社会人になって数年立つと少し周りの風景が見えてくるようになります。

社内では同期や先輩、プライベートでは友達の働きぶりが気になり始める時期です。

仕事にも慣れてきて好奇心も旺盛になるでしょう。

20代は焦りからというよりチャレンジしたいという気持ちから、転職を考える時期なのです。

それでは20代で初めての転職を成功させるための秘訣をご紹介したいと思います。

20代で初めての転職をするためのポイントを解説

ポイント

20代で始めて転職する場合、社会人経験年数によってアプローチが異なります。

勤務年数が短い場合は第二新卒として考えた方が良いでしょう。

職務経歴も短くなるため、経験者採用ではなく未経験者扱いになります。

新卒での就職前後のギャップに悩み、就職後すぐに転職するケースが該当します。

ここで注意すべき点は、就職前と後でギャップがない会社はないということです。

同じことを繰り返さないようしっかりと転職準備をしましょう。

20代後半は仕事も覚えて会社も期待しているタイミングです。

自分にある程度自信を持ち始め、本当にやりたいと感じることに気づく年代といえるでしょう。

未経験の業界・職種にチャレンジするちょうど良い年齢であり、経験を活かした転職も可能な年齢です。

20代後半で転職する場合も第二新卒同様、しっかりと事前準備が必要です。

20代は社会人として一番成長できる時期なので、急いで転職先を決めずにじっくり探すことをおすすめします。

いずれにしても多くの選択肢を持つために、早い段階で転職サイトや転職エージェントに登録すると良いでしょう。

転職する前に知っておきたい基礎知識

OKポーズ、女性

ここでは転職する際の流れについてご説明します。

転職と学生時代の就職活動との最大の違いは、就業している点です。

学生時代も授業と両立していたと思うかもしれませんが、仕事をしながらの転職活動はとても大変です。

転職活動は周囲や会社に気づかれずに行うものなので、学生時代とは状況が全く異なります。

それでは転職する前にどのような準備が必要か確認していきましょう。

書類作成と提出

志望する企業へ応募する際ほとんどの場合、最初に書類審査があります。

提出する書類は企業によって異なりますが、履歴書・職務経歴書は必須です。

外資系企業に応募する場合は日本語・英語両方の書類が必要になります。

書類審査が通らなければ次の段階には進めませんので、内容はしっかり精査しましょう。

内定までの期間

デバイスを操作する女性

応募する企業の規模や状況にもよりますが、応募から内定までは2週間から1か月位が一般的です。

急募の場合は面接回数も少なく選考も早く進むため採用までの時間は比較的短いです。

増員や新規部署の募集の場合は時間的に余裕がある場合が多く、企業も選考に時間をかけることができます。

また人気企業は多数の応募者がいるため必然的に選考に時間がかかります。

転職活動開始から内定を得るまでには1か月から3か月程度はかかると考えた方が良いでしょう。

転職については多くの人が複数の企業に応募しますので、スケジュール管理も必要になります。

各種転職サイトの利用

求人情報を入手したり募集職種へ応募するためには主に以下の方法が利用できます。

  • 企業ホームページの募集サイトから直接応募
  • 転職エージェントによる紹介
  • 転職サイトからの応募
  • 友人などの紹介
  • ハローワーク

志望企業が決まっている場合は企業のホームページから直接応募しても良いでしょう。

志望企業が決まっていない場合、募集を探すことから始まります。

自力で入手できる情報には限りがあるため、まずは転職サイトやエージェントへ登録することをおすすめします。

各社の得意分野や案件保有数を比較して、自分にあった転職サイトやエージェントに登録すると良いでしょう。

 

ワンポイント
 転職活動の流れとルールを理解しよう。

20代に多い転職理由は?

スーツ姿の女性

転職理由は様々ですが、その中でも20代に多く見られる転職理由として職場環境があげられます。

職場環境に起因する転職理由の中でも代表的な例をあげてみましょう。

待遇の不満

入社して数年経つと経験も少しづつ増え、自分に自信がつき始めます。

新入社員が入ってくるとその自覚が大きくなる一方で、期待する待遇を得られない場合があります。

タイミングによっては新卒の初任給上昇により、お給料が新入社員と変わらない可能性もあるのです。

責任がある仕事に挑戦したくても同期や先輩との兼ね合いでなかなか役が回ってこないこともあります。

活躍の場や挑戦しやすい環境を求めて転職を考えることは自然な流れといえるでしょう。

人間関係のストレス

ビジネスウーマン

20代は様々な経験を吸収する時期であると共に、色々な影響を受けやすい時期です。

企業に所属して仕事をしていく中で、人間関係のストレスを感じない人はほとんどいません。

経験を積んで独り立ちしていれば周囲と適度な距離を置き、割り切った関係を築けます。

しかし成長期にある20代は周囲の助けを借りることも多く、健康的な人間関係が不可欠です。

人間関係に問題がある職場環境のまま改善が進まない場合は、転職を考える大きな要因になり得ます。

20代初めての転職でやりがちな失敗は?

女性、NG

20代で初めて転職する場合、相談相手として同期や先輩は適しませんし、転職経験を持つ友達も少ないでしょう。

自力で挑戦して後悔しないよう、失敗例についてもご紹介します。

リサーチ不足

入社後のミスマッチを防ぐため、応募先の企業が20代の転職者に何を求めているかをしっかりリサーチしましょう。

会社の企業イメージや名前だけで応募しても採用担当者の目に留まることは難しくなります。

募集要項から企業が求めている人材を理解するためには業界・企業研究が欠かせません。

また企業研究をする際は、会社の雰囲気・社風・理念にも注目しましょう。

自分のタイプと全く異なる人材が求められている場合、たとえ転職しても続けることが難しい可能性があります。

転職先を決めずに退職

転職する際に転職先を決めずに現職を退職する人がいます。

退職を余儀なくされる場合を除き、転職は転職先を決めてから退職する方が有利です。

20代は企業が欲しがる年代ですが、企業によっては休職期間を気にします。

退職してから転職活動を開始してもすぐに希望する企業に就職できるとは限りません。

退職後の転職活動期間が長くなると金銭面の負担も大きくなります。

転職活動の時間が取れない場合や希望する企業が見つからない場合は転職エージェントに相談しましょう。

20代初めての転職で最初にやることは?

筆記

転職しようと決めたらいくつかするべき事があります。

今後のキャリアを考える上でも間違いなく役立ちますので、転職するしないに関わらず20代から始めてみると良いでしょう。

キャリアの整理

職務経歴書や志望動機を作成するために自身のキャリアを整理しましょう。

入社から今まで経験した内容をできるだけ多くリストアップし、それぞれの経験値を書き出します。

リストの項目に経験年数や担当した役割を書き出していくイメージです。

キャリアを整理することによって現職での経験が明確になり、伸ばしたい分野や挑戦したいエリアが見えてきます。

成功する書類作成のコツ

志望企業に応募する際は書類の提出を求められますが、履歴書と職務経歴書は必須書類になります。

職務経歴書には書き方があり、参照可能なテンプレートを各種転職サイトや転職エージェントが公開しています。

自分が書きやすいテンプレートを使用して作成すると良いでしょう。

また外資系企業に応募する場合は、日本語の職務経歴書だけではなく英語の職務経歴書も必要です。

どちらの書類も作成したら、誰かに内容を確認してもらうことをおすすめします。

客観的な視点から書類を添削してもらい修正していくことで、他者に分かりやすい書類に仕上がります。

書類作成は転職活動の第一歩になるため、十分に精査した上で提出できるようにしましょう。

 

ワンポイント
 キャリアの整理は転職活動だけでなく、今後のプランにも有効活用できる。

20代初めての転職での注意点は?

メモをとる女性

みんな一斉に活動を始める新卒の就職活動と違い、転職するかしないかは各自の判断です。

20代女性の転職では今後のライフプランも考慮する必要があります。

周りに転職経験者がいないと聞けない転職のきっかけや注意点についてもご紹介しましょう。

ワークライフバランスを考える

志望する企業が必ずしも現職と同じ条件とは限りません。

平日の固定時間勤務からシフト・土日勤務がある会社への転職はライフスタイルが変わってしまいます。

あるいは残業が増える場合、習い事や趣味などプライベートな時間の確保が難しくなる可能性があります。

休暇も取りずらい環境かもしれません。

反対に残業が減る場合は残業手当が期待できないなど、金銭的面に影響します。

これらの情報は募集要項の記載内容で確認できますので、事前にしっかり確認しましょう。

ワークライフバランスは20代ではあまり気にならないかもしれません。

しかし少なくともある程度の年数を働く想定で、ワークライフバランスについても検討が必要です。

また、結婚や出産についても考慮する必要があります。

せっかく採用した人材が結婚や出産を機にすぐに退職してしまうことは、企業側にとっても大きなマイナスになります。

転職する前にライフプランについても整理しておきましょう。

なぜ転職したいのかを考える

転職時の面接では、必ず転職理由について質問されます。

そして多くの場合、面接官は単純になぜ転職したいかよりも転職を考える前に何をしたかに興味をもってます。

仕事や待遇に不満があり何もせずに転職を決意している人は、入社したとしても同じこと繰り返す可能性があるからです。

すぐに辞めてしまう可能性がある人を時間と費用をかけて採用することはありません。

状況を変えるためにどのような努力をしたか、なぜ変わらなかったかを説明できるようにしておきましょう。

ただし業界や職種を変える場合は少し状況が異なります。

未経験の仕事に興味を持ったきっかけや現職で実現できないこと、転職後実現したいことをメインに考えましょう。

 

ワンポイント
なんとなく転職して転職癖をつけないように、転職に対する目的意識を持つことが大切。
【無料】転職ナビで求人を探す

20代初めての転職を成功させるコツ

パソコンをしながら微笑む女性

繰り返しになりますが、20代は一番成長できる時期です。

周囲の期待も大きく、20代の経験は今後のキャリアを左右するほど大切です。

キャリアップ・未経験職種への挑戦など理由は何であれ、転職を成功させるためにはコツがあります。

本当に転職したい企業を選ぶ

転職先はできるだけ妥協しないことが大切ですが、転職したい企業を決めてその企業だけに応募するケースは稀です。

ほとんどの場合、希望する職種・業界の中から転職先を探すことになります。

採用をもらえたら、応募前の企業研究・面接時に得た情報・採用条件などをしっかり見直しましょう。

100%希望条件にあう企業に出会うことはほとんどありませんし、希望と現実は異なります。

しかし採用をもらったという理由だけで転職を決めてしまうと、現職と同じ状況になりかねません。

自分の中で転職条件に優先順位をつけた上で、最も希望にあった企業を選択すると良いでしょう。

面接対策をしっかり行う

面談する女性

書類選考が通ったら次は面接です。

企業によって選考過程は異なりますが、面接は2回~3回行われることが多く適性検査も同時に実施する場合があります。

面接は段階によって見られる部分が異なるため面接官の部署や役職毎に面接対策を行いましょう。

どの担当官も基本的には提出した書類を元に面接を進めるため、職務経歴書の内容と齟齬がないよう注意が必要です。

また面接対策を丸暗記すると想定外の質問への対応が難しくなるためおすすめしません。

職務経歴をしっかりと組み立て、その内容を軸に具体例や経験をアピールしましょう。

20代初めての転職を成功させよう

スッキリした表情の女性

20代の経験はとても貴重です。

現職に満足できない場合は、活躍の場を広げたい気持ちや新しい業界・職種に挑戦したい思いが芽生えるものです。

20代後半は企業側にとっても、将来性が期待できる人材として好まれます。

今後のキャリアの方向性が決まっている場合はぜひ新しいチャンスに挑戦すると良いでしょう。

一方で何となく転職することはあまりおすすめしません。

転職を考えるということは何かしら現職に不満がある場合が多いです。

現職の不満点を掘り下げ、転職することで何が変わるかを考えてみてください。

現職では実現は難しく転職により実現可能なことであれば転職理由として十分です。

しっかりと自己分析を行うことが転職成功への大きなカギになるでしょう。

【無料】転職ナビで求人を探す

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

スーツの男女

転職したくてもどのように転職活動を始めれば良いか分からない場合は、転職エージェントを活用しましょう。

エージェントへの報酬は推薦者が採用された場合に採用企業から支払われる仕組みです。

そのため転職志望者は登録や案件の紹介を全て無料で受けられます。

転職エージェントは非公開求人も持っているため、自力では見つけられない求人に出会える可能性があります。

自身の経歴や今後のキャリア相談をすることでエージェントから求人を提案してもらえるのです。

さらに選考プロセスにおいても、過去の実績から面接時のアドバイスを受けることができます。

採用が決まった後の退職の手続についても相談できますので、ぜひ転職エージェントを活用してみてください。

 

ワンポイント
 転職の悩みは転職のプロである転職エージェントに相談しよう。
【無料】転職ナビで求人を探す

まとめ

やる気の女性

20代初めての転職は色々と不安なこともあるでしょう。

しかし現状に満足できないまま日々過ごしているとあっという間に月日が過ぎてしまいます。

どのように転職活動を始めたら良いか分からず悩んでいるなら、転職エージェントに登録から始めましょう。

転職する・しないは相談してから決めても遅くはありません。

人生を謳歌するために、最初の一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか?

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら