DTPデザイナーは女性にも人気の職種で、印刷物を制作する企業では重要な役割を果たします。

どのような仕事を行うのか、どういった場所で働いているのか気になる人も多いのではないでしょうか。

こちらではDTPデザイナーの仕事内容を解説しています。DTPデザイナーへの適性やキャリアパスも紹介しているので参考にしてください。

DTPデザイナーの仕事内容を解説

パソコンを操作

DTPデザイナーとはさまざまな印刷物のレイアウトやデザインをする仕事を行っています。

仕事内容は雑誌や書籍・広告・ポスター・ダイレクトメールなど多岐にわたり、商品やイベントの宣伝に重要な役割をはたしているのです。

どこにいってもDTPデザイナーの手がけた紙面を見ることができるほど、さまざまなところに印刷物はあります。

DTPデザイナーは専用ソフトを使って、それら印刷物をクライアントの要望に合わせてデザインからデーター作成まで行っているのです。

DTPデザイナーの仕事内容

デスクとコーヒー

DTPデザイナーの仕事はさまざまな材料で印刷物をデザインするのが主な内容です。大まかな内容を挙げてみましょう。

  • 打合せ
  • ラフデザイン
  • デザイン修正
  • データー作成

DTPデザイナーの仕事は印刷物のレイアウトやデザインだけでなく、クライアントとの打合せからデーター作成に至るまでと幅広いのです。

そのため仕事内容は多岐にわたります。それぞれの内容を詳しくお話ししていきましょう。

打合せ

取材

まず最初の仕事はクライアントとの打合せです。クライアントの希望をしっかりと聞いてどのような紙面にするかを考えます。

その紙面がどのような目的でどのような場面で使われるのか、ターゲットはどういった層なのかなどを確認することも大切です。

その上でクライアントの求めることやコンセプトを理解して、要望に沿った紙面を作る必要があるのです。

打合せは仕事の重要な部分を占めるほど大切で、クライアントの思いを引き出すのもDTPデザイナーの仕事の一つといえるでしょう。

ラフデザイン

イメージがつかめたらラフデザインを描いていきます。クライアントの要望に沿った内容になっているか確かめながら作成します。

ラフデザインは大まかなものでDTPデザイナー自身が描きますが、場合によってイラストレーターの手を借りることもあります。

ラフデザインがほぼ希望の内容であることが確認できれば、それをもとにデザインの制作に入ります。

デザイン修正

グラフィック類を用意しレイアウトを決めていきます。クライアントのコンセプトをもとに全体のバランスを見ながらデザインしていきます。

出来あがったデザインの修正も大切な仕事です。内容に合わせてDTPデザイナー自身がより効果的なデザインに修正することもあります。

もちろんクライアントの修正依頼があれば、OKが出るまで何度も修正する場合もあるのです。

データー作成

最終的にクライアントに確認してもらい問題なければデーターを作成します。

データー作成は企業によってはDTPオペレーターが分担して行う場合もあります。

このときDTPデザイナーの作成したデザインをより良くするための微調整程度の修正を行う場合もあるのです。

DTPオペレーターのポジションを置いていない企業もあり、DTPデザイナーが兼任することも多くなっています。

データーを入稿し試し刷りをおこないここでも問題がなければ印刷会社に印刷を依頼します。

 

ワンポイント
DTPデザイナーの仕事内容はデザインだけでなく多岐にわたります。

DTPデザイナーに必要なスキルや知識

絵を描く女性

DTPデザイナーになるために必須の資格は特にはありませんが、パソコンでデーター作成まで行うのでスキルや知識は必要になります。

パソコンの知識も当然必要ですが、DTPデザイナーはDTPソフトを使って仕事を行うのでDTPソフトやDTPそのもの知識も不可欠です。

DTPソフト

DTPソフトにはイラストレーターやフォトショップなど専用ソフトがあり、ソフトを利用して仕事を行います。

よく使われるソフトには「Illustrator」「Photoshop」などがあり、これらを使いこなせるようにしておく必要があるでしょう。

DTPデザイナーは紙面レイアウトを行いますが、以前は手作業で行っていた版下の作成もパソコンですべて作成可能となっています。

ソフトによりより高度な構成でデザインすることが可能になり、レイアウトの幅も広がっているのです。

DTPの知識

DTPデザイナーは当然ですがDTPについて知っておく必要があります。

DTPとはDeskTop Publishingの略で印刷物のデザインやレイアウトをコンピューターで行い印刷可能な原稿に仕上げることです。

総合的な仕事内容についての知識も必要で、どのような流れで印刷物が印刷されクライアントの手に渡るのかも知っておく必要があります。

日々の生活の中に溢れている印刷物ですが、そういった印刷物を専門的な観点で見ることもDTPデザイナーの幅を広げる知識となるのです。

コミュニケーション能力

DTPデザイナーは直接クライアントとの打合せで、クライアントの持つコンセプトなど理解してデザインに取り入れます。

そのためにはコミュニケーション力が必要です。コミュニケーション能力はDTPデザイナーの磨いておきたいスキルの一つです。

また基本的には一人で紙面のデザインを行うDTPデザイナーですが、大きな仕事の場合プロジェクトチームを組んで取り組むこともあります。

その場合でも自分の思っていることを正確に伝え相手の思いを聞き取る、コミュニケーション能力は必要なスキルです。

DTPデザイナーの働く場所

DTPデザイナーはフリーランスとしてや在宅で仕事を行う場合もありますが、広告代理店出版会社などに勤務する場合が多いです。

大手企業に入社後アシスタントとして技術のスキルを磨き、DTPデザイナーとなるケースが多いです。

広告代理店

広告代理店では担当しているコマーシャルのチラシなどのデザインを受け持ちます。

デザインを専門に請け負う部署があり、その部署に配属されてより高度なデザインを求められる場合もあります。

大きなプロジェクトに加わることもあり、内容的にも充実した仕事が可能になります。それは自分自身を磨くことにも繋がります。

出版会社

出版会社では出版される書籍や雑誌の紙面のデザインを行います。購買意欲を高めるようなデザインでクライアントの要望に応えます。

ファッション誌や料理本など女性の視点でのデザインが大きな効果をもたらす案件も多く、女性のDTPデザイナーの活躍も目立ちます。

特に雑誌はデザインにより売上部数も違うほど、DTPデザイナーの腕が試されます。またそれだけにやりがいもあるでしょう。

印刷会社

印刷

印刷会社でのDTPデザイナーは、主として企業や個人の出版物の記事のレイアウトやデザインを行います。

クライアントの持ち込む記事や写真でのレイアウトやデザインが多くなります。細部にわたってのこだわりをしっかりと聞く必要があります。

印刷会社に勤務するDTPデザイナーはより高度な印刷技術を取得する機会もあり、デザイナーとしての幅がより広がる場合もあるのです。

 

ワンポイント
DTPデザイナーの仕事先は広告代理店や出版社・印刷会社などです。

DTPデザイナーに向いている女性の性格

女性、ガッツポーズ

DTPデザイナーに向くのはとにかく印刷物に興味のある人です。雑誌やチラシのデザインについ目がいってしまうという人は適任です。

常に新しいものを取り入れようとする性格や、流行に敏感でセンスがあるというのも必要な資質といえます。

特に女性の柔軟な目や感性はDTPデザイナーには向いているといえるでしょう。

細かな所に目が行き届く

細かな所にも目が行き届き、でき上ったデザインがクライアントの要望するものになっているか隅々にまで気を配る必要があるのです。

小さなことに気が付く性格が、DTPデザイナーには向いています。全体的なレイアウトでの僅かな違和感などが最終的な仕上りに影響します。

DTPデザイナーに必要なのは小さなことに目を向けることのできる感性と、些細な違和感に気付ける目を持っているということなのです。

印刷物や出版物に興味がある

企画

当然のことですが、印刷物や出版物に興味を持って向き合える人でなくてはDTPデザイナーには向きません。

同時にどのような工程で印刷物が仕上がるのか、デザインだけでなく広い意味での印刷物に興味があることも必要です。

またふと目にした雑誌のレイアウトが気になり、つい手にとってしまうような性格でなければ向いていないといえるでしょう。

人の意見を柔軟に聞ける

DTPデザイナーはクライアントのコンセプトをしっかりと理解して、希望に添ったデザインをする必要があるのです。

DTPデザイナーを志望する人は美に対しても敏感で、こだわりを持った人が多いです。こだわりが強すぎると自分の意見を通しがちです。

自分の考えを押し付けるのではなく、クライアントの意見を聞き柔軟に対応できる人が適性があるといえるでしょう。

クライアントの意見をすぐに理解できる柔軟さも必要です。柔軟に意見を聞ける人はチームで仕事を行う上でも向いている人といえます。

 

ワンポイント
DTPデザイナーの適性は細かい所にも目が届き柔軟に人の意見が聞ける人です。

DTPデザイナーの魅力とやりがい

オフィスの女性

さまざまな材料で一つの紙面を思う通りのものに仕上げていく、それがDTPデザイナーの魅力といえるでしょう。

クライアントの希望に合わせたものができ上り喜んでもらえ、効果があったと感謝されれば大きなやりがいを感じます。

何もないところから自分のセンスで作品を仕上げていき、一冊の雑誌や一枚の広告チラシとなり見る人に影響を与えるのです。

それは芸術家が作品を仕上げるのと同じような魅力であり、やりがいに繋がります。

DTPデザイナーの現状と将来性

女性

広告業界では広告そのものがWEB媒体が主流となりつつあります。印刷物をデザインするDTPデザイナーの需要も減少傾向の現状です。

それでもやはり紙ベースにこだわるクライアントもまだまだいます。企業でもDTPデザイナーの需要は無くなることはないでしょう。

その上今後はDTPデザイナーとしてのキャリアを上げながら、WEBデザイナーとしても活躍の場を広げることも可能です。

紙ベースとWEBでの両方でデザイナーとしての実力を発揮できれば、今まで以上に幅の広い仕事ができるのです。

もちろんDTPデザイナーにこだわってスキルを上げキャリアアップしていけば、優れたDTPデザイナーとして需要も高まるでしょう。

年収面でもキャリアを積むことで高収入が期待できる職種です。DTPデザイナーのエキスパートとして活躍する人も多いのです。

DTPデザイナーのキャリアパス

キャリアカウンセラー,活躍

DTPデザイナーとして企業での活躍でキャリアを積み、フリーランスとして活躍することも可能です。

またWEBデザイナーとしての実力をつけて仕事の幅を広げ、アートディレクターやプロデューサーとして活躍する人もいます。

努力次第では大きくキャリアアップして、活躍の場をさまざまに広げることのできるのがDTPデザイナーなのです。

女性の場合結婚や出産というライフイベントにともない、仕事内容を変える必要に迫られることも多いのが実情です。

DTPデザイナーとしてキャリアを積めばフリーランスとして在宅での仕事も可能になり、キャリアを活かしてそのまま活躍できるのです。

専門的な知識やセンスを活かせるDTPデザイナーは女性が長きにわたって活躍できる職種といえるでしょう。

 

ワンポイント
DTPデザイナーはキャリアアップしてフリーランスとしても活躍できます。

DTPデザイナーの転職は転職エージェントに相談しよう

相談中

DTPデザイナーはアート的なセンスが必要な職種ですが、特に資格が無くても転職できる仕事です。

もちろん転職のために身につけておきたいスキルや知識は必要です。どのような準備をして転職に臨めばよいのか気になります。

DTPデザイナーへの転職をスムーズに進めるためには、転職エージェントを活用してください。

転職エージェントは豊富な経験から、準備段階から面接・内定までDTPデザイナーへの転職を成功に導いてくれることでしょう。

悩んだ時には転職エージェントに質問や相談をしながら、スムーズに転職を成功させてください。

まとめ

ポイント

DTPデザイナーはさまざまな材料を組み合わせて一つの紙面をデザインする仕事です。

特に資格が必要なわけではありませんが、各種ソフトを使いパソコン上での作業を行うのでパソコンやソフトに関する知識は必要です。

またDTPに関する知識も当然必要になります。

センスが大いに問われる職種であるとともに、クライアントのコンセプトに沿うなど柔軟に人の意見を聞ける人に向いています。

WEB媒体でのデザイナーの需要が高まり、DTPデザイナーとしてキャリアを積みWEBデザイナーの仕事をする人も増えています。

キャリアアップすることで、フリーランスとして独立し在宅での仕事も充分可能なので女性には最適の仕事といえるでしょう。

DTPデザイナーの転職には実績のある転職エージェントの力を借りて、転職の成功を目指してください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら