ラジオ業界で活躍している女性はたくさんいます。

自分も同じようにラジオ業界で働きたいと考えている方も少なくありません。

では、ラジオ業界に入るための転職活動において、どんな志望動機が有効なのでしょうか。

本記事では、ラジオ業界の志望動機の書き方を例文も交えながら解説していきます。

Contents

ラジオ業界の志望動機作成は何から始めればいい?

疑問を感じる女性

まず、ラジオ業界で働くための志望動機の作成は何から始めればいいでしょうか。

「ラジオを聴くことが好きだから」「ラジオ業界で働いてみたいと思ったから」とシンプルに書いても熱意は伝わりません。

さらに、自分自身のラジオ業界への熱意を志望動機の欄に収まるようにまとめることも意外と困難です。

いきなり書き始めてもうまく伝えたいことは伝わりません。

志望動機を書こうと思ったら、まずは前準備が必要です。

これから紹介する、志望動機を書くための前準備についてぜひ参考にしてみてください。

遠回りに感じるかもしれませんが、これをすることで書類が通った後の面接もスムーズになります。

 

ワンポイント
ラジオ業界の志望動機を書く前にはいきなり書き始めるのではなく、しっかりと準備をしましょう。

志望動機を書くための準備

ノートを見て考える

まずは志望動機を書く前の準備について紹介していきます。

先にもお伝えしましたが、これをすることで自分の中でのラジオ業界への気持ちが整理されます。

そのため、志望動機をうまく書けるようになるだけでなくそのあとの面接にも影響してきます。

これから紹介する3つのことを実施してみてください。

企業が求める人物像を調査する

まずは、事前に企業が求める人物像を調査しましょう。

簡単にいえば、「企業が求める人物像=自分」であれば採用してもらえる確率はかなり高くなるわけです。

では、どんな人材を求めているのでしょうか。

募集要項やその企業の理念などをしっかりと確認し、企業が求める人物像を把握しましょう。

ライフプランと希望条件を明確にする

子供の送り迎え

長く働いていくには、ライフプランとキャリアプランを切って考えることはできません。

女性ならではの、妊娠・出産も含め、自分はどこまでキャリアを積みたいと思っているのかなど洗い出しましょう。

また、洗いだしたそのライフプランについて具体的にいつ頃を予定しているのかも考えてみましょう。

その上で、希望条件を考えてみてください。

おのずと、女性が働きやすい環境の職場を選ぶことができるはずです。

その企業を目指した理由を明確にする

応募先企業が決まったら「どうしてその企業にしたのか」を明確に言葉で考えてみましょう。

「ラジオ業界」と一言でいってもさまざまな会社があります。

その中でも、どうしてその応募先企業でないといけないのか、それを説得的に伝えることが大切です。

企業理念や実際に働いている人の声などを聞いてみて、その企業を選んだ理由をしっかり言葉で表してみましょう。

 

ワンポイント

いきなり志望動機を書きだそうとしても、なかなかまとまりません。

きちんとした準備をして自分の頭を整理してから、志望動機を書き始めましょう。

 
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

ラジオ業界の仕事内容を知っておこう

ポイント

ラジオ業界を希望するのであれば、まずは最低限のラジオ業界の仕事内容を知っておきましょう。

ラジオ業界と一言でいっても、ラジオパーソナリティだけではありません。

その裏方にはたくさんの人間が仕事をしています。

また、ラジオの本番だけが仕事中ではありません。

ラジオが始まるまで、ラジオが終わった後、どんな仕事をこなしているのか知りましょう。

さらに、それをこなすのに必要なスキルはどんなものがあるか、自分にはそのスキルがあるのか分析をしてみるとより良いです。

ラジオ業界の仕事内容を知らないままに志望動機を書こうとすると、どうしても現実と乖離した内容になってしまいます。

場合によっては採用担当者に「そんな心持ちでは働けない」と思われてしまいかねません。

まずは、ラジオ業界の仕事内容について理解をしておきましょう。

 

ワンポイント

ラジオ業界に転職するための志望動機を書く前に、まずはラジオ業界の仕事内容を理解しましょう。

ラジオ業界で求められるスキルを知っておこう

ポイント

先ほどからお伝えしていますが、ラジオ業界で求められるスキルについても知っておきましょう。

言い方を変えると、ラジオ業界で活躍出来る女性はどんなスキルを持っているのでしょうか。

それを知ることで自己PRの仕方も変わってきます。

自分の意見をはっきり示せる

ラジオ業界では、新しい企画や番組の打ち切り、時間帯の調整などさまざまなことを決めなければいけません。

新しい番組を提案することや、逆に思い切って打ち切りを進めることも時には必要なのです。

ラジオ業界で活躍するには、はっきりと自分の意見を示せる人が好ましいです。

また、自分の意見を伝えるときには論理的に話をしたりデータを示したりと説得力のあるプレゼンが必要です。

このように、自分の意見を周りに伝え、説得するスキルというのがラジオ業界では求められます。

臨機応変な対応力

ラジオ業界では、生放送なども当たり前に行われており、トラブルはつきものです。

また、トレンドの移り変わりなどもあり、さまざまな変化に対応していかなければなりません。

そのため、ラジオ業界で働いていくには臨機応変な対応力が求められます。

生放送中は特に、何かトラブルが起きた時に、瞬時にするべきことを判断する必要があります。

原因は何か・取り急ぎすることは何か・どこに連絡を取り解決するかなどこなすことはたくさんあります。

突然のトラブルにも慌てず冷静な対応をし、出演者や関係者を誘導する必要もあります。

そのため、ラジオ業界で働くには、臨機応変な対応力というのは必須スキルといえるでしょう。

調整力

電話をする女性

ラジオ番組はテレビと同じで、ほとんどの時間帯に穴をあけることができません。

そのため、番組をうまく組みその出演者のスケジュール確保などさまざまな調整ごとがあります。

いろんな人の立場を見て、調整していくのは意外と難しいものです。

そのため、ラジオ業界では調整力というのも求められます。

面接でアピールできる適性は?

面接を受ける女性

紹介してきた通り、ラジオ業界で求められるスキルはさまざまです。

  • 自分の意見をはっきりと示す
  • 臨機応変な対応力
  • 調整力

この3つが主に求められるスキルです。

逆に言えば、このスキルを持っているということをアピールすることで、面接通過の確率はぐっと上がります。

現職でトラブルが起きた時にどんな風に対応したかなど、具体的なエピソードを準備しておきましょう。

そのほか、従業員のシフト調整をしていた・クライアントとの調整をしていたなどでも大丈夫です。

そうすることで、これらのスキルを持っているということをより説得的にアピールすることができます。

今までの経験などから、これらをストレスなくこなすことができる人は、ラジオ業界で働く適性があるといえるでしょう。

ラジオ業界の志望動機の書き方のポイント

履歴書

では、ラジオ業界の志望動機の書き方について紹介していきます。

詳しく盛り込んでいきたい要素として、ポイントをまとめました。

志望動機の欄は短いといえど、次の4つの要素はできるだけ入れるようにしましょう。

  • なぜラジオ業界を志望するのか
  • なぜその企業を選んだのか
  • 入社後どのように活躍したいか
  • 熱意や志望度が伝わる文章だとベター

1つずつ詳しく解説していきます。

なぜラジオ業界を志望するのか

志望動機の中には、必ず「なぜラジオ業界を志望するのか」という理由を明確に書きましょう。

ラジオ業界は忙しい職業ですし、やりがいもありますがとても大変です。

その分、熱意がないと仕事をこなすことは難しいです。

また、マスコミやテレビ業界は明確な理由がなく応募する人が少なからずいることも事実です。

だからこそ、なぜラジオ業界を目指したのかということを採用担当者は知りたいのです。

なぜその企業を選んだのか

他にもラジオ業界はいろいろある中で、どうしてこの応募先企業を選んだのか、それも明確に書きましょう。

「では他のラジオ放送局でもいいのでは?」と採用担当者に思われないよう、しっかり応募先企業宛てに気持ちを伝えましょう。

企業リサーチを事前にしっかりしておき、企業理念やその応募先企業が発信する番組などもチェックしておきましょう。

そういった内容を添えることで、具体的に書くことができ志望動機にぐっと深みが出ます。

入社後どのように活躍したいか

志望動機には、必ず入社後の自分についても書きましょう。

入社して終わりではなく、入社することはあくまでも始まりです。

入社出来たらどんなふうに働くのか、どう貢献できるのかをしっかり記入しましょう。

熱意や志望度が伝わる文章だとベター

ガッツポーズをする女性

ラジオ業界は、ほかの業界と比べて比較的「仕事への熱意」を大切にする傾向があります。

忙しい仕事である上に、企画ごとなどは熱意がないといいものは出てこないからです。

今までお伝えしてきた記入するべきポイントについて、出来れば熱意が伝わるような表現で書くと良いでしょう。

 
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

ラジオ業界の志望動機の注意

チェック

ここで、ラジオ業界の志望動機の書き方について注意点も紹介しておきます。

それは「単にラジオ業界に憧れた」と思われてしまわないようにすることです。

ラジオ業界のように一見華があるように見える職業は「かっこいいから選んだの?」と思われてしまうことがあるのです。

大変な仕事だからこそ「そんな気持ちじゃ仕事続かないよ」という意味で、採用担当者はしっかり読みます。

もちろん、きちんと志望動機を書くことができればそんな印象を抱かれることはありません。

きちんと熱意が伝わるよう、紹介した志望動機の書き方についてのポイントを取り込んでみましょう。

ラジオ業界の志望動機の例文

履歴書

ではここで、実際のラジオ業界の志望動機の例文について紹介していきます。

エピソードなどは自分のものと変えてみたりして、参考にしてみてください。

企画力をアピールする

私は、学生時代からラジオを聴くのが好きで日課になっていました。

ラジオにはいろんなコンテンツがあり、毎日聴いても飽きない魅力があります。

現在の職場では、さまざまなイベント企画などを担当しており、全国規模のイベントなども採用されております。

今後は、御社のラジオ番組の企画などを行い、自分の企画力をもっと伸ばしていきたいと考え応募しました。

今までの経験から活躍できることをアピールする

私は今まで営業事務の仕事をしており、クライアントから営業担当・その他さまざまな部署との調整をしてきました。

元々ラジオを聴くことが好きで、私もそれを作ることに携わりたいと感じていました。

今まで培ってきたさまざまな業界の人との調整力を活かし、一緒に御社の番組を盛り上げていきたいと思っています。

とにかくラジオやその企業への愛を語る

私は、学生時代からラジオを聴くことがとても好きでテレビよりもラジオばかり聴いてきました。

私は、「耳だけで得る情報には限度がある」とは思いません。

ラジオの声だけでもたくさんの情報を発信することができ、人の心を動かすことができると思っています。

御社の番組は特に、バラエティに富んでおり老若男女問わずみんなが楽しめる番組が詰まっているのです。

御社で採用していただいた暁には、既存の番組への改善提案や新しい企画など積極的に挑戦していきたいと思っています。

 

ワンポイント

無理に自分を着飾る必要はありません。

事前に準備した内容を冷静に見つめ、第三者が意味が分かるように伝えたいことを書いていきましょう。

ラジオ業界の転職はエージェントに相談しよう

エージェントに相談する女性

ラジオ業界と一言でいっても、そこにはいろいろな仕事があります。

まずは「ラジオ業界に転職したい」と思ったら、転職エージェントに相談しましょう。

転職エージェントなら、ラジオ業界にかかる仕事やあなたに合った会社を探すことができます。

現職をこなしながらの転職活動は、書類の準備から面接の対策まで1人でするのは大変です。

転職エージェントにうまく状況を伝えながら、必要なサポートを受けましょう。

効率よく転職活動をすることで、ストレスも減り転職活動がスムーズに運ぶようになります。

 
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

まとめ

ラジオを聴く女性

ラジオ業界で活躍する女性に憧れる人はたくさんいます。

そんなラジオ業界に転職したいと思ったら、まずは転職エージェントに相談し活動しましょう。

今回紹介した志望動機の書き方や例文を参考にしていただき、ぜひ転職活動を成功させてください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら