コピーライターの志望動機はどのような書き方をするのがよいのでしょうか。志望動機はそれぞれ違います。

広告の仕事がしたい人もいれば、人を惹きつける言葉を作り出す仕事がしたい場合もあるでしょう。経験度によっても違ってきます。

こちらではコピーライターの志望動機の書き方や、女性でコピーライターに向いている人の特徴なども併せてお話しています。参考にしてください。

コピーライターの志望動機の書き方を解説

ノートパソコン 女性

コピーライターへの転職の場合、すでにコピーライターとしての実績があることが多いです。

またコピーライターとしては未経験でも、キャッチコピーを考えるのが好きで仕事に活かしたいという人もいるでしょう。

またなぜその企業を志望したのかも、企業側にとっては聞きたい理由のひとつです。わかりやすく明確に伝えてください。

それぞれどのような志望動機を書くと採用担当者により強く伝わるのか、解説していきましょう。

Women's Worksの非公開求人ご紹介
Webライター|東京

【WEBメディアのコンテンツ制作・ディレクション】未経験歓迎!国内最大級の情報メディア 編集・運営ポジション

360万円 ~ 660万円

Webメディア事業

コンテンツ企画・記事執筆・ディレクション業務

年間休日120日 社保完備
この非公開求人に興味がある

コピーライターを目指す理由を明確にしよう

OKサイン 女性

コピーライターの志望動機に必要なのは、なぜコピーライターになりたいのかという明確な理由です。

どのような理由からコピーライターを志望したのかを、自分の中でもはっきりと把握した上で志望動機を書きましょう。

大手広告代理店などは、新卒者であれば総合的な職種で採用して希望に応じてコピーライターとして育てる場合もあります。

新卒者とは異なり転職者の場合は即戦力としての採用が多く、コピーライターとしての実績を求められることも多いのです。

自分がなぜコピーライターとして転職を希望しているのかを明確に書き、採用担当者に強い思いが伝わるようにしましょう。

 

ワンポイント
 コピーライターの志望動機には志望の理由を明確にすることが必要です。

コピーライターの自己PRのポイント

考える女性

コピーライターとしてなぜ転職したいのかを明確にすると同時に、自己PRも当然必要になります。

今までどのような経験をしてきたのか実績も交えて志望動機に書きましょう。内容は具体的に書くようにしてください。

また転職後はキャリアやスキルを活かして、どのように貢献していきたいかもはっきりと伝わるように書きましょう。

熱中できるものや趣味なども情報を得るために必要なものとして、重要視する企業もあります。上手に伝えるとよいでしょう。

経験とエピソード

今までの経験やエピソードをふまえて、コピーライターとしてどのように活躍したいか会社にどういった貢献ができるかを伝えます。

ただ「書くことが好き」「人を惹きつける言葉を作りたい」だけでは弱いです。書くことが好きなのは当然のことです。

人を惹きつける言葉とはどのような言葉なのか、もう一歩踏み込んだ内容の志望動機を書く必要があります。

こういった経験をした、こんなエピソードがありますと具体的に書くと伝わりやすいでしょう。

応募した企業の手がけたコマーシャルが好きで、このようなキャッチコピーを書きたいというのも好印象を与えます。

ポートフォリオ

働く女性

企業によってはポートフォリオの提出を求められる場合もあります。キャッチコピーで評価を受けたものを纏めておくとよいでしょう。

コンテストで入選したものをはじめ自信作を纏めたポートフォリオで、コピーライターとしての資質を認められることも期待できます。

作品集があることで、企業側にも応募者のコピーライターとしての力がひと目で確認でき評価の対象になるでしょう。

 

ワンポイント
 自己PRには経験とエピソードを話したりポートフォリオを提出しましょう。
 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


コピーライターに向いている女性の特徴

ガッツポーズ

コピーライターの志望動機の書き方を考える前に、どのような女性がコピーライターとして向いているのかを考えていきましょう。

コピーライターに必要なのはものを書く力だけではありません。インターネットでの広告などコピーライターの業務内容も広がっています。

さまざまな分野への関心や知識が必要になってきます。コピーライターはキャッチコピーを考えるだけが業務ではないのです。

新しいものへ興味を持って、好奇心旺盛に知ろうとすることもコピーライターには必要な性格なのです。

コミュニケーション能力が高い

コピーライターであってもクライアントとの打ち合わせなど、コミュニケーションが必要になります。

コミュニケーション能力はクライアントとの打ち合わせだけでなく、チームを作って一つの仕事に向かうためにも必要となるのです。

コピーライターは人との関わりが少ないと思う人もいるでしょうが、一つのものを作り上げるチームでの仕事は案外多いです。

情報収集力が高い

勉強する女性

心に刺さるキャッチコピーはたくさんの情報収集から生まれることが多いです。情報収集力が高いというのはコピーライターの必須能力です。

情報から商品に対するぴったりで心を惹きつける言葉がひらめくこともあります。

幅広くさまざまな世界に目を向けていることが必要なのです。

また同じ事柄を見聞きしても、人と違った観点で物事を見られるのも個性を大切にするコピーライターにとっては大切なことです。

仕事に対する熱意がある

そしてコピーライターとして向く女性の特徴で一番大切なのは、コピーライターという仕事に誰よりも情熱を持っているということです。

今までも関連のある仕事をしていてやりがいがあったが、それを活かしてコピーライターとして成功したいと決意を伝えます。

どれだけ強くコピーライターとして仕事をしたいのか、明確な強い意志を持っているかが最も重要なことなのです。

 

無料転職相談をしてコピーライターへ転職しよう

 

志望動機の書き方のポイント

ビジネスウーマン

女性だけでなく、コピーライターを目指す人は多くいます。その中で人よりも強く伝わる志望動機を書くのはかなり大変なことです。

どのような志望動機が採用担当者や面接官の目にとまるのか、書き方のポイントについて解説していきましょう。

コピーライターになりたいと考えるきっかけにはどのようなことがあるのでしょうか。

  • TVコマーシャルのキャッチコピーに感動した
  • 会社の広報誌の記事でキャッチコピーを作った
  • コンテストで入賞した

TVや雑誌などで耳や目に残るキャッチコピーに感動し、自分もコピーライターを目指す人もいるでしょう。

仕事の一環でキャッチコピーを作ったり、コンテストで入選してそれがきっかけとなる人もいます。

コンテストではどのような作品を作ったのか、前職で作ったキャッチコピーはどのようなものなのかも伝えましょう。

履歴書にはそのようなきっかけとなったことを、明確に具体的に書くようにすると伝わりやすい志望動機になります。

 

無料転職相談をして伝わる志望動機を書こう

 

コピーライターの面接で聞かれること

履歴書

面接ではコピーライターを目指すにあたって、応募者自身のスキルや志望動機を再確認の意味で再度聞かれることが多いです。

履歴書で書いた志望動機と矛盾点のないように気を付けましょう。

気になったコピーは

最近気になったコピーはありますか、と聞かれることもあるでしょう。日ごろから気になるコピーを書き止めるように習慣付けましょう。

応募する企業が手掛けたコピーなども事前に調べておいて、例に挙げると良い評価を受ける可能性もあります。

どの商品のどういったキャッチコピーのどこがよかったのかも分析して伝えるとよいでしょう。

よいキャッチコピーを探し出し作品を作る上での参考にすることも、コピーライターの仕事の一つです。

真似たり盗むのはもちろんいけませんが、良い作品にふれることは良い目や耳を養うもとになります。

強い分野や知識

強い分野や好きな分野は何かと聞かれることもあります。スポーツやファッションなど得意分野を答えられるようにしておきましょう。

コピーライターになるために特別な資格は必要ありません。資格がない分各自でコンテストに応募するなどスキルを磨く必要があります。

コンテストで賞をとった作品があれば志望動機や自己PRで作品とともにしっかりとアピールするようにしてください。

資格を取得しておきたい人は、コピーライター講座やWebライティング能力検定・Webライティング技能検定を受けるのもよいでしょう。

 

ワンポイント
 面接で聞かれることを予測してアピールすべきことはアピールしましょう。

コピーライターの志望動機の例文

履歴書

コピーライターの転職の志望動機例文を挙げてみましょう。

未経験での転職と関連職種からの転職、そしてコピーライターとして経験のある人の転職での志望動機の例文です。

未経験者の志望動機例文

「私は長く家電メーカーで商品企画の仕事を行ってきました。製品になって世に出る商品を広める仕事をしたいと思うようになりました。

メーカーの宣伝を多く手掛けておられる貴社なら、企画から販売促進までを行ってきた今迄の経験を活かせると思い志望いたしました。

独学ではありますがキャッチコピーを考え、コピーコンテストに入選した経験もあります。

コピーライターとして採用していただいたなら、今迄の経験を活かし一日も早く貴社やクライアントに貢献したいと考えております。」

関連職種からの志望動機例文

 

解説

「化粧品メーカーの広報での仕事をしておりました。自社の商品の良さをお客様に知ってもらうためにさまざまなPRを行ってきました。

そのうちに商品を広く伝える、コピーライターという仕事に魅力を感じるようになりました。

貴社の業務内容で化粧品を扱う場合もあることを知り、採用いただいたなら経験を活かし貢献できるものと確信しております。」

経験者の志望動機例文

「今までフリーでコピーライターとして仕事をしてきましたが、貴社の企業広告を観て人生で一番衝撃を受けました。

このような広告を手掛けられる貴社で、ぜひ今までの自分の経験を活かし皆様と一緒に仕事がしたいと強く思うようになりました。

採用いただけたなら、一日も早く貢献できるコピーライターとして活躍したいと考えております。」

どの場合にも、経験を活かし企業に貢献したいという文言を入れることで、採用することで企業側にプラスになると思ってもらえます。

 

ワンポイント
 志望動機には経験を活かして企業に貢献を約束する文言を入れましょう。
 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


コピーライターの志望動機のNG例文

女性、NG

それでは続いて志望動機のNG例文をみていきましょう。対策法も解説していますので参考にしてください。

未経験者の志望動機NG例文

「ものを書くことが好きで、CMなどを手掛けるコピーライターを目指そうと思いました。

自分の考えたコピーがTVで流れるようになることを思い、一日も早く一流のコピーライターになりたいと考えています。

そのために業界最大手の貴社を志望させていただきました。」

どんな風にコピーライターになるのかあやふやな感じがします。コピーライターになるために何をしているかが必要です。

経験者の志望動機NG例文

「コピーライターとして勤めていましたが、思うような仕事を与えてもらえず実力を発揮できませんでした。

多くの広告を手掛けておられる貴社なら、実力を発揮する場所があるのではと思い志望させていただきました。」

NG例文の対策法

NG例文では両方とも志望動機があいまいです。TVでコピーが流れると嬉しい、前職では実力が発揮できなかったなどでは動機が弱いです。

コピーライターを目指すためにどのようなことをしてきたのか、発揮できなかった実力とはどのようなものか明確にする必要があります。

どういった内容で企業に貢献できるのか、具体的にはどのように活躍できるのかを例を挙げて伝えるとか、工夫しましょう。

 

無料転職相談をして転職を成功させよう

 

志望動機に困ったら転職エージェントに相談しよう

スーツを着た笑顔の女性

コピーライターの転職での志望動機についてお話してきました。コピーライターの場合はキャリアのある人の転職が多いです。

志望動機も多くのキャリアや経験のある人の中で抜きん出るためには、具体的に明確に書く必要があるのです。

なぜコピーライターを目指すのか、なぜその企業に応募するのかをわかりやすく具体的に書き、どう貢献するのかを伝えましょう。

志望動機の書き方や考え方に迷ったら、一人で悩まずに転職エージェントに相談しましょう。

志望動機の書き方や面接での質問の回答例などについても、しっかりとサポートしてもらえます。

コピーライターを目指して転職を希望する場合、ぜひ転職エージェントを活用してください。

Women's Worksの非公開求人ご紹介
Webライター|東京

【WEBメディアのコンテンツ制作・ディレクション】未経験歓迎!国内最大級の情報メディア 編集・運営ポジション

360万円 ~ 660万円

Webメディア事業

コンテンツ企画・記事執筆・ディレクション業務

年間休日120日 社保完備
この非公開求人に興味がある

まとめ

女性

コピーライターの転職での志望動機の書き方は、コピーライターを目指す理由とその企業を選んだ理由を明確に書くことが大切です。

経験を活かし企業に貢献したいという文言を入れて志望動機を書くことで、より熱意が伝わる志望動機になります。

自己PRでは今まで認められたコピーなどがあれば伝え、求められればポートフォリオを提出しましょう。

コピーライターの志望動機については転職エージェントに相談して、明確に具体的に採用担当者に響く志望動機を書くようにしてください。

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために以下のサポートを全て無料で実施いたします。

  • 非公開求人紹介
  • 職務経歴書のフルオーダー作成
  • 応募企業への推薦
  • 面接のフィードバック
  • 模擬面接の実施
  • 内定後の労働条件確認

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!

 

非公開求人紹介

転職エージェントに相談すると、一般に公開されていない非公開求人への紹介が可能です。

非公開求人には大手企業優良企業が多いと言われています。

条件が良い仕事だったり募集人数が少ない場合があるので、一般募集で応募が殺到しないように非公開としているのです。

この非公開求人はエージェントの紹介でしか応募することが出来ません。

キャリアアドバイザーによるヒアリングであなたにピッタリの求人をご紹介いたします。

職務経歴書のフルオーダー作成

応募したい企業が見つかったら先方に提出する職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい職務経歴書の作成を目指しています。

応募企業への推薦

フルオーダーの職務経歴書とともに応募企業への推薦状を作成いたします。

応募推薦状はエージェントに相談した人にしか受けられないサポートです。

模擬面接の実施

コールセンター

ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。

面接のフィードバック

面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

また内定した場合でもフィードバックいたしますので自分がどこを評価されたのかが分かり、入社後のモチベーションにも繋がります。

内定後の労働条件確認

事務

 

企業内定後には労働条件の確認給与の交渉をさせていただきます。

内定承諾書を提出する前に確認しておきたい雇用形態の調整を代わりに行います。

納得して仕事を始めていただけるように最後まで徹底サポートさせていただきます。

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!