ルポライターとはルポルタージュの略で、事件や社会問題をテーマとして記事を書くライターのことをいいます。

ルポライターに興味がある方もいるかもしれません。

ここでは、ルポライターの仕事内容について解説していきます。

ルポライターになる方法やルポライターの年収、1日のスケジュールもまとめているので参考にしてみてください。

必要なスキルや、ルポライターの働き方についても気になる方も多いでしょう。

ルポライターに興味がある方はぜひ参考にしてみてください。

ルポライターの仕事内容を解説

ルポルタージュとはフランス語で「報告」という意味があります。

ルポライターの仕事にはどのようなものがあるのでしょうか。

直接現地に行き取材をする

面接

ルポライターの主な仕事は、現地に直接赴いて取材を行うことです。

取材で聞いたことやわかったことをそのあとで記事にまとめるため、取材の内容がとても大切になります。

国内での取材はもちろん、事件や社会問題によっては海外に出向くこともあるでしょう。

取材と一緒に現地で写真を撮ったり、ビデオを撮ったりする必要もあるかもしれません。

事件や社会問題について、現地に行き取材を行うのがルポライターの仕事の要といえるでしょう。

本の出版をしたりメディアに露出したりする人も

女性、ガッツポーズ

ルポライターを目指す人の中には、本の出版やメディアに出ることを目標にしている方もいるかもしれません。

実際、ルポライターとしての記事が世間に認められると、本を出版したりメディアに露出したりする人もいます。

わかりやすい記事や興味がわく記事が書けるようになると、出版社やメディアから声がかかることもあるでしょう。

自分の名前が売れるだけではなく、世界中の人に自分の記事を読んでもらえるのでやりがいも大きくなります。

もちろんやりがいだけではなく、給料のアップにもつながっていくでしょう。

 

ワンポイント
・現地に赴き取材をするのが主な仕事
・認められると本の出版をしたりメディアに露出したりする人もいる

ルポライターになる方法

ルポライターの仕事に興味が出てきた方もいるかもしれません。

ルポライターになる方法にはどのようなものがあるのでしょうか。

ここでは大学や就職、役立つ資格などにわけて解説していきます。

専門学校・大学

女性、ガッツポーズ

ルポライターを目指す場合、専門学校や大学では何を学ぶと良いのでしょうか。

ルポライターの仕事に直結している学部といえば社会学やメディア学でしょう。

一方で写真や動画撮影に興味があれば、写真や映像学なども良いかもしれません。

出版社などに興味があれば文学部などを目指すのも良いでしょう。

このように、ルポライターの仕事はあらゆる視点から学ぶことのできる仕事です。

専門学校や大学では自分が一番興味がある分野を探すことが大切になるかもしれません。

自分の興味のある視点から、専門的に学んでいくと良いでしょう。

出版社などに就職

女性、デスク

ルポライターを目指す方の中には、専門学校や大学を卒業してすぐにルポライターになる方もいます。

しかし、学校を卒業後にすぐにルポライターになるには少し経験が浅いといえるかもしれません。

そのため、ルポライターになる前に出版社や新聞社などで経験を積んでおく人もいます。

学校を卒業後、出版社や新聞社に勤めると取材の方法や記事の書き方などの経験を積むことができるでしょう。

また、就職をきっかけに人脈を得ることもできるかもしれません。

役立つ資格は

パソコン メモ帳

ルポライターになるのに必要な資格はありませんが、持っておくと役立つ資格はいくつかあります。

例えばWebライティング能力検定やWebリテラシーの資格など、Webでの知識があると良いでしょう。

また、日本漢字能力検定や日本語検定など漢字や日本語についても学んでおくとよいかもしれません。

特に資格が必要ということはありませんが、資格を持っておくと有利なこともあります。

ルポライターとして働くのに他にも役立つ資格があるので、確認しておくと良いでしょう。

 

ワンポイント
・就職してからルポライターになる方法が一般的
・必要な資格はないが、役立つ資格はいくつかある

ルポライターの年収・将来性

ルポライターの年収はどのくらいなのでしょうか。

次にルポライターの年収と将来性について紹介します。

年収

女性

ルポライターの年収は働き方によって大きく変わってくるのが特徴でしょう。

会社に所属している場合には、300万円から400万円程度の年収といわれています。

安定した給料が得られるほか、ボーナスが支給されることもあるかもしれません。

一方で、フリーランスで仕事をしているルポライターの場合、給料が安定していないのが特徴です。

仕事の数や大きさによっても給料は大きく異なるでしょう。

ただし、メディアで活躍するようなルポライターの場合は、給料もかなり増えるかもしれません。

このようにルポライターの年収は仕事の状況によって大きく異なるのが現実なのです。

将来性

女性

ルポライターの将来性は期待できるでしょう。

これまでの紙媒体でのニュースではなく、インターネット上のニュースサイトが増えています。

ニュースサイト作成の依頼や記事数などが増えているのも事実でしょう。

インターネットサイトを閲覧する方は年々増えており、記事を作成する場面も増えていきます。

SNSでサイトを見る人も増え、記事を見てもらえる機会も増えていくでしょう。

メディアに出たり本の出版をしたりすれば、さらなる活躍も期待できるかもしれません。

 

ワンポイント
・ルポライターの年収は会社員かフリーランスによって異なる
・ルポライターの将来性は期待できる

ルポライターのある1日のスケジュール

接客

ここでは、一般的なルポライターのある1日のスケジュールを紹介します。

  • 10時~12時:メール対応や執筆作業
  • 12時~16時:外出、取材
  • 16時~18時:取材内容の整理など

このように午前中にメール対応や執筆作業などを行い、午後に取材に行く1日となっています。

また、取材内容によっては夕方までかかることもあるでしょう。

執筆作業に時間をかける場合には、深夜まで作業を行うこともあるかもしれません。

企業に勤めている場合やフリーランスによっても仕事内容は異なっているのが事実です。

ルポライターの一般的な例として参考にしておくと良いでしょう。

ルポライターのやりがい

電話

ルポライターのやりがいといえば、自分の作成した記事が多くの人に読まれることでしょう。

自分の作成した記事をみて、感銘をうけたり喜んでくれたりする人を想像するのが最もやりがいを感じる瞬間です。

取材に時間をかけたあとに、人の心を動かせる記事を書けたときもやりがいが感じられるでしょう。

メディアなどに出て、人の前に出ることが増えればやりがいを感じる場面も増えるかもしれません。

ルポライターは記事を書き続け、経験をひとつひとつ積み上げていくことでやりがいを実感できていく仕事なのです。

ルポライターのつらさ

女性

ルポライターのつらさといえば、自分の作成した記事が認められるまで時間がかかることでしょう。

自分が作成した記事がすぐに世間に出ることは少なく、最初は苦労することもあるかもしれません。

また、事件や社会問題によっては危ない土地や場所に行く必要などもあり、危険を伴うこともあります。

取材を快く受け入れてくれない方への取材が必要なこともあるかもしれません。

辛い事件の取材をしなければならない場面もあるでしょう。

危険な場面や辛い場面があることがルポライターのつらさといえます。

ルポライターに必要なスキル

ルポライターに必要なスキルにはどのようなものがあるのでしょうか?

文章力

女性

ルポライターの仕事として最も必要なのが文章力ではないでしょうか。

取材した内容をもとに、人々に読まれる記事を作成していく必要があります。

わかりやすく、読みやすい文章を書くスキルが求められるでしょう。

社会問題などによっては難しい内容になりがちですが、誰でも理解できる内容にすることが必要です。

たくさんの人に読んでもらう記事なので、漢字ミスや言い間違いなどが許されない仕事なので注意しましょう。

行動力

ファイルと女性

ルポライターには行動力も必要といえるでしょう。

事件が起こればすぐに現場にかけつけて、取材をする必要があります。

時間が経ってしまうと、事件が起きたときの状態などを取材することはできません。

事件や社会問題は起きたときが最も世間に読んでもらうチャンスなのです。

自分の都合やスケジュールを犠牲にしても、仕事を優先することもあるでしょう。

このように、ルポライターは迅速に行動できる力も求められているのです。

コミュニケーション能力

女性

ルポライターの仕事の半分は取材を行っているといえます。

そのため、コミュニケーション能力スキルも求められているといえるでしょう。

取材する相手は毎回異なり、毎日違う人と会うこともあるかもしれません。

中々話し出してくれない人への取材も必要なこともあるでしょう。

どんな人に取材するとしても、深い回答を引き出す質問ができることが大切です。

また、話したくなる雰囲気や会話術も必要になるでしょう。

コミュニケーション能力はルポライターにあると有利なスキルといえるかもしれません。

タフな精神力と体力が必須

ガッツポーズをする女性

ルポライターは快く取材を受け入れてくれる人ばかりでないことを説明しました。

辛い事件にあったり、身内をなくしたりした人は取材を受け入れることが難しいこともあるでしょう。

話を聞いているうちに、自分も辛くなることもあるかもしれません。

そのようなときでも、仕事と割り切って話を聞き出せるタフな精神力が必要となります。

また、取材は長時間になったり、取材相手を長い時間待ったりすることもあるかもしれません。

移動時間などが長くなることもあり、体力も必要な仕事なのです。

 

ワンポイント
・記事を書く上で文章力は必要なスキル
・タフな精神力や体力があるとルポライターとして働きやすい

ルポライターの働き方

ルポライターはやりがいのある仕事だというのがわかってきたかもしれません。

次にルポライターの働き方について解説していきます。

会社員として働く

スーツ姿の女性

ルポライターは会社員として働くという方法があります。

出版社や新聞社、テレビ局などで取材をして記事を書くという仕事もできるでしょう。

新聞やテレビなどは自分の記事をみてもらう機会が多くなります。

企業の名前を背負って仕事ができるので、記事を読んでもらう機会が増えるのが一番の特徴でしょう。

安定した給料が得られ、仕事時間が決まっているので働きやすいのもメリットです。

一方で、自分のやりたい記事が書けないことや行きたい部署に配属されないことがあるのがデメリットでしょう。

フリーランスとして働く

PCを操作する女性

大学などで社会学や文章の書き方などを学んだあと、フリーランスでルポライターになる方法もあります。

自分でインターネットサイトを立ち上げて、記事を書く方もいるかもしれません。

また、自分の書いた記事をメディアにもちこむ方法もあるでしょう。

フリーランスでは自分の売上がそのまま利益に直結します。

メディアに出たり本の出版につながったりすれば、収入もかなり増えていくのがメリットでしょう。

また、自分の裁量で仕事ができるので働きやすいのも人気の理由です。

一方で自分が記事をかいて稼がなければ収入は得られません。

フリーランスとして働く場合は、収入が安定しないのがデメリットだといえるでしょう。

ルポライターへの転職はエージェントに相談しよう

オフィスでコーヒーを入れる女性

ルポライターの仕事内容について解説しました。

ルポライターに興味があるけれども、自分にあっているのか自信が持てないという方がいるかもしれません。

そのようなときは、転職エージェントに相談してみましょう。

プロの転職エージェントは転職での悩みを相談することが可能です。

ルポライターの求人やルポライターの転職前の模擬面接などを対応してくれるので、強い味方になるでしょう。

転職は1人ではどうしても不安になってしまいます。

転職エージェントという存在がいるだけで、自信が持てるようになるかもしれません。

ルポライターへ転職を考えている方はぜひ転職エージェントに相談してみてください。

まとめ

指示棒をもつ

ルポライターの仕事内容についてまとめてきました。

ルポライターは現地に赴き、取材を行った上で記事を書く仕事。

危険な場面や迅速な行動力が必要とする場面もある大変な仕事です。

しかし、一方で自分の記事がたくさんの人に読まれれば大きなやりがいを感じることができるでしょう。

また、メディアや本の出版などで自分の名前が世間に知られることもある仕事です。

文章力や行動力があり、世間に自分の記事を読んでもらいたいという方にはぴったりの仕事ではないでしょうか。

給料が安定した会社員から、可能性が広がるフリーランスまで、働き方は様々です。

自分にあったルポライターの働き方をみつけて、ぜひ挑戦してみてください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら