転職をする際に必ずといっていいほど必要な存在になるのが転職エージェントです。

転職エージェントは、転職を希望する方の希望を聞きながらも適性を見抜き、ぴったりの仕事を紹介する重要な仕事です。

本記事では、転職エージェントの仕事内容やその魅力など詳しく解説していきます。

転職エージェントの役割

ポイントを指す女性

転職エージェントの役割は、一言でいえば「仕事を紹介し就職までサポートすること」です。

ですが、その紹介やサポートは決して簡単ではありません。

数多くある求人の中から、転職希望の方が出す条件に合う求人を探すだけでも大変です。

ですがその人が希望する職が、果たして本当にその人に合っているのかということを見極めることも大切です。

あまりにも乖離している場合、こちらから「こんな仕事はいかがでしょう」と提案する必要もあります。

また、仕事を紹介するだけでなく履歴書や職務経歴書の書き方のサポートなども行わなければなりません。

担当の方が面接に進むことが出来たら、面接対策なども行います。

転職エージェントは「転職したほうがいいだろうか?」という相談から始まります。

その後、「実際に働いてみて今こんな感じだ」というフィードバックまで長い付き合いとなります。

仕事によってその人の人生が左右されることを考えると、責任重要な仕事といえます。

転職エージェントの仕事内容

メモを取る女性

まずは転職エージェントの具体的な仕事内容について見ていきましょう。

転職エージェントには仕事内容がたくさんあります。

  • 顧客の適性診断・面談
  • 求人の紹介
  • 応募書類の添削
  • 面接の対策
  • 年収の交渉
  • クロージング

転職エージェントには、これだけの業務があるのです。

1つずつ詳しく解説していきます。

顧客の適性診断・面談

まずは転職希望者と面談を行います。

さまざまな角度からヒアリングを行い、適性をチェックします。

どんな仕事に向いているか、どんな雰囲気の職場がいいかなど本人が気づいていない場合もあります。

こちらから最適な提案ができるよう、十分なヒアリングが大切です。

求人の紹介

ヒアリングと適性診断を行ったら、次は求人の紹介です。

転職希望者が希望する内容に一致するものをできるだけ探し紹介していきます。

この際、雇用形態や給与、待遇など求人情報は見るところがたくさんあります。

転職希望者はそれを見るのが大変だと思い、転職エージェントに任せるのです。

転職エージェントは転職希望者に代わって、ぴったりな求人を探し当て、紹介することが大きな任務です。

応募書類の添削

応募書類

求人を紹介し、いざ応募する企業が決まれば次は応募書類の添削が必要です。

履歴書に間違いはないか、職務経歴書の書き方はどうか幅広い視点で添削を行います。

特に、職務経歴書については「もっとこういうふうに書いた方がアピールできる」など手直しが多いです。

現職を持ちながらの転職希望者は特に忙しいため、転職エージェントに任せてしまう場合も少なくありません。

いかにその人のスキルが応募先企業にマッチしているかを書類でアピールする必要があります。

面接の対策

業界や業種によって、面接で聞かれることはさまざまです。

書類審査が通過できたら、できるだけ面接では自分をしっかりとアピールしたいところです。

業界や業種ごとによく聞かれる質問については、すぐに答えられるよう練習が必要です。

また、どのような表現をしたらそれが伝わるかなどアドバイスもしなければなりません。

年収の交渉

転職エージェントは、前職での経験や保有スキルに応じて相手先企業と年収の交渉も行います。

それも転職希望者が提示する年収にできるだけ近い数字になるよう交渉する必要があります。

お金の話ですから、この件については相手方もシビアです。

ビジネスにおいての交渉力が試される場といっても過言ではないでしょう。

クロージング

交渉が成立し無事採用となればクロージングです。

転職エージェントによっては、仕事に就いたそのあとも「思っていた仕事と合っているか」サポートします。

中には「実は、求人情報と全然違うことをやらされている」なんてこともあるのです。

そんなことがないように、最後までお付き合いをし最後の職場を探すのが、転職エージェントの仕事です。

 

ワンポイント

転職エージェントにはやるべきことがたくさんあります。

非常に幅広い知識と接客スキルを求められる仕事なのです。

転職業界においての立ち位置

働く女性

転職エージェントは、転職業界において非常に重要な役割を果たします。

転職したい人と、働き手を募集している企業とを結ぶ役割を持っているからです。

そのため、転職希望者・企業側の担当者、どちらとも信頼関係が必要です。

ただやみくもにマッチングしても、転職希望者は転職を繰り返してしまうだけです。

企業側からしても、すぐ辞められてしまっては離職率が上がってしまいます。

このマッチングという作業は非常に重要なのです。

そして、その仕事に適性があるのに書類の作成や面接が苦手で不採用になってしまうケースももちろんあります。

とてももったいないパターンです。

そうならないように、転職エージェントがしっかりと最初から最後までサポートするようになっているのです。

 

ワンポイント

転職エージェントは、転職希望者にとっても企業にとっても信頼のおける人でなければなりません。

大変な仕事ですが、その分やりがいは大きいです。

転職エージェントになるには

ビジネス

では、実際に転職エージェントになりたいと思ったらどうしたらいいのでしょうか。

具体的に転職エージェントになる方法を解説していきます。

転職エージェントに登録

転職エージェントになる方法として1つ目は、転職エージェントに登録することです。

転職エージェントに登録して、転職エージェントの仕事を紹介してもらうというのが良いでしょう。

そうすれば、実際に転職エージェントとして働いている人を間近で見ることができます。

より実務についてのイメージがわきやすくなります。

また、自分の経歴や性格などからどの企業の転職エージェントがいいかも見極めてもらえます。

転職エージェントになりたいと思ったら、転職エージェントに登録しましょう。

キャリアコンサルタントになる

勉強

国家資格であるキャリアコンサルタントになるというのも1つの手です。

キャリアコンサルタントは、学科と実技の2科目がある試験です。

ですが、学科・実技・同時受験どれも合格率は50%を超えており、比較的取得しやすい資格といえます。

取りやすい資格といっても国家資格ですから、キャリアについての知識があることの証明に十分なります。

転職エージェントになりたいと思ったら、キャリアコンサルタントの勉強をしてみるのもおすすめします。

転職エージェントになる際の注意点

注意

転職エージェントはあくまでも営業職です。

転職実績を上げるためにノルマが課されている場合も多くあります。

お客様に自分の提案を納得してもらわなければなりません。

転職エージェントというと「コンサルタントとして話を聞いてくれる人」というイメージが強いでしょう。

ですが、冒頭に申し上げたようにあくまでも転職エージェントは営業職です。

それなりに数をこなし、実績を残していかなければいけない職業だということを覚えておきましょう。

 

ワンポイント
転職エージェントは、営業職として転職成功率のノルマなどが課される場合が多いです。

転職エージェントの魅力

エージェントとの面談

では、転職エージェントにはどんな魅力があるのでしょうか。

業務が多く責任も重い仕事ですが、その分やりがいや魅力も大きい仕事です。

顧客からのお礼をされたとき

やはり、一番うれしい瞬間は、転職希望者からお礼の言葉をもらったときでしょう。

「あなたに相談してよかった」「いつもありがとう」などといってもらえるとやりがいにつながります。

転職エージェントは人と人を結ぶ仕事です。

それに就きたいと思っている人は、人が好きなはずです。

そんな転職エージェント希望者は、自分が担当した転職希望者からお礼をもらうことが何よりもうれしいものです。

紹介した求職者が活躍したとき

女性、ガッツポーズ

自分が仕事を紹介し、実際に転職が成功した後、新しい職場で活躍していると耳にすることがあります。

自分が担当した転職希望者が活躍していたら、それはとても嬉しいことです。

「紹介してよかった」「仕事の悩みを解決し、生き生きと働いていらっしゃるんだな」と思うととてもうれしいものです。

もっともやりがいを感じる瞬間の1つといっても過言ではないでしょう。

 

ワンポイント
このように、転職エージェントのやりがいは「人の喜び」「成功」です。
人の喜びを自分のことのように喜べる人は転職エージェントの仕事に向いています。

転職エージェントの辛さ

仕事で悩む女性

逆に、転職エージェントの辛さとはどんなものがあるでしょうか。

大変な仕事がゆえに、辛いこともたくさんあります。

ノルマがある場合が多い

既にお伝えした通り、転職エージェントは営業職です。

そのため、多くの転職エージェントがノルマを抱えています。

転職成立の数を稼がなければならない一方で、転職希望者に本当にマッチした仕事を紹介したいと悩むこともあるでしょう。

なかなか求人が見つからなかったり、転職希望者が首を縦に振らなかったりすることもざらにあります。

こういった部分は、やはり営業職である転職エージェントの辛さといえます。

選考通過率が低くなる場合も

どんなに全力を注いでも、どうしても選考通過ができないことはあります。

それは時代の流れや、企業の欲しがる人材、タイミングなどさまざまな要因から選考通過できないケースもあるのです。

そういった要素が重なり、自分が紹介した転職希望者の選考通過率が低くなってしまう場合ももちろんあります。

そんなときはモチベーションが少し下がってしまいがちになるかもしれません。

これも、転職エージェントならではの辛さといえるでしょう。

転職エージェントの年収・将来性

女性、仕事

これから転職エージェントを目指す人は、その年収や将来性について気になることでしょう。

ここからは転職エージェントの年収や将来性について紹介していきます。

転職エージェントの年収

まず、転職エージェントの年収についてですが、これは成績等によって変わります。

また、必ずしも転職エージェントが正社員というわけでもありません。

契約社員や派遣社員など雇用形態はさまざまなので、一概に転職エージェントの年収についてはいえません。

ただ、正社員として活躍している転職エージェントの平均的な年収としては、大体400万円ほどといわれています。

決して高くないと思うかもしれませんが、企業によってはここにインセンティブなどが就く場合もあります。

繰り返しになりますが、営業職である以上、結果主義として転職エージェントを見ている企業が多いです。

結果を出せば出すほど給与が上がるというのは良くある話です。

転職エージェントの将来性

転職エージェントの将来性ですが、結論からいうと「将来性は高い」といえるでしょう。

最近では、スマホなどを使い自分で求人なども見つけられるため転職エージェントは要らないのではと思うかもしれません。

でも実際、本気で転職をしたいと思ったときに、自分1人で応募先企業を選び年収交渉までできるでしょうか。

最終的には、転職エージェントの力を借りることが非常に多いです。

また、新卒絶対主義だった日本は、ここ数年では転職が当たり前になってきつつあります。

新卒でなく転職組でもキャリアアップを目指せたり、今までの職歴を活かして輝けたりと選択肢が増えてきました。

こういった背景から、転職を希望する人は今後も増えてくることでしょう。

そうなれば、転職エージェントの需要は高まる一方です。

このことから、転職エージェントの仕事の将来性というのは、高いといっていいでしょう。

憧れの職業に転職したいときは

面接する女性

なかには、転職を考えた時に熱心に話をしてくれた転職エージェントを見て自分もなりたいと思ったという方もいるでしょう。

転職エージェントは、現職の悩みを聞いてくれたりそれを解決するためのステップアップの職場を探してくれたりします。

意外かもしれませんが、転職エージェントになりたいという相談を転職エージェントにすることも可能です。

他の職種への転職と同様に、まずは転職エージェントに相談してみましょう。

どこの会社の転職エージェントになるのが向いているのか探してくれます。

また、転職エージェントにはどんなスキルが必要かなど生の声を聞くことができ、よりリアルに想像することができます。

転職エージェントになりたいと思ったら、まずは転職エージェントに相談してみましょう。

まとめ

転職エージェント

転職エージェントという仕事は、転職希望者の人生を左右する仕事といっても過言ではありません。

ミスマッチで紹介してしまうと、また転職を繰り返すことになりかねないからです。

また、企業側にも迷惑がかかってしまい信用問題につながりかねません。

それだけ責任が重い転職エージェントという仕事ですが、紹介してきた通り魅力もたくさんあります。

転職エージェントになりたいと思ったら、まずは転職エージェントに相談してみましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら