少子高齢化が進む日本で、より一層人材が求められている介護職。

興味を持ちつつも、きつそう・つらそうというイメージから敬遠している方もいるのではないでしょうか。

本記事では、介護職への転職を迷っている女性の皆さんのために介護職について基本を解説します。

具体的な仕事内容を紹介しつつ、どんなやりがいがあるのか、どんな人に向いているのか見ていきましょう。

介護職の仕事内容を解説

考える女性

まず、介護の仕事について漠然としたイメージしか抱けていない方のために、具体的な仕事内容を解説します。

ここでは基本的な4つの仕事について紹介します。

入浴介助

介護の仕事の中でも重要なのが入浴介助です。

入浴前の用具の準備から、入浴時の体を洗う手伝い、さらには浴槽に入るときの介助を行うのが基本です。

そして、入浴後の水分のふき取りや水分補給などのケアまでを一通り手伝ってあげるところまで務めます。

排泄介助

被介護者をトイレに連れて行ったり、おむつの交換をしたりといった排泄介助も、介護職にとっては欠かせない業務です。

基本的には、トイレやポータブルトイレまで被介護者を連れて行って待ってあげます。

ズボンを下ろしたりペーパーで拭いたりといった一連の作業ができない場合はサポートすることも必要になります。

食事介助

食事の援助をする介護士

被介護者においしく安全に食事をとってもらうための食事介助も極めて重要な業務です。

主な業務内容はスプーンなどを使って食事を与えることです。

それ以外にも、

  • しっかりと食べ物を嚥下できるようにするためのマッサージや体操
  • 口内環境を整えるための口腔ケア
  • 食事する際の環境の調整
  • 姿勢の確認

など、細かい気配りが求められます

レクリエーション

そして、最後に忘れてはいけないのが、レクリエーションです。

介護におけるレクリエーションには、歌や遊びなどを集団で行うものや、個人の趣味に合わせて個別に行うものがあります。

こうした被介護者の生活に楽しみを取り入れることも介護職の業務です。

また、施設を飾ったり被介護者の作業中に音楽を流したり、日常生活の中に楽しみを加えてあげることもあります。

介護職が働ける場所は?

介護をする女性

続いて、介護職が働くことのできる場所を見ていきましょう。

介護職としての就職先には細かい分類がありますが、ここでは大まかに2つに分けて紹介します。

介護施設

介護士 施設内

まずは、介護施設のスタッフとして業務に携わるという働き方です。

一口に介護施設といっても、以下のように様々な分類に分かれています。

  • 通所介護:要介護者が日帰りで通う施設、いわば「デイサービス」のことです
  • 特別養護老人ホーム:社会福祉法人や地方公共団体が運営する施設で、要介護3以上の介護度の高い方が優先的に入居しています
  • 老人保健施設:在宅介護への復帰を目指す要介護者が入居する施設。原則として、入居は短期間です
  • 有料老人ホーム:民間の企業・医療法人が運営する老人ホーム。特別養護老人ホームに比べ、介護度の低い方も入居します

訪問介護

施設で働くのに対し、要介護者の自宅に出向いて介護サービスを提供する訪問介護というサービス形態もあります。

訪問介護の対象となるのは要支援1~2、要介護1~5の幅広い重度の要介護者です。

このうち、要支援1~2の方を対象としたサービスは介護予防訪問介護と呼ばれます。

ここでの業務内容はあくまでも介護の予防のために自立を支援してあげることです。

訪問介護の業務は専門の職員が作成したケアプランをもとに行います。

初めに紹介した入浴・食事・排せつなどの基本的な身体介護や、買い物や整理整頓といった生活援助が主な業務内容です。

また、通院している方の送迎などの援助をする通院等乗降介助という仕事を担当する介護職もあります。

 

ワンポイント
働く場所に応じて利用者に違いがあることを押さえておきましょう

介護職のやりがいや楽しさ

介護で支える女性

ここまでで、介護職として実際に働くことに対するイメージが少しつかめていただけたでしょうか。

続いては、介護職として働く上でのやりがいや楽しさについて紹介します。

人間関係が築ける

サービスの利用者さんとの人間関係が築けるという点は、介護職としての大きなやりがいの1つです。

初めはお互いのことがよくわからず、いくら心構えをしていてもどうしてもイライラしてしまう場面は出てきてしまいます。

しかし、利用者さんとのコミュニケーションをうまくとるために努力していくうちに、信頼してもらえるようになります。

利用者さんの笑顔が励みになるということもあるでしょう。

利用者や利用者の家族に感謝してもらえる

人と関わる仕事では、やはり感謝の言葉はとても励みになります。

介護職の場合は利用者さんが生きていく上で必要なことを直接手伝うのですから、感謝の言葉をもらう機会があるでしょう。

利用者さんから直接感謝の言葉を伝えられることはもちろん、その家族から感謝される機会もあります。

こうした感謝の言葉を聞くことで自分は人の役に立つ仕事をしていると実感がわき、モチベーションにつながっていきます。

介護職の大変なところは?

介護 悩む

介護職はかなり直接的に人の役に立つことができたと実感できるやりがいのある仕事です。

しかし、やはり大変なところもあるのが現実です。

ここでは、介護職を志すにあたって身構えておきたい3つのポイントを紹介します。

体力的な負担がある

介護の仕事は、利用者さんの移乗など、力を使う仕事が多数です。

そのため、腰痛持ちの方や体力に自信がない方にはあまり向いていない職業だといえます。

しかし、最近では機械による補助などによって職員の負担を軽減するための工夫をしている事業者もあります。

体力について心配な方はそうした工夫をしている事業者を探してみるという手段もありますよ。

夜勤がある場合も

介護士 疲労

介護施設では、2交代制を採用しているところが多く、夜勤の場合は16時間勤務ということも多いのが現状です。

さらに、状況が厳しい施設では、16時間勤務でも仮眠の時間が与えられないという場合もあります。

厳しい現状もある一方で、手厚い夜勤手当や、夜勤後には連休が取りやすいといったメリットもあります。

人手不足の施設も少なくない

介護の現場では、依然として人手不足は解消していない状況です。

介護労働安定センターの令和元年の調査によると、人手が足りないとしている事業所は6割以上です。

特に訪問介護員は「大いに足りない」としている事業者が30%近くに上っています。

こうした状況では、勤務先の施設や事業者によっては休みがとりづらい・長時間労働などの状況も考えられます。

そのため、ある程度の心構えが必要です。

しかし、外国人労働者の受け入れに積極的なところ、人手不足を解消するための対策をしているところもあります。

職場を探すときの参考指標にしてみてください。

 

ワンポイント
自分に向いている職場かどうかしっかりチェックすることで、大変さを軽減できることも。

介護職に向いている女性の特徴

笑顔の介護士

このようにやりがいも苦労も多い介護職ですが、果たしてどんな女性がこの職種に向いているのでしょうか。

ここでは特に重要な2点を紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

思いやりがある

介護の仕事は、特に人とのかかわりが重要視される仕事です。

介護サービスの利用者にどんな助けが必要なのか、どんな風に関わればいいのか常に考えていくことはもちろん大切です。

それに加えて、利用者の家族のことも頭に入れる必要もあります。

利用者をどの程度世話すればいいのか、どのぐらい自立させたいのか、ということを考えていくのです。

こうして相手のことを考え続けていくためのモチベーションを持続させる必要があります。

この理由から、相手のことを思いやる気持ちの強い人が介護職に向いているといえます。

人と接するのが好き

相手のことを心の中で思いやることももちろん大切です。

しかし、実際に仕事をする上では、その気持ちを行動に表すコミュニケーション力も必要です。

接客など人と関わる仕事の経験がある方なら、相手への応対の経験が介護の仕事でも活かせます。

特に、相手の笑顔や感謝の言葉を素直に受け止めてモチベーションにつなげられる人は介護の仕事にぴったりです。

介護職の給料相場をチェック

貯金箱

さて、介護の仕事というと、給料が低いというイメージをお持ちの方もいるでしょう。

ここでは、実際にどのくらいの給料が支払われているのか、平均的な相場を見ていきます。

具体的には、厚生労働省の令和元年賃金構造基本統計調査のデータを紹介します。

介護職員として働く女性の平均月収(6月分の金額)とボーナスは次のとおりです。

介護現場で働く職員の平均月収は23万5100円(ボーナス49万8800円)

訪問介護員の場合は、平均月収23万1700円(ボーナス38万5600円)です。

この数字を見る限りは、少し少ないと思われる方もいるでしょう。

ただし、注意しておきたいのはこのデータは勤続年数や年齢もさまざまな全体の平均だということです。

30~60歳であればこの平均値より高い金額となっています。

さらに、2010年には施設職員・訪問介護員ともに月給20万円台が平均でした。

この状況を考えると、少しずつですが待遇は良くなっていることが読み取れます。

今後、介護サービスの需要がますます高まっていくことが予想されます。

介護職の給与面での待遇も改善されていくことを期待したいところです。

 

ワンポイント
年齢や勤続年数によって給料には差が出ることも押さえておきましょう。

介護職に資格は必要?

ノート メモ

結論から言うと、介護職には無資格でできる仕事も存在します。

確かに、介護の仕事をするにあたって役立つ資格はたくさんあります。

代表的なものは、入門的な介護職員初任者研修・介護福祉士実務者研修や国家資格である介護福祉士、ケアプラン作成を行うためのケアマネジャーといった資格です。

介護の仕事の中にはこうした資格を持っていないとできないものもあります。

例えば、訪問介護サービスにおける、利用者の体に触れる身体介護(入浴・排泄・食事介助など)です。

しかし、無資格であっても、生活援助(食事の準備や買い物など)、掃除や洗濯、送迎、事務のような仕事は対応できます

身体介護は有資格者に任せ、上で挙げたような業務のみを担当してサポートする介護助手職という職種があります。

この職種なら、無資格でも応募可能です。

しかし、やはり無資格でできる仕事は有資格者のみができる仕事に比べて給料が低くなるという点に注意しましょう。

給料相場の紹介で取り上げたような平均金額をしっかり稼ぎたいならば、やはり資格を取得するのがおすすめです。

介護職は未経験でも目指せる?

車いすを押す女性

もし資格を取ったとしても、経験なしで介護職に転職できるか心配な方もいらっしゃるでしょう。

結論から言いますと、未経験でも応募できる介護求人は存在します。

インターネット上の求人サイトでも訪問介護やデイサービスなどで未経験でも応募可能な介護求人は見つかるでしょう。

ただし、ここでも気を付けたいのが、やはり未経験の場合、資格が必要となる仕事が多いことです。

介護職に転職したいのなら働きたい職場や目指したい役割を絞ってその条件に合った資格を取得することを推奨します。

 

ワンポイント
未経験ならまずは資格取得を検討しましょう。

介護職へ転職するなら転職エージェントに相談しよう

女性、パソコン

ここまでの内容を踏まえて、自分は介護職に向いていそうだ、と感じた方はぜひ転職先の候補として検討してみてください。

しかし、まだ具体的に自分に合う職場・役割・資格ははっきりとはわからないはずです。

わからないことがあって悩んでいるときは、誰かに相談するのが一番です。

介護職への転職での相談なら、転職エージェントへの相談が役立ちます。

転職エージェントでは、プロの相談員が転職希望者の要望をヒアリングしながら、ぴったりの求人を紹介します。

介護職に興味はあるが目指すべき職場や職種がわからないなら、まずはお気軽にエージェントに相談してみてください。

まとめ

女性、ガッツポーズ

本記事では、介護職への転職を志すうえで知っておいてほしい基本的な情報のみをまとめました。

まだまだわからないことが多いでしょうが、大丈夫です。

これから介護職に関して積極的に情報を手に入れていきましょう。

困ったことがあればエージェントへの相談も検討してみてください。

介護職はこれからの時代ますます重要になっていき、活躍の機会が多い仕事です。

そんな素敵な仕事を志す女性の皆さんが少しでも夢に近づけるように応援します。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら