テレビCMや雑誌・企業のパンフレットなどで活躍する「手タレ」の手について気になる方もいらっしゃるかもしれません。

プロの手タレは実際どのような手をしているのか確認しておくのも良いでしょう。

この章では手タレになる女性の手の基準を解説します。

綺麗な手を保つために避けたいことやハンドケアも紹介しますので、参考にしてください。

手タレの役割は?

手

パーツモデルである手タレには、商品によって求められるものが違います。

綺麗さが必要であることはもちろんのこと、見せたい商品イメージにマッチした手が必要になるのです。

一般的なモデルは全身をトータルに見た美しさで選ばれることが多いでしょう。全身のバランスや顔なども評価に含まれます。

モデル自身も全身をイメージした仕事を主にしている人が多く、パーツのみの撮影依頼を受け付けてもらえないこともあるのです。

そのためパーツのみの撮影を受け付ける手タレに需要があります。

またパーツモデルは撮影の際には商品をよく見せるテクニックが必要になるでしょう。

商品を魅力的に見せる撮影の素材として、重要な役割があるのです。

手タレになれる手指の基準例

手

実際に手タレになれる手指はどのようなものか紹介します。

手タレは手のパーツが美しいことが重要なポイントです。

では手タレの美しさの基準はどのように判断すればよいか具体的に見ていきましょう。

手タレは手そのものが素材として扱われる場合もありますし、何かの商品を持った写真を撮影することもあります。

手だけの美しさを販売する職業になりますので、指や手の甲・爪など気をつけるポイントは多いのです。

肌目の細かさ

手

肌目の細かさは手タレのポイントになります。

「陶器のような肌」「毛穴が見えない細やかさ」といった表現を聞いたことがある方もいらっしゃるかもしれません。

化粧や照明に映えることも必要です。

美しく感じる肌の肌目の細かさがあると受ける印象も変わってきます。

商品の良さを壊してしまうような肌では手タレは務まりません。

美しい肌目の手で紹介される商品は、消費者からも好感を得ることができるでしょう。

手の甲や指に産毛がないことも重要です。

手の甲と指の長さのバランス

手

手タレの手には肌の美しさの他にも必要なものがあります。

手タレに求められるのは手の細さや指の長さはもちろんのこと、手の甲と指の長さのバランスも重要になるでしょう。

プロの手タレの指は、細く長いことに加えて真っ直ぐに伸びていることもポイントです。

自分の手をピンと伸ばしてみると指が曲がっているかどうか再確認できますので試してみるのも良いでしょう。

手タレの手は左右対称でバランスが良く美しい印象があるです。

節が出過ぎていないか

指が細い人の中には節が出ている方もいらっしゃるかもしれません。

手タレに求められる指は、節が出過ぎていないこともポイントになるのです。

節が出過ぎていると、どうしてもゴツゴツとした印象を受けてしまいます。

美しくなめらかな印象を与えるためにも節が出過ぎていないほうが良いといえるでしょう。

色味

手

手タレには透けるような肌の色味が求められることは多いです。

日焼けしていたり肌荒れしていたりする状態では、手タレに相応しい手指だとはいえません。

手タレを募集している多くの事務所は、ホクロや傷が無いことを条件にしています。

手のパーツバランスが良く肌の色味も自信があるという方でも、ホクロがあるだけで選考に落ちる場合もあるようです。

手首の綺麗さ

ケア

手タレに必要なパーツに手首があることを忘れないようにしましょう。

手の甲や指が細く美しくても、手首にシワやシミがあったのでは手タレとしての需要はありません。

ケアをする際に手首にまで意識が届かない方も多いです。

手の甲や指のケアをする際、手首にまで意識を伸ばしてみてください。

手タレになれる爪の基準例

女性

手の美しさを表現する際にネイルファッションを考える方も多いです。

美しく施されたネイルは見ることはもちろん、自分自身の楽しみにもなります。

しかし手タレはマニキュアをしないことが多いのです。

爪はマニキュアを塗ることで自然な健康さを奪う原因になります。

マニキュアを剥がす際に爪を傷つけてしまうかもしれません。

手タレに求められる爪の美しさは、あくまでも自然な美しさになるでしょう。

縦爪で横幅も適度にある

手

手タレを募集している事務所には、について応募の規定があることも多いです。

爪のピンクの部分が長く、横幅も適度な大きさが求められます。

細長い印象を与えるためには、ネイルヘッドの長さも重要です。爪を伸ばすだけでは誤魔化すことは出来ません。

爪を伸ばしているだけでは不潔な印象を与えてしまうこともあるため、美しく整えることを考えてください。

色味やカーブが整っている

爪のピンクの部分の色味が整っていることもポイントです。

手タレはどのような角度から撮影しても美しく見えるような手が必要といえます。

そのため、色味やカーブが整っていることが重要になるのです。

 

ワンポイント
手タレになれる爪はバランスに加えて色味やカーブが整っている必要がある。

商品によって求められる手は異なる

手

手タレは美しさがクローズアップされることが多い印象があります。

しかし実際紹介する商品は以下のような手が求められる事が多いです。

  • 食器用洗剤の場合は「生活感のある手」
  • 小さな商品を強調するための「大きな手」
  • ハンドクリームを見せる「美しい手」

手そのものが素材になる場合ではなく、商品を見せるための手が必要な場合は特に求められる手が異なります。

プロの手タレの実際の手は?

手

実際のプロの手タレの手はどのようなものか確認してみましょう。

手タレの手は以下のような特徴が挙げられます。

  • 手の甲と指の長さの比が同じ
  • 手のひらが美しい
  • シミやホクロ・シワがない
  • 日焼けしていない
  • 傷がない
  • 自然な美しさがある

これらの特徴を保つ前には、日々の生活の努力も欠かせません。

日焼けはシミやそばかすの原因になります。手を下げ続けると浮腫んでしまうこともあるでしょう。

怪我をしないように細心の注意を払って生活をしている人も多いです。

プロの手タレは手の美しさを保つために多くの努力をしています。

 

ワンポイント
プロの手タレは生来の美しさに加えて、美しさを保つ努力をしている。

手を綺麗に保つために避けたいこと

手

手を美しく保つためには日々の生活も重要です。傷がついたり日焼けをしたりすると撮影を断られる場合もあります。

肌を常に保護していなければ、肌荒れを起こしてしまうかもしれません。

手タレの手は細長く美しいことが条件です。そのため浮腫にも気をつける必要があるでしょう。

怪我

手タレが気をつけなければならないことのひとつに怪我があります。

包丁で傷つく可能性があるので一切料理をしないという手タレもいるようです。

紙の端で薄く手を切ってしまうだけで手タレとしての手の価値が低くなってしまうでしょう。

切り傷や擦り傷はもちろんのこと、打撲にも気を配ります。突き指や骨折は、真っ直ぐな手の形を変えてしまうかもしれません。

爪切りの扱いにも注意しましょう。爪が割れてしまう可能性もありますので、ヤスリでケアします。

手の洗いすぎ

女性

手の洗いすぎは手荒れの原因になります。

肌荒れのある手はパーツとしての価値がなく出演を断られることがあるでしょう。

肌が水に晒されるとそれだけ肌のストレスになるのです。水分が蒸発してしまう可能性もあります。

過度な手洗いを避けて肌荒れを防ぎましょう。

紫外線

景色

直射日光を浴びることでシミやホクロの原因になることがあります。

紫外線を浴びることで肌の老化を促してしまうこともあるでしょう。

透き通るような肌色を求められる手タレは、紫外線を浴びないように常に紫外線カットの手袋を使用している方も多いです。

普段から直射日光を浴びないように意識して、指先までしっかりとガードしましょう。

手の甲や指先だけではなく手首や腕も気をつけておきます。

プールや銭湯

プールや銭湯も肌にとってはあまり良くないといえるでしょう。

プールや銭湯に入った後、肌だけではなく髪の毛の調子が悪くなった経験がある方もいらっしゃるかもしれません。

手荒れむくみの可能性もありますので、手を綺麗に保つためにはプールや銭湯は避けるのが良いでしょう。

 

ワンポイント
手を綺麗に保つための注意点
・傷を作らないために怪我をしない
・肌荒れを防ぐため手を洗いすぎない
・日焼けに注意する
・プールや銭湯は避ける

現役手タレのハンドケア

手元

現役の手タレは生来の美しさだけではなく、美しさを保つための努力も惜しみません。

生まれつきの手のバランスや形の改善は難しいものです。

しかし肌の色肌質については、ハンドケアである程度カバーできます。

手の美しさを保つためにも、現役の手タレがどのようなハンドケアをしているのか確認しましょう。

洗顔と同様のルーティーンで

洗顔

手タレのケアの基本中の基本は化粧水と乳液・美容液によるケアです。

洗顔と同様のルーティーンで手もケアしていきます。顔のケアをして余剰分を手に塗り込む人も多いようです。

洗顔時と同時にケアできますので、日々の基礎ケアとして考えておきましょう。

しかし手を洗いすぎることはNGです。

皮膚を痛めたり肌荒れの原因になったりスますので注意しましょう。

ハンドクリームは温めて使う

手

ハンドクリームの使い方も、プロの手タレは注意をしている人が多いようです。

手を洗った後は化粧水乳液でケアします。

その後ハンドクリームを手に取り両手で包み込むようにして温めてください。

冷たいままクリームを伸ばすよりもよく手に馴染みます。

ハンドクリームはUVカットのものを使用するのも手です。

クリームの塗り方も注意しましょう。指先はもちろんのこと爪の先まで伸ばしてケアしておきましょう。

爪切りよりも専用の爪やすりで

爪切りで爪を切ることをNGにしている手タレも多いです。

爪切りで切ってしまうと、繊細で美しい形を保つことは出来ません。

切れ味が良くない爪切りを使ってしまうと爪が割れる可能性もあるのです。

爪切りを使用するのは極力避けて、専用の爪やすりを使ってみてください。

美しい爪の形を保つことも手タレに必要なことです。

マニキュアのリムーバーには注意

手

マニキュアのリムーバーを使用する際には注意が必要です。マニキュアを落とす時に爪を痛めてしまう可能性があります。

手タレの手の美しさは、マニキュアの華やかさではありません。

手タレに求められるのは健康的な印象の手です。

そのためにはマニキュアで飾るのではなく、キューティクルオイルなどで爪の乾燥やひび割れを防ぎます。

爪を痛める可能性があるため、ジェルネイルも避ける手タレが多いようです。

 

ワンポイント
現役手タレのハンドケア
・洗顔と同様に化粧水・乳液・美容液を使用する
・ハンドクリームは温めて浸透率をアップさせる
・爪を傷つけないために爪切りよりも専用の爪やすりを使用する
・健康的な美しさを保つためマニキュアのリムーバーには注意する

手タレ以外の様々なパーツモデル

手

手タレ以外にもパーツモデルには以下のようなものが挙げられます。

  • 背中

それぞれのパーツについてパーツ事態を素材にする場合もありますし、商品の紹介のための素材になる場合もあるでしょう。

脚パーツはすらりとした綺麗な足が必要になります。

シャンプーやトリートメントの宣伝材料には髪パーツモデルが欠かせません。

背中や瞳・口のパーツも美しく保つ努力が必要です。

その一箇所だけではなく周辺の部分も一緒に撮影されることが多いため、周辺のケアも重要になるでしょう。

女性向け転職エージェントに相談してみよう

案内

モデルやパーツモデルへの転職について不安や悩みがある方もいらっしゃるかもしれません。

抱えた悩みを一人で解決するには限界があります。不安を解消するためには転職のプロに頼るのが良いでしょう。

転職について悩みがある方は転職エージェントにご相談ください。

転職先の企業情報や面接への挑み方・履歴書の書き方などのアドバイスを受けることができます。

転職のプロからの適切なアドバイスがあれば、悩む時間が減り転職活動に割ける時間も増えるでしょう。

転職のプロとともに転職を成功させましょう。

まとめ

手

美しい手を仕事にする手タレは日々のケアが重要です。

手タレの手は形の美しさに加えて肌の色味や爪の健康的な印象も重要になります。

紫外線を浴びないように気をつけたり、怪我をしないように生活したりする努力が必要になるでしょう。

手タレへの転職について悩みがある方は転職エージェントにご相談ください。

転職のプロによる面接や履歴書のアドバイスなどのサポートを受けることが出来ます。

転職エージェントからのアドバイスを受けて転職を成功させましょう。

魅力的な部分を活かせる職業に転職できるように転職エージェントがサポートします。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら