ラジオが好きな人の中で、ラジオディレクターになりたいという声をよく聞きます。

でも実際、ラジオディレクターが具体的にどのような仕事をしているかご存知でしょうか。

ディレクターという名前が付くわけですから、仕事の内容は多岐にわたります。

「とても忙しい」という印象があるでしょうが、昨今では女性のラジオディレクターも沢山活躍しています。

本記事では、そんなラジオディレクターの仕事内容について詳しく説明します。

ラジオディレクターの仕事内容

おしゃれな事務

ラジオディレクターというのは、どんな仕事をしているのでしょうか。

日々、ラジオディレクターがこなしている具体的な内容を紹介していきます。

番組の制作

まずは番組の制作です。

どんな番組を作るか、ネタ探しやキャスト選びなどを行います。

そのときのトレンドや新しい企画など、リスナーの需要は日々変わります。

リスナーが喜んでくれるような番組制作を目指して日々企画を考えているのです。

放送準備

打ち合わせ中の机

実際に作る番組が決まれば、放送の準備もします。

キャストとの調整や、音響、タイムテーブルなど決めることは山ほどあります。

もちろん、アシスタントをはじめ他の社員もいますので、1人でこれらをすべてこなすわけではありません。

ただし、ラジオディレクターというのは番組の責任者としてきちんと仕事が回っているか監督する必要があります。

毎日絶え間なく流れているラジオですが、1つ1つ念入りに放送準備を行います。

放送中の進行管理

ラジオは生放送の部分が非常に多く、進行管理もとても重要です。

生放送中になにかトラブルがあった場合にも、迅速に解決に向けて動かなければなりません。

いったんどうするべきか、どこと連携して解決するべきか、またそれをキャストや他の社員に指示を出す必要があります。

上手くいっているときでも考えることはたくさんあります。

きちんとタイムテーブル通りにいっているか、次に活かす点はあるかなどあらゆる点から進行の管理を行っているのです。

放送後の振り返りや情報発信

放送が無事終われば、次はその番組の振り返りを行います。

リスナーの反応はどうだったか、次はどんな企画につなげればより良くなるかなども考えなければなりません。

SNSなどを使って情報発信をするのも、ラジオディレクターの仕事です。

どんな発信をすればターゲット層の目にとどまるのか、常に世の中のトレンドをチェックしておく必要があります。

担当番組による仕事の違いは?

