コーヒーやカフェラテが大好きな女性は多く、バリスタの仕事は多くの女性から憧れを持たれています。

おしゃれなカフェで働いたり、おしゃれなラテアートを作ったりしてみたいという人も少なくありません。

では、バリスタの仕事は未経験からでも転職できるのでしょうか。

本記事では、バリスタの仕事内容からやりがい未経験で転職が可能なのか、など詳しく解説していきます。

バリスタの仕事内容を解説

ポイント

まずは、バリスタの仕事内容について解説します。

バリスタの仕事内容の第一は、イメージ通り「コーヒーを淹れて提供すること」です。

とはいっても、ただ単にコーヒーを淹れられればいいわけではありません。

カフェのメニュー通りに作ることはもちろん、カフェの方針によってはお客様の好みに合わせて淹れることが求められます。

コーヒーのメニューをすべて覚えて淹れることはもちろんのこと、お客様の嗜好を把握する必要もあります。

そのほか、コーヒーを淹れるための器具のメンテナンスやコーヒー豆の在庫管理なども仕事の一部です。

もちろん、それに加えて接客も必要とされます。

「バリスタの仕事=コーヒーを淹れる」というイメージですが、実はコーヒーを淹れる以外にもたくさんの業務があるのです。

バリスタの役割

女性

バリスタの役割自体は、お客様に最高のコーヒーを提供することです。

単に、最高級のおいしいコーヒーを提供することだけでなく、コーヒーをたしなむ時間や雰囲気も提供するのが役割です。

お客様の嗜好をよく把握し、どんな環境でコーヒーを楽しみたいと思っていらっしゃるのか意識して接客しなければなりません。

チェーン店や個人店など、お店の環境はさまざまなのでどこまでお客様の好みに合わせられるかはわかりません。

だからこそ、出来る範囲の中でどれだけお客様の満足度をあげられるかがカギとなっています。

一流のバリスタを目指すためには?

コーヒーを淹れる女性

では、一流のバリスタを目指すにはどうしたらいいのでしょうか。

せっかく憧れのバリスタになるのなら、一流を目指したいものです。

ここからは、バリスタとしてのスキルアップについても解説していきます。

コーヒーの知識を習得する

まずはコーヒーに関する知識を習得しましょう。

コーヒーは淹れる際のお湯の温度一つでも味や香りが変わります。

どんなコーヒーにはどれくらいの温度管理で淹れるべきかなどの知識も重要です。

そのほか、バリスタをするのに欠かせないのがコーヒー豆についての知識です。

コーヒー豆によって変わる味の違い、原産国、煎り方など覚えることはたくさんあります。

また、自分好みの味を求めている人に対してどのコーヒー豆がいいかというマッチングセンスも必要です。

コーヒー豆は世界各地で作られており、ブレンドコーヒーも合わせるとその数は無限大です。

何と何をブレンドすればどんな風になるかなどさまざまな知識が必要とされます。

一流のバリスタを目指すのであれば、まずはコーヒーについての知識を身につけましょう。

コーヒーの抽出方法の研究

パソコンと向き合う女性

前述のとおり、コーヒーは淹れる際のお湯の温度一つで味が変わります。

もちろん、淹れるスピードによっても香りや味が変わるものです。

そういった微妙な違いを感じながら、コーヒーの抽出方法についても研究しましょう。

コーヒーの淹れ方は、働きだした後に教えてくれることがほとんどですが、自分で知っておいて損はありません。

また、本格的なコーヒーの淹れ方を習得しているというだけでも転職で有利になることでしょう。

同じ豆で、同じ煎り方をしたものでも、違う淹れ方をしたらどんな風に変わるのか試してみるのもいいでしょう。

コーヒーがどのような味を出すのか、どういうふうに淹れ方を変えたらどんな味になるのか色々試してみましょう。

ラテアートの習得

ターゲット層にもよりますが、やはりバリスタとして欠かせない技術の一つがラテアートです。

ラテアートはそれを目当てでやってくるお客様がいるほど人気の商品です。

基本的なハートマークなどはもちろんのこと、3Dラテなどたくさんの種類があります。

ラテアートでよく頼まれる人気のデザインは以下のようなものがあります。

  • シンプルにおしゃれなハートや木の模様
  • マーブル
  • 人気のキャラクター
  • 動物などの癒し系

ラテアートで何を描くかというセンスも必要になるわけです。

ラテアートは単に絵を描く技術だけでなく、ミルクの泡が残っているうちに完成させお客様のもとに届けなければなりません。

センス、クオリティ、スピーディさも求められ技術を習得するにはとても大変です。

中には、ラテアート最先端といわれるヨーロッパや韓国に修行しに行く人もいるほどです。

世界コンテストなども行われ、日本人も多く受賞しています。

ラテアートは、煎ってしまえば一つの自分の作品です。

極めれば極めるほどクオリティは上がっていき、お客様にも喜んでもらえます。

技術を身につけるにはとても大変ではありますが、その分大きなやりがいにつながります。

 

ワンポイント

一流のバリスタになるためには、以下のことが大切です。

  • コーヒーの知識を習得する
  • コーヒーの抽出方法の研究
  • ラテアートの習得

バリスタのやりがい

女性

ここまでお伝えしてきて「バリスタって覚えることが多くて大変そう」と感じている方も多いのではないでしょうか。

確かに、バリスタの仕事は覚えることもこなす業務も多く大変です。

でも、その分大きなやりがいがあるというのも事実です。

ここからは、バリスタという仕事のやりがいについて紹介していきます。

お客様に喜んでもらえる

メニューの説明をする女性

まず一番は、やっぱりお客様に喜んでもらえるということです。

おいしいコーヒーを求めてお店に来たお客様に対して最高のコーヒーを提供できたら、それは大いに喜んでもらえます。

写真を撮ってSNSにアップしたり、お持ちした際に「わあ!」という声を聞けたり、そんなお客様の喜びが大きなやりがいにつながります。

スキルが身につく

スキルが身につくということも、バリスタの仕事としてのやりがいの一つです。

バリスタに必要な技術は、先ほどもおつたえしたとおり基本的な淹れ方からラテアートまで様々です。

技術の習得はとても大変ですが、それを習得した暁にはお客様に喜んでもらえるという喜びが待っています。

ラテアートなどは特に、練習の数をこなせばこなすほど確実に上手くなっていくものです。

ラテアートなどのスキルは限界がなく、アイデア一つでどんどん新しいものが出てきます。

世界大会なども行われるほど、そのスキルを磨き続けている人が世界中にいます。

それほど、スキルを磨くことに喜びを感じられるということなのです。

 

ワンポイント

バリスタの仕事はとても大変な仕事です。

でも、以下のような大きなやりがいもあります。

  • お客様に喜んでもらえる
  • スキルが身につく

バリスタの活躍の場

女性、指差し

では、バリスタの仕事に就こうと思ったらどんな活躍の場があるのでしょうか。

バリスタの活躍の場についても紹介していきます。

カフェ・レストラン

まずは、バリスタの活躍の場としてカフェレストランが挙げられます。

これが皆さんの一番イメージ通りなのではないでしょうか。

コーヒーを専門に扱うカフェや、食後のコーヒーを提供するレストランなどで活躍することができます。

カフェやレストランの場合、お店の方針によって求められるクオリティの高さはさまざまです。

少し値が張っても最高級のコーヒーを提供するというカフェもあれば、リーズナブルさが売りのカフェもあります。

自分はどんなバリスタになりたいのか、そのイメージにあったカフェやレストランを選ぶといいでしょう。

バール

バー

意外かもしれませんが、バールにもバリスタは必要です。

バールでコーヒーを飲むお客様もいますし酒類の中でエスプレッソを取り扱うものもあります。

バールの場合、落ち着いた雰囲気でゆったりとした時間を過ごしたいという方が多いため上質な接客スキルも求められます。

また、バールは小さな店舗でオープンキッチンであることが多いです。

そのため、手元を見られるという点もレストランなどとは異なるところです。

開業

「こんなバリスタになりたい」や「こんなカフェを開きたい」という明確な目標があるのであれば、開業という手もあります。

カフェは他の飲食店などと比べて、比較的小さな店舗から開始することが可能です。

また、古民家を改造したカフェや素人DIYで可愛くしたカフェなども人気です。

その場合、開業資金を抑えやすい・自分の理想のカフェを作ることができるというメリットもあります。

開業となると「自分にできるかな」と不安かもしれませんが、自分の理想のお店を作ることができるのは大きな魅力です。

バリスタに向いている女性の特徴

案内

では、ここからはバリスタに向いている女性の特徴について紹介します。

バリスタとして働くには、どんな要素が必要なのでしょうか。

その特徴を解説していきます。

コーヒーが好き

まずは、コーヒーが大好きであることです。

お伝えしてきた通り、バリスタはコーヒーに関して非常に多くのことを学ばなければなりません。

覚えることは多く、実際に練習して身につけるスキルも非常に多いです。

そのため、コーヒーが好きという気持ちがないと、その勉強量の多さに心が折れてしまいがちです。

いろんな角度から勉強することができるほどコーヒーが大好きな女性は、バリスタの仕事に向いているといえます。

新しいことへのチャレンジ精神がある

作業

紹介してきた通り、バリスタの仕事は「これができたら完了」というものはありません。

常にトレンドは移り変わり、それに対応していく必要があります。

新しいコーヒーの抽出方法が出たり、その時に流行っているキャラクターのラテアートの練習をしたりとさまざまです。

そのため、どんどん新しいことにチャレンジしたいという意欲がある女性はバリスタの仕事に向いているといえます。

接客が得意

働く場所にもよりますが、バリスタの業務には接客が必要です。

時には、バリスタとしてコーヒーの説明などを行うことも必要になります。

「このコーヒーはどんな豆を使っているの?」

「どんな風に淹れたら家でもこんなにおいしく作れる?」

など、聞いてくれるお客様も少なくありません。

こういった接客についてもバリスタの仕事に含まれています。

 

ワンポイント

バリスタに向いている女性の特徴は、以下の3つです。

  • コーヒーが好き
  • 新しいことへのチャレンジ精神がある
  • 接客が得意

バリスタの資格

女性

バリスタとして働くこと自体に、特に必要な資格はありません

ただ、次に紹介する二つの資格を持っているとバリスタへの転職に有利になります。

JBAバリスタライセンス

JBAバリスタライセンスとは、日本バリスタ協会が実施するバリスタについての資格や技術についての資格です。

バリスタ業界の中では、信頼性のある資格なので取っておいて損はありません。

JBA認定校で二日間受講したうえで試験に合格しなければならないため、働きながら資格を取る場合は時間の調整が必要です。

コーヒーマイスター

次に人気なのが、日本スペシャルコーヒー協会が運営するコーヒーマイスターという資格です。

こちらの資格は養成講座を受講し、実技講習などを受けたのち試験を受けて資格を取得します。

事前に養成講座や専用のテキストがあることから、合格率は80%というかなり高い数字を持っています。

働きながら養成講座に通うことが難しいこともあるでしょう。

ですが、合格率が非常に高いことや、転職でアピールできる資格なのでおすすめです。

 

ワンポイント

バリスタで働きたい場合、以下の資格を取得していると転職で有利になります。

  • JBAバリスタライセンス
  • コーヒーマイスター

バリスタは未経験でも転職できる?

疑問

バリスタの仕事は、資格がなくても可能です。

そのため、未経験OKの求人も沢山あります。

もちろん、経験者や資格保有者が優遇されたり、給与が変わったりするケースもあります。

未経験から入社し、働きながら資格取得を目指すというのも一つの方法です。

バリスタへ転職するなら転職エージェントに相談しよう

接客

バリスタの仕事へ転職したいという女性は多いです。

ただ、働きながらだとなかなか転職活動は難しいです。

せっかくバリスタとして働くなら、そのお店の雰囲気やモットーも知っておきたいものです。

そんなときは、転職エージェントに相談しましょう。

転職エージェントなら、あなたがどんなバリスタになりたいのかなど詳細を聞いたうえで、ぴったりの求人を紹介してくれます。

そのほか転職に必要なことも相談に乗ってくれ、効率よく転職活動をすることができます。

まとめ

ラテアートを作る女性

バリスタという仕事は、華があり憧れをもつ女性は多くいます。

ただし、覚えることもたくさんあり実際に働くと大変なのも事実です。

今回紹介したことを参考に、ぜひバリスタとして活躍してください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら