スポーツライターとは新聞やスポーツ雑誌にスポーツに関する記事を作成する人のことですが、他にどのような仕事を行うのでしょうか。

実はスポーツライターの仕事内容は文章を書くことだけではないのです。こちらではスポーツライターの仕事内容を解説しています。

スポーツライターに向く女性の性格や、スポーツライターのやりがいについてもお話ししています。ぜひ参考にしてください。

Contents

スポーツライターの仕事内容

電話する女性

スポーツライターはスポーツに関する記事を新聞や雑誌に載せる為に執筆する、スポーツに特化した記事を書くライターです。

ただスポーツライターの仕事は記事の執筆だけではありません。記事執筆以前にすべき仕事がたくさんあるのです。

スポーツ観戦と情報のまとめ

スポーツに特化したライターである以上、あらゆるスポーツの情報を知っておく必要があるでしょう。

もちろん記事にするスポーツ観戦だけでなく、様々なスポーツを観戦することもスポーツライターの仕事の一つとなります。

各チームやスポーツ選手の情報を収集し、まとめておくこともスポーツの記事を書く上で必要なことです。

その情報を基にスポーツライターは記事の執筆を行い、記事はスポーツ新聞やスポーツ雑誌に掲載されるのです。

インタビューとその準備

アポを取る女性

スポーツライターはスポーツ選手のインタビューも行います。インタビューの内容を纏めて記事にするのもスポーツライターの仕事です。

この時、インタビューの申込から場所の設定まで様々な準備もライター自ら行うことが多いのです。

インタビューする際の質問内容の準備も必要ですし、時にはカメラ持参で写真を写すこともあります。

インタビューにはカメラマンが同行する場合が多いのですが、場合によってはカメラマンの役目も担うこともあるのです。

またインタビューする選手のプロフィールについても充分な下調べが必要でしょう。一口にインタビューの仕事も内容は様々です。

記事執筆

インタビューした内容は録音する場合が多いですが、選手の細かな様子などはメモに取るなりして残します。

録音内容を整理しメモと併せて纏めて記事の執筆を行うのです。記事の長さは掲載の状況で変わるので新聞社や出版社の希望に合わせます。

 

ワンポイント
 スポーツライターの仕事はスポーツに関する記事の執筆や情報収集など多岐にわたります。

スポーツライターの勤務形態や給与は?

給料のイメージ

スポーツライターの多くは会社に所属していません。新聞社や雑誌社インターネットサイトから依頼されて執筆を行う形です。

それぞれの編集部より依頼を受け、内容に応じた記事に仕上げて納品するのです。

そのため、収入も人によって違うのが実情です。また会社に所属していないので毎月決まった収入がある訳ではありません。

主な収入は原稿料・テレビ局などへの情報提供料本の印税などになります。講演の依頼があれば講演料が含まれます。

本がたくさん売れて著名なライターとなり、講演依頼が増えれば年収数千万円というのも夢ではありません。

とはいえ通常の原稿料や情報提供のみのスポーツライターは年収数百万円という場合が多いのが実情なのです。

それでも好きなスポーツを観戦して選手との交流も可能とあって、スポーツライターを目指す女性が多くなっています。

スポーツライターに向いている女性

ガッツポーズ、女性

スポーツライターに向く女性はどのような性格なのでしょうか。自分一人で様々なことを熟す必要があるのがスポーツライターです。

身体を動かすことを億劫がっていたのでは務まりません。仕事の依頼が来たらすぐさま準備をしてどこへでも出かけなくてはいけません。

スポーツライターに向くのはどのような女性なのか挙げてみましょう。

  • フットワークの良い人
  • 聞き上手で話しを引き出せる人
  • 探究心のある人

上記のような人がスポーツライターには向いているといえます。詳しく解説していきましょう。

フットワークが軽い

何よりフットワークの良さがスポーツライターには必要です。女性でも依頼があれば飛び出していけるような人が向いているのです。

新聞社や雑誌社でスポーツライターと呼ばれる人は一人ではありません。仕事が遅い場合、別のライターに依頼が流れることもあります。

話を引き出すのが上手い

スポーツ選手にインタビューをして、記事にできるような話を聞き出す必要のあるスポーツライターです。

日頃から聞き上手で人の話を聞き出すのが上手という人は、スポーツライターとしての適性があるといえるでしょう。

探究心が高い

スポーツライターに必要なのは一つのことから様々なことを探し見極めようとする姿勢です。

選手の様子から見えてくるものを記事にすることや、ものの裏側を探らなければいけない場合もあります。

本当はどうなのか、探し出した答えを記事にすることも時には必要となるでしょう。

探究心が高いことはスポーツライターになるために必要な資質といえるのです。

 

ワンポイント
 スポーツライターの適性はフットワークが良く探究心の高い人です。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

スポーツライターに必要なスキル

電話する女性

スポーツライターになるために特別な資格は要りませんが、スポーツを記事にするのですからスポーツの専門的な知識は必要となります。

一つのスポーツに特化するのではなく、広く様々なスポーツについて知っておく必要があるのです。

スポーツの専門知識

スポーツライターが記事にするのはスポーツ全般に関することです。その為あらゆるスポーツの専門的な知識が必要なのです。

今すぐに必要な記事を依頼されるのですから、どのようなスポーツについての依頼にも即戦力で応えなくてはいけません。

あらかじめスポーツに関する知識は蓄えておき、どのような内容にも対応出来るようにしておく必要があるでしょう。

インタビュアーとしてのコミュニケーションスキル

お話ししてきたようにスポーツライターの仕事には、記事の基となるスポーツ選手などへのインタビューも含まれます。

質問内容を充実させるだけでなく、話をしっかりと聞き理解するコミュニケーションスキルも必要となるのです。

コミュニケーション能力はインタビュー時だけでなく、新聞社などからの依頼を受ける時に必要となるスキルでもあります。

スポーツライターに活かせる経験・スキル

パソコン

スポーツライターは会社に属さずにフリーランスとして仕事を請合う人がほとんどで、新聞社や雑誌社などの依頼で記事を書きます。

当然しっかりとした文章力が求められ、即戦力として働けるスポーツライターでなければいけないのです。

新聞や雑誌の編集者がスポーツライターに転身することが多いのは、即戦力となる経験やスキルを身に付けているためでしょう。

女性も雑誌などの編集部でキャリアを積み、フリーランスのライターやスポーツライターに転職する人が多いです。

スポーツ選手からスポーツライターに転身して、選手時代の経験を活かして活躍する人もいます。

 

ワンポイント
 編集のスキルや経験を活かしスポーツライターに転身する人が多いです。

スポーツライターのやりがい

取材中の女性

スポーツライターのやりがいを感じるのは、やはり自分の書いた文章が雑誌や新聞に掲載され、その文章を読む時でしょう。

スポーツライターの魅力ややりがいは他にもいろいろとあります。挙げてみましょう。

好きなスポーツ関連で仕事ができる

スポーツが好きな人は、特にその好きなスポーツを仕事にできるというのは何よりの魅力で、やりがいを感じることです。

ライターの中でもスポーツライターは、そのスポーツや選手のために様々な所に出かけていく必要があります。

一つの記事を仕上げるのにかかる労力や時間は相当なものです。それだけに文章が出来上がった時には大きな喜びを感じるでしょう。

その喜びはまた、大きなやりがいに繋がるのです。

自分の書いた文章が世の中に出る

喜ぶ女性

ライターは書き上げた文章が新聞や雑誌に活字となって掲載され、読者の手に渡った時にやりがいを感じます。

スポーツライターの場合は特に、自分の取材したことや考えが記事にストレートに現れます。それだけにやりがいも大きいでしょう。

取材対象者に感謝される

自分の記事が新聞などに掲載されるのは、取材を受けたスポーツ選手にとっても喜びです。

特に新人で今後に期待を持てる選手へのインタビュー記事は、選手にとって初めての場合が多く、ライターも感謝されることが多いです。

このように記事にしたことに対して感謝の気持を伝えられた時には、ライターとしてのやりがいを感じます。

人や場所との出会いが多い

スポーツライターの取材の場は日本国内だけでなく、海外にも及ぶことがあります。

海外メジャーのスポーツ選手へのインタビューなど、日頃は考えられない人との出会いや接点があるのです。

広い世界で人や場所との出会いがあることは、スポーツライターの大きな魅力でありやりがいといえるでしょう。

取材を通して知り合った子供たちや中学の野球部員が、成長して高校野球やプロ野球の選手として活躍する姿を見た時には感動します。

他のスポーツの場合も同様です。子供たちの成長の過程を見る事ができるのはスポーツライターの大きなやりがいとなっているのです。

スポーツライターの大変なこと

仕事をする女性

やりがいや魅力の大きいスポーツライターですが、それだけに大変なことが多いのも事実です。

どのような点が大変と感じられることなのでしょうか。まず自分自身ですべてのことを行わなければいけないという事があります。

スケジューリング

スポーツライターが他のライターと大きく違っている点は、スポーツ選手のインタビューによる記事作成です。

通常のライターも取材したことを基に執筆しますが、特にスポーツライターはスポーツ観戦や選手へのインタビューを基に執筆します。

自由に時間を調整できるライターと違い、スポーツライターには時間の制約が多いのです。

インタビューのためのアポイントメントも相手の時間を重視しなくてはいけません。

相手に合わせたスケジューリングが必要となるため、自分中心での時間調整ができず苦労しているスポーツライターも多いのです。

即戦力が求められやすい

ノートパソコンと女性

スポーツライターは会社組織に所属せずフリーランスで仕事を請負います。新聞社や出版社ではライターを育てることはありません。

仕事を依頼するのは即戦力として使えるライターだけです。それだけにクオリティーの高い記事が求められます。

内容のあるクオリティーの高い記事を書き続けるのは大変な努力が必要です。

スポーツライターが大変というのはこのような理由からでしょうが、それだけに評価されることも多いのがスポーツライターなのです。

 

ワンポイント
 スポーツライターはすべてを自分一人で行うため大変なことも多いのです。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

スポーツライターになるまでの流れ

パソコン作業をする女性

スポーツライターになるにはどうすればよいのでしょうか。その流れを解説していきましょう。

スポーツライターは、個人が独自に取材して記事を書き売り込む場合もありますが、多くは記者や編集者からの転身者です。

新聞社や雑誌社の編集部に所属し、様々な記事を書く仕事を経てフリーランスに転職してスポーツライターになる人が多いのです。

女性も同様で、記者からの転身でスポーツライターになっている人も多くいます。

とにかく即戦力がスポーツライターとして必要なスキルなので、仕事を受けたら即実力を発揮しなくてはいけません。

専門学校で文章の書き方を勉強しスポーツライターになる道もありますが、経験が大切です。一人前になるには少し時間がかかるでしょう。

女性がスポーツライターに転職するなら

女性

女性のスポーツライターへの転職は、どのような経験がありスキルがあるかが重要なポイントとなります。

現職が新聞社や雑誌社などで文章や記事を書くことに関わる職種だったのなら、スポーツライターへの転職も比較的成功しやすいのです。

文章力があるなら、フリーランスとして個人的に情報収集し書いた記事を出版社や新聞社に持ち込むことも転職の足掛かりとなるでしょう。

少しずつ信用を積み、依頼を増やしていくこともスポーツライターに転職して活躍する方法の一つです。

スポーツライターへの転職はクオリティーの高い文章力があるかどうかで決まります。

記事を書くという経験の無い場合、どのようにしてスポーツライターへの転職を目指せばよいか、転職エージェントに相談してください。

ライターになりたいと考える人は文章力に自信のある人がほとんどのはずです。

転職エージェントを活用することでスポーツライターへの道がきっと開けることでしょう。

まとめ

ポイント

スポーツライターは新聞社や雑誌社などから依頼され、スポーツに関わる記事を執筆する仕事です。

あらゆるスポーツの事を知った上で情報収集し、時にはスポーツ選手のインタビューも行います。

即戦力で使えるクオリティーの高い記事を必要とするため、経験やスキルを持つ新聞社や雑誌社編集者を経て転職する人が多い職業です。

自分の記事が活字となって読者の手に届くことにやりがいを感じる他、様々な人との出会いが期待できるのがスポーツライターなのです。

文章力に自信があり好きなスポーツに関わる仕事がしたいと考えているなら、スポーツライターとしての道は開けるでしょう。

よりスムーズな転職のためには、ぜひ転職エージェントを活用して転職を成功させてください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら