フロントエンドエンジニアという職種に興味がある方は意外と多いのではないでしょうか。

可愛いWebサイトを作る仕事は楽しそうなイメージがあるでしょう。

では、実際のところフロントエンドエンジニアになるにはどうしたらいいのでしょうか。

本記事では、フロントエンドエンジニアになるためのおすすめの資格を紹介します。

転職を目指す方は参考にしてください。

フロントエンドエンジニアにおすすめの資格を解説

フロントエンドエンジニアの仕事は、一言でいうとWebサイトなどのユーザーが見る部分、つまりフロント部分を作ることです。

直接ユーザーが目に触れる部分を作ることが仕事です。

その分、ユーザービリティの高いものを模索して作ったり、トレンドのデザインにしたりと工夫のしがいがあります

実際にユーザーが直接見る部分を作るので、成果を感じやすくやりがいにつながりやすい特徴もあります。

ただし、デザインを主に提案するWebデザイナーとは違い、実際のエンジニアとしての業務も行うため、知識が必要です。

では、そんなフロントエンドエンジニアになるには、どんな資格を取っていれば転職に有利になるのでしょうか。

1つずつ解説していきます。

フロントエンドエンジニアに資格は必須?

疑問に思う女性

そもそもの話ですが、フロントエンドエンジニアになるために資格は必要なのでしょうか。

結論からいうと、フロントエンドエンジニアになるための資格は必須ではありません

資格がなくても、フロントエンドエンジニアとして働くことは可能です。

企業によっては、未経験・資格がなくてもOKという求人もあります。

ただし、フロント側の作業をするといってもエンジニアには変わりありませんから専門用語などが非常に多い業界です。

全くの初心者として入社すると、専門用語を覚えることから始まり、仕事の説明を理解するのも一苦労です。

 

ワンポイント

フロントエンドエンジニアになるには資格は不要です。

ただし、専門性の高い業務内容であることから、資格を取ってから入社するのをおすすめします。

 
クリエイティブ職向け転職
【マイナビクリエイター】に相談する
 

おすすめ資格「基本情報技術者試験」

ビジネスパソコン

まずおすすめするのは「基本情報技術者試験」です。

この試験に合格することで、IT関係の知識が一定程度あることを証明することができるためおすすめです。

資格の特徴

この試験は、IT業界で必要とされる情報処理について、基本的な知識や機能、その活用方法などの能力を問われる試験です。

国家資格ということもあり、非常に人気な試験であり、また、持っていると転職にかなり有利になるといえます。

この資格の勉強を通してプログラミングの基礎や情報処理について学ぶことができるため実践にも役立てやすいです。

よく聞く「ITパスポート」よりもエンジニアとしての実務性が高く、難易度も高いといわれています。

また、この試験を受ける年齢層が20代に寄っていることからIT業界で働く人間の入り口となっていることもわかります。

資格の取得難易度は?

基本情報技術者試験の合格率は、毎年大体25%前後となっています。

4人に1人の合格率で、ほかの民間の資格試験に比べると決して高い合格率ではありません。

試験自体は1日かけて行われます。

午前の部と午後の部に行われ、それぞれ100点満点中60点合格となっています。

この試験を突破するための勉強時間は、一般的に200時間といわれており難度は高めです。

現職をこなしつつ転職活動をしながら、この試験に合格するというのはなかなか簡単ではありません。

ですが、合格した際には知識もかなりついており、転職にはかなり有利になるということを覚えておきましょう。

 

ワンポイント

「基本情報技術者試験」の合格率は25%ほど、必要な勉強時間は200時間ほどです。

大変ですが、合格すればかなり価値のある試験といえます。

おすすめ資格「Webクリエイター能力認定試験」

おしゃれなHPを見るパソコン

次に紹介するのは、「Webクリエイター能力認定試験」です。

こちらは、サーティファイという企業が実施する民間の資格です。

民間資格といってもその業界では有名であり、こちらも資格を持っていれば転職にはかなり有利になるといえます。

資格の特徴

虫メガネを持つ女性

この資格は、「スタンダード」と「エキスパート」の2ランクあり、順番に受けることが可能です。

スタンダードの方は、実技問題のみとなっています。

内容は主にWebサイトの構成や設計についての知識、HTMLやCSSに関する知識が問われます。

エキスパートの場合は、実技試験に知識問題も加えられます。

加えてデザインや配色についての知識や、Webサイトの運営や管理についての知識が問われます。

資格の取得難易度は?

こちらの資格は、比較的取りやすい資格となっており、近年の合格率は80%を超えています。

スタンダード、エキスパートどちらも80%を超える合格率を誇っています。

そのため、比較的取りやすい試験といっていいでしょう。

Webクリエイターを目指す人などが受ける試験としても人気で、フロントエンドエンジニアの人も率先して取得したい資格です。

おすすめ資格「HTML5プロフェッショナル認定試験」

パソコン

次に紹介するのは、「HTML5プロフェッショナル認定試験」です。

こちらは、ざっくりいうとHTMLやCSS、JavaScriptなどを扱う民間資格です。

フロントエンドエンジニアとして、Webサイトなどの見た目に大きくかかわるHTMLやCSS、Javaなどの知識を習得できます。

資格の特徴

HTML5プロフェッショナル認定試験は、エルピーアイジャパンという団体が運営する民間資格です。

先ほどお伝えした通り、HTMLやCSS、JavaScriptなどの専門知識を問われる資格です。

試験はレベル1とレベル2に分かれており、レベル2の方が、難易度が高くなっています。

資格の取得難易度は?

疑問を感じる女性

HTML5プロフェッショナル認定試験の合格率は、実は公表されておりません

合格ラインは全体の7割程度といわれています。

試験のレベルについてですが、レベル1はHTMLやCSSの基礎を重点的にしっかり勉強すれば合格できるといわれています。

レベル2の試験に関しては、動的コンテンツのプログラムなども含まれてくるため、比較的難易度が上がります。

一度にレベル2まで受かろうとするよりも、まずはレベル1を受け合格してからレベル2を目指すことをおすすめします。

フロントエンドエンジニアに役立つ資格「Ruby技術者認定試験」

作業中のノートパソコン

フロントエンドエンジニアの仕事に、実務的に役に立つ「Ruby技術者認定試験」もおすすめです。

こちらも詳しく紹介していきます。

資格の特徴

Ruby技術者認定試験は、比較的新しいプログラミング言語、Rubyの開発者であるRuby Associationが運営・推進している資格試験です。

この試験に合格することでRubyの技術についていかに知識を持っているかを証明することができます。

Ruby技術者認定試験は2021年時点では「Silver」と「Gold」の2つのグレードに分かれています。

今後は「Platinum」というさらに高いグレードも設立される予定となっているようです。

試験時間が90分なのに対し、50問の問題数があるため1問2分程度で問いていく必要があります。

合格ラインは75%と高めなので、しっかりとRubyについての知識を身につけてから挑戦しましょう。

資格の取得難易度は?

こちらのRuby技術者認定試験の合格率については、正式公表はされておりません。

そのため、Silver・Goldともに合格率は不明です。

ただし、一般的にSilverの試験は「PHP初級と同等ほど」といわれています。

PHP初級といえば、大体40%ほどの合格率を例年出していますので、きちんとした決して低い数字ではありません。

ただし、Goldについては「基本情報技術者と同等ほど」といわれていますので、難易度がかなり上がります。

先ほどもお伝えした通り、大体25%ほどの合格率となっており、確実な知識とそれを素早く回答する能力が必要とされます。

 

ワンポイント

資格を持っていることは転職時に大きなアピールになります。

積極的に取得していきましょう。

 
クリエイティブ職向け転職
【マイナビクリエイター】に相談する
 

資格取得のメリットは?

指導する女性

ここまで、フロントエンドエンジニアの仕事におすすめの資格や試験について詳しく紹介してきました。

ですがそもそも、資格取得にどんなメリットがあるのでしょうか。

スキルや知識が身に付く

まず、資格を取るための勉強でスキルや基礎的な知識が身につくということが大きなメリットです。

転職の際は特に、即戦力を求められていることが多いため最低限のスキルや知識は持っておきたいものです。

資格や試験の勉強を通して、基礎的なスキルや知識を身につけることで入社後もスムーズに動きます。

仕事を教えてもらうにしても、基礎知識があるのと無いのとでは大きな差が生まれます。

そういった面で、資格試験の勉強をすることには大きなメリットがあるといえるでしょう。

転職に役立つ

転職相談

当然ですが、資格を持っていることや試験に合格しているということは、その実力があることを証明することができます。

それは、面接で「知識があります」とプレゼンすることよりも説得力を持つのです。

難易度が高い試験であればあるほど、履歴書に書いてあるその資格試験を見て採用担当者はその実力を評価します。

フロントエンドエンジニアの仕事に就きたいという場合は特に重要です。

今回紹介したような資格試験を履歴書に書くことができれば、かなり転職に有利になるといえるでしょう。

フロントエンドエンジニアに必要なスキル

エンジニアとして働く女性

では、フロントエンドエンジニアに必要なスキルとはいったいどんなものがあるのでしょうか。

基本的に、最低限フロントエンドエンジニアに必要なスキルは以下の3つです。

  • HTML
  • CSS
  • JavaScript

それぞれの内容について詳しく解説していきます。

HTML

まずは、Webサイトなどを作るのに基礎中の基礎ともいえるHTMLのスキルです。

今ではたくさんのプログラミング方法が出てきています。

ですが、それでもやはりHTMLのスキルがないとフロントエンドエンジニアとして働くことは難しいでしょう。

CSS

次に、CSSのスキルも必要とされます。

HTMLとセットでCSSのスキルを身につけたという方も多いかもしれません。

CSS自体はそんなに難しい内容ではないため、独学で勉強してスキルを身につけたという人もいるほどです。

シンプルで簡単なスキルといえど、フロントエンドエンジニアとして働くのに必須な知識です。

JavaScript

昨今のWebサイトで欠かせないのが、JavaScriptのスキルです。

JavaScript自体は10年以上前からある技術です。

そのため、逆にいうとフロントエンドエンジニアとして働く場合はそのスキルがあって当たり前という業界認識となっています。

昨今のWebサイトを見ても、JavaScriptを一切使っていないWebサイトはかなり少ないのではないでしょうか。

デザインに凝れば凝るほど、必要となってくるスキルなので、必ず身につける必要があります。

 

ワンポイント

フロントエンドエンジニアとして活躍するには、最低限3つのスキルが必要です。

HTML・CSS・JavaScriptについては事前に勉強しておきましょう。

転職相談は転職エージェントを活用しよう

転職エージェント

もはや目にしない日はないといっても過言ではないWebサイトですが、それを作る仕事はワクワクするでしょう。

そのため、フロントエンドエンジニアの仕事に就きたいという女性も少なくありません。

ただし、フロントエンドエンジニアの仕事はある程度知識が必要であり、簡単に素人がすぐに活躍できる仕事ではありません。

資格を取ってから転職活動をしようと思っても、なかなか現職があるうちは難しいでしょう。

そんなときは、転職エージェントに相談しましょう。

転職エージェントなら、さまざまな求人を扱っているため、あなたの希望に沿った求人を探し出すことができます。

現職をこなしながら、資格取得を目指すのは忙しいため、求人情報は転職エージェントに任せるというのも効率のいい方法です。

中には、未経験OK・入社後資格取得応援の制度があるような企業もあるため、チェックが必要です。

まずは、転職エージェントに自分の希望だけでなくITに関する自分の知識がどれくらいのレベルなのかも相談してみましょう。
 
クリエイティブ職向け転職
【マイナビクリエイター】に相談する
 

まとめ

パソコンを持つ二人の女性

フロントエンドエンジニアの仕事は、実際のユーザーの目に見える部分を作るためやりがいを感じやすいといわれています。

ただしWebデザインをするだけが仕事ではなく、まずはHTMLやCSSなどの基礎をはじめとしたプログラミング技術が必要です。

未経験でもなれないことはありませんが、資格を取ってから転職活動する方が有利だといえるでしょう。

転職エージェントと相談しながら、資格取得のスケジュールや転職先など詳しく決めていきましょう。

フロントエンドエンジニアとして活躍するには、最低限3つのスキルが必要です。

HTML・CSS・JavaScriptについては事前に勉強しておきましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら