紹介予定派遣で転職に挑む女性は多いです。

派遣で一定期間働き、自分に合った仕事かどうか見極めた後に正社員になるという選択肢をもらえるからです。

もちろん正社員になるには、双方の同意等が必要ですが、転職の仕方としては非常に効率のいい方法です。

そんな紹介予定派遣というのは、通常の面接とは異なりその先々を見据えた面接が行われます。

本記事では紹介予定派遣の面接の流れ好印象を与えるポイントについて詳しく解説していきます。

紹介予定派遣の面接対策を解説

女性

紹介予定派遣の面接は、派遣会社が事前に企業先にあなたの情報を伝えてくれています。

そういった意味では、ある程度自分のことを知ってくれているという安心感があり一般の面接よりも気分が楽でしょう。

だからといって、面接の事前準備はしっかりと行わないといけません。

まずは紹介予定派遣の面接の特徴や流れを把握し、しっかりと対策していきましょう。

 

ワンポイント

紹介予定派遣については、事前に派遣会社からあなたの情報が企業先へ届いています。

そのほか、一般応募の際の面接とは違う部分がいくつかあります。

しっかりと紹介予定派遣の面接対策を行いましょう。

紹介予定派遣の面接の特徴

面接

まずは、紹介予定派遣の面接の特徴について解説していきます。

通常の面接と比べて、紹介予定派遣の面接は何が違うのでしょうか。

一般面接との違いをしっかり理解し、紹介予定派遣の面接に備えましょう。

派遣会社から企業へ応募者の情報が伝わっている

一般募集の場合、相手先企業に伝わっているのは履歴書や職務経歴書の内容のみという場合がほとんどです。

そのため、質問などは初歩的なところから始まります。

ですが、紹介予定派遣の場合、既にあなたの情報は派遣会社から伝わっています

派遣会社はあなたを紹介するために、志望動機・働く上での強みや弱み・キャリア形成などをしっかりと伝えてくれています。

そのため、それに沿った質問をされることがほとんどです。

初歩的なところですが、まずは派遣会社とどんな話をしたのか覚えておきましょう。

そこで話が食い違ってしまうと印象が悪くなってしまいがちです。

紹介予定派遣の場合、派遣会社との話はほぼ企業先に伝わっていると考え面接に挑むようにしましょう。

面接は1回限りの場合が多い

一般の採用面接は、実際の採用までに2~3回面接するところが多いですが、紹介予定派遣の場合は違います。

多くの場合が、紹介予定派遣の場合面接は1回限りです。

だからこそ、面接で好印象を取りたいところです。

この記事で紹介している面接対策についてしっかりと確認するようにしてください。

集団面接がない

面接を受ける女性

一般採用の面接では、集団面接をしてある程度人数を絞ってから個別面接という流れが多くなっています。

その反面、紹介予定派遣の場合は集団面接を行うことはほとんどありません

派遣会社から紹介された人へいきなり個別で面接を行うケースが多くなっています。

紹介予定派遣の面接の流れ

女性、ガッツポーズ

では、紹介予定派遣の面接の流れを確認していきましょう。

流れを事前に知っておくことで、次のステップに向けて前倒しで準備ができるのでしっかり確認しましょう。

書類選考

まずは、書類選考があります。

もちろんですが、だれでも紹介予定派遣制度を使って紹介してもらえるわけではありません。

あなたの経歴や希望・キャリアなど、履歴書や職務経歴書を見て選考されます。

この書類選考で通るために、事前の履歴書や職務経歴書での自己PRもしっかりと行いましょう。

面接日時の決定

書類選考に通れば、面接に進みます。

面接に進むことが決まれば、面接日時を決めることになります。

多くの場合が、どちらかから候補日を3日ほど提示しスケジュール調整を行います。

紹介予定派遣の場合は、派遣会社が間に入ってくれるので、調整なども基本的には派遣会社がしてくれます。

あなたのスケジュールをしっかりと派遣会社に伝え、余裕をもって挑むようにしましょう。

派遣会社との事前打ち合わせ

接客

面接の日程が決まれば、派遣会社との事前の打ち合わせが始まります。

派遣会社は、企業先へあなたの情報を事前に伝えます。

事前に伝えることの内容をしっかりと打ち合わせて整合性を合わせておかないといけません。

事前に派遣会社が伝えたことをもとに企業先は面接をするので、そこで話に齟齬があっては困ります。

派遣会社との事前の打ち合わせはしっかりと行うようにしましょう。

面接

これらの工程を経て、いざ面接です。

面接では明るくはきはきとしっかり受け答えすることを意識しましょう。

紹介予定派遣の面接で聞かれがちな質問についても、事前に回答を用意しておくと落ち着いて回答することができます。

 

ワンポイント

紹介予定派遣の場合、企業先とのやり取りは派遣会社が主に行います。

そのため、派遣会社としっかりと連絡を取り合い、認識の齟齬がないように行動していきましょう。

面接で好印象を与えるポイント

女性

面接で好印象を与えるポイントとして、まずは明るく笑顔でいることです。

緊張するのはもちろん当然のことではありますが、明るく笑顔でいることで、相手の印象は大きく変わります。

また、自分自身も落ち着いた笑顔でいることで心を落ち着かせることができます。

初歩的なことのように思えますが、意外と難しいものですから、笑顔でいることは忘れずに意識するようにしましょう。

紹介予定派遣の面接前の準備

タブレット

では、紹介予定派遣の面接前の準備についてもフェーズを当てて解説していきます。

面接前にどれだけ準備するかで結果が大きく左右されます。

紹介予定派遣の転職活動は、派遣会社と二人三脚で行うものです。

紹介予定派遣の面接前の準備についても見ていきましょう。

派遣会社との入念な打ち合わせ

一番大切なのは、やはり派遣会社との入念な打ち合わせです。

繰り返しになりますが、企業先との面接の前に派遣会社はあなたの情報を相手先企業に伝えます。

もっとアピールしたいと思うことがあったり、内容が違うということがあったりすればしっかり意見しましょう。

自己分析を徹底する

エントリーの前にも行ったかと思いますが、今一度自己分析を徹底しましょう。

エントリーの際にする自己分析は、主に自分の強みや弱みなどスキルに関することが多いでしょう。

面接の準備としての自己分析は「面接の場での自分はどうなのか」という点も含まれます。

しっかりと明るい笑顔で受け答えができるか、緊張したり上がってしまったりしがちの方は特に注意です。

派遣会社や転職エージェントによっては、面接の練習をしてくれる場合もあります。

忙しいかもしれませんが、面接の事前の練習はしっかりとしておきましょう。

紹介予定派遣の面接でよく聞かれる質問

面接

ここから、紹介予定派遣の面接でよく聞かれる質問についても紹介していきます。

よく聞かれる質問については、聞かれたらすぐに落ち着いてこたえられるよう準備しておきたいものです。

これから紹介するよくある質問について、自分なりの回答を考え派遣会社とすり合わせてみてください。

志望動機

まずは、当然ですが志望動機を聞かれます。

「志望動機は履歴書にも書いてあるじゃないか」と思うかもしれません。

企業は文章で読むのではなく本人の言葉で聞きたいのです。

履歴書に書いてあるのはもちろん企業先もわかっていますが、あえて面接で聞いてくるケースも少なくありません。

その際には、履歴書に書いてある通りにいうのではなく、その内容にプラスオンするように伝えましょう。

文字数などの関係で入りきらない内容も多々あったでしょう。

そういった部分について、しっかりと自分の言葉で伝え説得力を足しましょう。

前職の退職理由

前職の退職理由もよく聞かれる質問の一つです。

転職者に対して採用担当者は「また同じような理由で辞めてしまうのではないか」という不安が少なからずあります。

だからこそ、前職の退職理由を聞かれるのですが、そこは正直にいうことが大切です。

ただし、ネガティブな表現ではなく、ポジティブな表現に言い換えるなどの工夫が必要です。

そのほか、前職での辞めた理由に対して、また同じようなことになった場合自分はどうするのかということも気にされます。

例えば、前職は人間関係が上手くいかず辞めた場合、今回の職場ではどうするのかという答えを採用担当者は待っています。

一例ですが、その場合は、以下のようなポジティブな表現をしてみましょう。

  • 「自ら積極的にコミュニケーションを取りたいと思っている」
  • 「常に自己分析をし、チームで仕事するにあたって今ふさわしい動き方をしているか常に自分を俯瞰する」

前職での失敗を繰り返すのではないかと不安に思わせてしまっては印象が下がってしまいます。

自分の前職の退職理由を考え、さらにそれに対する対策も添えて回答するようにしましょう。

紹介予定派遣を選んだ理由

面接中の女性

紹介予定派遣の制度を選んだ理由もよく聞かれます。

どうして正社員としてのエントリーではなく紹介予定派遣の制度を選んだのか、答えられるようにしておきましょう。

例えば、以下のような回答例があります。

  • 「今までの転職活動では求人情報と実際の現場の内容が全く違った」
  • 「長期的に働きたいと思っているので、本当に自分に合う職場か否か自分の目で見てみたい」

といったことが挙げられます。

紹介予定派遣制度を選んだ理由は、その人それぞれだと思いますが、質問されたときにしっかりと答えられるようにしましょう。

 

ワンポイント

面接は、ただでさえ緊張してうまく受け答えできなくなりがちです。

よく聞かれる質問だけでもスムーズに答えられるよう事前に準備をしておきましょう。

紹介予定派遣の面接での注意点

バツ

では、逆に紹介予定派遣の面接での注意点についても解説します。

当日は緊張して慌ててしまいがちなので、前もって以下のことを注意するようにしましょう。

ダラダラと話さない

まずは、ダラダラと話さないということが挙げられます。

よく、自分の得意分野や強みをアピールしたいがゆえにダラダラと同じ話をしてしまう人がいます。

ダラダラと話をしてしまうと、「いつまで続くのだろう」と相手の印象が下がってしまいます。

また、それだけでなく、本当に伝えたいことが伝わらないという最悪な結果になってしまいます。

職種によっては、採用担当者はそういった自己PR力プレゼン力も見ています。

話をする際は「結論→理由」という順番で話すことを意識するようにしましょう。

身だしなみに気をつける

当然のことですが、身だしなみには気を付けましょう。

具体的には、以下のことに気を付けましょう。

  • スーツやシャツにしわはよっていないか。
  • ストッキングが伝線していないか直前まで確認する。
  • 髪型は顔にかからないか。かかる場合はピンやゴムで留めましょう。
  • メイクは濃すぎないか
  • 爪は短くきれいに切っているか
  • 靴のヒールのゴムが取れていないか

意外と見落としがちなことも多いため、事前にしっかりと確認しておきましょう。

紹介予定派遣の面接通過後に辞退はできる?

考え事をする女性

紹介予定派遣の面接通過後の辞退についてですが、それ自体は可能です。

ただし、派遣会社との企業の信頼もありますので、もし辞退する場合はすぐに派遣会社に伝えましょう。

できれば、メール等ではなく電話で伝えることです。

きちんと伝わっていないと大変なことになりますので、辞退したいと思ったらすぐに派遣会社に電話で伝えましょう。

 

ワンポイント

紹介予定派遣は、派遣会社が企業とのやり取りを行います。

もし辞退したいと思ったら、できるだけ早く派遣会社に伝えてください。

面接対策の不安は転職エージェントに相談しよう

面談

ここまで紹介してきて、紹介予定派遣の採用には面接が非常に重要であるということが分かったと思います。

面接というのは独特な雰囲気があり、普段あまり感じることのない空気があります。

そのため、人と話すことが得意な人でも面接会場に入ったとたんに固まってしまうという方も少なくありません。

そんなときは、転職エージェントに相談してみましょう。

転職エージェントなら、エントリー先の企業の分析をしたうえでそれに沿った面接練習をしてくれます。

自分が納得いくまで、しっかりと面接練習をしてもらってから本番に臨むことをおすすめします。

まとめ

いいね!

紹介予定派遣は、実際に働いて職場の雰囲気や業務の内容を知ってから正社員になることができるといううれしい制度です。

ぜひ積極的にエントリーしたいところですが、その分敷居が少し高めなのも事実です。

今回紹介した紹介予定派遣制度の面接対策などをしっかりと行い、ぜひ転職活動を成功させてください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら