未経験の女性が接客業への転職を希望する場合、志望動機はどのように書くべきなのか迷うのではないでしょうか。

こちらでは、どのような点に注意してどのようにアピールすれば採用担当者に伝わりやすいのかを、例文と共に紹介しています。

未経験で接客業の転職を希望している女性必見です。ぜひ参考にしてください。

Contents

接客業の志望動機を書く前に

メニューの説明をする女性

接客業の志望動機を考える前に接客業についてお話ししていきましょう。

接客業とは文字通りお客様に接するサービスを行う仕事をいいます。飲食業やデパート・スーパーやホテルまでその業種は様々です。

接客業ではそれぞれに必要なスキルがあり、人と接するということから適した性格も他の職業に比べると重要視されることが多いのです。

そういったことを踏まえた上で、接客業の志望動機の書き方を解説していきましょう。

飲食業などでアルバイト経験がある人も多いでしょうが、経験がある場合とまったくの未経験者では志望動機の書き方も違ってきます。

接客業の志望動機でチェックされるポイント

履歴書

採用担当者がまず目にする履歴書で、真っ先にチェックされるのはどのような内容なのでしょうか。

学歴・職歴は当然確認されますが、担当者はまず志望動機で応募者が接客業に適しているかどうかをチェックします。

接客業のようにお客様と接する業種では、何といっても感じのよい応対ができることが一番必要なことなのです。

どんなにたくさんの資格があっても優秀な大学を卒業していても、お客様への対応がおろそかになったのでは本末転倒です。

接客業への適性

大切なのは志望動機から接客業への適性があると認められる志望動機文を書くことです。

どのように書けば自分が接客業に向いていることを分かってもらえるかを考えながら志望動機を書くようにしましょう。

志望動機が採用担当者の目に留まれば、面接へ進める可能性は大きいです。

実際の仕事内容への適性

女性

接客業といってもその業種や職種は様々です。飲食業の接客とアパレル業やホテル業の接客では仕事内容も大きく違うでしょう。

応募する業種の中でも、希望する職種に対しての適性があると見なされる必要があるのです。

それを踏まえて志望動機を書くようにしてください。

入社後の将来性

適性と共に採用担当者が確認するのは、入社後に応募者が会社に対してどのような貢献をしてくれるかということです。

経験者であれば経験やスキルを活かして企業に貢献できるということが確認できるでしょうが、未経験者はどうなのでしょう。

未経験者の場合には、入社後しっかりと仕事をしながら将来的には充分会社に貢献してくれるだろうと感じられる人であるべきです。

それを感じてもらえる志望動機を書く必要があるのです。接客業は未経験でも前職で培ったスキルが役立つ場合はたくさんあります。

 

ワンポイント
 志望動機でチェックされるのは職種への適性と入社後の貢献度です。

接客業で求められる素質は?

女性

接客業にはどのような人が向いているのでしょうか、また企業側が求めるのはどのような素質を持った人なのか挙げてみましょう。

  • 人と関わることが好きな人
  • いつも笑顔で人当たりがよい人
  • 忍耐強い人
  • 継続力のある人

接客=お客様との関わりです。人と関わることが好きというのは大前提です。人当たりの良さも大切な適性といえるでしょう。

人と関わるのが好き

接客業

人と関わるとのが好きというのは接客の第一条件です。飲食業ならホールでの接客、アパレル業や販売業ではショップが仕事の場です。

ホテルや航空会社・旅行会社なども接客業として人との関わりが大切な業務内容となっています。

志望動機ではどのように人と関わるようにしているのか、前職ではどのような点で人と関わってきたのかなどを伝えるとよいでしょう。

人当たりがいい

人当たりが良いというのは、人から見てそう感じられるということです。感じの良い人だと思われることに繋がります。

話していて気分が良い、一緒にいて明るい気持ちになれるなど人当たりの良い人は他人からそのように思われている場合が多いのです。

明るくて優しい言葉使いで人当たりがよい。それはお客様の立場に立つとこの店に来て良かったと評価されるということです。

接客業にとってお客様にいかに気持ちのよいサービスを提供できるかは重要視したい問題です。それだけ重要な資質といえるでしょう。

継続力がある

無理をして明るく親切にお客様に接していると、疲れてしまって長続きしないという結果に終わることがあります。

お客様から理不尽なクレームを受けることも多いのが接客業でもあります。忍耐力や継続力がなければ勤まらない場合もあるのです。

無理をするのではなく、心から接客が楽しいと思える性格が接客業に向いているといえます。

クレームも前向きに捉えるくらいの気持で接することの出来る人は、企業が求める接客の素質がある人といえるでしょう。

 

ワンポイント
 接客業で求められるのは人と関わることが好きな忍耐力継続力のある人です。

接客未経験の女性がアピールしやすい経験やスキル

アイリスト,やる気

接客の経験のない女性の場合、志望動機にはどのようなことを書けばよいのでしょう。どんな点をアピールすればよいのか解説しましょう。

まず自分にどのような経験があるのかを考えてください。接客は未経験でも人との関わりはあったのではないでしょうか。

他にも培ったスキルはなかったか考えると、アピールすべき点はたくさんあるはずです。

コミュニケーションスキル

接客で必要なのはお客様とのコミュニケーションが取れることです。こちらから話し掛けるばかりでなく話を聞くことも大切です。

接客業でなくてもコミュニケーション能力を発揮できる職種はたくさんあります。職場での会議などもその一つです。

会議やミーティングで自分のこういう提案が役に立ったという例があれば、志望動機に組み込んで書くとよいでしょう。

職場仲間との雰囲気作りや協働のスキル

同じように職場の仲間から頼りにされていたことや、ムードメーカーとして良い雰囲気作りに一役かっていたなどもアピールすべき点です。

一緒に働き協力しあって何かを成し遂げたということがあれば、それは大きな経験と成果となります。

自分を褒めることはなかなか難しいですが、職場の皆からはこのように思われていたと事例があれば迷わず書くようにしましょう。

臨機応変な対応力

職場で突発的に起こったことに対して対応して切り抜けたことはありませんか。

こういう問題が起きてこのような対応をしたと素直に書くことで、臨機応変な対応も可能だと感じてもらえます。

些細なことであっても、人間性をアピールするもとになる場合があります。自己PRできるところはしっかりとすべきなのです。

たとえ未経験であっても、前職で磨いたスキルがあることをしっかりと伝えましょう。

接客業の志望動機の書き方のポイント

ポイント

それではいよいよ接客業の志望動機の書き方について解説していきましょう。

志望動機の書き方としては、まず最初に結論を書くとよいでしょう。

こういう理由で志望いたしました。と何故志望したのかという結論を明確にしておくことが大切なのです。

採用担当者は最初の一文でその人がどうして応募したのかが分かります。長々と書くことは逆効果になることもあるので気を付けてください。

その他、このように書くと担当者に響きやすいというポイントを解説していきましょう。

結論ファーストで

まず結論を書くこと、これが大切です。こういう理由で貴社を志望いたしました。とはっきりと言い切りましょう。

明確に端的に言い切り、続いてこういった経緯があり自分にはこのような適性があるのだと伝えていくのです。

なぜ接客業・その仕事を志望するのかを明確に

前職ではどのような仕事をしていたのか、それを踏まえてなぜ経験の無い接客業を志望したのかを明確に書きます。

ここで前職ではこういうスキルを身に付けたと、しっかりとアピールしましょう。

自分は何ができて何がしたいのかを明確に

自分が接客業に向く性格であること、どのようなことができるのかまたどのようなことで貢献できるのかを明確に書きましょう。

企業側はこの人を採用したら、どのようなメリットがあるだろうかと考えます。語学力があるならそれを活かしたいと伝えることです。

接客に必要と思われるスキルや資格があるなら、それをこのような場で活かしたいですと明確に書くと担当者の目に留まりやすいのです。

 

ワンポイント
 志望動機のポイントは最初に結論、続いて活かせるスキルを明確に伝えることです。

接客業の志望動機を書く際の注意点

指差しするデスクワークの女性

接客業の志望動機を書く時、注意しなくてはいけないことがあります。どのようなことがあるのか挙げてみましょう。

  • 応募する企業について調査しておく
  • 休日や給与のことに触れない
  • 長々と書き過ぎない

応募する企業は強い意志を持ってこの会社で働きたいと思っているのですから、あらかじめしっかりと調査しておくのが当然です。

その企業にはどのような職種があり、自分はどの職種に勤めたいのかを明確にしておく必要があります。

職種によっては休日が土・日以外の場合が多いですが、休日について希望を書き込むことや給与が良いからなどと書くのはやめましょう。

端的に明確に書くことが志望動機の書き方の基本です。長々と書くのではなくポイントを押さえた書き方を心がけるようにしてください。

接客業の志望動機の例文

書類を作成する女性

接客業の志望動機の例をいくつか挙げてみます。自分のスキルや経験に置き換えて参考にしてみてください。

未経験者でスキル有の志望動機例

「私は家族旅行で貴社を利用して以来、行き届いたサービスを提供される貴社が大好きでどうしても仕事がしたく志望させていただきました。

ホテルでの仕事も接客の仕事も未経験ですが、ホテルビジネス実務検定試験を受け資格も取得しました。

前職で培ったコミュニケーション能力や語学力を活かして、貴社のホテルスタッフとして必ず貢献させていただけると自負しております。」

最初に何故志望したのかを明確に書き、その後にどのようなスキルや資格を取得しているかを書いています。

企業への貢献を約束して締めくくってあり、短くても自己PRもしっかりとできています。

接客経験無し現職エンジニアの例

履歴書

「私は料理を作るのも食べるのも好きで、食に関わる仕事がしたいとずっと思っており、貴社の求人を知り応募させていただきました。

貴社のレストランには何度か来店させていただき、行き届いた接客と料理の素晴らしさに感動しております。

エンジニアというまったく違う職種の仕事をしておりますが、いつも職場に手作りのお菓子などを持っていき喜ばれました。

プロジェクトチームではリーダーとして様々な案件を成し遂げてきました。培ったコミュニケーション能力には自信があります。

採用いただけたなら、自分の力を充分に発揮し貴社に貢献できるよう頑張る所存です。よろしくお願いいたします。」

まったく仕事内容の違う業種からの転職では、現職でどのような仕事を成し遂げたかが重要になるのです。

現職でリーダーというチームを率いる役職であったこともしっかりとアピールできています。

未経験で資格無しの志望動機例

「私は以前からお客様に直接関わる仕事がしたいと考えており、何度も利用させていただいた貴社の募集を知り応募いたしました。

現職はパソコンで資料を作る仕事の為接客はまったく未経験ですが、明るく前向きな性格を活かしお客様を笑顔にする仕事がしたいのです。

貴社のお客様に合わせたきめ細かなサービスには以前から共感しておりました。

採用いただけたら、資料作りのスキルを活かし貴社のお客様へのサービスの為に貢献できると確信しております。」

特に資格は無くても、自分のスキルで貢献したいと明確に伝えています。応募する企業に共感する点もしっかりと書かれています。

会ってどのような資料作りができるのか確認してみたい。担当者がそう考える志望動機といえるでしょう。

 

ワンポイント
 志望動機の文例を参考にして面接で会ってみたいと思う志望動機を書きましょう。

自己分析と情報収集は絶えず行おう

パソコンと女性

未経験者が接客業に転職する場合の志望動機についてお話ししてきましたが、お分かりいただけたでしょうか。

志望動機の例文も、未経験であっても接客の仕事がしたい強い気持ちがあることが大前提となります。

それには自分が本当に接客業に向いているのか、接客業でどのように働きたいのかという自己分析は当然必要になります。

また接客業についての情報収集も様々な面から行うことが大切なのです。応募しようとする企業の情報もしっかり収集しておきましょう。

接客業への転職は女性向け転職エージェントを活用しよう

相談 女性

自分一人で様々な情報を収集することはかなり大変な作業になります。そんな時には転職エージェントの力を借りましょう。

転職エージェントは女性の転職活動に寄り添い成功に導きます。未経験者の接客業への転職もぜひ相談してください。

まとめ

まとめ

未経験の女性が接客業に転職するときの志望動機の書き方で一番に考えなくてはいけないのは、適性があると伝えることです。

そして入社後に企業に対してどのような貢献ができるのかを明確に伝えることも必要なことの一つです。

企業側は志望動機で応募者に適性があるか、採用することで自社にどのようなメリットがあるかを確認します。

未経験でも適性があり、貢献してもらえると見なされることが選考通過して面接に進める大きな目安となります。

効果的な志望動機を書くことで、しっかりと自分をアピールすることが大切なのです。

未経験の接客業への転職は転職エージェントに相談して、よりスムーズな成功を目指しましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する