疑問を持つ女性

次に、ラジオディレクターとして担当となったジャンルによって仕事内容にどんな違いがあるのでしょうか。

  • 音楽番組
  • ニュース番組
  • お笑い・エンタメ系の番組

主にこの3つのジャンルについて、詳しい仕事内容を見てみましょう。

音楽番組

音楽番組は、リスナーから募集するのか、アンケートや調査でランキングにして流すのかなどさまざまな方法があります。

どんな形式で音楽を紹介していくかによってリスナーの反応も大きく変わります。

ラジオディレクターは、「季節で特集する」「失恋ソング特集を作る」などいろいろな企画を練ります。

パーソナリティーやゲストを誰にするのかといったことも非常に重要です。

音楽は常に新しいものが生まれ続けるうえに、若者はとても敏感です。

音楽番組を担当する場合、最新のトレンドをチェックし続けながら企画・運営をしていく必要があります。

ニュース番組

アナウンサー

ニュース番組を担当する場合は、国内外問わず最新の時事ニュースなどにアンテナを張っておかなければなりません。

ラジオで流すニュースの順番も考えつつ、どのニュースを流すのか決定します。

そのほか、ニュース番組の場合は速報が入ってくることも少なくありません。

そんなときは、さっと原稿を作り即座に対応する必要があるため、臨機応変な対応力が問われます。

お笑い・エンタメ系の番組

お笑いやエンタメについても、動向は常に動いています。

人気の芸人の方やタレントの方が日々移り変わっていくのをしっかりとチェックする必要があるのです。

ただし、人気の方はすぐにスケジュールが埋まってしまうため、先回りしてスケジュールを押さえる必要があります。

単発的な人気の人をゲストにするのか、長期的に人気を得る人ならレギュラーとして依頼するのかなど内容はさまざまです。

ラジオディレクターの年収・今後の見通し

お金

では、ここからはラジオディレクターの年収や今後の見通しについて紹介していきます。

ラジオディレクターの年収は、はっきりいってピンキリとなっています。

参考としては、350万円~600万円ほど、なかには1000万円を超える場合もあります。

これだけ幅広い年収ですが、やはり大手企業の正社員ほど年収が高くなる傾向となっています。

ただし、大手企業だとそれなりに抱えている人気番組も多いです。

そのため、年収が高い代わりに仕事が忙しいというのもよくある話です。

そういう点を踏まえると、単純に年収だけで転職先を選ぶことが出来ないというのが実態です。

ラジオディレクターという仕事の今後の見通しですが、これは「良い」といっていいでしょう。

ラジオは昨今、テレビやネット業界に押されていると思われがちですが、被災地などで真っ先に活躍するのはラジオです。

そのような背景から考えても、ラジオ自体がなくなることはまずないといっていいでしょう。

 

ワンポイント
 ラジオディレクターの年収は、就職先や努力次第で大きくアップが見込めます。

女性のラジオディレクターの働き方は?

女性のチームワーク

仕事が多岐にわたり忙しいとされるラジオディレクターですが、もちろん女性も沢山活躍しています。

では、女性のラジオディレクターの働き方はどんなふうになっているのでしょうか。

女性のキャリアやワークライフバランスなども含めて、紹介していきます。

女性が働く環境・キャリアパス

ラジオディレクターとして女性が働くには、以下の2つが非常に重要です。

  • 働く環境を整えること
  • キャリアパスをしっかりと組むこと

先にも開設した通り、ディレクター業務というのは非常に多忙です。

ワークライフバランスを取るのが難しいと悩む人も少なくありません。

ですが、しっかりと働く環境を整え、キャリアパスを組むことでそれは解決します。

ラジオは生放送が多いですから、急に穴をあけることはできるだけ避けたいです。

子供がいる人の場合は、自分の父母などに協力を得るなど環境を整えることが大切です。

また、キャリアパスについてもしっかり考えましょう。

いきなりラジオディレクターに挑戦するか、アシスタントから始めるかなどそれによっても働き方は大きく変わります。

結婚後の働き方や雇用形態は?

女性の場合、結婚後に働き方を変えなければならない事情が出てくる場合もあります。

結婚後、仕事を続けたくても結婚相手が転勤族だったり、専業主婦を希望されたりする場合も少なくありません。

まずは、結婚後自分がどうしたいかをしっかりと考えましょう。

その上で、結婚後も働きたいのであれば、それを相手にしっかりと伝えることです。

ただし、結婚したからには家庭を大切にしたいのはもちろんです。

あまりにも多忙を極め、残業や泊まり込みなどがないように雇用形態を変えるというのも1つの手です。

ラジオディレクターの仕事は正社員とは限りません。

大手の放送局も、ディレクター業務を委託しているケースがあります。

派遣として働いたり、パートタイムで働いたりなど無理のない範囲での勤務を選択することも可能なのです。

子育てとの両立は?

結婚をして、そのあと子育てをしながらも仕事を続けたいという女性は非常に多いです。

その場合は、先にお伝えした通り、周りの家族や親族に協力を求めたり雇用形態を調整したりしましょう。

「子供がいるとディレクター業務は無理だ」と諦めることはありません

また、一緒に働くアシスタントをはじめとする社員の人とも常にコミュニケーションを取るようにしましょう。

子供が病気をした場合はどうするか、今自分が持っているタスクは何か、などしっかりとチームで共有しましょう。

事前にチームで決めておくなど、工夫をすることで子育てと両立することは可能です。

 

ワンポイント

ラジオディレクターとして活躍している女性はたくさんいます。

しっかりとキャリアビジョンを持ち挑戦してみるといいでしょう。

ラジオディレクターに向いている人

オフィス

では、ここからはラジオディレクターに向いている人の特徴を紹介していきます。

どんな特徴のある人が、ラジオディレクターに向いているのでしょうか。

音楽やラジオのコンテンツが好き

まずは単純に、音楽やラジオのコンテンツが好きな人が挙げられます。

ラジオディレクターの仕事は企画をはじめとしてとても忙しいです。

忙しい日々でも楽しんで仕事ができるという意味で、音楽やラジオのコンテンツが好きな人は、ラジオディレクターに向いているといえます。

調整力が高い

仕事内容として紹介したように、ラジオディレクターは調整ごとが非常に多いです。

そのため、さまざまな立場の人とやり取りをし、調整していかなければなりません。

そういった意味で、今までの仕事の経験などから、調整力が高い人はラジオディレクターに向いているといえるでしょう。

度胸がある

ガッツポーズの女性

繰り返しますが、ラジオは生放送が中心です。

ある程度の度胸がないと務まりません。

「トラブルがあっても自分が何とかする!」くらいの度胸を持っている人は、ラジオディレクターに向いています。

ラジオディレクターになるには

ビジネス

では、ラジオディレクターになるには一体どうしたらいいのでしょうか。

一番早い方法としては「ラジオディレクター」を募集している求人に応募することです。

ですが、ディレクターの仕事は未経験の方にはなかなか困難です。

先にもお伝えしてきたように、仕事は多岐にわたりますし量もとても多く忙しい仕事です。

いきなり未経験の人がディレクターとして採用されるのは少し難しいかもしれません。

また、採用されたとしてもなかなか仕事をこなすのに精いっぱいで大変な思いをしてしまうかもしれません。

一番スムーズな方法としては、アシスタントディレクターから始めることです。

ラジオディレクターのアシスタントとして数カ月~数年働き、どのようなことをしているか自分の目で見てみましょう。

その上で、自分もディレクターに昇格するというのが現実的といえるでしょう。

 

ワンポイント

いきなり未経験からラジオディレクターになるのはハードルが高いです。

まずは、アシスタントから始めることをおすすめします。

ラジオディレクターのやりがい・楽しさ

背伸びする女性

ラジオディレクターのやりがいや楽しさの一番は、やはり「リスナーの反応」です。

リスナーから「楽しかった」「いつも楽しみにしている」といった声を聞くことほどうれしいことはありません。

その声のために、日々企画をして放送準備に取り掛かっているのです。

ラジオディレクターの大変なこと

悩む女性

先にもお伝えしましたが、ラジオディレクターの仕事は多岐にわたります。

そして生放送という性質上、基本的に失敗は許されません

常にプレッシャーを感じながら仕事をするという点では、メンタルにも負担がかかりやすい仕事です。

ラジオディレクターの仕事は、それを楽しみに変えやりがいを感じながらこなしていく必要があります。

 

ワンポイント

ラジオディレクターの仕事は大変なことはたくさんあります。

ただし、その分やりがいも大きく楽しみながら働いている女性は非常に多いです。

ラジオディレクターへの転職はエージェントに相談しよう

面接する女性

ラジオディレクターになりたいと思ったら、まずは転職エージェントに相談しましょう。

ラジオ業界といっても、求人はさまざまですし、お伝えしたように待遇もピンからキリまであります。

転職エージェントなら、自分の条件にあった求人を探してくれます。

現職がある方は特に、忙しいなかでの転職活動では良い求人までたどり着けないこともあります。

だからこそ、転職エージェントを活用しましょう。

転職エージェントを活用し効率よく転職活動を目指しましょう。

まとめ

ラジオ

ラジオディレクターはとても忙しい仕事というイメージが強いと思います。

実際に、忙しい仕事ではありますが、女性で子育てをしながら活躍している人も沢山います。

大事なのは、きちんと自分にあった企業を選ぶこと、ビジョンをしっかり持って働くことです。

ラジオディレクターになりたいという方は「女性だから」といって諦める必要はありません。

ぜひ、ラジオディレクターになりたいという夢をかなえてください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する