ゲームや映画などの魅力的な世界観を作り上げるコンセプトアーティスト。

言葉だけでは伝わらない作品のコンセプトを具体的なイメージにするお仕事です。

監督もまだ見ていない登場人物に自分がまず最初に出会ってみたいとは思いませんか。

そんなプレミア席を独り占めにできるコンセプトアーティストというお仕事について紹介します。

コンセプトアーティストの仕事内容を解説

パソコンでアート制作

映画、ゲームなどの映像作品には、それぞれ独特な世界観があり、ユニークなキャラクターが登場します。

それらを具体的なイメージにするコンセプトアーティスト。その仕事内容とはどのようなものでしょうか。

コンセプトアーティストとは

作画中のブラシの束

映像作品では、架空の場所、乗り物、動物、食べ物などの細かい設定を事前に決めておかなければなりません。

コンセプトアーティストは、事前の設定を絵に落とし込みコンセプトアートというイメージとして提案します。

コンセプトアートは作品を作り上げる方針を示した設計図。スタッフはこの設計図に沿って制作を進めます。

映像作品にコンセプトアーティストは欠かすことができない重要ポジションです。

コンセプトアーティストの仕事内容

打ち合わせをする女性

コンセプトアーティストは、言葉で説明される作品のコンセプトをコンセプトアートとしてビジュアルに表現する担当です。

コンセプトアートはスタッフが事前にコンセプトを共有したいときや、出資者にわかりやすく作品の内容を伝えたいときに役立ちます。

コンセプトアートはビジュアルな事業計画書。コンセプトアーティストは、その作成担当者といえるでしょう。

それでは、次に仕事の流れを解説します。

打合せ

担当する作品の内容を理解するため、監督や制作依頼者と打合わせます。

登場人物のキャラクター、舞台となる世界の様子など、どのような作品にしたいのかをしっかりと把握することが重要です。

コンセプト制作

絵を描く女性

打ち合わせの内容をもとにイメージを膨らませ、コンセプトを視覚化する作業に入ります。

作品の持つイメージに合った表現方法を選んだら、ラフを描いて手応えを確認。

必要に応じて微調整やすりあわせを行って、作品の質感を高めていきます。

提案

練り上げたコンセプトアートを、制作依頼者や出資者へ提案します。

特に、資金調達の際の提案ではコンセプトアートの良し悪しが合否を左右するため、腕の見せ所です。

スタッフへ共有

打ち合わせ中の机

提案がうまくいって採用されたら、制作スタッフと内容を共有します。

ゲーム制作プロジェクトであれば、CGのモデリングの基本コンセプトに。

映画作品であれば、衣装や大・小道具などの調達・作成の指針になります。

 

ワンポイント
打ち合わせで詳細かつ具体的なイメージを作り上げてスタッフ全員と共有しよう。

 
クリエイティブ職向け転職
【マイナビクリエイター】に相談する
 

コンセプトアーティストの魅力

絵を描く女性

コンセプトアーティストは、言葉で表現されたコンセプトをイメージ化します。

広告なら「あの夏の思い出の味」、ゲームなら「異世界から来た傭兵の冒険」などといったコンセプトです。

その言葉の印象や雰囲気を絵に描き起こし、誰も見たことがない世界を創造するのがコンセプトアーティストです。

向いている女性の性格

コンセプトアーティストは、コンセプトという言葉をイメージとして描き、その魅力を伝えます。

イラストを描くスキルだけでなく、観察力、調査力、登場人物になりきる能力などが必要です。

キャラクターコンセプトなら、着ている服、キャラクターの外見、癖などを生き生きと描き出します。

それはまるで女優のお仕事。絵を描く能力だけでなく、作品の世界の中に入り込んでじっくり観察します。

その鋭くきめ細かい観察眼で他人の考えを読み、それを絵として伝える最良の方法を編み出します。

デッサンが好き

絵を描く女性の手元

コンセプトアーティストは、コンセプトを視覚化する創造力とデザイン力を常に鍛えておくことが大切です。

考えついたアイデアは脳内に置きっ放しにせず、紙の上にデッサンして視覚化すること。

また、気になる風景や静物をスケッチして、小道具や服装などの連想力を高めましょう。

デッサンやスケッチが好きになれば、コンセプトアーティストの基礎力の維持向上に繋がります。

向上心がある

コンセプトアーティストがコンセプトを視覚化するには、あらゆる知識を学ぼうとする向上心が必要です。

コンセプトアートが作品の風景や小道具だけでなく物語の方向性も決めるからです。

どうしたら他人が理解できる絵を描けるのか。どうすれば作品の世界観が魅力的に伝えられる絵になるのか。

そのヒントは日頃から好奇心を養うことにあります。

動物園や美術館に行くこと、映画を多く見ること、他人の作品を鑑賞することで良い刺激を受けましょう。

協調性がある

会議室の女性

コンセプトアーティストは、監督や依頼者が考えたアイデアを理解して、そのコンセプトを視覚化します。

つまり、相手の考えを理解しようとする時、相手に寄り添い協調することで想像力を働かせるのです。

また、コンセプトアーティストは制作工程の設計図であるコンセプトアートを提案しなければなりません。

監督や依頼者の求める方向性を確認しながら、コンセプトアートを通じてスタッフと理解を共有する協調性が必要です。

 

ワンポイント
コンセプトアーティストは、外向的協調性(チームワーク)と内向的協調性(他人を理解する力)の両方を大切にしよう。

必要なスキル

デジタルで絵を描く女性

作画では紙と鉛筆のほか、グラフィックツールや3DCG/動画編集ソフトに加えてゲームエンジンを使用することがあります。

ツールはプロジェクトの内容や依頼者の要望により変わりますので幅広いデジタル作画スキルを身につけましょう。

特に転職に役立つ資格には主に次があげられます。

  • CGクリエイター検定
  • Illustrator© クリエイター能力検定試験
  • Photoshop© クリエイター能力検定試験

美術専門の知識も求められます。レイアウト、ポージング、配色などのデザイン力は必須です。

発想力

コンセプトアーティストは、言葉で表現されたコンセプトを絵として視覚化します。

言葉のひとつひとつから視覚化のためのアイデアを得て、架空の世界を絵として表現しなければなりません。

そのためには固定観念を打ち破り、独創的な表現を生み出す発想力が必要です。

表現力

緻密な絵を描く女性の手元

コンセプトアートは、監督や依頼者の考えていることを絵として制作スタッフに伝える伝達手段

スタッフはそれを基に映像作品の詳細な準備と作り込みを行います。

ですから正確にコンセプトを捉えるだけでなく、それを絵として他人に理解させる美術的な表現力が必要です。

コミュニケーション能力

コンセプトアーティストはまず監督や依頼者の要望を聞き取り、理解する必要があります。

相手の考えに寄り添うことで、作品のコンセプトに対する想像をどんどん膨らませていくのです。

監督や依頼者が伝えたいことを正確に把握する理解の精度が良くなければ優れたコンセプトアートにはなりません。

コンセプトアーティストには高いコミュニケーション能力が必要なのです。

 

ワンポイント
発想力、表現力、コミュニケーション能力に磨きをかけ、スキルアップしよう。

 
クリエイティブ職向け転職
【マイナビクリエイター】に相談する
 

未経験でコンセプトアーティストを目指すには

美術鑑賞する蛙

コンセプトアーティストになるために特に必要な資格はありませんが、美術の専門知識やデッサン力・画力が高いことが求めれます。

また、今や紙と鉛筆だけではコンセプトアーティストの仕事をこなすことはできません。

業界未経験でコンセプトアーティストを目指すなら、制作ツールについての知識を得ておきましょう。

専門学校もありますので、プロのアーティストや先輩方の経験談から情報を得てください。

そして何より、好奇心のアンテナを常に張り、作品により多く触れて表現力を高めることが大事です。

また他人の考えを読み取る力を鍛えて、未経験でも積極的に応募にチャレンジしてみましょう。

将来性とキャリアパス

スマホを使う会議中の女性

コンセプトアーティストは、映像作品の制作に欠かせないコンセプトアートを作り上げる専門性の高いお仕事です。

他人の考えを視覚化するアーティストとして対話を重視し、協調性やコミュニケーション能力に優れています。

制作の要となるコンセプトアートの創作ではスタッフの理解度も確認しなくてはなりません。

この責任感創造力を併せ持ったコンセプトアーティストには幅広い将来性とキャリアパスが開かれています。

どのような方向性があるのか、次に解説しましょう。

世界で活躍が期待できる

今や日本の漫画、アニメ、ゲームの表現形式は、テクノロジーの進化も相まって世界を席捲しています。

近年めざましい勢いで発展を遂げているこの分野で、コンセプトアーティストは注目を集める職種になりました。

まだ誰も見ていない架空の世界の景色を、鮮やかに視覚化する高度な美術力は羨望の的

複合的メディアミックスの世界市場拡大の波に乗り、コンセプトアーティストの国際的な活躍が期待されています。

海外の制作会社

リラックスした創作机

コンセプトアーティストは少しずつ日本でも認められるようになってきましたが、最終目標を海外に据えたアーティストも多いとか。

海外でのコンセプトアーティストのお仕事は映画やゲームが主で分業化が進んでいます。

つまり、1つのプロジェクトで複数のコンセプトアーティストがそれぞれ仕事を担当するのでストレスが少なめです。

また、コンセプトアーティストはエンタテインメント業界以外でも採用されるようになりました。

注目されている業界はなんと宇宙開発

ゲーム会社のコンセプトアーティストが民間宇宙ベンチャー企業にデザイナーになったことがきっかけです。

ロケットや宇宙服がゲームに出てくるようなクールなデザインになり、子どもだけでなく大人もワクワクさせられています。

フリーランス

コンセプトアーティストのお仕事そのものはもとてもシンプル。絵を描くことです。

しかし、会社に勤めて経験を積むとアートディレクターとしてチームを任され、絵を描くことからは離れてしまうことも。

経験を活かしてアートをさらに追求したい人には、フリーランスになるという選択肢があります。

自分にしかできないコンセプトアートを極めることができればキャリアアップが可能です。

 

ワンポイント
複合的メディアミックスの世界市場拡大の波に乗り遅れず、国境や業界の垣根を越えて羽ばたこう。

コンセプトアーティストの転職なら転職エージェントに相談しよう

電話する女性

国内外で羽ばたけるコンセプトアーティストのお仕事に興味がありませんか。

「興味はあるけど、希望はかなうの?」

「未経験だけど、転職できるのかしら?」

と、いざとなると不安があるものです。

こんな時、頼りにして欲しいのが転職のプロフェッショナル、転職エージェント

会社の同僚、家族や友人に相談できないことも、転職エージェントなら客観的な視点からアドバイスしてくれます。

転職は個人的なことだから、自分一人でできると考えていませんか?

実は、自分が集められる情報には限界が。

転職エージェントなら、経験、給与希望、転職地の選定などのリクエストに基づいてさまざまな業界情報を調査してくれます。

そして、その情報は常に最新です。

ぜひ、この機会に転職エージェントにご相談ください。

 
クリエイティブ職向け転職
【マイナビクリエイター】に相談する
 

まとめ

女性のチームワーク

ゲームや映画といった映像作品のアイデアや世界観を視覚化して絵にする魅力的なコンセプトアーティストのお仕事をご紹介しました。

誰もまだ見たことがない世界を、貴女のアートを通じて他の人が見ることができるようになるのは素敵なことです。

いい換えると、貴女が描かなければその世界は貴女にしか見えません。

つまり、コンセプトアートなしには何も具体的に制作されない、あるいは資金調達の可否も判断できない。

これはかなりの重責ですが、貴女はひとりではありません

作品を作り上げるには、監督や制作依頼者、そして制作スタッフとの綿密な協力関係が不可欠です。

貴女のコンセプトアートが共有されることで人々を強く結びつけ、チームワークで作品が完成します。

その達成感やりがいは格別です。

絵を描くことが好きで、いつも新しいことに触れていたい貴女のそのあふれる好奇心を活かしませんか。

コンセプトアーティストとしての人生のコンセプトを描くのは貴女自身。

さあ、誰もまだ見たことがない貴女の未来を描くカンバスを探しに一歩を踏み出しましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら