コンセプトアーティストの仕事に就きたい場合、ポートフォリオの作り方はとても重要です。

ポートフォリオの作り方1つで、同じ実力であっても採用・不採用が変わってくるほどです。

では、コンセプトアーティストになりたい場合、どんな風にポートフォリオを作れば有効なのでしょうか。

今回は、コンセプトアーティストを目指す女性の為に、ポートフォリオの作り方について解説していきます。

ポートフォリオを作る目的

指導する女性

コンセプトアーティストに転職したい方にとって、ポートフォリオはとても重要なポイントになります。

ポートフォリオを作る目的は「自分のコンセプトアーティストとしての実力を知ってもらうため」です。

コンセプトアーティストは、その作品のコンセプトを1つのイラストなどに盛り込み可視化する仕事です。

だからこそ、自分のスキルを言葉で語るよりも、ポートフォオを作り一目でアピールすることが重要になります。

ただし、ポートフォリオの作り方についても、一定のルールがあることを覚えておきましょう。

ポートフォリオを作る一定のルールや評価軸についても詳しく解説していきます。

ぜひ、参考にしてください。

ポートフォリオのルール

パソコン

では、まずはポートフォリオのルールを解説していきます。

転職活動の際に応募先企業に提出するポートフォリオは、自分の過去作品ならなんでもいいわけではありません。

提出するポートフォリオは、一定のその業界にとってのルールが存在します。

それに沿って提出することで、応募先企業の採用担当者も実力を確認しやすくなります。

ポートフォリオを作るときは、以下の2つの要素を大切にしましょう。

  • 形式
  • 枚数

ポートフォリオを作る場合にはこの2つを意識してください。

それぞれ詳しく解説していきます。

形式

ポートフォリオを送る場合、その形式に気を付けましょう。

多くの場合が、作っている作品自体の拡張子はillustratorやPhotoshopなどでしょう。

ただし、その拡張子のまま送ってしまうと相手先のパソコン環境によっては閲覧できない可能性があります。

また、相手先がバージョン違いのソフトで見る可能性や、互換性のあるソフトで開く可能性もあります。

そうなると、せっかく作ったあなたの作品のデザインに崩れが出る可能性があるのです。

そういったことを考えると、一番おすすめはPDF形式で提出することです。

PFD形式で提出すれば、ビューアーに限らず自分が提出した通りにみてもらうことができます。

また、多くの場合が複数枚ポートフォリオを送ると思いますが、その複数枚を1つのファイルにまとめられます。

そうすることで、採用担当者がポートフォリオを送る際の手間を省くことも出来るという利点があるのです。

以上の理由から、ポートフォリオを送る場合は、PDF形式に変換した上で送付するようにしましょう。

枚数

ポートフォリオに載せる作品は、多ければ多いほどいいというわけではありません。

かといって、少なすぎてもあなたのスキルが伝わりきらず、もったいないことになります。

応募先企業から「○枚~○枚ほど」と指示がある場合もありますので、募集要項などをよく見ておきましょう。

枚数の指示がない場合は10作品~20作品ほどが一般的であるということを覚えておきましょう。

また、その作品に対して説明を付けるためポートフォリオの枚数自体は作品よりも多くなります。

その総枚数が多くなりすぎないようにも注意が必要です。

あまりにも多すぎると採用担当者に負担がかかってしまい、大切なことが伝わりきらない可能性が高くなります。

一般的には、ポートフォリオ全体のページ数は12枚~30枚ほどで納めるのをおすすめします。

ただし、10枚の作品に対して30枚のポートフォリオという意味ではなく、作品数に数枚プラスするイメージで作ってみましょう。

 

ワンポイント
ポートフォリオを提出する際は、相手側に合わせた媒体や拡張子を選択しましょう。

ポートフォリオの評価軸は?

解説

では、応募先企業の採用担当者の人たちはポートフォリオのどんなところを見ているのでしょうか。

それは、応募先企業がコンセプトアーティストに求めていることにつながります。

いかに「こんな作品を作ることができる人材が我が社に欲しい」と思わせられるかがカギです。

では、それは具体的にいうと一体どんなことなのでしょうか。

詳しく解説していきます。

コンセプトアーティストに求められていること

コンセプトアーティストに求められる一番のスキルは「表現力」「実現力」です。

コンセプトアートが完成する前は、まだ作者たちの頭の中でイメージは沸きつつも形にはなっていません。

「こんな世界観で」「これくらいのインパクトで」「この競合企業よりも目を引くように」など漠然としています。

それらの意見をしっかりと理解し、それを実際の1つの作品としてまとめ上げる表現力が必要です。

優秀なコンセプトアーティストの特徴

相談

優秀なコンセプトアーティストの特徴として、第一にいえるのが「コミュニケーション能力に長けている」ことです。

コンセプトアーティストはクライアントがまだ漠然とした状態のものを1つの形に作り上げることが仕事です。

「中世ヨーロッパっぽい雰囲気で」「幻想的に」「もっと強そうに」などさまざま要望を聞きそれを形にします。

それだけを聞いても、話し手・受け手によっては全く違うものが出来上がります。

クライアントの創造と完成物に認識の齟齬が出ないよう、こちらからヒアリングすることが大切です。

「ここはどうしますか?」「イメージとしてはこんな感じでしょうか」など漠然とした内容を具体化していく会話術が必要です。

これが上手くいっていないまま、企画が進んでしまうといざ完成したときに「全然違う」とクレームになりかねません。

また、その企画についても作業に戻りが発生し場合によっては納期が遅れるなど損害が発生します。

そのため、コンセプトアーティストは最初の段階で具体的にクライアントと話をすり合わせる必要があるのです。

そういった意味で、コンセプトアーティストにはコミュニケーション能力がとても重要といえるでしょう。

ポートフォリオでアピールできること

ポートフォリオを相手方に見てもらうことでアピールできることは、主に以下の4つです。

  • あなたの画力などアーティストとしてのスキル
  • 作品への情熱
  • クライアントからの要望とどれだけ合致しているか
  • あなたのオリジナリティ

その作品がいかに優れたアートであっても、クライアントの要望に合致していなければ意味がありません。

また、クライアントのご要望通りに単純に作るだけではアーティストとしての面白みに欠けてしまいます。

企業としては、クライアントから「期待以上のものを作ってくれた」と言われたいわけです。

そのため、クライアントの要望に沿っていることは前提として、作品への情熱やオリジナリティのあるものが好まれるのです。

 

ワンポイント
コンセプトアーティストは、漠然とした状態のクライアントの要望を1つの作品に仕上げる仕事です。

ポートフォリオの作品の選び方

疑問に思う女性

企業側が求めるポートフォリオについて詳しく分かったところで、作品の選び方についても解説していきます。

自分の複数ある作品の中で一体どれをポートフォリオに使えば転職に有効でしょうか。

ポイントを解説しますのでぜひ参考にしてください。

ジャンルの多様性

まず、複数提出するポートフォリオについてできるだけいろんなジャンルのものを選ぶようにしましょう。

ジャンルが偏ったものばかり提出してしまうと「この人はこういうジャンルしか描けない」と思われてしまいます。

いろんなジャンルのポートフォリオを提出することは「さまざまなジャンルに対応することができる」というアピールです。

出来るだけいろんなジャンルのものを選び、自分自身の対応力の高さをアピールしましょう。

技法の説明よりも思考過程の説明

パソコンを見る女性

自信作ほど陥ってしまいやすいのが、ポートフォリオに対して技法の説明ばかりしてしまうことです。

「どんなすごい技法を使ったか」「それができる人間はどれくらい希少か」など語りたくなる気持ちはわかります。

ですが、採用担当者が必ずしもアートに対して知識があるとは限りません。

「技法について書かれても何を言っているか分からない」と終わってしまう可能性も非常に高いです。

そうではなく、思考過程の説明をするということを優先しましょう。

「このときのクライアントはこう望んでいた」「その要望に沿って、このような技法を使ってこう表現した」というイメージです。

クライアントの要望を満たすためにどんな風に考えて作品を作り上げたのかその思考過程を説明しましょう。

 

ワンポイント

ポートフォリオは書類選考の結果を大きく左右します。

紹介したポイントを意識し、ポートフォリオのクオリティにはこだわりましょう。

ポートフォリオの作品を選ぶ際の注意点

注意

では、ポートフォリオの作品を選ぶ際の注意点についても紹介していきます。

つい自分のアピールのために陥ってしまいがちなことなので、しっかりと意識してください。

コンセプトの言語化

まずは、その作品のコンセプトがどんなものなのかしっかり言語化して伝えましょう。

「こんなものを作りました」というだけでは、その作品のすばらしさは伝わりません。

「こんなコンセプトの要望があり、それに対してこの作品を作りました」という流れを言葉で説明しましょう。

自分の芸術性を売り込むためのものではない

×ポーズの女性

コンセプトアーティストは、あくまでもクライアントのコンセプトにあったアートを作る仕事です。

どんなに技術があり素晴らしいアートであってもそれがクライアントのコンセプトと合わなければ意味がありません。

ポートフォリオを選ぶ際には、自分の技術がわかるものという視点だけで選ぶことは避けましょう。

いかにクライアントの希望するコンセプトを詰め込んだか、ということがわかるものを選びましょう。

 

ワンポイント

コンセプトアーティストは技術だけでなく、コンセプトをいかに作品に表現するかが求められます。

それを実現する実力があるとアピールできる作品を選ぶように注意しましょう。

ポートフォリオの組み立て方

ノートパソコンを触る女性

ポートフォリオを作る際には、その作品を並べる順番などの組み立て方も非常に重要となってきます。

では、どんなことに気を付けてポートフォリオを組み立てていけばいいでしょうか。

詳しく解説していきます。

重要度

まずはその作品の重要度を考え、順番を決めましょう。

重要度の考え方は以下の順番を参考にしてください。

  1. 自分の自信作
  2. 応募先企業のコンセプトに合っているもの
  3. それ以外のジャンルに挑戦したもの

まずは自分のアピールとして、一番の自信作を上に持ってきましょう。

その次に応募先企業でも活躍できるというアピールのために、応募先企業のコンセプトに合ったものを選びましょう。

最後に、多様なジャンルに対応できることをアピールするために、既に紹介したものとは違ったコンセプトのものを選びます。

このような構成で作ることで採用担当者は「自社に合う人材な上に、実力も十分だ」と判断してくれるでしょう。

ジャンル

ジャンルについては、応募先企業のジャンルに合っているものを必ず入れるようにしましょう。

応募先企業と全く関係のないジャンルの作品ばかりを載せても採用担当者はピンときません。

自社に採用したときに、どんな風に活躍してくれるのかが分かりづらいのです。

カラーストーリー

カラーストーリーといって、作品のテーマカラーについても配慮してポートフォリオを作成しましょう。

例えば、ダークな印象のものばかり続いた後にいきなりパステルなものが来ると驚くでしょう。

順番通りに見ていって、ごく自然に受け入れられるようその作品のカラーを見て順番を工夫してみましょう。

ポートフォリオのデザイン

デスクトップパソコン

コンセプトアーティストのポートフォリオは、ある意味で、そのポートフォリオ自体が作品となります。

どんなことに気を付けてポートフォリオのデザインを決めていけばいいでしょうか。

詳しく解説していきます。

レイアウト・フォント・背景色

まず気を付けるのは、目で見えるレイアウト・フォント・背景色です。

この3つは少し変えるだけで印象が大きく変わります。

レイアウトは、採用担当者が見やすいレイアウトを選び、かつ、重要度の高いものが目立つようにしましょう。

フォントは、一番は読みやすいことを優先しましょう。

その次に、紹介する作品の世界観に合ったフォントを使うというのもおすすめです。

最後に背景色ですが、紹介する作品すべてが映えるような色を選ぶようにしましょう。

レジュメ・カバーレター

ポートフォリオを送る際は、企業先にもよりますがレジュメとカバーレターが必要な場合があります。

特に外資系の企業は必要になるケースが多い傾向にあります。

一般的に、レジュメについては履歴書とほぼ同じような内容で大丈夫です。

名前や連絡先、経歴や自己PRといった内容を書きましょう。

次に、カバーレターについてですが、一般的に以下のようなことを書きます。

・自分の名前・連絡先・サイン

・提出先の企業名・採用担当の名前と連絡先

イメージとしては、企業先への送付状のようなものです。

ポートフォリオはコンセプトをよく考えて逆算しよう

パソコンをいじる女性

ここまで、ポートフォリオについてたくさん解説してきました。

ポートフォリオを作るには、たくさんの気を付けるべき点があります。

いきなりポートフォリオにする作品を選ぶのではなく、ポートフォリオの最終形をイメージし逆算して作りましょう。

転職での不明点は転職エージェントを活用しよう

エージェントに相談

ここまで紹介してきましたが、ポートフォリオを作るだけでもかなり大変な印象をもったのではないでしょうか。

転職活動をしたいと思ったら、まずは転職エージェントを活用するようにしましょう。

転職エージェントであれば、応募先企業に送るポートフォリオの内容なども相談することができます。

企業先に合ったものや、説明文の添削などさまざまな観点からアドバイスをくれます。

忙しいなかでの転職活動ですから、自分1人で抱え込まずに転職エージェントを活用し効率的に行いましょう。

まとめ

ペンタブでパソコン操作をする

コンセプトアーティストというのは、デザインをする仕事です。

だからこそ、そのポートフォリオをみた採用担当者がパッと見たときにどんな印象を受けるかが重要です。

その印象は、書類審査から面接審査など最後まで持ち続けるため最初が肝心です。

しっかりとポートフォリオを作りこみ、転職活動に励んでください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら