真実をありのままに伝えるルポライター。

特集記事や報道番組の臨場感あふれるレポートに思わず見入ってしまうことがあります。

ルポライターは単に文章を書く仕事ではありません。

また書くことが好きなだけとも少し異なります。

どのような人がルポライターに向いているのか?

ルポライターになるにはどうしたら良いか、志望動機の書き方とあわせて説明していきましょう。

ルポライターの志望動機の書き方を解説

ノートにメモを取る女性ルポライターに限りませんが、志望動機にはいくつか盛り込みたいポイントがあります。

  • その企業を選んだ理由
  • ルポライターとして活かせる経験
  • ルポライターとして実現したいこと

様々なメディアを使って情報発信が可能になり、各企業のライターに対する要求も変化してきました。

文章を書くことが必ずしも仕事ではなく趣味でも記事がかける時代です。

職業として記事を書くにはルポライターとしてやりたいことを明確にすることが大切です。

そしてそのやりたい内容は企業の方向性に沿ったものである必要があります。

同時に幅広い層が興味を持つような記事をかけるアンテナも不可欠です。

企業は利益を生まなければ経営ができません。

人々が興味を持つような記事を企画できるという印象を与えられるよう志望動機を工夫しましょう。

ルポライターに多い志望動機

パソコンを見る女性それでは実際にルポライターに多い志望動機とはどのような書き方があるかご紹介しましょう。

ルポライターを目指す方は大学や専門学校などでメディアや写真・映像の勉強をした経験を持つ方が多いと思います。

文章や画像を創るため専門知識はとても大切です。

しかしルポライターはテーマを見つけて執筆することが多いため本質的な部分も同様に大切なのです。

文章を書くことが好き

ルポライターは書くことが仕事です。

好きなことを仕事にしている人はそれほど多くないかもしれません。

そういう意味ではルポライターは好きなこと=仕事ということになるでしょう。

学校などでメディアを学んだ経験がある場合は記事や論文など執筆の経験があるかもしれません。

ルポライターになるために必要な資格や学歴はないので全く別の職業からの転職も考えられます。

自分で書いた記事を様々なメディアを使って配信できる時代です。

ルポライターを目指す方はどのような文書を書いた経験があるかアピール材料を準備しましょう。

ルポライターはありのままの事実を伝える仕事です。

自分の考えや感情が多く含まれる文章ではなく物事の描写を中心とした記事が有利であることを忘れてはいけません。

問題を広く知ってもらいたい

ルポライターは基本的に自分の考えや思いを記事で表現する役割ではありません。

これは自分に考えがないという意味ではありません。

自分が伝えたいテーマを客観的に表現して議論を広げていくというミッションがあるのです。

テーマ選択そのものがルポライターの意思であり、問題提議といえるでしょう。

またルポライターのテーマは社会問題に限りません。

様々な業界を広く客観的な視点から描くことを要求されます。

現在の仕事で感じている問題を社会に投げかけたいという気持ちが志望動機に繋がる方も数多くいます。

 

ワンポイント
 ルポライターの志望動機は文章を書くことと問題定義への意欲が多い。

魅力とやりがい

やりがい ルポライターという仕事の魅力ややりがいはどのようなものなのでしょう?

メディアの影響力は絶大です。

しかし匿名でどなたでも気軽に記事を投稿できる時代にルポライターという仕事は成り立つのでしょうか?

もちろん答えはYesです。

記事が乱立する時代だからこそルポライターというブランドが大切なのです。

Web上には無責任な情報もあふれかえっています。

ルポライターはただ文章を書いて発信しているわけではありません。

ルポライターが書く記事は所属する企業によって信頼性が担保されています。

同時に記事に対する責任も背負っているのです。

取材したものが記事になる

繰り返しになりますが、ルポライターはありのままの真実を記事にします。

自分の考えや視点は排除し、客観的で多角的な視点が要求されます。

そして客観性を保つためには様々な取材が不可欠です。

取材は記事の中心人物・団体・企業に対して行う必要がありますが、全ての方が好意的とは限りません。

挫折を味わうことも喜びを感じることもあるでしょう。

何度も交渉を重ね取材を続けた結果が記事になり読者に届く。

そしてその記事が社会現象を巻き起こす可能性があるのです。

とても大変な仕事ですが非常に魅力的な職業だと思います。

納得のいく記事が書けた時

どんな職業にも当てはまると思いますが、自分が納得できる結果を残せた時はとても充実感を得られます。

ルポライターも例外ではありません。

取材に取材を重ね、真実を探求しながら納得のいく記事が書けた時はとてもやりがいを感じる瞬間です。

記事を書くということは自分一人ではできません。

必ず関係者が存在します。

ルポライターの仕事は販売促進や宣伝でもありません。

もちろん記事の内容は読者の興味をそそるものである必要があります。

自分が興味を持っていることのみを扱う仕事でもないのです。

ルポライターには様々な制約や使命があります。

その中で自分が納得いく記事が書けた時は特別なやりがいを感じる瞬間になるでしょう。

クライアントの満足を得られた時

女性ルポライターも一般的には企業に所属しています。

自社の出版物の記事を書いたり、テレビ番組などを制作する会社である場合が多いでしょう。

あるいは番組制作を請け負う企業に所属する場合は顧客のイメージにあったものを創ることになります。

編集者との意思疎通も不可欠です。

ノンフィクションなどは記事の当事者が依頼者になることもあります。

ルポライターはジャーナリストと異なり自らの意思や意見を元に記事を書くことはありません。

事実を客観的に広い視野でとらえ、描写します。

クライアントにとって必ずしもプラスではないことがあるかもしれません。

それでもクライアントが世に出したいと思うような記事や番組を作成できたらとても大きな達成感が得られるのです。

むいている女性の性格

取材

ルポライターにはどのような女性が向いているのでしょう?

ルポライターにとっても取材は非常に大きな割合を占めています。

全体像をつかむためには記事の対象について広く調査が必要です。

自ら計画を立て様々な場所や人に出会うことが好きな方に向いているといえるでしょう。

性格面でもルポライターとして好まれる特徴がいくつかありますのでご紹介します。

ポジティブな性格

ルポライターは取材から始まります。

取材の対象者が常に快く受けてくれるとは限りません。

アポなし取材が必要な場合もあるでしょう。

一度断られたとしても何度もチャレンジする精神力が必要になります。

記事のテーマを決めたら最後までやりぬく。

何があっても諦めずに前に進めるポジティブさは非常に重宝されます。

人に寄り添える性格

相談する女性記事を読むのは人です。

人は無機質な話題より人生に関わるような内容を好む傾向があります。

ノンフィクションは自分の知らない日常を垣間見る機会を提供しています。

ルポライターは事実を伝える職業ですが対象は人です。

コミュニケーション能力が必須となります。

そして創るものには感情や意見を反映させなくても取材対象と深く関わる必要があります。

深く関わるためにはどのような人間であっても寄り添わないといけない場面があるでしょう。

会社に所属する限り記者としてどのような仕事でも断れない場合があります。

ルポライターは感情を切り離して人に寄り添える性格の持ち主に向いている職業です。

忍耐強い性格

正確に真実を伝えるためには辛抱強く取材を続けることが必要です。

時には方向性の転換などにより最初からやり直しが発生することもあります。

なかなか核心にたどり着けず長期間にわたり取材しなければならないこともあります。

明確な答えがないまま真実を求め続けることは容易ではないでしょう。

また記事や企画が必ず採用されるとは限りません。

ボツになることも珍しくないのです。

記事ごとに一喜一憂していては精神的に持ちません。

プレッシャーに耐え、忍耐強く活動を続けられる性格でないと続かない職業だといえるでしょう。

 

ワンポイント
 ルポライターに向いている性格をチェック。

面接でのアピール点

面談次に面接でのアピールポイントについてご説明します。

面接官はすでに応募書類を確認しています。

面接では一貫性が重要ですので、応募書類の内容と齟齬がないよう注意しましょう。

アピールする点は応募書類の内容と重複していても全く問題ありません。

面接は対面で自分をアピールするチャンスです。

ルポライターに向いている性格を意識しながら臨むと良いでしょう。

面接はぶっつけ本番ではあまりうまくいきません。

企業ごとの面接対策や連絡などの事前準備を進めたいと思ったら転職エージェントに相談することをおすすめします。

転職の進め方などのアドバイスも受けられますので転職活動の強い味方になるでしょう。

ルポライターの志望動機例

OKポーズ、女性

それではルポライターの志望動機の書き方についてもご紹介したいと思います。

志望動機は応募する会社に自分の考えを伝える内容であることが好ましくなります。

ルポライターとしての文章力も試されると思った方が良いでしょう。

志望動機の例を使って説明します。

志望動機例①具体例を使ってアピールする

「現職はメーカーで広報に所属しており自社のウェブサイトにてニュースを配信しています。

普段は社内・業界ニュースを担当しておりますが、特集記事も執筆しております。

特集記事は時間をかけて担当者に取材を行っており、第三者からの視点が大変好評です。

記事を元に部内で気づかなかった問題提議や他部署への影響など会社内の議論が活発になったと評価されました。

客観的な視点でテーマを掘り下げることに没頭したいという思いが強くなりルポライターの仕事に応募いたしました」

ルポライター志望の根拠を具体的に説明しています。

また転職理由と志望動機もリンクしており、活かせる経験現職では実現できないこともアピールできています。

志望動機例②応募企業への思いを伝える

「もともと文章を書くことが好きでいつかライターに転職をしたいという思いから今回応募いたしました。

貴社の〇〇が大好きで気になる記事はスクラップし、実際の現場を訪問することもあります。」

応募先企業を選んだ具体的な理由を志望動機のメイン材料として説明しています。

応募者がどのくらい企業研究をしているか気にする企業も多いので、企業研究もしっかり行いましょう。

 

ワンポイント
 志望動機は経験ややりたいことを具体的に伝える。

ルポライターの志望動機NG例と対策

女性

ルポライターを仕事にするためには他の記事との差別化が必要です。

自分のブログなどを経歴としてアピールすることはおすすめしません。

また公式な形の経験がないと厳しくなります。

志望動機NG例①

「私は文章を書くことが大好きで現在もブログを開設し毎日更新しています。

日常の生活で感じていることをテーマにしております。

現職は広報ですが記事や企画立案の機会はあまりないため、ルポライターを目指したく応募いたしました。」

文章を書くことが好きなこと、継続してブログを書いていることは評価対象です。

しかし具体例が盛り込まれておらず、記事の執筆経験のアピールとしては難しくなります。

広報として物足りない部分と本当にやりたいことへの意欲を伝える内容にしましょう。

志望動機NG例②

「大学でメディアを専攻し少しでも情報発信に関わる仕事を希望しておりました。

現職は広報部所属ですが、職務が販売促進に限られます。

広いテーマを扱う仕事を希望しており、メディア関連の仕事への思いが諦めきれず応募いたしました。」

現職の広報の中でどのような工夫をしたのか、なぜ実現できないのか?

メディア関連の仕事で実現したいことも説明も不足しています。

転職する際の志望動機は募集内容に沿っている必要があります。

経験と実現したいことを具体的に伝えましょう。

ルポライターの大変さ

取材ルポライターは現実に起こったこと、起きていることを記事にします。

取材や執筆の苦労はどのライターにも共通しますが、常に現実に向き合う必要があります。

精神的・肉体的にタフでないと厳しい職業です。

危険な場所への取材

ルポライターは執筆記事の内容を自由に選べません。

もちろん全てが強制ではありませんが、会社の方針によっては自分の意に沿わない仕事もあります。

極端な例になるかもしれませんが戦場や被災地を取材することもあります。

オフィスや決まった場所での仕事ではないことは十分理解しましょう。

辛い場面でのインタビュー

取材は話題性や社会性がある題材がメインになります。

中には辛い現実を目の当たりにし、それでも取材を続けなればいけない場合もあるでしょう。

感情を揺さぶられる状況でも冷静に記事を書く精神力が必要といえます。

 

ワンポイント
 ルポライターはタフな仕事。精神的・肉体的な強さが必要。

ルポライターの志望動機は転職エージェントに相談しよう

ガッツポーズルポライターになるためには新聞社やテレビ制作会社への転職を志望すると思います。

業界で好まれる人材や志望動機に関する情報はなかなか入手できません。

また仕事をしながら募集情報をキャッチすることは時間的にも厳しいでしょう。

限られた時間を有効に使うためにも転職活動を始める前に転職エージェントへの登録をおすすめします。

転職エージェントには職務経歴書や志望動機の書き方から面接対策まで、色々と相談できます。

一人で悩まずに転職エージェントを活用してみましょう。

まとめ

好きなことを仕事にする。

誰もが憧れると思います。

実際には厳しい現実があるかもしれません。

夢の仕事を手に入れることは簡単ではありませんが諦めるのはまだ早いです。

思い悩んでいるならば是非一度転職エージェントに相談してチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら