転職活動を始める場合、貯金をしてから退社し転職活動をする人が多いでしょう。

できるだけ間をあけずに再就職しようと思っても、どれくらいの期間で自分に合った転職先に出会えるかわかりません。

ある程度は余裕をもって貯金をためておきたいところです。

そうでないと、転職期間中に焦りが出たり転職先に妥協したりすることになりかねません。

今回は、女性が転職する際に必要な貯金額転職活動に必要な費用を解説します。

Contents

女性の転職時に必要な貯金額を解説

ポイントをさす女性

転職する際、現職を続けながら転職活動をするパターンと、一度きっぱり退社して転職活動に専念するパターンがあります。

前者の場合は、現職で給与が出るため、お金の不安は特にないでしょう。

後者の場合は、給与が途絶えてしまうため、貯金をしておく必要があります。

また、自己都合での退社の場合は、雇用保険から出る失業手当にも給付制限期間があるため、注意が必要です。

貯金がなくても転職できる?

電卓をにらむ女性

そうはいっても「貯金はないけれど今すぐこの会社を辞めてしまいたい」と思っている方もいると思います。

貯金がなくても転職できるか?と聞かれると、答えは「できます」。

ただし、現職を辞めてしまった後は、普段の生活費に加えて転職活動にかかる費用も必要です。

そのため、転職期間中にアルバイトなどで収入をつなぐ必要があります。

貯金がない状態で現職を辞めてしまった場合での多くは、とりあえずアルバイトに就きながら転職活動をするというやり方です。

そうなると、アルバイトでの新しい仕事を覚えながら慣れない転職活動をしなければなりません。

貯金がなくても転職活動は可能ですが、貯金がある場合と比べて大変なことは多いといえるでしょう。

 

ワンポイント

貯金がなくても転職活動は可能です。

ただし、転職活動期間中の生活費を確保するため、アルバイトなどを同時にする必要があります。

転職活動に必要な費用は?

電卓をはじく手

では、実際に転職活動にはどんな費用がかかるかについても解説していきます。

転職活動にかかる費用を具体的に洗い出してみたことはないのではないでしょうか。

ここからは具体的にその費用を洗い出していきます。

意外と細かいところでお金を使わないといけないことが多く、転職活動にもお金が必要だということがわかります。

交通費

まずは交通費です。

転職エージェントに相談するにしても、独自で活動するにしても、面談や面接の際には交通費がかかります。

大体の場所が電車やバスで行くことになるでしょうから、その往復料金が毎回かかります。

採用し入社後に交通費支給という企業は多いですが、面接等の段階で交通費を出してくれる企業は稀です。

住んでいる場所や、活動を行う回数によってはバカにならない金額になってしまうので、要注意です。

移動先での飲食代

異動先での飲食代も意外と甘く見ていられません。

転職エージェントと話をする際にカフェに入って話をする場合もあります。

その際のドリング代はもちろん自分持ちです。

そのほか、面接に伺った際、時間帯によっては家に帰る前にご飯を食べて帰ろうという流れになるケースもあります。

意識していないと気づきにくいですが、こういった外食が重なるとお金はすぐに減ってしまいますので注意しましょう。

スーツや靴などの身だしなみ

現職ではオフィスカジュアルで過ごしていた人も、転職活動となればそうはいきません。

かといって、新卒の時に使っていたリクルートスーツも年齢によっては使えません。

そうなると、スーツや靴、シャツなど一式新しくそろえ直す必要があります。

スーツや靴などは値段が張るため、これら身だしなみにかかる費用は大きく、数万円かかるでしょう。

履歴書などの応募書類

履歴書

転職活動をするとなれば、履歴書職務経歴書などの用意も必要です。

履歴書は安いものなら100円程度で買うことも出来ます。

ですが、JIS規格である程度良いものを、と考えると意外と値段がかかります。

すぐに転職先が決まればいいですが、何社にも送付するとなればそれなりに枚数が必要となるため、お金がかかるでしょう。

転職や企業の情報を得るための費用

転職活動をする際、実際にその会社やお店の雰囲気を見に行ったりすることがあります。

企業の情報を知るために実際に足を運ぶため、最初に伝えたように交通費や現地での飲食費がかかるのです。

場合によっては、応募先の会社が開催しているセミナーに参加する場合もあります。

そうなるとセミナー費もかかることになります。

遠方の場合の宿泊費

人によっては、実家にいったん身を寄せその間に転職活動をする人もいます。

その場合、エントリー先の企業が遠方で日帰りが難しいという場合もなくはありません。

そうなると、宿泊費がかかります。

リーズナブルなビジネスホテルを使ったとしても、数千円はかかるため何度も行くとなると意外と痛い出費です。

 

ワンポイント

転職活動にかかる主な費用は以下の6つです。

  • 交通費
  • 移動先での飲食代
  • スーツや靴などの身だしなみ
  • 履歴書などの応募書類
  • 転職や企業の情報を得るための費用
  • 遠方の場合の宿泊費

住民税・年金・健康保険の支払いの出費は大きい

財布を見て悩む女性

意外と忘れがちなのが、転職期間中の住民税年金健康保険の支払いです。

転職活動のために現職を辞める際、その間の生活費として食費や家賃などを計算する方は多いです。

でも、意外とその計算に漏れやすいのが税金や健康保険の支払です。

税金や年金など前職の収入が高かったころは給与天引きであまり意識していない人も多いでしょう。

いざ、請求が来ると「こんなに」と驚くことも少なくありません。

給与天引きになっている場合でも、給与明細にその金額が載っているはずです。

今一度、自分はどれくらい税金等を払っているのか見てみましょう。

 

ワンポイント

転職活動の為退社した場合、今まで給与天引きだったものが自分に直接請求されるようになります。

そのときになって額に驚いてしまわないように、しっかりと事前に確認しておきましょう。

転職活動時の貯金で意識しておきたいこと

女性、指差し

ここからは、転職活動時の貯金で意識しておきたいことを紹介します。

転職活動をしている間、次の2つのことを覚えておきましょう。

手取り収入の4〜6ヶ月分が理想

年齢や転職の内容によりますが、転職にかかる期間は平均で3~6ヶ月といわれています。

そのため、貯金は基本的に前職の手取り収入の4~6ヶ月ほどあれば安心といえるでしょう。

転職活動前にそれだけのお金を転職活動費用として貯めることができれば理想的です。

転職活動は、いつもうまくいくとは限りません。

場合によっては何社も落ちてしまいくじけそうになることもあります。

そんなときに、お金の心配までしたくはありません。

出来れば、前職の月の手取り収入の4~6ヶ月ほど貯めてから転職活動に挑むようにしましょう。

使ったら補填しよう

家計簿をつける女性

貯金が減っていく一方では不安も募ってしまいます。

可能であれば、貯金を崩して転職活動に使った分は、補填していきましょう。

転職活動をするといっても、毎日どこかに行くわけではありません。

空いた時間を利用して日雇いのバイトで少しお金を稼いだり、時間の融通の利くアルバイトをしたりするのもいいでしょう。

 
【無料】親身で丁寧なサポートでの転職相談はこちら  

スムーズに転職を行う方法は?

女性

では、スムーズに転職活動を行う方法はどんな方法でしょうか。

出来れば、転職活動は効率よくスムーズに行いたいものです。

効率よく転職活動を行うために、これから紹介する2つのことを実践してみてください。

在職中に転職活動を始めよう

理想的なのは、在職中に転職活動を始めることです。

転職活動について全くプランができていない状態でとりあえず会社を辞めてしまうというケースは少なくありません。

でも、その場合既にお伝えしてきたとおり、転職期間中のお金の確保が大変になります。

転職をしたい理由によっては、「貯金はないけど今すぐ辞めたい」という方も少なくありません。

それは仕方のないことですし、状況によってはそういうこともあると思います。

あくまでも、理想的なやり方として在職中に転職活動の一歩を踏み出すことをおすすめします。

転職エージェントを活用しよう

面接

転職活動をしようと思ったら、転職エージェントを活用することを強くおすすめします。

転職エージェントなら、今の貯蓄額で現職を辞めていいか相談に乗ってもらうことも出来ます。

また、在職中の転職活動は非常に忙しく大変なイメージがあると思います。

でも、転職エージェントがいれば、さまざまなサポートをしてくれます。

非公開求人を含めたあなたにぴったりの企業の紹介、履歴書など書類の作成・面接の練習など幅広いサポートが受けられます。

あなたが働いている間に、あなたにぴったりの求人を探してくれたりと、非常に効率よく転職活動をすることができます。

転職活動中に貯金が尽きた事例をチェック

驚く女性

中には、きちんと転職活動前に貯金をしていても、貯金が尽きてしまう場合もあります。

3つの具体的な事例を紹介しましょう。

怪我や病気での入院費用

思わぬ事故や病気をしてしまい、予想外の費用が掛かってしまったパターンです。

事故や病気は予測がつきにくく、だれにでも起こりうることです。

また、入院や手術となると費用も大きくかかります。

生命保険に入っていても、それだけは足りないというケースも少なくありません。

そのため、治療費がかさみ転職活動中の生活費に充てるはずの貯金が尽きてしまうのです。

転職先が見つからず生活費で貯金が底を尽きた

転職活動が必ずしもすぐに成功するとは限りません。

理想の転職先が見つからなかったり、なかなか採用されなかったりとさまざまな理由から転職活動が長引くこともあります。

そうなると、転職活動が当初の予定より長くかかり生活費が足りなくなってしまったというパターンも少なくありません。

貯金額を知りつつも現実逃避をしていた

どんどん減っていく貯金額を見て、その残高を把握していたのにも関わらず現実逃避をしていたというケースもあります。

既に「使った場合は補填をするように」と解説したとおり、「まあなんとかなるだろう」と考えていては危険です。

貯金は勝手には増えませんし、むしろ税金など払わなければならないもので減っていく一方です。

見通しを立てて、残りの転職期間と貯金額の残高を定期的に照らし合わせて考えるようにしましょう。

 

ワンポイント

転職活動中に貯金が尽きると、生活もままならなくなってしまいます。

貯金が尽きてしまうその前に対処していきましょう。

転職活動中に貯金が尽きた時の対処法

貯金箱

ではもし、転職活動中に貯金が尽きた場合はどうすればいいでしょうか。

それは、以下のような方法があります。

  • 日雇いや短期のアルバイトをする
  • 転職活動に影響のない範囲でアルバイトをする
  • 希望の企業に、正社員ではなく契約社員等で入社する

入社したい企業が明確にあるけれど、正社員としての採用は難しいという場合があると思います。

そんなときは、その企業で契約社員や派遣が募集されていないか見てみましょう。

契約社員や派遣社員は、正社員よりも比較的採用されやすいので就職が決まりやすいです。

一旦契約社員や派遣社員で入社し、そのあと正社員に昇格するという手もあります。

転職活動中に貯金が尽きても、焦らずに紹介したことを試してみてください。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

接客

初めての転職活動は特に、何から始めたらいいか分からないものです。

今自分が貯めているお金で本当に足りるのかどうか、不安に思うこともあるでしょう。

そんなときは、転職のプロである転職エージェントに相談してみましょう。

転職エージェントなら、転職を始める際にまず何からしたらいいかどんな準備が必要かまで細かくアドバイスしてくれます。

1人でやみくもに転職活動をするよりも、まずは転職エージェントに相談することをおすすめします。

転職エージェントに相談しながら進めていくことが、一番効率のいい転職方法です。

 
【無料】親身で丁寧なサポートでの転職相談はこちら  

まとめ

貯金箱と電卓

転職活動をしたいと思う理由はさまざまです。

「ステップアップのために転職」「今の職場が嫌だから早く辞めたい」など人それぞれ事情があります。

その事情によっては、十分な貯金をしてから転職活動に入ることが出来ない場合もあります。

必要な分だけ貯金ができてから転職活動に入ることができればそれは理想的です。

それがもしできなかった場合の対処法なども今回紹介してきました。

ぜひ、今回紹介したことを参考に転職活動を頑張ってください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら