デザイナーから他の仕事に転職する場合、どうしたらいいのでしょうか。

今の仕事の経験を活かしてステップアップのための転職を成功させるにはいくつかのポイントがあります。

デザイナーとして立派に働いた経験を応募先企業にアピールしたいところです。

そのためには、まずはしっかり前準備をしてから転職活動をしましょう。

本記事では、女性がデザイナーからの転職を成功させるポイントや必要な前準備についても詳しく解説していきます。

Contents

デザイナーからの転職を成功させるポイントを解説

ポイント

「デザイナー」と聞くとおしゃれでかっこいい仕事をしているイメージが大きいです。

ですが、実際にはデザイナーから他の仕事に転職したいと考えている女性は少なくありません。

デザイナーになる夢をもってデザイナーになった女性はたくさんいるはずです。

ですが、デザイナーの仕事は思ったよりも大変です。

そのため、転職を希望する女性も多くなっています。

ですが、デザイナーとして働いた経歴というのは決して無駄ではありません。

それだけ大変な仕事をこなしてきたという実績をうまくアピールし、他の仕事に転職することは十分可能です。

これから紹介する転職のポイントをぜひ参考にしてください。

女性がデザイナーから転職する理由

悩むキャリアウーマン

夢として若者から掲げられる印象の強いデザイナーですが、どうして転職したいと思う女性が多いのでしょうか。

そこには、働いてみないと分からない女性の悩みが多くあります。

女性のデザイナーが転職したいと思う理由は、主に以下の4つです。

  • プライベートの時間が取れない
  • 将来性への不安
  • 人間関係の悩み
  • 給与など様々な待遇面

それぞれ1つずつ詳しく解説していきます。

プライベートの時間が取れない

まず、デザイナーから転職したいと思う理由として「プライベートの時間が取れない」という理由が挙げられます。

デザイナーというのは、実はかなり忙しい仕事です。

会社の規模にもよりますが、デザイナーはデザインだけをしていればいいというわけではありません。

クライアントの要望に応えるデザインを作るだけでもまずは一苦労です。

それに加えて、予算内に収まるか、発注手続、スケジュール調整、クライアントへの報告などタスクが山ほどあります。

当然、クライアント優先となるため休みの日でもクライアントからの電話なども受けます。

デザインが浮かばなかったり、予算などの関係でデザインがボツになったりすると考えなおしも必要です。

こういったことから、残業が当たり前だったり休日に仕事のことをすることが当たり前になったりするのです。

将来性への不安

トレンドというのはどんどん変わっていきます。

新しいデザイナーもどんどん生まれ、今まで全く人気のなかったデザインがある日急に爆発的に人気を得ることがあるような世界です。

デザイナーをしていると「ありきたりなデザインでは売れない」という意識が常にあり、新しいデザインを求めています。

ですが「これをいつまで続けられるのか?」「時代についていけるのか?」という漠然とした不安が後を絶ちません。

そんな不安を抱えたままでは、デザイナーとして独立するのも躊躇してしまいます。

デザイナーとして働いている女性の多くが、将来性への不安を持っているのです。

人間関係の悩み

デザイナーとして業務をこなすには、たくさんの人とのかかわりが必要です。

クライアントとの話だけでなく、先ほども解説したように予算や発注業務など付随するタスクがたくさんあります。

そうなると、必然的にかかわる人間が多くなります。

時には、経理担当に予算が通らずクライアントと板挟みになることもあるでしょう。

また、デザイナーの仕事は基本的に納期が決まっているため、事務所の人間みんなが忙しいケースが多いです。

忙しい職場だとどうしても人間関係がギスギスしてしまいがちだったり、報連相が上手くいかなかったりします。

そういったことに悩みを抱え「もう辞めたい」と感じる女性が多いのです。

給与など様々な待遇面

デザイナーとしてここまで忙しく働いていても、休日にクライアントと話をした分は給与には反映されません。

そのほか、個人事務所などであれば納得する給与がもらえていないことも少なくありません。

残業続きでも手伝ってもらえるほど人がおらず、心身ともに疲れ果ててしまうのです。

残業が多く忙しい・給与が低いとなると、辞めたいと感じる女性が多いのも納得してしまいます。

 

ワンポイント
華のある仕事のように思えるデザイナーでも実態は「デザイナーを辞めたい」と思っている女性は少なくありません。

女性がデザイナーから転職するパターン

考える女性

では、女性がデザイナーから転職するパターンとしてはどんなパターンがあるでしょうか。

1つずつ紹介していきます。

業界を変える

まずは、違う業界にチャレンジするパターンです。

新しい仕事がデザインにかかわる会社でも、業界を変えて新たな気持ちで働くことで気分も大きく変わります。

気分を変えて心機一転仕事を楽しみたいという方は、業界を変えてみるのをおすすめします。

経験やスキルを活かす

せっかく培ってきたデザイナーとしてのスキルを活かしたいのであれば、それももちろん可能です。

代表的なものとしては、違う会社で同じようにデザイナーとして働くということです。

そのほか、デザイナーのサポート業務なども、デザイナー経験があるからこそできることといえます。

デザイン事務所の事務なども、今までの経験やスキルを活かすことができる職場だといえるでしょう。

未経験での異業種転職

初心者マークを持つ女性

未経験の全く違う異業種に転職するというパターンもあります。

新卒が当たり前だったころと違い、今では転職した人間に対する研修制度も昔に比べて備わってきています。

「いきなり畑違いの仕事は無理だ」と諦めることはありません。

実際に、求人を見ていても「未経験OK」というところはたくさんあります。

 

ワンポイント

デザイナーから転職する場合、さまざまな選択肢があります。

自分は次にどんな職になりたいのか本記事を参考に、しっかり考えてみましょう。

転職におけるデザイナー経験の強みは?

ガッツポーズ

では、転職におけるデザイナー経験の強みとは一体どんなものがあるのでしょうか。

どこに行っても制作物はある

世の中には、さまざまな業種がありますが、どこに行っても何かを作る仕事というのは存在します。

どんな業種についたとしても、デザイナーとして働きいろいろなデザインをしてきたことを活かすチャンスはあります。

コンセプトを理解・解釈して具現化する能力

デザイナーというのは、漠然としたクライアントからの要望を1つのかたちに仕上げる仕事です。

つまり、コンセプトを理解しそれを具体的なものとして表現することができるスキルがあるということを表しています。

その理解力や実現力の高さは、様々な職場で活用することが可能です。

 

ワンポイント

デザイナーとして働いてきた経験は、転職活動で必ず役に立ちます。

その経験をすぐにアピールできるよう自分の積み重ねてきたことを棚卸しましょう。

デザイナーから転職する女性におすすめの職種

女性、仕事

今まで解説してきたことを踏まえて、デザイナーから転職する女性におすすめの職種も紹介します。

デザイナーから転職するのにおすすめの職種として、以下のような職種があります。

  • マーケティング
  • 広報やPR
  • 企画

デザイナーとして働いてきたスキルを活用して、マーケティングや広報などの仕事がおすすめです。

また、デザインする発想力を活かし、企画ごとなどの仕事もおすすめします。

デザイナーからの転職先を選ぶポイント

女性、オフィス

転職先をえらぶには、どんなことに気を付ければいいでしょうか。

ここからはデザイナーから転職先を選ぶポイントを紹介します。

転職する理由を明確にした上で選ぶ

まずは、どうして転職したいのかその理由を明確にしましょう。

そうしないと、また同じような職場を選んでしまい転職を繰り返すことにもなりかねません。

なぜ自分は今の職場を辞めたいとまで思っているのか、その理由をはっきりとさせることです。

そして、それを解決する転職先を選ぶようにしましょう。

希望条件を明確に

チェックポイント

今の仕事を辞める理由は1つとは限りません。

次の職場に求めることは、しっかりと自分の中で整理して洗い出しましょう。

これは同じような転職を繰り返さないためにも、とても重要なことです。

「年収が今より下がるのは嫌だ」「人間関係が良い所が良い」など、まずは好きなだけ挙げてみましょう。

その上で、どこまで現実的で、自分はどれが本当に譲れない条件なのかを絞っていきましょう。

そして出した絶対的な希望条件は、転職期間中に曲げないことを意識してください。

簡単にそこを妥協してしまうと、新しい転職先でも不満が生まれ転職を繰り返すことになってしまうからです。

経験やスキルの思わぬ活かし方があるかも

デザイナーとして働いてきた中で、ほかの仕事に活かせる技術というのはたくさんあるはずです。

先ほどもお伝えしたように、広報の仕事に就いたりPRしたりする能力には非常に長けています。

このように、今まで自分がデザイナーとして働いてきた中でどんな経験をしたのか思い出してみましょう。

それを活かせる職場が見つかるかもしれません。

 

ワンポイント

デザイナーとして働いていると知らないうちに身につけているスキルがあります。

転職活動をする前に一度俯瞰的に自分のスキルを考えてみましょう。

デザイナー経験を活かす面接でのポイント

面接

デザイナー経験を活かす面接でのポイントとしては以下の2つが重要になります。

  • 相手の考えを汲み取る
  • プレゼン能力を活かす

デザイナーとして働いていると、自然とこの2つのスキルが長けてきます。

今までデザイナーとして、クライアントが作ってほしいものを汲み取り、それを形にする仕事をしてきたでしょう。

それを繰り返しているうちに「相手の考えを汲み取るスキル」がついているはずです。

面接で何か聞かれた際でも、「この人はこの質問で何を見ているのか」という1歩先のことを考えてみましょう。

そうすることで、かゆいところに手が届くような回答を出すことができ、面接通貨の確率が上がります。

また、デザイナーとして働いていると「自分の作品をプレゼンするスキル」も伸びます。

自分が作った作品をいかに売り込んでいくか、クライアントにOKをもらえるようにプレゼンを繰り返しているからです。

同じように、自分自身についても面接でプレゼンしていくようにしましょう。

デザイナーからの転職に必要な準備は?

パソコンと花と眼鏡

では、いざデザイナーからの転職に必要な準備についてはどうでしょう。

詳しく解説していきます。

ライフプランの見通しを立てる

まずは、しっかりとライフプランの見通しを立てましょう。

転職後もデザイナーを続けるのならば特に、独立を考える人も少なくありません。

出来れば転職は1度で成功させたいものです。

自分自身のライフプランによって、働く場所もまた変わってきます。

ライフプランをしっかり立て、新しい職場を選択できるよう準備をしておきましょう。

転職活動は在職中から

ビジネス

転職活動はできれば在職中からしておくべきです。

現職が激務の場合、とても大変だとは思います。

ですが、収入が途切れてしまうことを考えると在職中からすることをおすすめします。

また、転職先がすぐに決まるとは限りません。

転職活動が数カ月にわたる可能性も十分にあるのです。

そういったブランク期間が生まれてしまうことを考えると、在職中から活動することをおすすめします。

在職中の転職に理解がある企業であれば、平日の遅い時間帯や休日に面接を受けてくれるところもあります。

転職活動のために有給休暇を取るのは難しいという方もいるでしょうが、応募先企業に事情を伝え交渉してみましょう。

異業種への転職はエージェントを活用しよう

女性エージェント

現職がありながらの転職活動は、とても忙しく大変です。

また「デザイナーを辞めて他の仕事をしたい」と思っても、どんな仕事が自分に合っているか悩む人も多いです。

そんなときは、転職エージェントに相談しましょう。

転職エージェントなら、さまざまな求人の中からあなたの希望に合った求人を探してくれます。

また、書類の準備や面接の対策についても二人三脚で行い心強い存在となります。

現職がまだある人は特に、忙しい毎日を過ごしていると思いますので効率よく転職活動することが重要です。

まずは転職エージェントに相談することから始めましょう。

まとめ

女性、ガッツポーズ

デザイナーの仕事はとてもやりがいのある仕事で、それを夢にしている若者も沢山います。

その反面、大変でライフとのバランスが取れにくいという部分も否定できません。

デザイナーから他の仕事に転職したいと思ったら、まずは転職エージェントに相談してみましょう。

デザイナーとしての経験を活かしながら、新しいあなたに合った仕事がきっと見つかります。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら