ラジオ業界で活躍している女性はたくさんいます。

自分も同じようにラジオ業界で働きたいと考えている方も少なくありません。

では、ラジオ業界に入るための転職活動において、どんな志望動機が有効なのでしょうか。

本記事では、ラジオ業界の志望動機の書き方を例文も交えながら解説していきます。

ラジオ業界の志望動機作成は何から始めればいい?

疑問を感じる女性

まず、ラジオ業界で働くための志望動機の作成は何から始めればいいでしょうか。

「ラジオを聴くことが好きだから」「ラジオ業界で働いてみたいと思ったから」とシンプルに書いても熱意は伝わりません。

さらに、自分自身のラジオ業界への熱意を志望動機の欄に収まるようにまとめることも意外と困難です。

いきなり書き始めてもうまく伝えたいことは伝わりません。

志望動機を書こうと思ったら、まずは前準備が必要です。

これから紹介する、志望動機を書くための前準備についてぜひ参考にしてみてください。

遠回りに感じるかもしれませんが、これをすることで書類が通った後の面接もスムーズになります。

 

ワンポイント
ラジオ業界の志望動機を書く前にはいきなり書き始めるのではなく、しっかりと準備をしましょう。

志望動機を書くための準備

ノートを見て考える

まずは志望動機を書く前の準備について紹介していきます。

先にもお伝えしましたが、これをすることで自分の中でのラジオ業界への気持ちが整理されます。

そのため、志望動機をうまく書けるようになるだけでなくそのあとの面接にも影響してきます。

これから紹介する3つのことを実施してみてください。

企業が求める人物像を調査する

まずは、事前に企業が求める人物像を調査しましょう。

簡単にいえば、「企業が求める人物像=自分」であれば採用してもらえる確率はかなり高くなるわけです。

では、どんな人材を求めているのでしょうか。

募集要項やその企業の理念などをしっかりと確認し、企業が求める人物像を把握しましょう。

ライフプランと希望条件を明確にする

子供の送り迎え

長く働いていくには、ライフプランとキャリアプランを切って考えることはできません。

女性ならではの、妊娠・出産も含め、自分はどこまでキャリアを積みたいと思っているのかなど洗い出しましょう。

また、洗いだしたそのライフプランについて具体的にいつ頃を予定しているのかも考えてみましょう。

その上で、希望条件を考えてみてください。

おのずと、女性が働きやすい環境の職場を選ぶことができるはずです。

その企業を目指した理由を明確にする

応募先企業が決まったら「どうしてその企業にしたのか」を明確に言葉で考えてみましょう。

「ラジオ業界」と一言でいってもさまざまな会社があります。

その中でも、どうしてその応募先企業でないといけないのか、それを説得的に伝えることが大切です。

企業理念や実際に働いている人の声などを聞いてみて、その企業を選んだ理由をしっかり言葉で表してみましょう。

 

ワンポイント

いきなり志望動機を書きだそうとしても、なかなかまとまりません。

きちんとした準備をして自分の頭を整理してから、志望動機を書き始めましょう。

ラジオ業界の仕事内容を知っておこう

ポイント

ラジオ業界を希望するのであれば、まずは最低限のラジオ業界の仕事内容を知っておきましょう。

ラジオ業界と一言でいっても、ラジオパーソナリティだけではありません。

その裏方にはたくさんの人間が仕事をしています。

また、ラジオの本番だけが仕事中ではありません。

ラジオが始まるまで、ラジオが終わった後、どんな仕事をこなしているのか知りましょう。

さらに、それをこなすのに必要なスキルはどんなものがあるか、自分にはそのスキルがあるのか分析をしてみるとより良いです。

ラジオ業界の仕事内容を知らないままに志望動機を書こうとすると、どうしても現実と乖離した内容になってしまいます。

場合によっては採用担当者に「そんな心持ちでは働けない」と思われてしまいかねません。

まずは、ラジオ業界の仕事内容について理解をしておきましょう。

 

ワンポイント

ラジオ業界に転職するための志望動機を書く前に、まずはラジオ業界の仕事内容を理解しましょう。

 

スマホだけで』らくらく転職!
家から一歩も出ずに内定へ!

ウィメンズワークスではスマホだけで転職ができるよう
求人選定から内定までをサポートします。


ラジオ業界で求められるスキルを知っておこう

ポイント

先ほどからお伝えしていますが、ラジオ業界で求められるスキルについても知っておきましょう。

言い方を変えると、ラジオ業界で活躍出来る女性はどんなスキルを持っているのでしょうか。

それを知ることで自己PRの仕方も変わってきます。

自分の意見をはっきり示せる

ラジオ業界では、新しい企画や番組の打ち切り、時間帯の調整などさまざまなことを決めなければいけません。

新しい番組を提案することや、逆に思い切って打ち切りを進めることも時には必要なのです。

ラジオ業界で活躍するには、はっきりと自分の意見を示せる人が好ましいです。

また、自分の意見を伝えるときには論理的に話をしたりデータを示したりと説得力のあるプレゼンが必要です。

このように、自分の意見を周りに伝え、説得するスキルというのがラジオ業界では求められます。

臨機応変な対応力

ラジオ業界では、生放送なども当たり前に行われており、トラブルはつきものです。

また、トレンドの移り変わりなどもあり、さまざまな変化に対応していかなければなりません。

そのため、ラジオ業界で働いていくには臨機応変な対応力が求められます。

生放送中は特に、何かトラブルが起きた時に、瞬時にするべきことを判断する必要があります。

原因は何か・取り急ぎすることは何か・どこに連絡を取り解決するかなどこなすことはたくさんあります。

突然のトラブルにも慌てず冷静な対応をし、出演者や関係者を誘導する必要もあります。

そのため、ラジオ業界で働くには、臨機応変な対応力というのは必須スキルといえるでしょう。

調整力

電話をする女性

ラジオ番組はテレビと同じで、ほとんどの時間帯に穴をあけることができません。

そのため、番組をうまく組みその出演者のスケジュール確保などさまざまな調整ごとがあります。

いろんな人の立場を見て、調整していくのは意外と難しいものです。

そのため、ラジオ業界では調整力というのも求められます。

 

無料転職相談をしてラジオ業界で働こう

 

面接でアピールできる適性は?

面接を受ける女性

紹介してきた通り、ラジオ業界で求められるスキルはさまざまです。

  • 自分の意見をはっきりと示す
  • 臨機応変な対応力
  • 調整力

この3つが主に求められるスキルです。

逆に言えば、このスキルを持っているということをアピールすることで、面接通過の確率はぐっと上がります。

現職でトラブルが起きた時にどんな風に対応したかなど、具体的なエピソードを準備しておきましょう。

そのほか、従業員のシフト調整をしていた・クライアントとの調整をしていたなどでも大丈夫です。

そうすることで、これらのスキルを持っているということをより説得的にアピールすることができます。

今までの経験などから、これらをストレスなくこなすことができる人は、ラジオ業界で働く適性があるといえるでしょう。

ラジオ業界の志望動機の書き方のポイント

履歴書

では、ラジオ業界の志望動機の書き方について紹介していきます。

詳しく盛り込んでいきたい要素として、ポイントをまとめました。

志望動機の欄は短いといえど、次の4つの要素はできるだけ入れるようにしましょう。

  • なぜラジオ業界を志望するのか
  • なぜその企業を選んだのか
  • 入社後どのように活躍したいか
  • 熱意や志望度が伝わる文章だとベター

1つずつ詳しく解説していきます。

なぜラジオ業界を志望するのか

志望動機の中には、必ず「なぜラジオ業界を志望するのか」という理由を明確に書きましょう。

ラジオ業界は忙しい職業ですし、やりがいもありますがとても大変です。

その分、熱意がないと仕事をこなすことは難しいです。

また、マスコミやテレビ業界は明確な理由がなく応募する人が少なからずいることも事実です。

だからこそ、なぜラジオ業界を目指したのかということを採用担当者は知りたいのです。

なぜその企業を選んだのか

他にもラジオ業界はいろいろある中で、どうしてこの応募先企業を選んだのか、それも明確に書きましょう。

「では他のラジオ放送局でもいいのでは?」と採用担当者に思われないよう、しっかり応募先企業宛てに気持ちを伝えましょう。

企業リサーチを事前にしっかりしておき、企業理念やその応募先企業が発信する番組などもチェックしておきましょう。

そういった内容を添えることで、具体的に書くことができ志望動機にぐっと深みが出ます。

入社後どのように活躍したいか

志望動機には、必ず入社後の自分についても書きましょう。

入社して終わりではなく、入社することはあくまでも始まりです。

入社出来たらどんなふうに働くのか、どう貢献できるのかをしっかり記入しましょう。

熱意や志望度が伝わる文章だとベター

ガッツポーズをする女性

ラジオ業界は、ほかの業界と比べて比較的「仕事への熱意」を大切にする傾向があります。

忙しい仕事である上に、企画ごとなどは熱意がないといいものは出てこないからです。

今までお伝えしてきた記入するべきポイントについて、出来れば熱意が伝わるような表現で書くと良いでしょう。

 

無料転職相談をしてラジオ業界で活躍しよう

 

ラジオ業界の志望動機の注意

チェック

ここで、ラジオ業界の志望動機の書き方について注意点も紹介しておきます。

それは「単にラジオ業界に憧れた」と思われてしまわないようにすることです。

ラジオ業界のように一見華があるように見える職業は「かっこいいから選んだの?」と思われてしまうことがあるのです。

大変な仕事だからこそ「そんな気持ちじゃ仕事続かないよ」という意味で、採用担当者はしっかり読みます。

もちろん、きちんと志望動機を書くことができればそんな印象を抱かれることはありません。

きちんと熱意が伝わるよう、紹介した志望動機の書き方についてのポイントを取り込んでみましょう。

 

スマホだけで』らくらく転職!
家から一歩も出ずに内定へ!

ウィメンズワークスではスマホだけで転職ができるよう
求人選定から内定までをサポートします。


ラジオ業界の志望動機の例文

履歴書

ではここで、実際のラジオ業界の志望動機の例文について紹介していきます。

エピソードなどは自分のものと変えてみたりして、参考にしてみてください。

企画力をアピールする

私は、学生時代からラジオを聴くのが好きで日課になっていました。

ラジオにはいろんなコンテンツがあり、毎日聴いても飽きない魅力があります。

現在の職場では、さまざまなイベント企画などを担当しており、全国規模のイベントなども採用されております。

今後は、御社のラジオ番組の企画などを行い、自分の企画力をもっと伸ばしていきたいと考え応募しました。

今までの経験から活躍できることをアピールする

私は今まで営業事務の仕事をしており、クライアントから営業担当・その他さまざまな部署との調整をしてきました。

元々ラジオを聴くことが好きで、私もそれを作ることに携わりたいと感じていました。

今まで培ってきたさまざまな業界の人との調整力を活かし、一緒に御社の番組を盛り上げていきたいと思っています。

とにかくラジオやその企業への愛を語る

私は、学生時代からラジオを聴くことがとても好きでテレビよりもラジオばかり聴いてきました。

私は、「耳だけで得る情報には限度がある」とは思いません。

ラジオの声だけでもたくさんの情報を発信することができ、人の心を動かすことができると思っています。

御社の番組は特に、バラエティに富んでおり老若男女問わずみんなが楽しめる番組が詰まっているのです。

御社で採用していただいた暁には、既存の番組への改善提案や新しい企画など積極的に挑戦していきたいと思っています。

 

ワンポイント

無理に自分を着飾る必要はありません。

事前に準備した内容を冷静に見つめ、第三者が意味が分かるように伝えたいことを書いていきましょう。

ラジオ業界の転職はエージェントに相談しよう

エージェントに相談する女性

ラジオ業界と一言でいっても、そこにはいろいろな仕事があります。

まずは「ラジオ業界に転職したい」と思ったら、転職エージェントに相談しましょう。

転職エージェントなら、ラジオ業界にかかる仕事やあなたに合った会社を探すことができます。

現職をこなしながらの転職活動は、書類の準備から面接の対策まで1人でするのは大変です。

転職エージェントにうまく状況を伝えながら、必要なサポートを受けましょう。

効率よく転職活動をすることで、ストレスも減り転職活動がスムーズに運ぶようになります。

 

無料転職相談をしてラジオ業界の仕事に挑戦しよう

 

まとめ

ラジオを聴く女性

ラジオ業界で活躍する女性に憧れる人はたくさんいます。

そんなラジオ業界に転職したいと思ったら、まずは転職エージェントに相談し活動しましょう。

今回紹介した志望動機の書き方や例文を参考にしていただき、ぜひ転職活動を成功させてください。

『スマホだけで』らくらく転職!家から一歩も出ずに内定へ!

スマホで転職
ウィメンズワークスではスマホだけで転職ができるよう求人選定から内定までをサポートしています。
今までの面倒臭さを解消し通勤時間や仕事のスキマ時間で転職を成功させましょう。
 

ウィメンズワークスでは以下のサービスで転職をサポートします。

  • 質問や相談はLINEで気軽に
  • スマホでのやりとりだけで転職をサポート
  • スマホ面談時の服装は自由
  • 履歴書や職務経歴書の作成代行
  • スマホでの相談からオーダーメイドで求人紹介
  • データはクラウド管理でセキュリティも万全

 

『スマホだけで』
らくらく転職する!

 

質問や相談はLINEで気軽に

LINEをする人

ウィメンズワークスとのやり取りはLINEを使用します。(希望者にはメールでもご対応いたします。)

メールの文章や署名、宛先の確認など、今までの面倒な作業時間を削減してスキマ時間で転職を成功させましょう。

LINEではチャット感覚で転職相談ができるので、まずは気軽にご相談ください。

スマホでのやりとりだけで転職をサポート

女性

ウィメンズワークスでは、転職相談から転職後まで完全オンラインでサポートいたします。

面談のときに来社する必要はありません。

現職が忙しくて時間が取れない…。わざわざ足を運びたくないと思う方も問題ありません。

応募先企業も完全オンライン面接の企業も多く、スマホひとつで転職できるでしょう。

スマホ面談時の服装は自由

服装自由
面談時にスーツは不要です。

リラックスした状態で本音をお聞かせください。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

 

『スマホだけで』
らくらく転職する!

履歴書や職務経歴書の作成代行

男性と女性
いざ転職をしようと思っていてもPCで作成するのが面倒くさい。そもそもPCを持ち歩いていない。

履歴書・職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の履歴書・職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい履歴書・職務経歴書の作成を目指しています。

スマホでの相談からオーダーメイドで求人紹介

提案
ご要望があれば、キャリアアドバイザーに気軽にお申し付けください。

簡単な質問に答えるだけでご要望を把握し、最適な求人を完全オンラインでご紹介させていただきます。

また、ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。
面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

データはクラウド管理でセキュリティも万全

クラウド

 

ウィメンズワークスでは紙媒体は使用しません。

ペーパーレスでデータはすべてクラウド上で管理いたします。

紛失の心配が無いためセキュリティ面でも安心です。

また、応募先企業に送るデータももちろんウィメンズワークスで管理いたします。