商品企画とは、社会に流通している商品・サービスの内容を企画開発する職種です。

業務を通じて、新しい商品・サービスを生み出すプロセスに大きく関わることができます。

また既存商品の課題を発見し、改良に繋げていくことも役割の一つです。

企業にとっては、業績向上と経営戦略に関わる重要なポジションだといえるでしょう。

商品企画を目指すにあたって、仕事内容や適性・スキルを把握しておくことが肝心です。

そして、企業が求める人物像と自身の強みを論理的に結び付けていきましょう。

今回は、商品企画の志望動機の書き方について解説します。

志望動機を書く前に取り組みたいことや例文も紹介するので、参考にしてみてください。

商品企画の志望動機の書き方を解説

指差しポーズの女性

商品企画職は、企業の売りとなる商品・サービスを考案して開発計画を主導していきます。

アイデアを形にできるという可能性に、魅力を感じる方も多いのではないでしょうか。

しかし、単純に自分の作りたいものを作ることが仕事ではありません。

消費者のニーズを適切に把握できるかどうかが、肝心なポイントとなります。

そのために、まず必要な商品企画のスキルと適性を掴んでおきましょう。

商品企画の志望動機が書きやすくなるベースを築くことが大切です。

商品企画に求められるスキルとは

商品企画の仕事に就きたい場合、どのようなスキルが必要となるのでしょうか。

主に4つの能力が挙げられます。

  • 情報の収集・分析能力
  • 発想力
  • コミュニケーション能力
  • PCの基本スキル

情報を集める力は、商品のアイデアを具体化したり改善点を見つけたりするために必須です。

常に幅広い視野を持ち、トレンドや消費者の声を分析して新たなニーズを発掘します。

情報を正しく扱う力が、新旧問わず商品の価値を高めるといえるでしょう。

どのような商品を開発していくのか、自由に発想する力も大切です。

従来商品や企業方針を踏まえつつ、枠にとらわれないアイデアがヒットに繋がるかもしれません。

また企画開発の一連の流れでは、プレゼンテーションや打ち合わせを行います。

社内外の関係者とのやり取りが多くなるでしょう。

コミュニケーションを円滑に行うことで、業務全体をスムーズに進行できます。

自分と周囲がしっかりと意思疎通できているか、注意しておきましょう。

さらに企画書やプレゼンテーション用の資料をまとめることも一つの仕事です。

基本的なPCスキルを身に付け、Officeソフトなどを効率よく活用してください。

商品企画に向いている女性とは

では、商品企画にはどのような女性が向いているのでしょうか。

日頃から最新のトレンドに関心の高い人は、商品企画に向いているといえます。

興味のあるジャンルはもちろん、未知の分野でも積極的にインプットする姿勢が大切です。

企画当事者でありながら消費者でもあるという視点を育てていってください。

このような好奇心に豊かな発想力が加われば、商品企画として活躍できるでしょう。

また、チームワークを重視して周囲と連携できる人にも適性があります。

自分の意見をわかりやすく伝えることに注力し、メンバー一丸となって仕事に取り組みましょう。

 

ワンポイント
商品企画に求められるスキルと適性を理解した上で、志望動機の内容を考えましょう。

志望動機を書く前のポイント

考える女性

志望動機は自己PRの根幹であるといえます。

商品企画になりたい理由が曖昧だと、採用担当者の心には響かないでしょう。

自分の強みを丁寧に洗い出し、志望職種に対する理解を深めておくことが大切です。

志望動機を書く事前準備は怠らないようにしてください。

自己分析を徹底的に実施しよう

志望動機の軸を固める作業として、まず自己分析の徹底がカギです。

自己分析を行うことにより、自分の長所や現状でのスキルレベルを整理できます。

その結果と、商品企画に必要とされるスキル・適性を突き合わせましょう。

商品企画に適した自分の強みを見つけ出すことが、非常に重要です。

志望動機で何をアピールするべきか、具体的に内容を組み立てていくことができます。

自身の人材価値と職種のマッチングを高め、自己PRに説得力を持たせてください。

商品企画の仕事内容を把握しておこう

仕事をする女性の手元

商品企画の仕事は、アイデアを出せば終わりというわけではありません。

企画の立案に始まり、企業上層部の承認を得てから開発に移行します。

アイデアを企画書にまとめたり関係者と話し合ったりと、多岐にわたる業務が特徴です。

時には、広告宣伝や販促の方法にまで関与するケースもあります。

一つの商品が誕生し、社会に出回るまでの流れを見届ける立場といえるでしょう。

マルチタスクをこなす能力と責任感が重要視されるということを心得てください。

仕事内容を理解していれば、企業が求める人材ニーズを読み取りやすくなります。

業界・企業ごとの商品企画の特色を掴むのにも有効でしょう。

さらに仕事を通して、論理的思考や柔軟な対応力を養うことができます。

このようなメリットも、将来のキャリア形成を考える上で意識しておきたいところです。

 

ワンポイント
・自己分析で強みを徹底的に洗い出す
・商品企画がどのような仕事をしているか理解する

志望動機を書く際のポイント

パソコンとノートと女性

志望動機を書く前には、自己分析と仕事内容のリサーチを行います。

自分の強みと仕事に必要な能力を整理したら、アピールしたいポイントを抽出しましょう。

具体的な根拠のある志望動機が、採用担当者にとって大きな判断基準になるといえます。

アピールできる強みを明確にしておこう

商品企画には、あらゆるジャンルから情報を集めて精査する力が必要です。

そこから着想を得て企画立案し、実現に向けたプランを練ります。

フレキシブルな対応力と行動力が重要な要素として問われるでしょう。

自己分析で掴んだ強みの中から、必須スキルと共通するものを取り上げてください。

商品企画として成果を出せる人材であることを明確に示すことができます。

今までの経験を「求める人材像」に紐付けよう

同じ商品企画の職種であっても、企業によって「求める人材像」は異なる場合があります。

業界ごとに扱う商品・サービスの中身は様々です。

また大手企業なら業務が細分化される一方で、中小企業は個々の裁量が大きい可能性もあります。

応募先の企業は商品企画に何を期待しているのか、知っておくことが重要です。

その上で、志望動機を強固にする具体的なエピソードを選定しましょう。

たとえ珍しい経験であっても、企業側の「求める人材像」からずれてしまっては意味がありません。

経験から学んだ教訓や、習得した能力を志望職種と関連付けて伝えることがキーポイントです。

自分の経験を糧に活かそうとする姿勢の表れが、意欲面でも高く評価されるかもしれません。

企業の「求める人材像」と共通点のある自己PRを心がけていきましょう。

 

ワンポイント
企業の求める「人材像」と共通する、自分の強みや今までの経験・知識をアピールしましょう。
 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


志望動機を書く際の注意点

チェックマークを持つ女性

自分の強みと商品企画の適性をリンクさせることが、志望動機の伝わりやすさに影響します。

志望動機を書く際、応募先の業界・企業に関する知識や思い入れを盛り込んでいきましょう。

「商品企画ならどこでもよいのではないか」と思われないよう気を付けなければなりません。

なぜその業界なのか明確にしよう

商品企画は、どの業界にも存在する職種だといえます。

それだけに特定の業界を志望する理由は、確実に言及しておきましょう。

他の応募者との差別化を図ることで、採用担当者の印象に残りやすくなります。

併せて、業界全体の特徴や市場のトレンドも押さえてください。

業界に対して知見のある人物は、入社後の即戦力として一層期待されるかもしれません。

転職先で実際に商品開発する際にも応用できるので、業界研究は欠かさず行いましょう。

なぜその企業なのか明確にしよう

ひらめく女性

応募先企業でなければならない理由は、最もアピールしたいポイントです。

ここが曖昧だと、どれだけ自己PRを重ねても説得力に欠けてしまうでしょう。

各業界において、企業それぞれが独自の経営スタイルを取っています。

企業研究を通じて、特に商品・サービスのコンセプトには着目しておきましょう。

実際に応募先企業の商品・サービスを利用したエピソードも効果的です。

自分の体験をもとにすれば、応募先企業への親近感を相手に伝えることができます。

積極的に企業研究を行うことが、志望動機の強化に有効だといえるでしょう。

 

ワンポイント
応募先の業界・企業を選んだ具体的な理由を述べるために、しっかり研究しましょう。

志望動機で好印象を与えるコツ

OKサインをする女性

「商品企画を目指す理由」が明瞭であることが、志望動機の出来を左右します。

さらに一歩先に踏み込んでアピールするなら、転職後の展望を具体的に語りましょう。

応募先企業に貢献したいという熱意を伝える一助となります。

応募先企業のビジョンや理念を把握しておこう

企業研究の際には、ホームページや採用ページのチェックも忘れないようにしましょう。

企業が掲げている経営理念を把握することで、入職後のビジョンを描きやすくなります。

商品の企画開発を成功させることは、業績アップを目指す企業にとって大きなメリットです。

商品企画として企業の成長に役立ちたい、という意欲を打ち出してください。

業務内容の理解にとどまらず、企業への共感を持って志望している点が好印象を与えるでしょう。

自身のビジョンと紐付けよう

見上げる女性

商品企画に転職できれば、新しいキャリアが始まります。

提案したい商品・サービスのイメージや挑戦したい取り組みについて考えておきましょう。

自身の目標や将来像をきっちり描くことは、転職後のやりがいにも直結します。

また、職種・企業に対する研究と自己分析が十分できている証明にもなるでしょう。

自分の強みを活かしながら成長していく前向きなビジョンは、企業から歓迎されるといえます。

 

無料転職相談をして商品企画の志望動機を完成させよう

 

商品企画の志望動機の例文

パソコンと女性

ここからは、商品企画の志望動機について具体例を示していきます。

商品企画の経験の有無と業界の違いに基づいて、3つのパターンを用意しました。

同じ業界で転職する場合

「私はこれまで、食品業界で商品企画の仕事に取り組んできました。

実績としては、冷凍の弁当宅配サービスを展開し、普及拡大に努めました。

このサービスを通じて、偏りがちな食事バランスの改善に貢献できたと考えています。

一方で、利用ユーザーが高齢者にとどまりサービスの限界を感じていました。

御社では、特に乳幼児向けの食品に特化して開発を行われています。

その実績と自身の経験を活かし、若い家族層に向けた冷凍食品の宅配業を発案したいです。

少子化問題の解決策として、共働き夫婦に支持されるサービスを目指しております」

異なる業界から転職する場合

「私は通信業界で、主にスマホユーザー向けのプラン考案に従事してきました。

トレンドや消費傾向を分析する中で、生活スタイルの多様化を感じる機会が増えました。

御社は不動産を有効活用し、シェアハウス事業を積極的に展開されています。

今後、シェアハウスの中でもオンライン環境の充実が大切になってくると思います。

そこで今まで培った通信機器の知識とコミュニケーション能力を活かしたいと考えています。

御社で不動産について学びながら、自身のノウハウを応用した新規開拓に取り組みたいです」

未経験から転職する場合

「私は現在、医療業界の営業職として働いています。

薬品・医療機器を販売し、多くの医療従事者や患者の方と接してきました。

医療を提供する側とされる側の両方のニーズを満たす商品を作りたいと思うようになりました。

営業職で身に付けた臨機応変な対応力を活かし、御社の医薬品開発に貢献したいと考えています。

さらに営業現場とのコミュニケーションを深め、高品質な商品企画を実現したいです」

 

無料転職相談をして商品企画の志望動機を完成させよう

 

商品企画の志望動機のNG例文

バツカードを持つ女性

商品企画の志望動機として避けたい例文について紹介します。

どこが不適切なのかを理解して、志望動機のブラッシュアップに役立ててください。

自己分析・企業研究が不十分

「私は自分で商品を作り出すことに非常に興味を持っており、御社に応募致しました。

SNSで話題になるような商品・サービスを自分で発信できる可能性に面白味を感じています。

御社で商品企画として働き、老若男女問わず人気を集めるような商品を提供していきたいです」

エピソードが抽象的

「私は学生時代に飲食店でアルバイトした経験から、コミュニケーションを取るのが得意です。

食品業界への興味関心も深く、様々な情報を掴むように心がけています。

また、前職で社会人として必要なスキルを学んできました。

このような経験・スキルを最大限に活用して、御社に貢献したいと考えています」

NG例にならないために

2つのNG例は商品企画を目指す動機が漠然としており、伝わりにくくなっています。

これでは「本当にこの会社で商品企画になりたいのか」と疑問に思われかねません。

自分の強みや経歴が、商品企画の適性と一致していることを明確に示してください。

企業の事業内容にも言及し、業界・企業研究の深め方もアピールしましょう。

また志望動機の裏付けには具体的なエピソードを取り上げることで、説得力が増します。

採用担当者に理論立てて説明しながら、やる気も伝わる志望動機を作りましょう。

Women's Worksの非公開求人ご紹介
営業|東京

【企画営業(未経験歓迎)】女性による営業支援サービスを提供/豊富な研修で立ち上がりをサポート!

300万円 ~ 500万円

営業支援・営業提案

法人の新規開拓の営業支援

年間休日120日 社保完備 インセンティブ制度
この非公開求人に興味がある
 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


商品企画の面接対策は?

考える女性

商品企画の面接には、質問内容と受け答えに注意して臨みましょう。

「実際に入社したらどのような商品を企画したいか」と聞かれる場合があるかもしれません。

アイデアの発想力だけでなく、仕事へのビジョンをどこまで持っているかが問われています。

企業の実績と併せて具体的なプランを話すことで、期待の人材として印象が強まるでしょう。

またプレゼンテーションを想定した説明を意識しておけば、職種への理解度の高さも証明できます。

Women's Worksの非公開求人ご紹介
営業|東京

【企画営業(未経験歓迎)】女性による営業支援サービスを提供/豊富な研修で立ち上がりをサポート!

300万円 ~ 500万円

営業支援・営業提案

法人の新規開拓の営業支援

年間休日120日 社保完備 インセンティブ制度
この非公開求人に興味がある

商品企画の志望動機に困ったら転職エージェントに相談しよう

会話する2人の女性

商品企画に転職する場合、志望動機の内容や面接への対策が重要なポイントとなります。

転職を成功させるためには、自己分析・企業研究も綿密に行いたいところです。

しかし、転職活動を全て1人でやり遂げることは難しいかもしれません。

困った時には、転職活動のエキスパートに頼ってみてはいかがでしょうか。

転職エージェントは、幅広い業界・分野の知識と自身の経験を活かして個別にサポートしてくれます。

転職活動の最初から最後まで寄り添ってくれるので、安心して志望職種を目指せるでしょう。

少しでも悩んでいる方は、ぜひ転職エージェントへの相談を検討してみてください。

 

無料転職相談をして商品企画の志望動機を完成させよう

 

まとめ

パソコン前で本を持つ女性

商品企画に転職したい方に向けて、志望動機の書き方について解説してきました。

志望動機を書くにあたって、自己分析と仕事内容の把握は欠かせません。

そして企業の「求める人材像」と共通する自分の強みをアピールしてください。

また、応募先の業界・企業研究をきちんと行うことも重要です。

企業に対する共感を原動力に、自身の転職後の目標やキャリアプランを描いておきましょう。

より印象の良い志望動機を書くために、転職エージェントに頼るのも有効な手段だといえます。

商品企画への転職を実現し、アイデアを形にするやりがいを手に入れましょう。

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために以下のサポートを全て無料で実施いたします。

  • 非公開求人紹介
  • 職務経歴書のフルオーダー作成
  • 応募企業への推薦
  • 面接のフィードバック
  • 模擬面接の実施
  • 内定後の労働条件確認

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!

 

非公開求人紹介

転職エージェントに相談すると、一般に公開されていない非公開求人への紹介が可能です。

非公開求人には大手企業優良企業が多いと言われています。

条件が良い仕事だったり募集人数が少ない場合があるので、一般募集で応募が殺到しないように非公開としているのです。

この非公開求人はエージェントの紹介でしか応募することが出来ません。

キャリアアドバイザーによるヒアリングであなたにピッタリの求人をご紹介いたします。

職務経歴書のフルオーダー作成

応募したい企業が見つかったら先方に提出する職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい職務経歴書の作成を目指しています。

応募企業への推薦

フルオーダーの職務経歴書とともに応募企業への推薦状を作成いたします。

応募推薦状はエージェントに相談した人にしか受けられないサポートです。

模擬面接の実施

コールセンター

ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。

面接のフィードバック

面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

また内定した場合でもフィードバックいたしますので自分がどこを評価されたのかが分かり、入社後のモチベーションにも繋がります。

内定後の労働条件確認

事務

 

企業内定後には労働条件の確認給与の交渉をさせていただきます。

内定承諾書を提出する前に確認しておきたい雇用形態の調整を代わりに行います。

納得して仕事を始めていただけるように最後まで徹底サポートさせていただきます。

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!