花が好きで、フラワーデザイナーの仕事に憧れる女性は多いです。

そして、フラワーデザイナーとして現に活躍している女性も非常に多いです。

では、フラワーデザイナーとは具体的にどのような仕事内容なのでしょうか。

また、フラワーデザイナーになるにはどのような場所で働けばいいのでしょうか。

本記事では、フラワーデザイナーになりたい女性向けに、仕事内容活躍の場所を紹介します。

フラワーデザイナーの仕事内容

花屋 女性

「フラワーデザイナー」と聞くと、町の花屋さんなどで花束を作る仕事というイメージが強いかもしれません。

ですが、実際にはそれだけではありません。

まずは、フラワーデザイナーの仕事について詳しく説明していきます。

様々な花を美しく魅せる

第一に、フラワーデザイナーの仕事内容は様々な花を美しく魅せることです。

レストラン・ホテル・結婚式場など様々な場所に花はあります。

その飾られている花たちは、決して無造作にまとめられた花ではありません。

1つ1つ丁寧に、コンセプトに合わせた通りの組み合わせで飾られています。

そうやって、会場やクライアントに合うように花を美しく作り上げるのが、フラワーデザイナーの仕事です。

年収・将来性

フラワーデザイナーは、勤務先にもよりますが平均年収としては300万円ほどといわれています。

決して高い数字ではありませんが、経験を積み指導する立場になったりセミナーを開いたりできると年収は上がります。

フラワーデザイナーの将来性についてですが、どんな時代でも生花は人の心を癒すものです

いくら技術が進歩して、3Dなどで花を飾る時代が来たとしても、生花にはかないません。

生花の需要は一定数必ず存在するため、安定していると考えていいでしょう。

 

ワンポイント

フラワーデザイナーの仕事は、花そのものの持つ美しさを際立たせる仕事です。

そのためには、センスだけでなく植物に対する知識も必要となります。

フラワーデザイナーが活躍している場所

花束を持つ女性

では、実際にフラワーデザイナーが活躍している場所はどのような場所があるのでしょうか。

例として、以下の5つが挙げられます。

  • フラワーショップ
  • 結婚式場
  • ディスプレイ会社(プロデュース会社)
  • ホテル
  • 個人経営(個人受注)

フラワーショップでの勤務は一番イメージがわきやすいでしょう。

そのほか、結婚式場であれば式場をお客様のイメージ通りになるように花で飾ります。

ディスプレイ会社などの場合は、クライアントのイベントに合わせて花を飾りに行きます。

イベントのイメージやクライアントの要望に応じて、量や花の種類を選ぶことも大切です。

ホテルのロビーなどにも常に花が置かれているでしょう。

それらも、季節感のあるものにするなどフラワーデザイナーの思いが込められています。

ロビーはホテルの玄関として最初にお客様が目にする場所ですから、特に重要な役割を持っています。

最後に、独立して個人で発注を請け負うということも可能です。

この場合は、ある程度名が売れていたり、格安で提供したりするなど少し工夫が必要です。

今ではSNSなどで自分を宣伝するツールはたくさんありますから、個人経営をするのも不可能ではありません。

 

無料転職相談をしフラワーデザイナーの仕事を探そう

 

フラワーデザイナーの1日の流れ

花屋の店先

では、ここからはフラワーデザイナーの1日の流れについて紹介します。

あくまでも一例で、働く場所や企業によって内容は変わります。

今回は、一般的なフラワーショップで働く例を挙げるのでぜひ参考にしてください。

8:00  出勤 花の状態をチェック

9:00  花の手入れ・追加受注が必要でないか在庫確認

10:00  開店・接客・予約に応じてブーケや花束の制作

11:00  受注のお客様と打ち合わせ

12:00  ランチタイム

13:00  接客・予約に応じてブーケや花束の制作

17:00  花の手入れ・花の状態をチェック

17:30  店内清掃

18;00  花の発注・翌日の予約の確認等

19:00  閉店 最後に花のチェックをもう一度して就業

このように、一日中花に囲まれながらも、単純に花を楽しむ時間ばかりではないことがわかります。

花というのはとても繊細なので、その管理というのはとても大変です。

1日たりとも欠かすことはできません。

特に、受注している日に合わせて花が満開になるように調整することはとても重要です。

いざ頼まれた花が届いた時に、しおれかかっていたらお客様はどう思うでしょう。

発注から実際にお客様が花を使うその日に最適の状態になるように逆算が必要です。

そういったことを考慮して、花の発注も行うのです。

 

ワンポイント

1日の流れは働く場所によって異なりますが、基本的に花の管理などはどこも必須です。

そのため、フラワーデザイナーは花や植物に関する知識が必要な仕事です。

 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


フラワーデザイナーになる方法

疑問を感じる女性

では、フラワーデザイナーになる方法についても紹介していきます。

フラワーデザイナーになりたいと思ったらまずはどうすればいいでしょうか。

まずはフラワーデザイナーになるための必要なスキルを紹介していきます。

必要なスキル

まずは花に関する知識は必須です。

アルバイトなどで入ってから覚えるという人も中にはいます。

ですが、フラワーデザイナーとして転職したいのであれば、あらかじめ勉強しておくことをおすすめします。

また、知識だけでなく花の管理が実際にできなければいけません。

花を見て病気になっていないか、整えておく必要はないかなど見極めが必要です。

そして、花を生ける技術も必要です。

これはスキルに加えてセンスも必要となります。

ですが、センスに自信がないといってあきらめる必要はありません。

相性のいい色や相性のいい花などのパターンはいくつかあります。

それをしっかり覚え、まずは基礎から励んでいけば大丈夫です。

体力と根気

森の中でガッツポーズ

フラワーデザイナーの仕事は、女性がやっているイメージが強いため意外かもしれませんが実は体力仕事です。

開店時には、花と水を大量に入れた什器をいくつもお店の前に並べなければなりません。

それを毎日、開店・閉店時に行わなければならないのです。

店内ディスプレイの花に関しても、何か必要があれば高い位置から降ろさなければなりません。

接客もあるため、基本的に立ち仕事です。

また、フラワーデザイナーとしてのセンスや指名はいきなりつきません。

根気強く、日々デザインの勉強や花の勉強を繰り返し、お客様との信頼を獲得することでやっと手に入れることができます。

フラワーデザイナーの仕事は、体力と根気が必要であるということを覚えておきましょう。

Women's Worksの非公開求人ご紹介
デザイン|東京

【グラフィックデザイナー】完全週休2日制/大手ナショナルクライアントからの直接取引多数

360万円 ~ 600万円

広告デザイン・コンテンツ企画

グラフィックデザイン

年間休日121日 社保完備
この非公開求人に興味がある

フラワーデザイナーの学校

勉強

フラワーデザイナーになるための学校があることをご存知でしょうか。

実は、フラワーデザイナーについても専門学校があります。

花をはじめとした植物に関する知識から、お世話の方法、生け方、カラー配色など様々なことを学びます。

学校によっては夜間で行っている専門学校もあるため、働きながら通うことも不可能ではありません。

本気でフラワーデザイナーを目指すなら、専門学校に通うということを選択肢に入れるのもいいでしょう。

Women's Worksの非公開求人ご紹介
デザイン|東京

【グラフィックデザイナー】完全週休2日制/大手ナショナルクライアントからの直接取引多数

360万円 ~ 600万円

広告デザイン・コンテンツ企画

グラフィックデザイン

年間休日121日 社保完備
この非公開求人に興味がある

フラワーデザイナーの魅力

バラの花

では、フラワーデザイナーの魅力とはいったいどんなものがあるのでしょうか。

子供の時から「お花屋さんになりたい」という夢を持つ女の子は多いです。

具体的な仕事内容を知ったうえで、改めてその魅力についても考えてみましょう。

人を笑顔にできる

花束をプレゼント

何よりも一番の魅力は、人を笑顔にすることでしょう。

綺麗な花を見たら誰しもが笑顔になります。

フラワーデザイナーの仕事は、このように人の笑顔を直接的に作ることができる仕事です。

また、お花を渡すときなどに実際にお客様の笑顔を見ることができるため、やりがいを感じやすいのもいいところです。

変化を感じられる

当たり前ですが、日本には四季があります。

花にも四季があり、フラワーデザイナーの仕事をしていると四季折々の花を楽しむことができます。

季節が変わるたびにその季節感を感じながら仕事ができるというのは、マンネリ化を防ぐ大切な要素です。

日々季節の変化を少しずつ感じることができるというのは、フラワーデザイナーの仕事の大きな魅力といえます。

 

ワンポイント

フラワーデザイナーは、自分の仕事で人を笑顔にしたり、四季を感じられたりと、とても素敵な仕事です。

その分、気分転換もしやすい傾向にあります。

フラワーデザイナーの苦労

頭を抱えるエプロン姿の女性

こんなに魅力たっぷりのフラワーデザイナーの仕事ですが、意外と苦労ごとも多いです。

フラワーデザイナー特有の苦労とは、どんなものがあるのでしょうか。

意外にハード

フラワーデザイナーの仕事は、先にも解説しましたが意外とハードです。

基本は立ち仕事ですし、重い什器の持ち運びも当たり前にこなさなければなりません。

配達をするにしても、届けるのは花束などの軽いものばかりではありません。

植木鉢ごと渡す胡蝶蘭などもたくさんあり、決して傷つけることなく慎重に運ばないといけないため大変です。

虫が花についていることも

蝶と花

虫が苦手な女性は多いと思いますが、花に虫はつきものです。

特に、女性は芋虫系の虫が苦手という方が多いです。

ですが、花を触っていると芋虫がついているなんてことはよくあります。

虫の駆除も、花の管理としてとても大切な仕事の1つです。

虫が大の苦手という女性でも、フラワーデザイナーという仕事に就くと虫と向き合わなければなりません。

 

無料転職相談をしてフラワーデザイナーの求人を見てみよう

 

 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


おすすめの資格

パソコンとノートとペン

フラワーデザイナーとして働きたい場合のおすすめの資格についても紹介していきます。

フラワーデザイナーとして働くのに、資格はマストではありません。

ですが、これらの資格を持っていることで、知識があることを証明することができます。

それは、転職の成功率にもつながりますのでぜひ挑戦してみてください。

フラワー装飾技能士

フラワー装飾技能士は、都道府県職業能力開発協会が監督する国家資格です。

知識を問われる学科試験と、主に花束やブーケを作る実技試験の2科目です。

3級~1級とランクがあり、2・3級の合格率は70%ほどといわれています。

一番高い1級でも、5割ほどの合格率となっています。

NFDフラワーデザイナー

NFDフラワーデザイナーは、公益社団法人日本フラワーデザイナー協会(NFD)が監督する民間資格です。

こちらも3級~1級まであり、1級の取得者はフラワーデザイナーの講師を務めていることもあります。

民間資格の中でも人気があり、信頼性の高い資格です。

フラワーデコレーター

フラワーデコレーターは、フラワーデコレーター協会が運営する民間資格です。

こちらも同様に、3級~1級まで階級がありそれぞれ受験が可能です。

3級に至っては、認定試験を受ける必要はなく課題を履修し申告すれば認定されます。

合格率については、非公開となっていますが、比較的取りやすい試験です。

色彩検定

色彩検定は、社団法人全国服飾教育者連合会(A・F・T)が運営する公的資格です。

色彩検定は花に限らず、色に関する知識を問う資格です。

そのため、花を生けるときだけでなく例えば花を置くテーブルのクロスの色の提案などにも応用できます。

厚生労働省が後援する公的資格でありながら、比較的取りやすい資格として人気を集めています。

生け花 各流派の免状

生け花の世界では、その流派のお稽古などに通い続け一定のスキルを認められるとお免状というものがもらえます。

これは一定のスキルの認定のようなものです。

各流派のお免状を持っていれば、様々な日本文化のアレンジを取り入れることができ、作品に幅が出ます。

 

ワンポイント

資格はあくまでもマストではありませんが、持っていると転職に非常に有利です。

また、資格取得で得た知識は実務に活かすことができますから、とてもおすすめです。

憧れの職業に転職したいと思ったら

エージェント

フラワーデザイナーの仕事に憧れつつも、なかなか転職に踏み出せない女性も多いです。

そんなときは、まずは転職エージェントに相談しましょう。

転職エージェントに相談するだけなら無料ですし、実際のあなたの条件に合う求人があるかも調べてくれます。

フラワーデザイナーの仕事に就く前に資格を取るべきかなども含めて、あらゆる観点から相談に乗ってもらえます。

「フラワーデザイナーの仕事に就いてみたい」そう思ったら、まずは転職エージェントに相談しましょう。

 

無料転職相談をしてフラワーデザイナーになろう

 

まとめ

花を見つめる女性

フラワーデザイナーの仕事は、子供からも憧れられるような素敵な職業です。

きれいな花を見て嬉しくならない人はいないでしょう。

そんな素敵な花に囲まれた職業、フラワーデザイナーというのはとても魅力的です。

本記事で紹介してきたことを参考に、ぜひ、フラワーデザイナーへの夢をかなえてください。

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために以下のサポートを全て無料で実施いたします。

  • 非公開求人紹介
  • 職務経歴書のフルオーダー作成
  • 応募企業への推薦
  • 面接のフィードバック
  • 模擬面接の実施
  • 内定後の労働条件確認

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!

 

非公開求人紹介

転職エージェントに相談すると、一般に公開されていない非公開求人への紹介が可能です。

非公開求人には大手企業優良企業が多いと言われています。

条件が良い仕事だったり募集人数が少ない場合があるので、一般募集で応募が殺到しないように非公開としているのです。

この非公開求人はエージェントの紹介でしか応募することが出来ません。

キャリアアドバイザーによるヒアリングであなたにピッタリの求人をご紹介いたします。

職務経歴書のフルオーダー作成

応募したい企業が見つかったら先方に提出する職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい職務経歴書の作成を目指しています。

応募企業への推薦

フルオーダーの職務経歴書とともに応募企業への推薦状を作成いたします。

応募推薦状はエージェントに相談した人にしか受けられないサポートです。

模擬面接の実施

コールセンター

ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。

面接のフィードバック

面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

また内定した場合でもフィードバックいたしますので自分がどこを評価されたのかが分かり、入社後のモチベーションにも繋がります。

内定後の労働条件確認

事務

 

企業内定後には労働条件の確認給与の交渉をさせていただきます。

内定承諾書を提出する前に確認しておきたい雇用形態の調整を代わりに行います。

納得して仕事を始めていただけるように最後まで徹底サポートさせていただきます。

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!