IT製品の操作方法やトラブルに対応することに特化した相談窓口業務を行うのがテクニカルサポートです。

ハードウェア・ソフトウェア共にサポート対象となっており、ハードウェアの企業やソフトウェアの販売会社で業務を行います。

IT機器の普及でテクニカルサポートの需要も高まり、未経験でテクニカルサポートを目指す女性も増えています。

こちらでは女性が未経験でテクニカルサポートを目指すために必要なことを解説しています。ぜひ参考にしてください。

女性が未経験からテクニカルサポートを目指す方法を解説

案内

未経験者がテクニカルサポートを目指すにはどのようなことが必要なのでしょうか。

テクニカルサポートの業務内容からすると、経験や知識があることは企業側にとって心強いことではあります。

ただ未経験者可という求人もあり、未経験者でも充分に転職を目指すことは可能です。

未経験者がテクニカルサポートを目指すために、これは必要ということについて解説していきましょう。

その前にまずテクニカルサポートの仕事内容はどのようなものなのか、テクニカルサポートとして働く魅力についてお話しします。

未経験で転職するためには、職種の仕事内容をしっかりと理解しておくことが大切なのです。

テクニカルサポートの仕事内容

サポート

テクニカルサポートの仕事は、主として製品を購入した顧客からの操作方法やトラブルに対する問い合わせへの対応になります。

同様の仕事内容の職種にカスタマーサポート・ヘルプデスクがありますが、テクニカルサポートはIT関連製品の問い合せに対応します。

電話での応対の他メール対応する場合もあり、時として顧客のもとに訪問して対応することもあるのです。

特に必須の資格は必要ありませんが、質問内容に答えるだけのIT機器の知識は当然必要となるでしょう。

テクニカルサポートとしての職務は未経験であっても、パソコンや周辺機器についての知識があれば対応は可能ということになります。

もちろん電話応対や人の話をしっかりと聞くコミュニケーション力は必要です。

一定の知識とコミュニケーション能力を身につけたなら、未経験者でも充分テクニカルサポートとしての活躍の場があるといえるでしょう。

 

ワンポイント
 テクニカルサポートの仕事内容は顧客の問い合せに対応し問題解決することです。

テクニカルサポートのやりがい

ガッツポーズをする女性

テクニカルサポートは困っている顧客を助ける仕事です。自分のサポートで顧客の問題が解決した時にはやりがいを感じます。

また日々の業務を通じて自分のスキルを向上させ、未経験からさまざまな問題を解決できるようになることもやりがいに繋がります。

顧客に頼りにされる

問題が起きたら助けてもらえる、と顧客に頼りにされるのがテクニカルサポートです。

信頼され感謝されることは、テクニカルサポートとして仕事をする上で大きなやりがいとなるでしょう。

サポートすることで問題やトラブルが解消して、顧客がスムーズに製品を使うことができることがテクニカルサポートのやりがいです。

自社サービスやIT関連の知識が身につく

企画職の女性

顧客の質問に応えるためには商品や自社サービスの知識を勉強する必要があります。IT関係の知識が身につくのは魅力です。

テクニカルサポートはもちろんIT関連の商品知識を持った上で対応することになりますが、さまざまな問題に直面します。

問題点を解決していく過程で調べることや勉強することも多いのです。それはすべてスキルとなって身に付きます。

勤務時間を調整しやすい

テクニカルサポートの対応時間は、顧客に合わせるために幅広い時間帯となっています。

そのために勤務時間は希望を含めてシフト管理されています。都合に合わせて勤務時間を決めることが可能なのです。

ある程度自分の勤務時間を調整しやすいのは魅力の一つです。仕事がし易い環境も魅力でありやりがいのあることに繋がります。

 

ワンポイント
 テクニカルサポートのやりがいは顧客の役に立つことや知識が身に付くことです。

テクニカルサポートは未経験でも転職できる?

悩む女性

テクニカルサポートの仕事内容についてお話ししてきました。続いて未経験者でもテクニカルサポートに転職できるか解説しましょう。

お話ししてきたように、テクニカルサポートは顧客であるユーザーの問題点をサポートし解決に導く職業です。

どこが問題なのか、どうすれば解決するのかを考えていく知識は必要となります。

テクニカルサポートとしての仕事は未経験でも、日ごろからパソコンや周辺機器についての知識があれば未経験者でも転職は可能なのです。

特に転職希望の企業の製品を日ごろから使用している場合は、さまざまな内容の質問や問題点に応えやすくなるでしょう。

未経験者がテクニカルサポートを目指すなら、IT関係の幅広い知識を身につけておくことが大切です。

テクニカルサポートに向いている人

カスタマーセンター

テクニカルサポートは、IT製品のトラブルや操作方法に関する問い合わせに対応する仕事です。

使えなくてイライラしているユーザーから話しを聞き出し解決に導くのです。時としてクレーム対応になる場合もあります。

テクニカルサポートに向いているのは、単に技術面の知識だけでなく人との接し方の上手な人、人の話をしっかりと聞ける人です。

人と接するのが好き

キャリアウーマン

テクニカルサポートは電話やメールで顧客に接する仕事です。何より人と接することが好きな人に向く職種です。

製品が上手く作動しない使い方が分からないなどの問い合わせには、迅速な対応を望まれますが時間を要する場合もあります。

話し方一つで顧客を納得してもらえるかクレームに発展してしまうかが決まるのです。

人と接することが好きで、相手の立場にたって話せる人は適性があるといえるでしょう。

IT技術の知識がある

問い合わせはさまざまなもので、IT技術の知識が充分に無いと応えることができません。未経験者でも知識は豊富であることが必要です。

テクニカルサポートの適性としてはIT技術の知識がある人が挙げられます。

特に資格を取得する必要はありませんが、日ごろからIT機器を使いこなせるようにしておくとよいでしょう。

新しい知識を学ぶ意欲がある

ガッツポーズ

またIT製品は常に進歩しています。次々に新しい知識が必要となるのです。

前向きに新しい知識を学ぶ姿勢も大切な仕事となります。新しい知識を学ぶ意欲のある人向上心のある人は向いているといえるでしょう。

 

ワンポイント
 テクニカルサポートの適性は人と接するのが好きでIT技術の知識と向上心のある人です。

テクニカルサポートに求められるスキル

ポイント

テクニカルサポートに必須の資格は必要ありませんが、求められるスキルにはどのようなものがあるのでしょうか。

コミュニケーション能力

何といっても必要なのは顧客の質問内容を聞き取る力です。顧客はお手上げ状態で質問をぶつけてきます。

内容もさまざまで、対応する側としては本当に困ります。それでもその内容を受け止めてしっかりとサポートしなくてはいけないのです。

顧客が整然と言葉を整理して問い合せをすることは少なく、慌てているので言っていることが伝わりにくい場合がほとんどです。

相手の言いたいことを理解する力、こちらの言いたいことを整理して伝える力が必要となります。

コミュニケーション能力はテクニカルサポートとして顧客に対する場合のみならず、社内でのあらゆる場で必要な能力です。

またテクニカルサポートは電話だけでなくメール対応もしています。メールで内容をしっかりと伝えられる文章力も必要となるのです。

情報の整理・分析能力

コミュニケーション能力とともに必要なのが顧客の質問から情報を聞き取り、製品の不具合の内容を整理し分析する力です。

顧客との窓口であるテクニカルサポートは、情報をしっかりと整理して分析した上で必要なら修理部門への依頼を行うのです。

素早い判断力と分析力が顧客に対する最大のサポートとなり、顧客満足に繋がります。

テクニカルサポートの年収事情

給料のイメージ

テクニカルサポートは専門職としては特別な資格は必要なく、女性の転職も多い職種です。

年収は他のIT関連と比べ少し低めではありますが、専門知識やスキルを上げることで年収を上げることは可能となります。

平均年収

テクニカルサポートの平均年収は414万円となっており、他のIT関連の年収よりも少し低めといわざるを得ません。

これは特に専門的な資格が必要でないことや、知識やスキルが明確でないことなどが理由なのでしょう。

あくまでも平均なので企業によっては年収の高い場合もあります。未経験での通常のテクニカルサポート業務の平均と考えてください。

テクニカルサポートは充分に知識やスキルを上げキャリアを積むことで、年収を上げることは可能な職種です。

年収を上げるにはどのようなことが必要なのでしょうか。

年収を上げるには?

テクニカルサポートの中でもエンジニアとしての要素を含む職種の場合年収は高くなります。

エンジニアとしてのサポートは質問内容がより専門的になるため、ハードウェア・ソフトウェアなどITのより深い知識が必要となるのです。

知識やスキルを深めて、より高度な質問内容にも対応できるようにキャリアアップしていくことで年収アップも期待できます。

 

ワンポイント
 スキルやキャリアを上げることでテクニカルサポートの年収アップは可能です。

テクニカルサポートのキャリアパス

ステップアップ

テクニカルサポートでキャリアを積むことでどのようなキャリアパスを設計することが可能なのか解説していきましょう。

  • 外資系企業
  • チームリーダー
  • システムエンジニア
  • プログラマー
  • セールスエンジニア

上記のような道に進むことの多いテクニカルサポートです。それぞれの内容を詳しく確認します。

外資系企業のテクニカルサポート

英語力があるなら外資系企業のテクニカルサポートへの転職も年収アップに繋がるでしょう。

TOEIC600点以上の語学力が求められますが、語学力を試すため挑戦してよりキャリアを積む人もいるのです。

求人でみても、外資系企業のテクニカルサポートの年収は幅広く高年収も見込まれます。

サポートチームのリーダー

テクニカルサポートのキャリアを積んで、センターやチームのリーダーとして活躍する人もいます。

解決できない問題の解決策を探したり、対応についてのマニュアル文書を作成したり対策方法の分析を行うのが役割です。

チームをまとめる役目も担います。リーダーから他の役職へとキャリアアップする人も多いでしょう。

SEやプログラマー

テクニカルサポートで知識やキャリアを積み、社内SEなどシステム開発に携わる仕事に就く場合もあります。

システムエンジニア(SE)はシステム開発に携わる他、顧客の申し出を確認して仕様書の作成を行うなどのアフターフォローが仕事です。

プログラマーはシステムエンジニアと比べて範囲は狭くなりますが、コーディング作業などを行いシステム不具合にも対応するのです。

システムエンジニア、プログラマー共に専門知識を有する職種として、テクニカルサポートの年収平均をわずかですが上回ります。

その他セールスエンジニアとして、営業力も加えたエンジニアへとキャリアアップし顧客対応にあたる場合もあるのです。

セールスエンジニアにはより専門的な知識と高いコミュニケーション能力が求められるでしょう。

テクニカルサポートでキャリアを積むことで、エンジニアだけでなく他部署での重要な役職へ進むなど道は大きく広がります。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

エージェント

未経験でのテクニカルサポートへの転職は、基礎的なIT関連の知識を身につけていれば可能です。

ただ一人では悩んでしまうことも多いでしょう。テクニカルサポートへの転職に悩んだら、転職エージェントに相談してください。

転職エージェントはさまざまな事例や経験から、未経験でのテクニカルサポートの転職をしっかりとサポートし成功に導きます。

テクニカルサポートになるためにはどうすれば良いのか、最初の段階から分かりやすく相談に乗ってくれるので安心です。

悩んでいないで、ぜひ転職エージェントを活用してスムーズな転職を目指してください。

まとめ

ポイント

テクニカルサポートとはIT製品の使用方法やトラブルなど、顧客の問い合わせに対応して問題解決に導く仕事です。

そのためテクニカルサポートに未経験者が転職するためには、IT関連の知識を深めておく必要があるでしょう。

特に必要な資格は無く未経験者の転職も可能ですが、スキルや知識は身につけると共に電話応対やメールの文章力も必要となるのです。

テクニカルサポートに向く人は人と接することが好きで、IT関連の知識があり情報の整理分析力のある常に向上心のある人です。

キャリアを積むことで外資系のテクニカルサポートへの転職やチームリーダ、またSEやプログラマーなどへのキャリアパスが設計できます。

未経験でテクニカルサポートへの転職を希望するなら、IT関係の職種に強い転職エージェントに相談してください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら