つからない場合も転職エージェントに希望を伝えることで、希望に沿った案件がでてきた時に紹介を受けられます。

応募書類や退職時の注意などを含め様々なアドバイスを受けられますので、ぜひ転職のプロに相談すると良いです。

 
【無料】テンプスタッフに転職相談する  

まとめ

医療事務は医師や看護師など資格がなくても医療の現場に携わることができることで非常に人気があります。

長く働くことができる職業でもある一方で残念ながら仕事の領域的には広いとはいえないのも事実です。

同じ仕事環境では物足りなさを感じていたり、思い切って職種を変更したいと思ったら転職エージェントに相談しましょう。

転職はキャリアの見直しを含めキャリアプランを考える良い機会として、新しいことにチャレンジしてみてください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら