華やかな印象のあるテーブルコーディネーター。

テーブルコーディネーターの仕事のやりがいにはどのようなものがあるのでしょうか?

ここではテーブルコーディネーターの仕事内容についてまとめました。

仕事内容ややりがいをはじめ、難しさや大変さなども理解しておきましょう。

テーブルコーディネーターに向いている人や必要な能力もありますので、ぜひ参考にしてください。

気になる給料や将来性などもありますので、転職前にしっかり確認しておきましょう。

Contents

テーブルコーディネーターの概要

女性

テーブルコーディネーターとは、クライアントの要望をきいてテーブルのコーディネートをする仕事です。

レストランや結婚式会場、宴会場など様々な場面で活躍する仕事となっています。

テーブルのセッティングはもちろんですが、セッティングまでの準備も大切な仕事といえるでしょう。

クライアントとのプランニングをはじめ、食器やアイテムなどを選ぶのも重要な仕事です。

テーブルコーディネーターの仕事内容ややりがいなどを理解し、しっかりと準備しておきましょう。

向いている人や必要な能力などもあるため、事前に自分があてはまるかみておくとよいかもしれません。

テーブルコーディネーターの仕事内容

最初に、テーブルコーディネーターの仕事内容を紹介していきます。

プランニング

女性

テーブルコーディネーターの仕事は、クライアントとのプランニングが最初の仕事になります。

クライアントとの打ち合わせは数十回と重ねることもあるかもしれません。

クライアントがどういった雰囲気を望んでいるのか確認するのが大切な仕事です。

会場の雰囲気はもちろん、季節や客層などにもよってセッティングを考えることも大切でしょう。

テーブルのコーディネートによって、会場の雰囲気が大きく変わるため責任も重要だといえます。

クライアントが何を求めているのか、しっかり把握したうえでプランニングをする必要といえるでしょう。

食器やアイテムを選ぶ

料理

クライアントからの要望にあわせてプランニングを行ったあとには、食器やアイテムを選ぶ仕事があります。

ナイフやフォーク、お皿などの食器はもちろんですが、テーブルマットやナフキンなども重要でしょう。

和食や洋食など、料理によってもアイテムのチョイスは大きく異なるかもしれません。

テーブルのセッティングに並ぶアイテムによって会場の雰囲気が大きく変わってきます。

そのため、プランニングで決めた通りの雰囲気に合った食器やアイテムを選ぶ必要があるのです。

イメージによってはシックな感じや可愛い感じなど、会場の雰囲気にあわせることが大切だといえるでしょう。

セッティング

女性

テーブルコーディネーターのメインの仕事といえば、テーブルのセッティングでしょう。

プランニングをもとに選んだアイテムを予定通りにセッティングするのが、最も大切な仕事です。

セッティングしながら調整したり修正したりすることもあるかもしれません。

また、会場にあうようにセッティングするだけではなく、実際に食事をすることを考えることも大切でしょう。

見た目だけにこだわるのではなく、使いやすさなども考慮する必要があります。

いくら綺麗にセッティングできたとしても、食事ができなくては意味がありません。

会場の雰囲気はもちろん、料理を美味しく見せられるかどうかも大切なポイントだといえるでしょう。

 

ワンポイント
・プランニングをもとにアイテムや食器を選ぶ仕事がある
・テーブルセッティングはコーディネーターのメインの仕事

テーブルコーディネーターのやりがい

次に、テーブルコーディネーターのやりがいにはどのようなものがあるのでしょうか。

空間との調和を考える演出が奥深い

説明

テーブルコーディネーターはプランニングにおいて、どのような雰囲気の会場にするかを決定していきます。

会場の視察をしながら、色合いや雰囲気をもとにテーブルセッティングをどうするか考えていくのです。

全体的な空間とテーブルとの調和を考えるのは、とてもクリエイティブな仕事だといえるでしょう。

実際のテーブルセッティングをしてみると全体のバランスを見て、完成度の高いものができることもあります。

そのような際に、テーブルコーディネーターとしての仕事のやりがいを強く感じられるでしょう。

テーブルコーディネーターは、空間との調和を考える演出がとても奥深い仕事なのです。

「引き立て役」として誇れる仕事

結婚

テーブルコーディネーターは、あくまでも主役であるお客様を引き立てる仕事です。

会場の雰囲気はもちろん、料理や主役を引き立てるテーブルのセッティングをすることが求めれるでしょう。

出来上がったセッティングをみて、お客様に喜んでもらえた時が最もやりがいを感じられる瞬間かもしれません。

とても楽しい思い出になった、華やかな雰囲気になったなどの言葉が一番嬉しく感じられるでしょう。

お客様からの感謝の言葉をもらえたときに引き立て役として、自分の仕事を誇れる瞬間といえるのです。

テーブルコーディネーターの難しさ・大変さ

テーブルコーディネーターのやりがいについて紹介しました。

一方で、テーブルコーディネーターの難しさや大変さにはどのようなものがあるのでしょうか。

食空間づくりについての幅広い知識が求められる

鉛筆を持つ女性

テーブルコーディネーターはテーブルのセッティングについて大きな責任を求められる仕事です。

会場や料理の雰囲気を見て、プロとしてセッティングを任せられるからです。

食事をするためのテーブルセッティングは、食空間づくりであることを忘れてはいけません。

使いやすさや食べやすさ、ナイフやフォークの位置などもとても重要なポイントとなるでしょう。

マナーや知識などがなければ、テーブルセッティングができません。

しっかりしたセッティングをするためには、食空間づくりの幅広い知識がとても大切になります。

幅広い知識をしっかり勉強することがテーブルコーディネーターの大変な部分といえるでしょう。

会場の雰囲気を左右する責任が重い

女性

テーブルコーディネーターの仕事は空間の調和を考える仕事だと説明しました。

テーブルセッティングひとつで会場の雰囲気が大きく変わることがあるでしょう。

会場の雰囲気にあわないようなアイテムや装花を使ってしまうと、全体のバランスも悪くなってしまいます。

特にテーブルクロスやナフキンの色合いは、よく目につく部分です。

写真などにも残るため、特に神経をつかう部分といえます。

アイテム一つで会場の雰囲気を左右してしまう仕事なので、責任が重い仕事であるといえるでしょう。

テーブルコーディネーターの仕事は会場の雰囲気を左右してしまう点が、難しい部分といえます。

 

ワンポイント
・マナーなどの知識が求められるので勉強が必要
・会場の雰囲気を大きく左右するため、責任も重大なのが大変な部分

テーブルコーディネーターに向いている人

テーブルコーディネーターの仕事のやりがいや大変な部分を説明しました。

次に、テーブルコーディネーターの仕事に向いている人はどのような人でしょうか。

コミュニケーションが得意な人

OKサインをする女性

テーブルコーディネーターの最初の仕事は、クライアントとのプランニングであることを説明しました。

クライアントとのプランニングでは、どういった会場にしたいかをしっかり聞き出す必要があります。

頭でイメージするものなので齟齬が出てきてしまうこともあるでしょう。

可愛い雰囲気といっても、人によってとらえ方は様々です。

別のイメージをもったまま、セッティングしてしまうとクライアントのイメージと違ったというようなこともあるかもしれません。

そのため、プランニングではクライアントとしっかりコミュニケーションが取れることが大切です。

何を求めているのか、しっかり聞き出す力がある方が向いているといえるでしょう。

洞察力と創造力がある人

ひらめく女性

洞察力とは物事の本質を見抜く力、創造力とは新しいものをつくりだす能力のことです。

テーブルコーディネーターは、テーブルセッティングがどう会場の雰囲気を左右するのかを考える必要があるでしょう。

本質を見極めて、先を見通すことが求められるのです。

またありきたりなセッティングではなく、いかに新しいものを作っていけるかも大切なポイントです。

会場ごとに毎回全く同じものを使用していてはいけません。

クライアントが求めているテーブルセッティングの本質を見抜き、新しいものを作り出す力が求められます。

洞察力や創造力がある人もテーブルコーディネーターに向いているといえるでしょう。

思いやりがある人

カフェでくつろぐ女性

テーブルコーディネーターは、クライアントの気持ちに寄り添う必要があります。

自分のやりたいこと、やりたい雰囲気でセッティングするのではなく、あくまでもお客様の要望を聞いて行う仕事です。

思いやりをもち、相手の気持ちを考えることが大切になるでしょう。

また、食事のしやすいテーブルセッティングを考えることも大切です。

相手の気持ちを考えるためには、思いやりがないとできません。

自分のやりたいことを優先してしまっては、仕事とはいえないのです。

日頃から相手への思いやりを持っている人は、テーブルコーディネーターの仕事に向いているといえます。

 

ワンポイント
・コミュニケーション能力がある人が向いている仕事
・洞察力や創造力、思いやりがあることも求められる

テーブルコーディネーターに必要な能力

次に、テーブルコーディネーターの仕事をする上で必要な能力について紹介します。

どういった能力があると有利なのでしょうか。

プランニング力

女性

テーブルコーディネーターの仕事でもプランニングは大切な仕事だと説明しました。

クライアントとのプランニングによって、テーブルセッティングが異なってきます。

イメージをしっかり持っているクライアントもいますが、全くイメージできていないクライアントもいるかもしれません。

これまでの経験や知識を活かして、クライアントに提案することが求められるでしょう。

また、アイテムを選ぶ際には使える予算も大切になってきます。

予算に合ったテーブルセッティングのプランを提案できるかも大切な能力となるでしょう。

コミュニケーション力

女性

クライアントとは何度も打ち合わせをしていくことがあります。

イメージを聞き出すことはもちろんですが、双方が納得できるよう話し合いを進めていく必要があります。

きちんとコミュニケーションを取りながら、テーブルセッティングの内容を決めていくことが大切でしょう。

コミュニケーションがうまく取れなければ、うまくプランニングはできません。

また、クライアントだけではなく会場のスタッフなどとも関わりがある仕事です。

コミュニケーション能力に自信がある人はテーブルコーディネーターの仕事に向いているかもしれません。

チームワーク

エンジニアとして働く女性

テーブルコーディネーターの仕事は一人ではできない仕事です。

テーブルセッティングの内容はコーディネーターが決定していきますが、他にもたくさんの人と関わることがあります。

会場のスタッフをはじめ、花屋や食器の購入先の担当者ともやり取りが必要でしょう。

大きな宴会でのコーディネートの際には、たくさんのスタッフと作り上げていくこともあります。

一人で仕上げることを考えるのではなく、チームワークを大切にできる能力が求められるでしょう。

 

ワンポイント
・プランニングやコミュニケーション能力を持っておこう
・テーブルコーディネーターの仕事はチームワークも大切

テーブルコーディネーターの給料

電卓をにらむ女性

テーブルコーディネーターの仕事の給料は、一般的に400万円程度といわれています。

年収が高めな理由としては下記が考えられるでしょう。

  • 専門性も高く、競合性もあまりない
  • テーブルマナーの知識などを学ぶ必要もあり、勉強が必要
  • 時期によっては残業なども増える

大きなホテルで仕事ができるようになってくると、年収もアップすることもあります。

手がける仕事の大きさによっても、年収の幅が広がると覚えておきましょう。

テーブルコーディネーターの将来性

カフェを開ける女性

テーブルコーディネーターの将来性が気になる人もいるかもしれません。

テーブルコーディネーターの仕事は今後幅広い形で求められるといわれています。

大きなホテルや宴会場、結婚式場などでの活躍が続いて行く一方で、一般の方でも勉強している方が増えているのも事実です。

そういった方々にセミナーを開いたり、講座を開いたりする方もいるでしょう。

日常生活でもテーブルコーディネートの仕事が求められているのが現実となっています。

多様な働き方が進むと考えると、テーブルコーディネーターの仕事は幅広い形で求められるといえるでしょう。

転職で不安を感じたら転職エージェントに相談しよう

チェックマークを持つ女性

テーブルコーディネーターの仕事に興味を持って転職を考えた方もいるでしょう。

しかし、実際に転職したいと思っても不明点などがある方もいるかもしれません。

テーブルコーディネーターの仕事は求人も少なく、探し方も難しいのが事実です。

そのようなときは転職エージェントを利用してみましょう。

未公開の求人やそのほかの転職の相談などにものってくれるので強い味方です。

転職活動は一人きりでは限界がある仕事ともいえます。

不安を感じる方は転職エージェントに相談してみてください。

まとめ

女性、指差し

テーブルコーディネーターの仕事について解説してきました。

テーブルコーディネーターの仕事は専門性も高く、やりがいも大きい仕事です。

勉強が大切な部分もありますが、感謝されたときにはやりがいを強く感じられるでしょう。

興味がある人は転職エージェントに相談してみてください。

心強い味方ができることで、転職活動も自信をもって進めることができるようになるでしょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら