みなさんは教育業界というとどのような職種をイメージしますか。

学校や塾などの先生を想像する人が多いのではないでしょうか。

最近は教育業界にテクノロジーを導入する動きが強まっており教育業界の仕事も多様化しています。

今回はそんな教育業界の志望理由の書き方を解説します。

書類作成や面接の際の参考にしてください。

Contents

教育業界の志望動機の書き方を解説

女性、指差し

教育業界の志望理由を書く際にはどのようなことに気をつけたら良いのでしょうか。

志望動機を書く際のポイント例文を交えて説明していきます。

教育業界で求められる人物像

先生

志望理由を考える前に教育業界で求められる人物像についてお伝えしていきます。

まず人のために何かをするのが好きな人です。

教育業界では以下のようなサービスがあります。

  • 幼児向け
  • 学生向け
  • 社会人向け
  • 企業向けなど

それらのサービスにより学生が志望校に合格したり、企業が人材育成に成功したりします。

社会貢献性が高く、サービスの利用者の数も多いです。

そのため自分の仕事が人のためになっていることに喜びを感じる人が向いています。

また教育業界では政策などの影響を受けます。

日々状況が変化するので臨機応変に対応できたり、変化を楽しめたりすると良いでしょう。

志望動機を書く際のポイント

ポイント

次に教育業界への志望動機を書く際のポイントを解説します。

押さえるべきポイントは「業界」「職種」「企業」への志望理由です。

1つずつ詳しく考えていきます。

なぜ教育業界を志望するのか明確にしよう

まず業界への志望理由です。

なぜ教育業界を志望するかを明確にします。

教育業界への志望理由として多いのは「人の成長に関わりたい」というものです。

例えば学生時代に家庭教師をしていた経験から教育に興味を持ったなどです。

自分独自の具体的な理由を伝えるようにしましょう。

なぜその職種を志望するのか明確にしよう

次に職種への志望理由です。

教育業界では様々な職種があります。

講師・営業・企画・管理部門・事務などです。

志望する職種によって、なぜその職種で働きたいのかを明確にしましょう。

例えば現職の経験が活かせるから、といった理由が考えられます。

なぜその勤め先を志望するのか明確にしよう

最後になぜその勤め先を志望するかについてです。

教育業界には多数の企業があります。

その中でどうして応募企業を志望するかを伝えられるようにします。

例えば自分が使ったことのあるサービスを提供している企業へ応募する場合には、利用経験からどのような点に魅力を感じているかを書きましょう。

また企業理念や風土などに惹かれている時には「なぜそれらに惹かれるのか」について自分の価値観などを元に述べるようにします。

「その理由ならうちじゃなくてもいいのでは?」と応募企業の方に思われないようにその企業ならではの内容を伝えるようにしましょう。

そのためには企業研究がとても重要です。

応募企業が教育業界ではどのような立ち位置にいて、特徴は何なのかを把握することでその企業を志望する理由を考えることができます。

企業研究では企業のホームページ・採用ページを見ると良いでしょう。

また就活生向けのサイトでは事業内容や特徴が学生でも分かりやすいようにまとまっています。

そのようなサイトを活用しても良いでしょう。

 

ワンポイント
教育業界の志望理由を書くときは「業界」「職種」「企業」への志望理由を押さえるようにしましょう。

入社後にどう貢献できるか明確にするために

女性、ガッツポーズ

志望理由を考えたら、次に入社後にどう貢献できるかを考えていきます。

企業は入社後に活躍してくれる人を採用したいという思いがあります。

そのためこれまでの経験からどのようなことで企業へ貢献できるか、を具体的に説明することがとても大事です。

自己PRで強みを表現しよう

電球

まず自分の強みを表現できるようにします。

自己PRは志望動機の中に含んだり、履歴書・職務経歴書に記載できたりします。

強みはこれまでの前職・現職にて評価されたポイントをアピールすることが重要です。

例えば強みが「臨機応変に対応できること」の場合には、業務の中でその強みを活かした経験を書くようにします。

臨機応変に対応できたことで状況がどのように好転し、どんな成果が出たのかを具体的に表現します。

企業の採用担当者が自己PRを読んで「入社後活躍してくれそうだな」と思ってもらえる内容にしましょう。

入社後何をしてどう貢献していきたいかを明確にしよう

いいね!

次に入社後、何をしてどう貢献していきたいかについてです。

この内容を伝えることで企業の採用担当者にやる気やスキルをアピールすることができます。

しかし入社前の企業で何をしたいかを考えるのは少し難しいです。

求人票に記載されている職務内容や必須要件の内容を元に自分は何ができるかを考えましょう。

また企業のホームページや採用ページも参考にすると良いです。

今後の事業展開や求める人物像について明確に記載されている企業もあります。

企業の目指しているゴールと自分の目標がリンクしていると採用担当者からも高評価を得られます。

 

ワンポイント
入社後にどう貢献できるか明確にするために必要なこと
・自己PRで強みを表現しよう
・入社後何をしてどう貢献していきたいかを明確にしよう

面接で好印象を与えるには?

面接の様子

志望動機や入社後何ができるかについて考えてきました。

書類選考が通過した後は数回の面接が行われます。

面接で質問された場合、面接官に好印象を与えるには更に以下2点について考えると良いでしょう。

応募先企業で自分は何ができるかを伝えよう

まず自分が何ができるのか、という点についてです。

志望理由では「したいこと」をメインで伝える人が多いです。

しかし面接官からすると「したいこと」だけアピールされても、その人が入社後に活躍してくれるのかが判断できません。

そのため自分が「何ができるか」という点をしっかり伝えるようにしましょう。

自分が何ができるか分からない人は、求人票の職務内容と自分の経験業務を照らし合わせて活かせる経験やスキルを探していきます。

キャリアビジョンを明確に伝えよう

またキャリアビジョンを明確に伝えることも重要です。

キャリアビジョンは短期・長期で考えると良いでしょう。

短期的には「〜ができるようになりたい」「〜を成し遂げたい」というような自分の実務に関することを目標として伝えるようにします。

長期的には部下育成や事業拡大など、企業のためになることを伝えると良いです。

 

ワンポイント
面接で好印象を与えるためには
・応募先企業で自分は何ができるかを伝えよう
・キャリアビジョンを明確に伝えよう

女性向けの志望動機例文

サインを出す女性

ここからは女性向けの志望動機例文を紹介していきます。

講師と企画職を志望する場合の例文をお伝えしますので、自分が志望する職種に応じて内容を書き換えてみてください。

講師を志望する場合の例文

私が貴社を志望する理由は学生に寄り添ったサービスを提供していると感じるからです。

高校受験の時に貴社の塾に通っており、志望校に合格することができました。

講師の方々はただ授業をするのではなく、塾がない日の自習の仕方の指導やスケジュール管理をしてくれました。

そのおかげで授業以外の時間も有効に使うことができました。

私は現在アパレル業界にて売上管理やスタッフ育成に従事しています。

特にスタッフ育成ではOJTの実施や短期的・長期的に目標を立てそれを達成できるようにサポートすることで昇格者を複数人出すことができました。

また大学生の時には家庭教師のアルバイトも経験しました。

店舗管理・スタッフ育成の経験や家庭教師の経験は貴社の講師の業務でも活かせるものだと感じます。

入社後は授業での指導だけでなく、授業以外の時間を有効に使えるようにスケジュールを立てて学習できる自発性を育てます。

また将来的には後輩の講師育成や複数の教室の管理者を担当したいです。

企画職を志望する場合の例文

私が貴社を志望する理由は将来自分の子供が利用する教育サービスに関わりたいと感じたからです。

現在私には2歳の子供がいます。

まだ小さいですが、今後進学していく過程で自分の関わるサービスを子供に使ってほしいと思っています。

貴社は幼児期から大学までの質の高い学習支援サービスを提供しており、業界の中でも顧客の契約継続率がとても高いです。

私はこれまでエンタメ領域にて様々なサービス企画に従事してきました。

サービス範囲の拡充により新規会員獲得や既存の会員継続率を改善した経験も持っています。

幅広い年齢層に対して企画業務をしてきた経験は貴社でも活かせると感じています。

また親の視点を持っていたり、自分の子供からサービスの感想を聞いたりすることも可能です。

ユーザーの視点を常に意識して、サービス企画をしていきたいと考えています。

女性向けの志望動機NG例文

考える女性

次にNG例を記載していきます。

どこが修正できそうか、考えながら読んでみてください。

具体例が欠けている例文

私が貴社を志望する理由は教育業界に興味があるからです。

学生時代から教育業界に関心を持っていました。

貴社のサービスもとても魅力的で、人気があります。

現職では営業をしているので、貴社でもその経験を活かしたいと考えています。

対策

いかがでしょうか。

全ての文に具体例が入っていないため、曖昧な印象を受けると思います。

例えば「なぜ教育業界に興味を持ったのか」という点についてより詳しく書くことができれば説得力が増し、その人ならではの文章になります。

その他にも「サービスのどのような点に魅力を感じているか」など、自分の考えや経験を具体的に伝えるようにしましょう。

 

ワンポイント
志望動機はなるべく具体的に書くようにしましょう。

教育業界に転職する女性が準備するべきこともご紹介

指差しするデスクワークの女性

教育業界へ女性が転職する場合、志望理由以外ではどのような準備が必要なのでしょうか。

以下3点を考えておくと良いでしょう。

自己分析を徹底しよう

考え事をする女性

1つ目は自己分析です。

学生時代の就活で自己分析をやった、という人も多いと思います。

自己分析は自分の価値観や強みを認識するためにとても重要です。

社会人になり仕事への価値観が変化し、就活の時に行った自己分析とは異なる結果が出ることもあります。

改めて自己分析を行うことで志望理由をより明確なものにすることができます。

なぜ転職をするのか明確にしておこう

2つ目はなぜ転職をするのかを明確にすることです。

転職理由は面接でよくされる質問の1つです。

人間関係・仕事内容・労働時間・給与など転職理由は人それぞれ様々なものがあります。

どのような理由でもなるべく前向きな言葉を使って伝えるようにします。

例えば給与が上がりにくいということを転職理由とする場合、給与を上げたいとストレートに言ってしまうと面接官からの印象はよくありません。

伝え方としては年功序列ではなく成果によって給与アップが目指せる環境へ転職したい、というようにすると良いでしょう。

求められる人物像やスキルをよく知っておこう

ノートパソコンを見る女性

最後に求められる人物像スキルを知っておくことです。

教育業界といっても企業によって求められる人物像やスキルは異なります。

求める人物像については企業のホームページや採用サイトに載っていることも多いので情報収集の際に活用すると良いでしょう。

またスキルについては求人票の職務内容を確認しどのような業務を担当するのか、求められるスキルは何なのかを把握するようにしましょう。

アピールする内容が企業の求める人物像やスキルと異なっていると、的外れな回答になってしまいます。

企業情報をしっかりインプットして書類作成や面接に備えるようにしましょう。

教育業界への転職で悩んだら転職エージェントに相談しよう

打ち合わせをする女性

教育業界の志望理由の書き方を解説してきました。

ポイントがたくさんあるため難しいと感じた方もいると思います。

不安や悩みがある人は転職エージェントに相談してみてください。

転職エージェントを利用すると志望動機の書き方だけでなくその他にも転職活動全般のサポートを受けることができます。

転職活動は時間や労力がかかるので現職を続けながらやる場合、とても負担が大きいです。

また面接対策や年収交渉などは自分だけでやるのは難しいです。

転職エージェントでは書類作成のサポート・面接対策年収交渉を実施してくれます。

既に求人サイトやハローワークなどを利用していても使えるサービスなので並行して利用してみると良いでしょう。

まとめ

指導する女性

教育業界の志望動機の書き方を解説しました。

加えて面接で好印象を与えるポイントについてもお伝えしました。

今回の内容を参考に万全の準備をして教育業界への転職を成功させましょう。

また1人で転職活動をするのが不安な人は転職エージェントの利用を検討してみてください。

様々なサポートを受けることができるので安心して転職活動に集中することができます。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら