照明デザイナーはとてもおしゃれなイメージがあります。

漠然と「照明デザイナーになりたい」と考えている人もいるのではないでしょうか。

では、実際に照明デザイナーとはどんな仕事をしているのでしょうか。

具体的なイメージが沸いていない人も少なくないでしょう。

本記事では、照明デザイナーの仕事内容や求められるスキルなど詳しく解説していきます。

照明デザイナーの仕事内容を解説

紹介する女性

照明デザイナーの仕事は、言葉のとおり照明をデザインする仕事です。

「照明」と一言でいっても、その対象物はたくさんあります。

家のリビングの照明、寝室の照明、店舗内の照明、店舗の外のライトアップなどさまざまなものがあります。

それらの照明にかかわるデザインをするのが、照明デザイナーの仕事です。

照明一つでその部屋やお店の雰囲気はガラッと変わります。

お店の場合はそれで集客率が変わってくるといっても過言ではありません。

家の場合でも、居心地の良さ・快適さが大きく変わってくることでしょう。

クライアントの希望や、その対象の建造物のテーマに合った照明デザインを提案することも重要です。

また、照明の種類によって置ける環境も変わるため、照明器具に対する知識も必要となってきます。

あらゆる観点から照明をデザインし、それをクライアントに提案すること、それが照明デザイナーの仕事です。

照明デザイナーの働き方

会話する2人の女性

まずは、照明デザイナーの働き方について紹介していきます。

照明デザイナーへの転職が成功した場合、どんな風に働くことになるのでしょうか。

雇用形態や就職先

まず、雇用形態としては正社員からアルバイト・パートまでさまざまです。

企業によってクライアント数が異なりますし、さまざまな働き方が認められている今、正社員に限らない求人も出ています。

就職先については、例として以下のような場所があります。

  • 照明器具メーカー
  • 照明デザイン専門の事務所
  • 照明器具を設置する専門の施工会社
  • ハウスメーカーなどの照明担当の部署

主にこのような働く場所がありますが、最後の「ハウスメーカーなどの照明担当の部署」は、数としてはかなり少ないです。

照明に特化した部署を作っている会社というのがそれほど多くないからです。

多くの場合が、照明器具のメーカーや、照明デザインを専門としている事務所の求人となっています。

1日のスケジュールの例

では、照明デザイナーとして働いた場合どんな一日が待っているのでしょうか。

あくまでも一例ですが、以下のようなイメージになります。

9:00   出社 クライアントからのメールや当日のタスクなどをチェック

10:00   クライアントと打ち合わせ

11:00   現場視察

12:00   ランチタイム

13:00   デザイン作成

15:00   チームでデザインについて打ち合わせ・提案

17:00   照明器具の新作発表会に参加 など

毎日このような働き方をしているわけではありません。

ですが、これだけを見てもわかるように照明デザイナーは様々な業務をこなさなければなりません。

まずはクライアントとの打ち合わせで、相手方の要望をしっかりと把握することが大切です。

その上で、現場がどのような状態でどんなことなら実現できるかなど見極めが必要となります。

また、照明はそれ単体ではなく必ずどこかの空間に存在するものです。

そのため、インテリアコーディネーターや空間デザイナーなど、さまざまなデザイナーと一緒に仕事をします。

ほかのデザイナーの考えや方向性に合わせて照明をデザインしていくというチームワークが必要だということがわかります。

照明デザイナーの年収・将来性

考える女性

照明デザイナーは正社員でどこかに雇われている人もいれば、独立している人も多くいるため、平均値としては出しにくいです。

ただ、一般的には照明デザイナーの平均年収は400万円~500万円ほどといわれています。

全体的な平均年収から考えると、決して安くないことがわかります。

また、「デザイナー」ですから、デザイン力を磨けば指名なども入り独立も夢ではありません。

そうなってくると、年収はまた変わってきます。

照明デザイナーという仕事の将来性についてですが、どんなに技術が進歩しても照明がなくなることはありません。

むしろ、LEDライトの普及を境に、エコ照明やデザイン照明などが続々と展開され将来性はかなり高いといえるでしょう。

家のリビング、トイレ、玄関など小さな空間の照明にこだわる人もいます。

そのほか、海外のように街全体の照明を統一するような大きなプロジェクトまで夢ではありません。

照明デザイナーに向いている人

頑張る

では、照明アドバイザーに向いているのはどんな人でしょうか。

その特徴は以下の3つです。

  • グループワークが得意
  • 色彩感覚が鋭い
  • 建築やインテリアへの熱意・興味

それぞれ1つずつ詳しく解説していきます。

グループワークが得意

働く3人の女性

まず、1日の流れを紹介した際にもお伝えした通り、照明デザイナーは1人では仕事はできません。

照明を置く場所をデザインする人をはじめ、さまざまな立場の人と一緒に仕事をすることが前提です。

そのため、グループワークが必須です。

いろんな立場の人の意見を聞き取り入れながら、自分のやるべきことを遂行することが求められます。

時には、お互いの立場からの意見で話がまとまらないこともあります。

そんなとき、どんなふうに交渉をし、どのように折り合いをつけるかといったチームで働くためのスキルが必要です。

そのため、もともとグループワークが得意だという方は、照明アドバイザーに向いているといえます。

色彩感覚が鋭い

照明アドバイザーの仕事には、色彩感覚が非常に重要です。

同じ「白」でも、その明るさや青みの強さなど「白」にもさまざまな種類があるのです。

その違いが分かる人や、それぞれの色をどのように配置すればいいかわかる人は照明アドバイザーに向いています。

色彩感覚というのは、ある程度訓練して身につけることもできますが、もともと鋭い人もいます。

こういった、色彩感覚が鋭い人は照明アドバイザーにとても向いているといえるでしょう。

建築やインテリアへの熱意・興味

最後に、建築やインテリアへの熱意・興味ということが挙げられます。

何度もお伝えしてきましたが、照明アドバイザーというのは照明だけをデザインしていればいいわけではありません。

さまざまな空間と照らし合わせて、それにあった照明を考えていく仕事です。

だからこそ、その照明を置く場所や置く場所の用途・雰囲気などあらゆる観点に目を向けなければなりません。

照明だけが素晴らしいデザインであっても、建築物全体で見るとアンバランスになってしまうこともあります。

そのため、全体とのバランスなど考えることは山のようにあり、建築やインテリアにも意識しなければいけません。

そのため、建築やインテリアへの熱意や興味というのは、照明デザイナーとして働くためにとても重要なのです。

照明デザイナーに求められる知識・スキル

指導する女性

とても魅力的な照明デザイナーの仕事ですが、その仕事にはどんな知識やスキルが必要でしょうか。

詳しく解説していきます。

照明に関する専門知識

当然ですが、照明に関する専門知識が必要です。

照明器具の構造から、設置に関する知識、どんな環境で使用できるかなどあらゆる観点からの知識が必要となります。

照度など光に関する計算やセオリーの知識

多くの場合が、「リビングは明るく」「寝室は優しい光で」などといったセオリーの要望があります。

例えば、人がまぶしいと思う照度はどれくらいなのでしょうか。

逆に、寝室など人が落ち着く照度はどれくらいなのか、などこういった照度に関する知識も必要となってきます。

空間デザインスキル

おしゃれなイルミネーション

「照明」と一言でいっても、それは間接照明だったりアクセント照明だったりとさまざまです。

その空間にマッチする照明をチョイスするということは、空間をデザインすることにつながります。

そのため、空間全体をデザインするスキルも求められるということです。

プロダクトデザインスキル

イルミネーションや玄関照明など、ものによっては既製品ではなく1から照明を作り上げることもあります。

そのため、照明デザイナーにはプロダクトデザインスキルも求められます。

最近では、素人でもDIYでランプシェードを作る人も出てきているくらいです。

そういったトレンドのデザインなども参考にしつつ、デザインスキルを磨いていかなければなりません。

 

ワンポイント

照明デザイナーになるには、本で得る知識だけでなくデザインスキル求められます。

普段からトレンドやオシャレなインテリアに注目してみましょう。

照明デザイナーのやりがい

女性、ガッツポーズ

照明デザイナーのやりがいといえば、やはり「1つの空間として照明がマッチし、それがクライアントの満足につながったとき」です。

照明デザイナーは、空間を作る仕事といっても過言ではありません。

照明だけ素晴らしくても空間とマッチしていなかったり、クライアントが満足しなかったりすると意味がありません。

自分のデザインした照明とその空間のすべてがマッチし、それを見たクライアントが笑顔になること、それが一番のやりがいです。

 

ワンポイント

照明デザイナーが作り上げるのは、照明デザインだけではありません。

たくさんの人と1つのものを作り上げるという達成感があります。

照明デザイナーの大変なこと

悩む女性

照明デザイナーの大変なことは、さまざまな立場の人と折り合いを付けながらデザインをしていかなければならないことです。

「ここに間接照明を置きたい」といっても、インテリアコーディネーターが「そこはソファーを置く」という場合もあります。

そのほか、電気配線の関係でデザインしたものが実現できないという場合もあるため、さまざまな知識を求められます。

ただ単におしゃれな空間をデザインするわけではないのです。

さまざまな知識をもち、幅広い観点からデザインを作り上げていくというのは、照明デザイナーならではの大変な部分です。

 

ワンポイント

照明デザインをするにはさまざまな角度からの知識が必要です。

だからこそ、グループワークでいろんな人の意見を取り入れることが重要なのです。

照明デザイナーになるまでの流れ

女性

では、照明デザイナーになるまでの流れはどんなものなのでしょうか。

一般的な流れについて紹介していきます。

専門学校に通う

照明デザイナーになりたいという方の多くは、専門学校に通います。

専門学校で、照明に関する知識、デザインの基礎、周辺知識などさまざまなことを学びます。

照明器具メーカーへの就職

おしゃれな照明

次に一例ですが、専門学校を卒業し証明器具メーカーに就職することです。

その照明器具メーカーがどこかの建築会社と提携していれば、そこの建築物の照明デザインを任せてもらったりできます。

デザイン事務所に就職

専門学校を卒業後、デザイン事務所に就職する人もいます。

また、照明器具メーカーに数年勤めた後にデザイン事務所に転職するパターンも少なくありません。

独立を考えている人は特に、デザイン事務所ならではの業務を知るためにデザイン事務所に就職するのがおすすめです。

独立して活動

照明デザイナーとしてお客様から信頼を得ることが出来てくれば、独立も1つの手です。

はじめは小さな個人事務所を立ち上げ、地域の建築会社などにあいさつ回りをしたりして顧客を紹介してもらうイメージです。

人気が出て、名前が売れれば売れるだけ事務所は大きくなっていき、夢は膨らんでいくことでしょう。

 

ワンポイント

照明デザイナーになるまでの流れは人それぞれです。

ただし、最終的に独立を考えている人は、一度はデザイン事務所で勤めることをおすすめします。

女性向け転職エージェントを活用しよう

スーツの女性

ここまでお伝えしてきた通り、照明デザイナーは非常に魅力的な仕事です。

この記事を読んでますます「なりたい」と思って下さった方もいるのではないでしょうか。

「照明デザイナーになりたい」と思ったら、まずは転職エージェントに相談してみましょう。

解説した通り、照明デザイナーの働く場所はさまざまです。

そんな場所で働くことがあなたにとって一番ふさわしいかアドバイスをもらいましょう。

また、転職エージェントなら求人を探してくれるだけでなく書類作成や面接対策も行ってくれます。

現職があり忙しい人も、効率よく転職活動を行うことができます。

転職を考えたら、まずは転職エージェントに相談するようにしましょう。

まとめ

おしゃれな照明

今回は、照明デザイナーの仕事の内容や、1日の流れなどあらゆる観点から紹介してきました。

照明1つでその雰囲気や快適さは大きく変わります。

クライアントの希望を聞きつつ、自分らしいデザインを提案していくという楽しみのある仕事です。

ぜひ、転職エージェントに相談しながら照明デザイナーへの転職を成功させてください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら