生活様式の変化により注目されている在宅勤務という働き方。

新型コロナウイルス感染防止のため、近年では在宅勤務を導入している企業も増えました。

在宅勤務ができる職種に転勤を考えているという方もいらっしゃるかもしれません。

ですが、在宅勤務と聞いても漠然なイメージしかなく転職への一歩を踏みとどまってしまっていませんか。

この記事では、在宅勤務の職種や特徴・メリットをご紹介します。

これから在宅勤務への転職を検討している方は最後までチェックしてみて下さい。

在宅勤務という働き方

パソコンと女性

新型コロナウイルスの影響で注目を浴び、在宅勤務という働き方を検討している方もいらっしゃるかもしれません。

もともと在宅勤務という働き方はありましたが、あまりメジャーではありませんでした。

生活様式の変化により、テレビのニュースやネット記事で在宅勤務という言葉を聞いたり見たりする機会が増えました。

しかし、在宅勤務という言葉は見たり聞いたりしたことがあるけれど意味を説明しようと思うと難しいかもしれません。

そんな在宅勤務という働き方について解説します。

「テレワーク」とは同じじゃないの?

在宅勤務をテレワークと同じ意味で使ったり理解している人も多いでしょう。

在宅勤務とは、テレワークの中のひとつの働き方です。

テレワークという言葉の意味の中には3つの意味があります。

  1. 在宅勤務
  2. モバイルワーク
  3. サードプレイスオフィス勤務

の3つです。

在宅勤務とは、自分の自宅で働くことです。

モバイルワークとは、営業職のような移動が多い職種の人がカフェや移動中・顧客先で場所や時間にとらわれず働くことです。

サードプレイスオフィス勤務とは、外出先でもオフィスと同等の環境で働けるスペースのことを指します。

シェアオフィス、コワーキングスペースが該当します。

雇用型と自営型

パソコンと女性

在宅勤務の働き方には雇用型と自営型があります。

雇用型は会社に雇われながら在宅勤務を行う雇用形態です。

一方自営型は、会社に雇われず個人事業主として在宅勤務で働いている人です。

個人事業主は、国民健康保険への加入・年金を自分で支払う必要があります。

近年よく耳にするフリーランスという言葉は、会社に属さないで働くという働き方を意味する言葉です。

生活のリズムは?

在宅勤務は自宅で働くので、わずらわしい通勤時間がありません。

そのため通勤時間分寝る時間が増えるという一方で、自分ですべての時間管理を行わなければなりません。

自己・時間管理できないと、オンオフの切り替えが上手くいかず体調が崩れやすくなります。

朝起きられず夜型の生活リズムになってしまう場合もあり、自己管理が難しいようです。

 

ワンポイント
 テレワークには、在宅勤務・モバイルワーク・サードプレイスオフィス勤務という働き方がある。

在宅勤務ができる職種

コーヒーとスマホ

在宅勤務と聞くと、IT系の仕事をしている人が頭に思い浮かぶ方は多いのではないでしょうか。

在宅勤務ができる職種と仕事内容をご紹介します。

事務職

女性に人気の事務職。

在宅勤務での事務職の主な仕事内容は以下です。

  • ワード・エクセルで資料作成
  • 問い合わせ対応
  • 領収書、請求書作成

などです。

在宅勤務の事務職は即戦力が求められる場合が大半なので、事務職未経験からの採用は難しい傾向にあるようです。

カスタマーサポート

サイトやサービスを利用するお客様からの問い合わせに対して、メールやチャット・電話などで解決に導く業務です。

パソコンなど必要な機材は企業から支給される場合もあり、インターネット環境・コミュニケーション能力があれば就業可能なものもあります。

ライター・校正校閲

作業する女性

ライターと聞くと、新聞や雑誌のライターを想像するかもしれません。

ここでのライターとはWebライターを指します。

Webライターは、インターネット上の記事を執筆する仕事です。

校正校閲とは、誤字や記事の内容に誤りがないかをチェックすることです。

デザイナー・イラストレーター

ゲームのキャラクターや企業ロゴのデザイン、YouTubeの漫画動画作成などイラストやデザインを必要とする業務はたくさんあります。

  • Webサイトデザイン
  • ロゴ、バナーデザイン
  • チラシ、ポスターデザイン
  • グラフィックスデザイン

など、多岐にわたります。

基本的にパソコンを使ってWeb案件のデザインやイラストを作成します。

イラストを描くことやデザインが得意な方にぴったりの業務です。

オペレーション業務

  • 新規企画推進
  • 業務改善
  • 問い合わせ対応

などが主な業務です。

会社の業務を支える縁の下の力持ちな職種です。

 

ワンポイント
 在宅勤務ができる職種はパソコンを使って業務が完遂できる、
・事務職
・カスタマーサポート
・ライター・校正校閲
・デザイナー・イラストレーター
・オペレーション業務
などの業種です。

在宅勤務の業務の特徴は?

リモートワーク

在宅勤務ができる職種を確認しました。

では、在宅勤務業務の特徴にはどういったものがあるのでしょうか。

在宅勤務業務の特徴を4つご紹介します。

その場にいなくてもいい

従来の働き方は、会社に出社してその場にいなければなりませんでした。

在宅勤務は業務に必要な機材を取りそろえれば、会社に出社する必要がなく自宅にいながら働くことができます。

成果物が明確

在宅勤務は、作業量や作成した制作物を納品して報酬を得ます。

執筆した記事や作成したイラストなど、自分の作成した成果物が明確です。

1人で完遂が可能

ソファに座る女性

主にパソコンを使って作業するので始めから終わりまで1人で成果物を完成させます。

もしも分からないことや困ったことがある場合は、チャットツールなどを使用してアドバイスが得られます。

しかし基本的には、1人で作業を完遂させることが前提です。

リアルなコミュニケーションの必要性が少ない

会社に勤めていると、上司・同僚・部下とのコミュニケーションはかかせません。

また、突然の電話や来客といった対応も必要なシーンがあるでしょう。

在宅勤務ではパソコンと必要機材を使用して業務を進めるので、リアルなコミュニケーションが必要なシーンは少ないです。

仕事は人と人とのつながりなので、多少のコミュニケーション能力は必要とされます。

しかし業務連絡などは、メールやチャット機能を使って行われる場合がほとんどです。

zoomを使用した対面ミーティングもあります。

しかし会社に勤めているときよりも格段に、リアルなコミュニケーションの必要性は少ないといえるでしょう。

 

ワンポイント
 在宅勤務の特徴は、
・その場にいなくてもいい
・成果物が明確
・1人で完遂が可能
・リアルなコミュニケーションの必要性が少ない
などです。

ちょっと変わった在宅勤務の仕事例

あいさつする女性

上記で在宅勤務ができる職種を紹介しました。

しかし在宅勤務にはちょっと変わった仕事も存在します。

求人サイトではあまり目にすることのないちょった変わった在宅勤務の仕事例をご紹介します。

  1. ネットショップ出品代行
  2. 梱包発送代行
  3. ネーミング提案
  4. 占い師

ネットショップを運営するには、商品を用意するだけではなく写真を撮影して情報を掲載しなければなりません。

そういったネットショップに出品する作業を代行する業務です。

同様に売れた商品の梱包を行い発送を代行する業務も存在します。

ネーミング提案とは、お店のネーミングや個人のキャッチフレーズを考える業務です。

電話占いは昔から存在していましたが、近年ではオンラインで占いを行う占い師さんもいます。

テレワークの導入が難しい職種

背伸びする女性

テレワークの普及を推進する大きな動きがあります。

しかし現実問題としてテレワークの導入が難しい職種も存在しているのです。

こちらではテレワーク導入が難しい職種をご紹介します。

接客・販売

ネット通販が普及し、衣類に限らず食料品もネットスーパーで購入できる時代です。

しかし顧客のニーズとして、

  • すぐに欲しい
  • サイズや色見など実物を見てから購入したい
  • アドバイスを受け納得して購入したい

といったものがあります。

セルフレジを導入しているお店も増えてきました。

しかし、その場で個別に対応しなければならない業務が多いため接客・販売はテレワーク導入が難しい職種といえるでしょう。

医療・福祉

ビデオ通話機能を使用した診察が取り入れられていますが、注射を打つといった医療行為や福祉サービスは対面でないと受けることができません。

基本的に対面でないと難しいので、医療・福祉はテレワーク導入が難しい職種です。

生産・製造

精密な部品の製造や大量に商品を生産する場合、専用の機械が必要です。

生産・製造に必要な機械は大きく複雑なため、広い場所に設置されます。

個人の自宅に大きな機械の導入は難しいため、生産・製造はテレワークが難しい職種です。

 

ワンポイント
 テレワーク導入が難しい業種は対面で個別に対応・専用の大きな機械が必要な、
・接客・販売
・医療・福祉
・生産・製造
などの業種です。

女性が在宅勤務をするメリット

赤ちゃんとテレワーク

女性が在宅勤務をするメリットはたくさんあります。

いくつかメリットを紹介します。

  1. 通勤がない
  2. メイクをしなくて良い
  3. 育児や介護ができる
  4. 節約ができる

在宅勤務には通勤がないので、朝慌てて着替えを済ませてヘアセットをする必要がありません。

社会人のマナーの1つ、メイクを面倒に感じている女性も多いのではないでしょうか。

面倒なメイクをしなくても良いことは女性にとって大きなメリットです。

在宅なので、育児や介護と並行して働くことができます。

女性にとって出産・育児は大きなライフイベント。

在宅勤務は、育児をしながら働く女性の強い味方です。

仕事に疲れて気分転換にコーヒーを飲もうと思ったとき、コンビニで買うのではなく自宅で飲めば節約につながります。

在宅勤務の職種を選ぶポイント

OKサイン

在宅勤務にはメリットがたくさんあります。

在宅勤務の職種を選ぶポイントとして、

  • 未経験でも可能か
  • 今まで培ったスキルを生かせるか
  • 仕事内容が苦痛ではないか

といったことがあげられます。

在宅勤務では、即戦力を求められる場合があります。

そんな時、未経験での採用は難しいです。

未経験でも可能なのか、今まで培ったスキルを生かし即戦力として働けるのか業務内容と照らし合わせましょう。

在宅勤務は、自宅で1人黙々と作業し成果物を納品することが求められます。

そもそも仕事内容が苦痛では続けることができません。

苦痛でない仕事内容を選べば大きな失敗は避けれるでしょう。

在宅勤務の転職をする女性が準備したいこと

初夏のデスク

在宅勤務に転職する場合準備しておきたいものとして以下があげられます。

  • ネットワーク環境
  • 集中できる環境づくり
  • 規則正しい生活習慣
  • ITツールのダウンロード

ネットワーク環境がないと在宅勤務を始めることができないので、快適なネット環境を整えておきましょう。

自宅で働いていると、オンオフの区別が難しくなります。

集中できる環境づくりと共に、規則正しい生活習慣を身につけましょう。

基本的にクライアントとのやり取りはチャットやビデオなどITツールで行われるので、事前にダウンロードしておくと良いでしょう。

在宅勤務の転職は女性向け転職エージェントに相談しよう

ビジネスパーソン

「在宅勤務に転職を考えている。」

「1人で転職活動をするのは不安だ。」

と悩んでいる方は、女性向け転職エージェントに相談しましょう。

転職のプロがあなたの転職を二人三脚でサポートします。

相談しているうちに自分では気付いていなかったスキルや適性に気付くかもしれません。

転職エージェントに相談して、新たな1歩を踏み出しましょう。

まとめ

テレワークする女性

今回の記事では在宅勤務について具体的に、

  • 在宅勤務という働き方
  • 在宅勤務ができる業種
  • ちょっと変わった在宅勤務の仕事例
  • テレワークの導入が難しい業種
  • 女性が在宅勤務をするメリット
  • 在宅勤務の職種を選ぶポイント
  • 在宅勤務の転職をする女性が準備したいこと

をご紹介しました。

近年生活様式の変化により、在宅ワークを推進する動きが大きくなりつつあります。

在宅勤務に興味があり転職を考えている方は、在宅勤務で働くメリットや職種を選ぶポイントを理解しておきましょう。

在宅勤務のできる業種に転職しようと考えている場合は、女性向け転職エージェントに相談しましょう。

転職のプロのエージェントが、あなたの転職を二人三脚でサポートします。

あなたの気付いていなかったスキルや適性を見つけることができるかもしれません。

1人で悩んでいる時間はもったいないです。

転職を成功させるための新たな1歩を踏み出し、明るい未来を手に入れましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら