女性の飲食業への転職は相変わらず人気です。飲食業というとかなり幅広く職種も多いです。

それぞれの職種の仕事内容について解説しましょう。飲食業に向いている女性の性格やキャリアパスについてもお話しています。

漠然と飲食業への転職を考えている人はぜひ参考にしてください。

飲食業の職種と仕事内容を解説

ポイント

飲食業にはどのような職種があり、それぞれどのような仕事内容なのか確認していきましょう。

大手飲食業の場合は正社員として採用されるとまず店舗スタッフとして配属され、キャリアを積んで店長となる場合が多いです。

同じ店のスタッフでも職種はさまざまです。また店舗スタッフ以外にも飲食業に携わる人は多く、その仕事内容も当然多岐にわたります。

最初から店舗に配属されず本社の各部署に配属される場合もあるので、どのような仕事内容なのかもしっかりと知っておきましょう。

飲食業の主な職種

鍋を持つ女性

飲食業というとホールでの接客やキッチンでの調理などがメインで思い浮かびますが、実はその他にも多くの職種があります。

転職する場合にはどの職種の仕事がしたいのかを、しっかりと見極めることが大切です。

漠然と飲食業というのではなくこの職種を選ぶという強い意志が必要なのです。

店舗スタッフ

飲食業で直接お客様との接点があるのがこの店舗スタッフです。店舗スタッフは飲食業の中で一番重要な職種といえます。

店舗スタッフの仕事内容もさまざまです。スタッフは大まかにホールとキッチンに分かれます。

店舗スタッフはどのような仕事を行っているのでしょう。店舗スタッフの仕事内容を挙げてみましょう。

  • ホールスタッフ…お客様接客
  • キッチンスタッフ…料理業務
  • レジ係
  • 予約対応
  • 食材仕入
  • 店内清掃

店舗スタッフの仕事は多岐に渡りますが小さな、レストランなどではホールスタッフとキッチンスタッフのみという場合もあります。

大型店舗の場合は店舗スタッフはアルバイトやパート従事者が多いのが特徴です。

正社員として採用されたらまず店舗スタッフとして店舗に配属され、多くのスタッフを纏める仕事につきます。

キャリアを積み店長として店全体の経営を任せられる場合もあります。やりがいのある仕事といえるでしょう。

商品・研究開発

店舗スタッフはアルバイトやパートが多いのですが、大型店舗の本社勤務の仕事商品開発や研究開発はほとんど正社員です。

  • 既存メニューのチェック
  • オリジナルメニューの開発
  • 品質調査
  • 市場調査

開発は飲食業の中でも重要な仕事の一つで顧客の求めるメニューを開発したり、既存のメニューの品質を管理します。

店舗開発

  • 出店のための市場調査
  • 店舗物件調査
  • 他社調査

店舗開発もやはり正社員が行います。新しい店舗探しや設計に携わります。

 

ワンポイント
 飲食業の主な職種には店舗スタッフと商品・店舗開発があります。

それぞれの職種の仕事内容

女性

飲食業の主な職種と役割について挙げてみましたが、それぞれの仕事内容について少し詳しくお話しましょう。

飲食業の職種を大きく分けると、実際に店舗で接客にあたる店舗スタッフと本社勤務で開発業務にあたる社員のふたつに分かれます。

店舗スタッフ

店舗スタッフはホールスタッフキッチンスタッフともにアルバイトやパート社員がほとんどで、シフトを組んで仕事にあたります。

ホールスタッフはオーダーから配膳などホールでの仕事に携わります。キッチンスタッフは下準備から調理全般を受け持ちます。

一つの店舗に店長やマネージャーが一人ずついることが多いです。店長やマネージャーは店舗スタッフでは少ない正社員の場合が多いです。

店長はすべてのスタッフのシフト管理や店の売上などの経営に携わります。

開発

女性

開発業務は本社での勤務となり、店舗出店に向けての調査や顧客の動向を調べる店舗開発、メニューを開発する商品開発などが仕事です。

開発は飲食業にとって売上を左右する重要な部署といえます。既存のメニューや顧客の動向をチェックするのも開発の仕事です。

その他大手飲食業の場合、本社勤務の人事・労務・研修などの部署での仕事もあります。

どの職種を希望するのかをしっかりと決めた上で転職活動に臨みましょう。

採用後にどの部署へ配属されるかは企業により決定方法が違いますが、希望を伝えることは可能です。

 

ワンポイント
 店舗スタッフはホールとキッチン、開発は本社にて仕事を行います。

飲食業に向いている女性の性格

女性

それでは続いて飲食業に向く女性の性格についてお話していきましょう。飲食業の仕事は店舗スタッフだけではありません。

本社では開発に携わる人事務職で働く人もいるのです。

それぞれの職場によって向く性格も多少違ってくるでしょうが、総合的に向いている女性の性格についてお話しします。

人と関わるのが好き

人との関わりの多い職種なので、人と関わることが好きでなければ務まりません。

細かなところまで気配りの出来る人も適任です。これはどの職場においても必要なことです。

女性ならではの行き届いた接客が期待できる人を企業は求めています。まず必要なことは人と上手く関われるかどうかでしょう。

接客業では対応が即売上など店の実績につながり、感じのよい応対が必要となります。

面接ではそういった人柄も確認され、コミュニケーション能力の有無も重要視されるのです。

料理をするのが好き

メニューの説明をする女性

直接調理をすることは無くても飲食業に勤めるのですから、料理を作ることや食べることが好きな人が向いているのではないでしょうか。

しっかり食べることの出来る人は健康な人でもあります。面接では健康的な人の方が有利になるでしょう。

また料理の好きな人は明るい人というイメージもあります。飲食業には明るいイメージの女性が適任です。

料理や食事そのものに興味があり美味しいものが大好きという女性なら、開発などの部署に配属されても大丈夫でしょう。

向上心がある

特に食品開発などの仕事をする場合には常に新しいことに目をむけ、失敗しても前進できる向上心が必要になります。

臨機応変に物事に向き合える人や、アイデアを出し向上しようとする人が飲食業には必要です。そういう人が適性のある人といえるのです。

少しのことで挫折するようなタイプでなく、常に前を向けるような人が適任といえるでしょう。

 

ワンポイント
 飲食業に向いている女性は人と関わるのが好きで料理が好きな向上心のある人です。

飲食業のやりがいと魅力

やりがい

飲食業のやりがいはお客様の接客に関わることでは、何といってもお客様に満足してもらえることでしょう。

店舗スタッフはアルバイトが多く正社員は少ないのです。その分早くマネージャ―や店長に抜擢されることも多いのです。

そういったこともやりがいや魅力につながります。

お客様を笑顔にできる

お客様に美味しかったと笑顔で言ってもらったとき、飲食業に勤めてよかったとやりがいを感じます。

家族連れやカップルがそれぞれ満足の笑顔で店を後にされるのを見ると、良かったと嬉しくなるというスタッフもいます。

小さなお店であれば調理もホールも経験でき、すべてを任せられることにやりがいを感じるという人もいるのです。

自分の思いを形にできる

飲食業では本社で商品開発や店舗開発に携わる社員もいます。開発に携わる場合には自分の思いを形にできるのも魅力です。

たとえば新しいメニューを試行錯誤して作り上げ、店舗で人気商品となった時などやりがいと喜びを感じるのです。

店舗開発でも調査を重ねてちょうど良い物件を見つけ、新店のオープンに漕ぎ付けた時にはやりがいを感じるでしょう。

転職する際は希望職種を明確にしよう

履歴書

飲食業への転職には希望職種についてしっかりと把握した上での応募をおすすめします。

店舗スタッフへ転職し、店長への道を選ぶのもよいでしょう。大手であれば最初から本社の方への配属を希望するのも一つの方法です。

自分のなりたいものを視野に入れて転職を決めることが大切になります。将来のこともしっかりと見据えておく必要があるのです。

飲食業の将来性

将来

飲食業界の将来性はいつの世も明るいと考えてよいでしょう。喫茶店やレストランすべての経営の見通しが明るいわけではありません。

中小規模の店舗では厳しい状況におかれる場合もあるでしょう。そういう店舗の場合は社員が意見を出し合えるのが利点でもあります。

大手の場合安定はあるものの、収入面では横ばい状態が続くなどがマイナス要素もあるのです。

ただやり方次第では、大きな利益が見込まれることもあり、そういう面ではやりがいも将来性もある仕事といえるでしょう。

飲食業のキャリアパス

ステップアップ

飲食業の転職の場合、将来を見据えて転職する人も多いでしょう。どのようなキャリアパスを描いているのでしょうか。

キャリアを積んで最終てきには独立したいと考える人や、調理が好きなので腕を上げてシェフとして貢献したいなど道はさまざまです。

飲食業でのキャリアパスについて職種ごとに確認してみましょう。最終目的は一つではなく、さまざまな道があります。

転職時にキャリアパスを立てられるかどうかも、採用に大きく関わる場合があるのです。

目標に向かうという向上心があることは、面接でもおおいに評価される場合が多いです。

独立したいと転職時に伝える必要はありませんが、仕事で貢献しながらキャリアアップしたいということは伝えられます。

店長

大手であれば比較的早く店舗スタッフの店長になる機会が訪れます。店長が最終目的の人もいるでしょうが本社勤務を目指す人もいます。

店長から本社の課長・部長など管理職へとステップアップする人もいます。それもまた比較的若くして抜擢されることも多いのです。

店舗スタッフの大半はアルバイトやパートです。シフトを管理し店舗全体の運営を任されるので店長の責任は重大です。

責任は重いですが、店長として店を切り盛りすることは大きなやりがいでもあります。

店舗スタッフと一丸となり大きな目標を達成できた、工夫したことでお客様の来店人数が大幅に増加したなどの結果は励みです。

店長を何年か経験したあと、独立して自分の店を持つ人もいます。経営のノウハウを学べることも独立にはプラスになります。

料理長

OKサインの調理スタッフ

店舗キッチンスタッフを纏めるのが料理長です。大手レストランの場合は料理長の権限でさまざまなことが決定されます。

自分の作った料理が人を幸せにできる、美味しいと言ってもらえることが何よりのやりがいでしょう。

新しい料理を作り出すのも料理長で、そういった経験を経て独立する人も多いのです。

料理長として培ったキャリアを活かして自分で店を出すことができるとしたら、それは本当に希望通りの成功といえるでしょう。

もちろん独立せずに料理長を最終目的に調理の修業をする人もいます。

フードコーディネーター

レストランやカフェの場合は店舗で力をつけて、将来はフードコーディネーターとして活躍したいと考えている人もいます。

基礎的なことを実践で学ぶには飲食業へ転職し、キャリアを積むことが必要となるのです。

その他本社勤務で商品開発の部署に配属され、商品開発としてのキャリアを重ねて最終的に独立という道に進む人もいるでしょう。

どのような道を選んでも自分のキャリアパスをしっかりと設計できる、飲食業の仕事はそういう意味でもやりがいに繋がります。

 

ワンポイント
 飲食業でのキャリアパスを設計して転職に臨みましょう。

飲食業への転職は転職エージェントを活用しよう

面接

飲食業への転職は職種が多いのでどの職種を選ぶかで難易度も変わってきます。

最初は店舗スタッフで応募してキャリアを積むのも一つの方法です。その場合にもキャリアパスはしっかりと考えておく必要があります。

一人で転職活動をするのではなく、転職エージェントに相談しながら進めることで、より希望に添った転職が可能になります。

飲食業への転職相談はぜひ転職エージェントを活用してください。

まとめ

指導する女性

飲食業の職種は店舗スタッフから本社勤務の商品開発、店舗開発など多岐にわたります。

そのため転職には職種をしっかりと知った上で、希望職種を決めて応募する必要があるのです。

飲食業に向いているのは、人に関わることが好きで料理や食べることが好きな向上心のある女性です。

転職で希望職種を決めるときの目安に、将来自分がどうなりたいかのキャリアパスを設計する必要もあるでしょう。

飲食業の将来性は必ず明るいとばかりはいえませんが、さまざまな職種において経営に携わることのできるやりがいのある仕事です。

転職エージェントに相談しながら希望通りの転職を成功させてください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら