カフェやレストランでバリスタとして働きたい場合、志望動機はどんなふうに書けばよいでしょうか。

バリスタになりたいその夢をどのように書けば、応募先企業に伝わるのかと悩む人は多いです。

本記事では、バリスタになりたい女性向け、バリスタの志望動機の書き方を解説します。

志望動機の例文も紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

Contents

バリスタの志望動機の書き方を解説

履歴書,応募書類,職務経歴書

バリスタの仕事は、コーヒーを淹れたりラテアートを作ったりとおしゃれなイメージが強いです。

そういったイメージからバリスタに憧れてカフェで働きたいという女性も多くいます。

ただ、バリスタの仕事に本当に就きたいと思っている場合、志望動機を少し工夫しないと採用担当者に響きません。

「かっこいいからバリスタになりたい」と思っていると感じられてしまうと非常にもったいないです。

多くの場合が、志望動機は履歴書の書面だけで見られるので、しっかりと思いが伝わる志望動機の書き方を意識しましょう。

 

 

志望動機を考える前の準備

考える女性

まずは、志望動機を考える前の準備をしましょう。

いきなりやみくもに志望動機を書いても、なかなかうまくいきません。

志望動機を書く前に次の2つのことを実践してみてください。

自己分析を深めよう

まずは、自己分析をしっかりすることが大切です。

自分にはどんな強みがあるのか、それをどんな風に応募先企業の仕事で活かすことができるのか考えてみてください。

次に、自分にはどんな弱みがあるでしょうか。

その弱みを克服するにはどうすればいいのか、既に実践していることがあればそれも洗い出してみましょう。

自分の強み・弱みを考えたら、次はなぜ「バリスタになりたい」と思ったのか考えてみましょう。

バリスタになりたい理由を明確にして、それを志望動機に反映させることで採用担当者の目に留まります。

まずは、紹介した「自分の強み・弱み」「なぜバリスタになりたいのか」をしっかり自分の言葉で考えてみましょう。

実際にお店に行ってみよう

カフェでくつろぐ女性

次に、実際に応募しようと思っているお店に行ってみてください。

お店に入って感じる雰囲気や、そのお店が大切にしていることなどしっかりと自分の目で見てみましょう。

足を運んでいるということだけでも、採用担当者にとって印象が大きくプラスになります。

実際にそのお店に入って感じたことや、企業理念に触れてみましょう。

志望動機の中に、その感想を混ぜ込むことでよりあなたの本気度が伝わります。

また、実際にお店に行くことで自分の理想のバリスタ像とそのお店が一致しているかを確認することができます。

志望動機の作成以外にも大きなメリットがありますので、志望動機を書く前にまずは応募先のお店に足を運んでみましょう。

 

ワンポイント

志望動機を考える前に実践すること

  • 自己分析を深めよう
  • 実際にお店に行ってみよう

志望動機で押さえるべきポイント

ポイントを指す女性

では、次に志望動機で抑えるべきポイントについて紹介していきます。

志望動機の欄には限りがあります。

短い文章の中で、どんな要素を盛り込めば採用担当者の目に留まるのか、それを意識しましょう。

これから紹介する3つのことを意識してください。

バリスタを目指す理由を明確にしよう

まずは、自分がバリスタを目指す理由を明確にしましょう。

なぜ自分はバリスタになりたいのでしょうか。

そこをしっかりと考えてみてください。

バリスタになる夢や、その理由をしっかりと語らなければ「他の飲食店でいいのでは」と思われてしまいます。

他の飲食店ではなく、バリスタとして働くこの企業でないといけないという理由を明確に書くようにしましょう。

それを書くことで、より説得力が増し採用担当者の印象が良くなります。

応募先企業で活かせる経験を盛り込もう

ポイント

飲食店で働いていた経験があったり、接客の経験があったりする場合は、そのことも志望動機に盛り込みましょう。

バリスタの仕事は、コーヒーを淹れるだけではありません。

調理のヘルプに入ったり、接客を行ったりすることも多くあります。

飲食店で調理補助をしていた・接客業をしていたなどの経験は、バリスタをするうえでかなりポイントが高いです。

そのほか、飲食店や接客業に限らず自分の経験を洗い出してみてください。

そしてそれをどのように応募先企業で活かせるか、積極的に書けるよう考えてみましょう。

入社後のビジョンを明確にしよう

志望動機を書く際に忘れがちなのが、「自分は入社できたらどうしたいか」ということです。

採用担当者からすると、「この人を雇ってお店がうまく回るか」ということが非常に重要です。

自分は入社したらバリスタとしてどうなりたいのかをしっかりと明確にしましょう。

例えば、バリスタ資格を取る、ラテアートを極めたいなど自分の思いをまずは洗い出してみましょう。

そして、入社出来たらどんなふうに企業に貢献し自分のキャリアビジョンをどう考えているのかを明確にしましょう。 

 

 

志望動機の注意点

注意

逆に、志望動機を書く際にはどんなことに注意すればいいでしょうか。

志望動機を書く際に注意するべき点についても紹介していきますので、しっかりと把握しておきましょう。

ネガティブな内容を避けよう

当然かもしれませんが、ネガティブな内容は避けるようにしましょう。

ネガティブな内容が入っているとそれだけで採用担当者の印象が下がってしまいがちです。

前職を辞める理由や、自分の弱みを語る上で一部的にネガティブな表現になることもあるかも知れません。

そんなときは、ポジティブな表現に言い換えるようにしましょう。

「自分には、こんな弱みがあるが、こうしていくことで克服している」というような構成でポジティブに言い換えます。

そうすると逆に、自分の弱みをしっかりと分析し、かつそれを前向きに捉えているという印象を与えることができます。

そういった人材は、今後のキャリア形成においても非常に貴重な存在です。

ネガティブな表現を使う場合は、ポジティブな内容に言い換える・若しくはポジティブな言葉で締めくくりましょう。

応募先企業を選んだ理由を明確にしよう

次に、なぜその応募先企業を選んだのかもしっかりと書くようにしましょう。

「カフェで働きたい」「バリスタになりたい」というだけの理由では、「他のカフェでもいいのでは」と思われてしまいます。

数多くあるカフェやレストランの中でも、その応募先企業でないといけないという理由を明確にしましょう。

そのためには、企業研究が必要です。

冒頭に申し上げた通り、実際に足を運んだ時の感想を入れたり企業理念に賛同したりと具体的なことを書いていきましょう。

 

ワンポイント

志望動機を書くときの注意点

  • ネガティブな表現を避けてポジティブな表現で書く

  • 応募先企業を選んだ理由を具体的に書き、その理由を明確にする

バリスタの志望動機の例文

書類を書く女性

では、ここからは紹介してきた志望動機の書き方での例文を紹介していきます。

ご自身のエピソードなどと入れ替えながら、志望動機を書く際の参考にしてください。

経験者の場合

私は、2014年から5年ほど〇〇カフェで主にバリスタとして働いておりました。

基本的なコーヒーの淹れ方はもちろんのこと、さまざまなメニューに対応できます。

今回、御社に応募させていただいたのは、御社のメニューが非常に多くそのどれもが魅力的なものばかりだったからです。

よく御社のカフェを利用させていただいており、いつも違うメニューを頼みます。

私には思いつきもしない新メニューや、コーヒーに合うサイドメニューなど感動いたしました。

ぜひ、私も御社でバリスタとしてのスキルアップをしたいと思っております。

御社に入社させていただいた暁には、5年の経験をもとに即戦力に慣れると思っています。

そしてゆくゆくは新しいメニューの開発などにも携わっていきたいと考え、応募させていただきました。

未経験の場合

私は、カフェという空間が大好きで休みの日や仕事の前には必ずカフェに行っています。

御社のカフェに伺った際、厳選された豆で作られたコーヒーの上品な味に驚きました。

また、それと同時にコーヒーに見合うお店の落ち着いた雰囲気に魅了されました。

従業員の方もとても親切でいつまでも居たいと思えるような空間だったことを覚えています。

私は今までカフェ巡りを趣味としてきましたが、今後は私がその素晴らしい時間を提供する側になりたいと考えます。

ゆくゆくは自分の店を持ちたいと思っている場合

カフェを開ける女性

私には「バリスタになりたい」という夢があります。

なぜかというと、学生時代からコーヒーやラテなど数多くあるメニューに魅力を感じていたからです。

今回、御社に応募させていただいた理由は、御社のカフェの1つ1つのメニューのクオリティの高さです。

メニュー数が多い上に、そのメニューに最適な豆の使用・焙煎・抽出をしており、こだわりを感じます。

御社で働かせていただけた暁には、積極的にメニューを覚えスキルアップしていきたいと考えております。

働きながらバリスタ資格の取得も目指し、将来的には自分の店を開きたいと考えています。

バリスタの志望動機のNG例文

女性、NG

に、バリスタの志望動機を書く際のNG例文についても紹介しておきます。

多くの女性が陥りやすいNG例文をピックアップして紹介するので、何がNGなのかも含めて気を付けてください。

具体性がない

私は、学生時代からバリスタになりたいと考えていました。

コーヒーが好きで、バリスタという仕事に憧れを持っており、今回御社に応募させていただきました。

また、接客業も経験がありますのでその経験も活かし即戦力になれるよう頑張りたいと思っております。

主観的なことばかり言っている

私は、御社のカフェには週に2回以上伺っております。

御社のカフェのメニューがとても好きで、私も一緒に働きたいと感じました。

御社のカフェにはよく通っておりますので、メニューについてもほとんど把握しております。

NGな志望動機にならないためのチェックポイント

ポイント

NGな志望動機にならないためのポイントとしては「採用担当者の目線で見ること」です。

志望動機を一度書き上げたら、一度採用担当者になったつもりで読み上げてみてください。

その人がお店で働いているイメージがつくか、一緒に働きたいと考えられるか考えてみましょう。

 

ワンポイント

バリスタの志望動機を書く際の注意点

  • 具体性を持たせる
  • 主観的なことばかりでなく、客観的な表現も取り入れる

バリスタの面接でよくある質問

面接を受ける女性

書類審査を上手く通過し、面接に行けることになれば次は面接対策です。

面接では基本的に言葉のキャッチボールが大切です。

マニュアル通りの回答ばかりでは、いい印象は抱かれません。

あなたの思いのたけをあなたの言葉で伝えるための場だと思いましょう。

そうはいっても、バリスタの面接でよく聞かれる質問というのももちろんあります。

最低限、それだけは聞かれたときにすぐに答えられるよう準備しておきましょう。

バリスタの面接でよく聞かれることは、以下のとおりです。

  • バリスタとしての経験の有無
  • 経験がある場合、心に残ったエピソードは
  • 得意なメニュー・苦手なメニュー
  • マシンのメンテナンスはできるか

など、実務を意識したさまざまな角度からの質問がきます。

志望動機を考える際に考えてきたこともありますが、それを面接でパッと答えるのは意外と難しいです。

しっかりと頭の中を整理して、いざいきなり面接で聞かれても明るく元気に回答できるようにしておきましょう。

 

ワンポイント
  • 面接では、基本的に言葉のキャッチボールを大切にしましょう
  • 落ち着いて笑顔で受け答えができるよう、面接でよくある質問の回答は用意しておきましょう

面接で好印象を与えるためのポイント

面接を受ける女性

バリスタの仕事において、面接で好印象を与えるためのポイントも紹介します。

せっかく書類審査に受かったのなら、面接も頑張りたいところです。

面接で好印象を与えるポイントは以下のとおりです。

  • 清潔感を大切にする
  • 明るくはきはきと話す
  • 笑顔を忘れない

繰り返しになりますが、バリスタの仕事は接客業も含みます

どんなにコーヒーを淹れるのが上手くても人とのコミュニケーション能力が欠けていると働くには難しいです。

また、飲食業ですので清潔感は非常に重要です。

髪型から爪の長さ、服のケアまでしっかりとチェックしましょう。

バリスタの志望動機に困ったら転職エージェントに相談しよう

接客

ここまで紹介してきましたが、実際に働きながら転職活動をし、志望動機を考えることはなかなか難しいです。

忙しいなかで時間が取れないという方も多いでしょう。

そんなときは、転職エージェントに相談してみましょう。

転職エージェントは、自己分析のやり方や、志望動機の書き方のアドバイスも行ってくれます。

また、書類審査が通ったあとの面接練習なども行ってくれます。

まずは、転職活動の第一歩として転職エージェントに相談してみましょう。

 

 

まとめ

コーヒーを抽出する女性

バリスタにあこがれを持つ女性はたくさんいます。

ですが、実際のところバリスタはコーヒーを淹れる以外にもたくさんの業務があり決して楽な仕事ではありません

だからこそ、採用担当者もしっかりと人材を見極めようとします。

それに対応できるよう、今回紹介してきた事前準備から、志望動機を書く際のポイントまで参考にしてみてください。

バリスタへの転職が成功するよう応援しています。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら