書店には雑誌から文庫本まで、様々な種類の本が並んでいます。本が好きなので本に関わる仕事がしたいという女性もまた多いです。

本に関わる職種は様々で、物書きを職業とする作家から書店での販売員まで多岐にわたっていてどの職種を選ぶべきか迷うでしょう。

こちらではどのような職種があるのか、制作から販売に至るまで本を作る上で関わる仕事や関係のある仕事について解説しています。

好きな本に関わる仕事をしたいと考えている人はぜひ参考にしてください。

本に関係する仕事は様々

メモ

まず本に関する仕事にはどのようなものがあるのか職種を挙げてみましょう。

  • 本を書く仕事
  • 本の制作
  • 本のデザイン
  • 本の流通

主な仕事は上記のようなものです。本は執筆する人がいて初めて出来上がります。

もちろん雑誌のようなものは写真などが主ですが、文章も重要です。様々なジャンルの作家やライターが関わるのも本の面白さです。

本の制作やデザイン、でき上った本の流通から顧客の手に渡るまでの取次や書店の仕事に至るまでその職種は多岐にわたるのです。

それぞれの職種を詳しく解説していきましょう。

 

ワンポイント
 本に関わる仕事は本の制作から販売まで多岐にわたります。

本を書く仕事

ペン

本を書くというのは執筆する仕事ということです。小説家や童話作家・エッセイスト・コラムニストなどが携わります。

雑誌などではデザインやレイアウトも大切ですが、やはり読物としてコラムやエッセイが加わるとより紙面が充実するでしょう。

作家

小説家やエッセイストなど様々なジャンルの作品を一冊の本に仕上げるのが作家の仕事となります。

小説家は物語を創作し単行本や文庫本を出版します。浮かんだアイディアをもとにして、編集者の力を借りながらの執筆活動が仕事です。

エッセイストは創作物語ではなく、体験したことなどから自分の考えを読者に向けてわかりやすい散文形式で執筆します。

エッセイストとしては何らかの賞を取りデビューすることが一般的ですが、小説家や芸能人などがエッセイを執筆することも多いです。

童話作家など絵本作家のように、絵と文章に分担した作家が一冊の本を仕上げる場合もあります。

ライター・コピーライター

ライターは依頼を受けて新聞や雑誌webなどに記事を書く仕事を行います。依頼の内容に合わせた記事の作成を行う必要があります。

その多くは副業で請け負う形で執筆していますが、企業に勤務してライターとして執筆する人もいます。

様々な分野の記事依頼があるので、情報を多く知っておく必要があるでしょう。

コピーライターは商品などの広告のキャッチコピーを制作する仕事を行います。雑誌やwebでの広告などに使われる文言を作成するのです。

コピーライターとして名前が知られるようになれば、コピーライターの仕事に関する本などを出版することもあります。

翻訳家

海外の作家の小説や論文などを翻訳する仕事を行います。翻訳一つで作品が変ってしまうこともある重要な仕事です。

高度な語学力が必要なことはいうまでもありませんが、微妙な内容を翻訳する正確さが必要となるでしょう。

 
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

本の制作に関わる仕事

転職エージェント

本を書くことを仕事とする職種についてお話ししてきましたが、続いて本の制作に関わる仕事について解説していきましょう。

本ができ上るまでには、様々な職種の人達が関わります。仕事内容も様々です。

編集者

編集者は文字通り書籍を編集する仕事を行います。仕事内容は大手出版社と中小規模の出版社では少し違ってきます。

大手出版社の場合は企画のみ編集者が行い、実際に作業を行うのは外部の業者という場合もあるのです。

中小規模の出版社では、企画からデザインまで一人で進める編集者もいます。

ただ編集という仕事はどちらにしても細部にわたる気遣いが必要で、締切に間に合うように日程調整しながら本を仕上げるのです。

本の出来不出来は編集者の腕にかかっています。それだけに神経を使う大変な仕事といえるでしょう。

出版社

出版

出版社には本に関わる多くの人が働いています。雑誌や書籍など出版物を出版予定日に向けて企画し編集して出版までを担います。

大手の出版社では月刊誌や週刊誌も扱っていて、締切日に合わせて原稿や記事を集め一冊の本に仕上げるのです。

出版した本の売上が伸びた時や、作家の新刊がベストセラーになった時が出版社に勤める人にとってはやりがいを感じる時といえるでしょう。

印刷会社

編集が行われレイアウトを完了したデーターは印刷会社で印刷され、本ができ上ります。

紙の質やインクの色など、クライアントの要望にあったものに仕上げるのが、印刷会社の仕事となります。

印刷会社で製本された書籍や雑誌は出版社に納品され顧客の手に渡ります。今は電子書籍も配信され端末で手軽に読める本も人気です。

それでも紙ベースの本は根強い人気で、刷り上がった本を送り出す時が印刷会社に勤める人にとっての喜びとなるのです。

 

ワンポイント
 本の制作を行うのは出版社や印刷会社ですが編集やデザインなど職種も様々です。

本のデザインに関わる仕事

本

本は書き手と編集、そして印刷など様々な人達の手を通過しますが、出版社でのデーター作りに欠かせないのがデザイナーなどの職種です。

特に雑誌などファッション性の高い本では、デザインやレイアウトが重要になります。またイラストも大きなポイントとなるのです。

エディトリアルデザイナー

エディトリアルデザイナーとは、雑誌などの記事や写真などのレイアウトやデザインを総合的に行う職種です。

編集者やディレクターの指示で、記事の文字フォントや写真の配置などを決めていきます。

読者が読みやすい記事や、目を引きやすい内容にするために細かいところにまで気を配るのもエディトリアルデザイナーの仕事です。

DTPオペレーター

デザインやレイアウトされた記事をパソコン上で調整し、プリント出力まで行うのがDTPオペレーターの仕事内容です。

DTPデザイナーと仕事を兼ねて行うDTPオペレーターもいて、広告や印刷業界ではなくてはならない職種となっています。

イラストレーター

本と緑背景

イラストレーターは書籍や雑誌にイラストを描き込みます。挿絵のようにページを使って描く場合やポイントとして描く場合もあります。

小説や記事の内容にあった絵を描くのがイラストレーターの仕事ですが、人によっては図鑑などより専門的な本のイラストにも関わります。

挿絵画家などと同様に本を作るのには、必要な仕事といえるでしょう。

ブックデザイナー

本の装丁を担当するブックデザイナーも本の制作にはなくてはならない仕事です。

装丁だけでなく本の外観に関することをすべて行うのがブックデザイナーです。本の大きさから帯に至るまで気を配ります。

どのような本が読者に好まれるのかも、しっかりと考慮しながらデザインを行う必要があるのです。

本の流通販売に関わる仕事

電話対応する女性

本ができ上ってから書店に並ぶまでの間にも、様々な人の手が関わります。印刷会社から出版会社へ流通させるのが出版取次です。

本を書店へどれだけ流用するかなどの情報を共有するのも出版取次の仕事のひとつになります。

出版取次

出版取次は本の卸売り業を行っている業種です。出版社から書店への間にある取次所となるわけです。

出版取次が無ければ書店はその都度出版社から本を仕入なくてはいけなくなり、新刊が出るたびに出版社は書店に伝えなくてはいけません。

そういった情報の取次も出版取次の役割の一つです。出版取次があることで、出版社は本の編集や制作に販売店は販売に集中できるのです。

書店員

書店

出版取次から書店に搬入された本は、書店員によって店頭に並び顧客の手に渡ります。書店員には本好きな人が多いのが特徴です。

ベストセラー小説のみでなく全国の書店員の選ぶ本が注目され、各書店ごとに書店員の推す本が平積みされているのもよく見かけます。

新刊を出版した小説家の出版サイン会などが催されることもあり、いつも新しい本を手に取れるのも書店員の仕事の魅力でもあるのです。

電子書籍ストアの社員

インターネットが広まる中紙ベースの本ではなくて、同じ内容のものが電子書籍としても販売されるようになりました。

電子書籍はインターネットショップで購入が可能です。大手書籍ストアでは多くの電子書籍を扱っています。

ネットストアでの電子書籍の販売に携わるのはネット書店の社員です。大手通販サイトから電子書籍のみに特化したサイトまで様々です。

パソコンやスマホで手軽に本を読むことができるので、電子書籍の人気は高まっており電子書籍に関わる仕事も多くなっています。

紙ベースの本にも魅力がたくさんありますが、収納場所を選ばず手軽な電子書籍も魅力多い本といえるでしょう。

 

ワンポイント
 本の流通販売には卸業の出版取次・書店・インターネットの電子書籍ストアなどがあります。

本や文章に囲まれる仕事

本

本の好きな人が携われる職業についてお話ししてきました。本の出版から制作、そして販売までその職種は多岐にわたります。

その他にも本に関わる仕事はたくさんあります。たとえば図書館で働くこともその一つです。

図書館にはあらゆる書籍が揃っていて、まさに本好きには欠かせない場所となっています。

司書

図書館で所蔵図書の管理や貸出しなどの窓口業務を行う人を司書と呼びます。

国公立の図書館から各学校の図書館まで、司書の仕事の場は幅広く本と広く関わることができる本好きには魅力の職業なのです。

司書の具体的な仕事内容は本の修理や管理の他、窓口での貸出しや返却に伴う業務を行います。

また図書館での展示イベントなどの企画や準備を行い、利用者からの問合せに対応するのも情報を提供するのも司書の仕事です。

国語の先生

その他職種としては一般的ではありませんが、各学校の教諭や大学の教授なども本に関わる職業といえるのではないでしょうか。

生徒に本を読む楽しさを伝えるには、まず自分が本を好きになる必要があるでしょう。

特に国語の先生は、子供たちに本の面白さを伝えることができる職業です。伝えるためには自分自身本が好きといえることは大前提です。

本に関係する仕事の選び方のポイントは?

ポイント

本に関わる仕事についてお話ししてきました。本に関わるといっても制作から販売、本を多く読む仕事まで多種多様な職種があるのです。

本が好きな女性が本に関わる仕事を選ぶためにはどのようなことにポイントを置くと良いのでしょうか。

  • 小説や記事を書く仕事
  • 本を制作する仕事
  • 本を販売する仕事
  • 図書館や学校に勤務する

大きく分けると上記のように就きたい仕事内容で区別できます。自分に向いていて関わりたいのはどういう仕事内容かを考えてみましょう。

本を書く仕事がしたいなら小説家・エッセイスト・ライターなど、本を作る仕事に興味があるのなら出版社・印刷会社などが考えられます。

書くことが好きで本を作る仕事もしたいのなら出版社に勤めながら書く仕事に携わることもできるでしょう。

もちろん好きというだけでは難しい面も多いです。スキルを磨きしっかりと自分にあった仕事を見つけるようにしてください。

 

ワンポイント
 仕事選びのポイントは好きというだけでなくしっかりスキルを磨くことが必要です。

本が関係なさそうな仕事で読書好きが活きることも

OKポーズ

本を読むことが好きなので、それを活かした仕事に就きたいと考えることは悪くありません。好きなことが仕事になるのが一番です。

でも転職に際しては、本に関係ないと思われるような仕事でも読書好きが活かされたという場合もあるのです。

例えば、営業職で初対面の人と読んだ本の話や好きな作家の話で盛り上がって、商談が上手く行くなどということもありえます。

本が好きなので本に関わる仕事を探すというのももちろん一つの方法ですし、履歴書の趣味の欄を利用するのも方法の一つです。

書くことが好きなら書くこと、デッサンが出来ればそれを書くことで、本にあまり関係の無い職業でも広報への道が開ける場合もあります。

 
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

悩んだら女性向け転職エージェントに相談してみよう

エージェント

本に関する職業につきたい自分のスキルを活かしたい、でもどうすればよいか悩んだ時は転職エージェントに相談してください。

転職エージェントは女性の転職には豊富な経験があり、様々なアドバイスと共に寄り添い転職を成功に導いてくれることでしょう。

困ったときには迷わずぜひ転職エージェントを活用してください。

 
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

まとめ

まとめ

本が好きで本に関わる仕事がしたい場合には、書く仕事・出版社・印刷会社・出版取次・書店などの仕事一覧から選ぶとよいでしょう。

自分のしたい仕事を選ぶのが一番よいのですが、各会社により本に関わる職種も様々です。

自分のスキルに合わせた職種を選ぶことも大切です。本を読むのが好きなのか本自体を制作するのが好きなのかで職種も変わります。

デザインが出来るのならブックデザイナーやDTPデザイナーやDTPオペレーターなどが向いています。

本の出来上がるまでの工程に興味のある人は出版社や印刷会社を選ぶのも良いでしょう。

もしも転職に悩んだら転職エージェントに相談して、どのような求人があるのかを確認してください。

スキルに合った職種や、自分でも気付かなかった適性の職種に出会う可能性も大きいです。

転職エージェントの力を借りれば、好きな本に囲まれる魅力ある仕事への転職も夢ではありません。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する