花が好きで、フラワーデザイナーの仕事に憧れる女性は多いです。

そして、フラワーデザイナーとして現に活躍している女性も非常に多いです。

では、フラワーデザイナーとは具体的にどのような仕事内容なのでしょうか。

また、フラワーデザイナーになるにはどのような場所で働けばいいのでしょうか。

本記事では、フラワーデザイナーになりたい女性向けに、仕事内容活躍の場所を紹介します。

フラワーデザイナーの仕事内容

花屋 女性

「フラワーデザイナー」と聞くと、町の花屋さんなどで花束を作る仕事というイメージが強いかもしれません。

ですが、実際にはそれだけではありません。

まずは、フラワーデザイナーの仕事について詳しく説明していきます。

様々な花を美しく魅せる

第一に、フラワーデザイナーの仕事内容は様々な花を美しく魅せることです。

レストラン・ホテル・結婚式場など様々な場所に花はあります。

その飾られている花たちは、決して無造作にまとめられた花ではありません。

1つ1つ丁寧に、コンセプトに合わせた通りの組み合わせで飾られています。

そうやって、会場やクライアントに合うように花を美しく作り上げるのが、フラワーデザイナーの仕事です。

年収・将来性

フラワーデザイナーは、勤務先にもよりますが平均年収としては300万円ほどといわれています。

決して高い数字ではありませんが、経験を積み指導する立場になったりセミナーを開いたりできると年収は上がります。

フラワーデザイナーの将来性についてですが、どんな時代でも生花は人の心を癒すものです

いくら技術が進歩して、3Dなどで花を飾る時代が来たとしても、生花にはかないません。

生花の需要は一定数必ず存在するため、安定していると考えていいでしょう。

 

ワンポイント

フラワーデザイナーの仕事は、花そのものの持つ美しさを際立たせる仕事です。

そのためには、センスだけでなく植物に対する知識も必要となります。

フラワーデザイナーが活躍している場所

花束を持つ女性

では、実際にフラワーデザイナーが活躍している場所はどのような場所があるのでしょうか。

例として、以下の5つが挙げられます。

  • フラワーショップ
  • 結婚式場
  • ディスプレイ会社(プロデュース会社)
  • ホテル
  • 個人経営(個人受注)

フラワーショップでの勤務は一番イメージがわきやすいでしょう。

そのほか、結婚式場であれば式場をお客様のイメージ通りになるように花で飾ります。

ディスプレイ会社などの場合は、クライアントのイベントに合わせて花を飾りに行きます。

イベントのイメージやクライアントの要望に応じて、量や花の種類を選ぶことも大切です。

ホテルのロビーなどにも常に花が置かれているでしょう。

それらも、季節感のあるものにするなどフラワーデザイナーの思いが込められています。

ロビーはホテルの玄関として最初にお客様が目にする場所ですから、特に重要な役割を持っています。

最後に、独立して個人で発注を請け負うということも可能です。

この場合は、ある程度名が売れていたり、格安で提供したりするなど少し工夫が必要です。

今ではSNSなどで自分を宣伝するツールはたくさんありますから、個人経営をするのも不可能ではありません。

フラワーデザイナーの1日の流れ

花屋の店先

では、ここからはフラワーデザイナーの1日の流れについて紹介します。

あくまでも一例で、働く場所や企業によって内容は変わります。

今回は、一般的なフラワーショップで働く例を挙げるのでぜひ参考にしてください。

8:00  出勤 花の状態をチェック

9:00  花の手入れ・追加受注が必要でないか在庫確認

10:00  開店・接客・予約に応じてブーケや花束の制作

11:00  受注のお客様と打ち合わせ

12:00  ランチタイム

13:00  接客・予約に応じてブーケや花束の制作

17:00  花の手入れ・花の状態をチェック

17:30  店内清掃

18;00  花の発注・翌日の予約の確認等

19:00  閉店 最後に花のチェックをもう一度して就業

このように、一日中花に囲まれながらも、単純に花を楽しむ時間ばかりではないことがわかります。

花というのはとても繊細なので、その管理というのはとても大変です。

1日たりとも欠かすことはできません。

特に、受注している日に合わせて花が満開になるように調整することはとても重要です。

いざ頼まれた花が届いた時に、しおれかかっていたらお客様はどう思うでしょう。

発注から実際にお客様が花を使うその日に最適の状態になるように逆算が必要です。

そういったことを考慮して、花の発注も行うのです。

 

ワンポイント

1日の流れは働く場所によって異なりますが、基本的に花の管理などはどこも必須です。

そのため、フラワーデザイナーは花や植物に関する知識が必要な仕事です。

フラワーデザイナーになる方法

疑問を感じる女性

では、フラワーデザイナーになる方法についても紹介していきます。

フラワーデザイナーになりたいと思ったらまずはどうすればいいでしょうか。

まずはフラワーデザイナーになるための必要なスキルを紹介していきます。

必要なスキル

まずは花に関する知識は必須です。

アルバイトなどで入ってから覚えるという人も中にはいます。

ですが、フラワーデザイナーとして転職したいのであれば、あらかじめ勉強しておくことをおすすめします。

また、知識だけでなく花の管理が実際にできなければいけません。

花を見て病気になっていないか、整えておく必要はないかなど見極めが必要です。

そして、花を生ける技術も必要です。

これはスキルに加えてセンスも必要となります。

ですが、センスに自信がないといってあきらめる必要はありません。

相性のいい色や相性のいい花などのパターンはいくつかあります。

それをしっかり覚え、まずは基礎から励んでいけば大丈夫です。

体力と根気

森の中でガッツポーズ

フラワーデザイナーの仕事は、女性がやっているイメージが強いため意外かもしれませんが実は体力仕事です。

開店時には、花と水を大量に入れた什器をいくつもお店の前に並べなければなりません。

それを毎日、開店・閉店時に行わなければならないのです。

店内ディスプレイの花に関しても、何か必要があれば高い位置から降ろさなければなりません。

接客もあるため、基本的に立ち仕事です。

また、フラワーデザイナーとしてのセンスや指名はいきなりつきません。

根気強く、日々デザインの勉強や花の勉強を繰り返し、お客様との信頼を獲得することでやっと手に入れることができます。

フラワーデザイナーの仕事は、体力と根気が必要であるということを覚えておきましょう。

フラワーデザイナーの学校

勉強

フラワーデザイナーになるための学校があることをご存知でしょうか。

実は、フラワーデザイナーについても専門学校があります。

花をはじめとした植物に関する知識から、お世話の方法、生け方、カラー配色など様々なことを学びます。

学校によっては夜間で行っている専門学校もあるため、働きながら通うことも不可能ではありません。

本気でフラワーデザイナーを目指すなら、専門学校に通うということを選択肢に入れるのもいいでしょう。

フラワーデザイナーの魅力

バラの花

では、フラワーデザイナーの魅力とはいったいどんなものがあるのでしょうか。

子供の時から「お花屋さんになりたい」という夢を持つ女の子は多いです。

具体的な仕事内容を知ったうえで、改めてその魅力についても考えてみましょう。

人を笑顔にできる

花束をプレゼント

何よりも一番の魅力は、人を笑顔にすることでしょう。

綺麗な花を見たら誰しもが笑顔になります。

フラワーデザイナーの仕事は、このように人の笑顔を直接的に作ることができる仕事です。

また、お花を渡すときなどに実際にお客様の笑顔を見ることができるため、やりがいを感じやすいのもいいところです。

変化を感じられる

当たり前ですが、日本には四季があります。

花にも四季があり、フラワーデザイナーの仕事をしていると四季折々の花を楽しむことができます。

季節が変わるたびにその季節感を感じながら仕事ができるというのは、マンネリ化を防ぐ大切な要素です。

日々季節の変化を少しずつ感じることができるというのは、フラワーデザイナーの仕事の大きな魅力といえます。

 

ワンポイント

フラワーデザイナーは、自分の仕事で人を笑顔にしたり、四季を感じられたりと、とても素敵な仕事です。

その分、気分転換もしやすい傾向にあります。

フラワーデザイナーの苦労

頭を抱えるエプロン姿の女性

こんなに魅力たっぷりのフラワーデザイナーの仕事ですが、意外と苦労ごとも多いです。

フラワーデザイナー特有の苦労とは、どんなものがあるのでしょうか。

意外にハード

フラワーデザイナーの仕事は、先にも解説しましたが意外とハードです。

基本は立ち仕事ですし、重い什器の持ち運びも当たり前にこなさなければなりません。

配達をするにしても、届けるのは花束などの軽いものばかりではありません。

植木鉢ごと渡す胡蝶蘭などもたくさんあり、決して傷つけることなく慎重に運ばないといけないため大変です。

虫が花についていることも

蝶と花

虫が苦手な女性は多いと思いますが、花に虫はつきものです。

特に、女性は芋虫系の虫が苦手という方が多いです。

ですが、花を触っていると芋虫がついているなんてことはよくあります。

虫の駆除も、花の管理としてとても大切な仕事の1つです。

虫が大の苦手という女性でも、フラワーデザイナーという仕事に就くと虫と向き合わなければなりません。

おすすめの資格

パソコンとノートとペン

フラワーデザイナーとして働きたい場合のおすすめの資格についても紹介していきます。

フラワーデザイナーとして働くのに、資格はマストではありません。

ですが、これらの資格を持っていることで、知識があることを証明することができます。

それは、転職の成功率にもつながりますのでぜひ挑戦してみてください。

フラワー装飾技能士

フラワー装飾技能士は、都道府県職業能力開発協会が監督する国家資格です。

知識を問われる学科試験と、主に花束やブーケを作る実技試験の2科目です。

3級~1級とランクがあり、2・3級の合格率は70%ほどといわれています。

一番高い1級でも、5割ほどの合格率となっています。

NFDフラワーデザイナー

NFDフラワーデザイナーは、公益社団法人日本フラワーデザイナー協会(NFD)が監督する民間資格です。

こちらも3級~1級まであり、1級の取得者はフラワーデザイナーの講師を務めていることもあります。

民間資格の中でも人気があり、信頼性の高い資格です。

フラワーデコレーター

フラワーデコレーターは、フラワーデコレーター協会が運営する民間資格です。

こちらも同様に、3級~1級まで階級がありそれぞれ受験が可能です。

3級に至っては、認定試験を受ける必要はなく課題を履修し申告すれば認定されます。

合格率については、非公開となっていますが、比較的取りやすい試験です。

色彩検定

色彩検定は、社団法人全国服飾教育者連合会(A・F・T)が運営する公的資格です。

色彩検定は花に限らず、色に関する知識を問う資格です。

そのため、花を生けるときだけでなく例えば花を置くテーブルのクロスの色の提案などにも応用できます。

厚生労働省が後援する公的資格でありながら、比較的取りやすい資格として人気を集めています。

生け花 各流派の免状

生け花の世界では、その流派のお稽古などに通い続け一定のスキルを認められるとお免状というものがもらえます。

これは一定のスキルの認定のようなものです。

各流派のお免状を持っていれば、様々な日本文化のアレンジを取り入れることができ、作品に幅が出ます。

 

ワンポイント

資格はあくまでもマストではありませんが、持っていると転職に非常に有利です。

また、資格取得で得た知識は実務に活かすことができますから、とてもおすすめです。

憧れの職業に転職したいと思ったら

エージェント

フラワーデザイナーの仕事に憧れつつも、なかなか転職に踏み出せない女性も多いです。

そんなときは、まずは転職エージェントに相談しましょう。

転職エージェントに相談するだけなら無料ですし、実際のあなたの条件に合う求人があるかも調べてくれます。

フラワーデザイナーの仕事に就く前に資格を取るべきかなども含めて、あらゆる観点から相談に乗ってもらえます。

「フラワーデザイナーの仕事に就いてみたい」そう思ったら、まずは転職エージェントに相談しましょう。

まとめ

花を見つめる女性

フラワーデザイナーの仕事は、子供からも憧れられるような素敵な職業です。

きれいな花を見て嬉しくならない人はいないでしょう。

そんな素敵な花に囲まれた職業、フラワーデザイナーというのはとても魅力的です。

本記事で紹介してきたことを参考に、ぜひ、フラワーデザイナーへの夢をかなえてください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら