アパレルの仕事は若い女性には人気ですが、その反面でアパレルを辞めたいという人も多くいます。

給与面での待遇・休暇・ノルマなどさまざまな要因から離職を希望するのです。

では、アパレルの仕事を辞めたいと思ったら、次はどんな職に就くのが良いでしょうか。

本記事では、アパレルから転職する女性におすすめの転職先や、転職準備についても解説します。

Contents

アパレルから転職する際の転職先の選び方は?

ポイント

アパレルから転職しようと思ったら、どんな転職先がいいのでしょうか。

まずは今自分がアパレルの仕事でどんなスキルを身につけたのか考えてみましょう。

例えば、以下のようなことがあります。

  • 接客
  • 事務スキル
  • トレンドに合わせた店舗の装飾などのマーケティング
  • イベントの企画・提案
  • ノルマ達成への執着力

一言でアパレルの仕事といっても、これだけのスキルを身につけることができます。

自分自身が、どのスキルに長けているのか、またどのスキルを活かしているときが一番好きかを考えてみましょう。

 

ワンポイント

今の自分を見つめ、次の仕事に活かせるスキルを洗い出してみましょう。

他の仕事にも活かせるスキルが必ずあるはずです。

女性がアパレルから転職する主な理由

悩み

アパレルの仕事といえば、若い女性から人気なイメージがあります。

アパレルショップの店員になりたいという女性はたくさんいるでしょう。

それなのに、どうしてアパレルから転職したいという女性も多いのでしょうか。

その理由についても解説していきます。

仕事量に給料が見合わない

アパレル業界で、特に店舗で働いている人は開店時間が非常に長いです。

朝の10時頃から夜の22時頃まで開いている店舗もあります。

シフト制とはいいつつも残業を頼まれたり、お客様の入りによっては仕事量が非常に多かったりします。

アパレルの仕事は、接客やレジだけではありません。

店舗内の服をきれいに畳んだり、発注作業をしたりといった事務仕事もあります。

さらに、アパレルの仕事の場合は正社員からアルバイトまで雇用形態もさまざまです。

そういった人たちの雇用形態に合わせて事務作業をしなければならないため、覚えることもたくさんあります。

その割に、一般的な給与の金額で見るとアパレル業界は決して平均年収が高いとは言えません。

仕事量の多さと給与が見合わないという理由で辞めたいという女性が多いのです。

あまり休みが取れない

アパレル業界の店舗勤務だと、休みの日こそかき入れ時です。

そのため、基本的に土日や連休などは必ずといっていいほど出勤しなければなりません。

かといって、アルバイト店員を多く雇っている店舗も多く、平日も休むことができません。

そうなると、休める日はほとんどなくシフトに余裕があるときに休みを取るようなイメージになります。

予定に合わせて仕事の休みがとれないため、友人や家族との時間が合わないというのもアパレルで働く女性の悩みです。

ブランドイメージと年齢が合わない

アパレル業界で長く勤めていると、店長になるなどキャリアを積むことも出来ますが、どうしても年齢が邪魔をします。

入社したときはブランドイメージに合う年齢でうまく着こなすことが出来ても、年齢をかさねると難しくなるのです。

お客様は店員が着ている服を着て「これを着たい」と購入に至るケースも多々あります。

アパレル業界はキャリアを積めば積むほどブランドイメージと自分の年齢が乖離していってしまうのです。

アパレル業界の女性には、人に見られる仕事だからこその悩みがあるのです。

将来への不安

アパレル業界の女性の中には、将来への不安を抱えている人が多くいます。

理由としては、先ほどお伝えしたように自分の年齢がブランドイメージとどんどん乖離していってしまうことです。

そのほか、トレンドは日々変わりますからいつ自社のブランドが廃れてしまうかという不安もあります。

また、長く続けていたとしてもキャリアアップできる人数は限られています。

さまざまな実力が認められ、本部などに異動できればいいですが、そういった女性はひと握りです。

ほとんどが店舗を任され、店長やマネージャーとして店舗の経営指導をする立場になります。

そのため、デスクワークというのは程遠く、基本的にずっと立ち仕事移動を伴う仕事が多いのです。

アパレルから転職するときに評価されるスキル

ガッツポーズの女性

では、アパレルから転職する評価されるスキルについても解説します。

最初にお伝えした通り、アパレルの仕事にはたくさんのスキル要素が詰まっています。

アパレル業といっても、いろんな力が身についていることを自覚して自信を持ちましょう。

代表的なものとして、3つ詳しく解説します。

計画を立てて数字目標を達成する経験

アパレル業界で働いていると、基本的にノルマが課せられていることが多いです。

それをこなすには、単にがむしゃらに売るだけでは達成できません。

それを達成するために、具体的な数字目標に対していろんな努力をしてきたはずです。

時には逆算してこのペースで達成できるか?といった計算なども行ってきたでしょう。

そういった仕事への姿勢は必ず他の業界でも役に立ちますし、高く評価されます。

顧客との信頼関係構築力

アパレルの仕事は、比較的リピーターが多い接客業です。

そのブランドを好む人が定期的に見せに訪れることが多く、そういったお客様の心をつかむには信頼関係が必要です。

アパレル業界で働いているとこのようにお客様と信頼関係を築くスキルが身につきます。

このスキルについても、どの業界でも重宝される高い評価点と言えます。

提案力

アイデアが浮かんだ女性

アパレルの仕事の場合、お客様が購入するものを悩んでいるときにお客様に合うものを提案するのも仕事です。

そのほか、季節やイベントに合わせて店舗の内装を変えるといった作業もあります。

どんな風に店舗を変えて、ほかの店舗との差別化を図るかなどさまざまなシーンで提案力が培われていくのです。

昨今の働き方改革により、転職者からの提案というのは非常に重宝されます。

そのため、こういった提案するスキルも評価が高いのです。

 

ワンポイント

アパレル業界で働いて得たスキルを一度洗い出してみましょう。

そのスキルは、ほかの業界でも必ず役に立ちます。

アパレルから転職する女性におすすめの転職先

女性、仕事

では、これらを踏まえてアパレルから転職する女性におすすめの転職先についても触れていきます。

アパレルから転職する場合、次の仕事はどんな仕事が向いているのでしょうか。

詳しく見ていきましょう。

アパレルメーカー

1つは、アパレルのメーカーに転職することです。

同じアパレルといっても、アパレルの中でも事務として求人しているところを探してみるのも一つの手といえます。

業界が同じなだけ、仕事に入るのもスムーズに行えますし、即戦力になり得るためおすすめです。

営業

アパレルで培ってきた営業力を活かして、ほかの商品の営業職に就くのもおすすめです。

営業関係は給与待遇が良い所も多く、次の職場の希望条件によっては営業はぴったりの職場になります。

事務

パソコンをさわるスーツ姿の女性

アパレル業界は立ち仕事といっても、発注や納品・シフト作成など事務作業ももちろんあります。

そういったことをこなしてきた方は、事務の仕事も向いているでしょう。

特に、売り上げ管理などを任されていた方は会計ソフトやエクセル計算もある程度触れているはずです。

そういった作業ができる人は、転職先でそのスキルを活かすことができます。

製造業

販売する側から、次は作る側に回るというのもいいでしょう。

製造業と一言でいっても、工場などでものを作るだけが製造業ではありません。

商品企画や設計、試作などさまざまな部署が存在します。

アパレルで働いていて「こんなものがあったらいいのに」と思うようなことを提案するのも、経験を活かす一つの手です。

アパレル以外の接客・サービス

アパレル業界で働いている場合、一番長いのはやはり接客している時間です。

その接客を活かし、次も接客業を目指すと即戦力になりやすい傾向にあります。

スムーズに新しい仕事を覚えていくことができるためおすすめです。

 

ワンポイント
アパレル業界から転職したいと思ったら、次はどんな職場がいいか具体的にイメージしてみましょう。

未経験でも転職しやすい業界は?

初心者マークを持つ女性

アパレル業界で働いている人は、アルバイトで入社しそのまま正社員雇用された女性も少なくありません。

つまり、アパレル業界以外未経験という方が多いのです。

でも、安心してください。

紹介してきたような、営業職や事務職・アパレル以外の接客サービス業などは未経験OKの求人が非常に多いです。

今まで培ってきたスキルを活かしつつ、働くことができます。

【無料】dodaに転職相談する

アパレルからの転職で準備したいこと

おしゃれなパソコンデスク

では、アパレル業界から転職しようと決めた場合どんな準備をしたらいいでしょうか。

やみくもに転職活動をしてもなかなかうまくはいきません。

まずは転職すると決めた時にするべき準備についてポイントを紹介していきます。

転職の目的と軸は明確に

まずいいたいのは、転職の目的と軸は明確に持ち続けることです。

「とにかく辞めたい」と一時の気持ちで転職を進めてしまうと、新しい転職先でも同じようなことが起きてしまいがちです。

まずは自分がなぜ転職したいのか・次の職場への条件はなにかなど転職活動の軸をしっかり決め、明確にしましょう。

転職の準備・情報収集は早いうちから

アパレル業界は、冒頭から解説していた通り忙しい職種です。

なかなかまとまった休みを取ることも難しいでしょう。

そのため、転職の準備や求人情報などの情報収集は早いうちから行いましょう。

アパレル業界で培ったスキルを客観的に見つめ直す

考える女性

繰り返しになりますが、アパレル業界で働いてきたことによって得たスキルというのはたくさんあります。

知らず知らずのうちに身につけているスキルもあるはずです。

まずは、しっかりと自分が培ってきたスキルを客観的に見つめ直してみましょう。

それが後の転職活動での自己PRや志望動機につながります。

出来ればノートなどにまとめておくことをおすすめします。

志望動機は丁寧に

「とにかくここ以外のどこかで働きたい」という気持ちが強いと、志望動機が雑になってしまいがちです。

そんな気持ちは、採用担当者に文字で伝わってしまうものです。

転職したい理由から、自分の持っているスキル・転職先で活かせるスキルなど丁寧に書いていくように心がけましょう。

 

ワンポイント

転職活動は根気が必要です。

しっかりと自分の転職に対する条件の軸を決め、転職活動と向き合いましょう。

アパレルから転職する際の志望動機の書き方

履歴書

アパレル業界から転職する際の志望動機の書き方についても、注意が必要です。

単に「休みが取れない」「アパレルの仕事が合わないと思った」というような感情論だけで話してしまうと悪印象です。

自分がアパレル業界を辞めたいと思った理由から、今後どうなりたいか客観的に考えてみましょう。

その上で、ネガティブな内容はポジティブな表現に変えてみることです。

そうすることで、採用担当者にも「将来のための転職」という印象をあたえることができ前向きに捉えてもらえます。

「辞めたい」にとらわれて本当の希望条件を見失わないように

メモ帳,チェックリスト,赤ペン

日々とても忙しく頭の中は「早く辞めたい」「どこでもいいから今と違うところで働きたい」と考える人は多いです。

ですが「辞めたい」という感情にとらわれて転職活動をすると、次の転職先も失敗する可能性が高くなります。

「今の仕事を辞められるならどこでもいい」という気持ちが先行してしまうからです。

そうではなく、まずは冷静に次の転職先へ求めることをしっかりと考えてみましょう。

その希望条件は、転職期間中ぶれないようにすることです。

アパレルからの転職はプロに相談すると安心

転職エージェント

アパレル業界で働きながら転職するというのは、忙しいなかでの活動になるため非常に大変です。

そんなときは、転職エージェントに相談しましょう。

転職エージェントはプロですから、あなたの希望をしっかりと聞き出しそれにあった求人を探してくれます。

あなたが働いている間に、求人を探してもらったり書類をチェックしてもらったりと効率よく転職活動ができるのです。

転職を考えたら、まずは転職エージェントに相談することをおすすめします。

【無料】dodaに転職相談する

まとめ

アパレル店舗

アパレル業界は、華のある仕事でありながら実はかなりハードな業界です。

さまざまな要因から「辞めたい」と考えることも決しておかしなことではありません。

ただ、転職をする場合にはやみくもに活動をするのはやめましょう。

次の転職先を失敗しないためにも、しっかりと自分の希望を伝え、転職エージェントと二人三脚で行ってください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら