転職活動において大切なのが面接です。

書類選考に通過しても面接が上手くできないと内定を獲得できません。

企業によって選考における面接回数は異なります。

応募者からすると面接は緊張しますし、準備が大変なので面接回数はなるべく少ない方が良い気がします。

しかし面接回数が少ないこともメリットばかりではありません。

今回は転職において面接回数の平均は何回なのかを解説していきます。

一次面接、二次面接、最終面接での面接官のチェックポイントもお伝えしますので参考にしてください。

転職において面接回数は平均何回なのか解説

女性、指差し
転職において面接回数は何回が多いのでしょうか。

平均的には2〜3回の企業が多いようです。

業界や職種によって変動はあり、1回の面接で内定が出る企業もあります。

また4回以上の面接を実施する企業もあるようです。

面接回数の多い・少ないはどのような違いから出てくるものなのでしょうか。

 

ワンポイント
転職において面接回数は平均2〜3回です。

転職の面接回数の傾向

はてなマークと女性
転職の面接回数の平均は2〜3回とお伝えしました。

選考フローの中で面接回数が減ったり、増えたりすることもあります。

はじめは2回と聞いていた面接が3回になったとすると何だか不安です。

面接回数が減るわけ、増えるわけをそれぞれ解説していきます。

面接回数が減るわけ

まず面接回数が減るわけです。

これは面接官がすぐに採用したいと思った、という理由が考えられます。

採用するのが決まっているのに無駄に面接をしても時間が勿体無いです。

そのため予定していた残りの面接を省略して内定を出すことがあります。

また求人への応募者が少ない時にも面接回数が減ることがあります。

この場合には他の候補者と比較する必要がないので、応募者のスキルや人柄に問題がないと判断されるとその後の面接はカットされるのです。

面接回数が増えるわけ

次に面接回数が増えるわけをお伝えしていきます。

面接が増える場合はそれまでの面接で応募者のスキルや人柄を判断しきれなかった可能性が高いです。

もう1回面接をして気になる点を確かめた上で判断したいということです。

また応募した求人以外で応募者の経験に合ったポジションがある時には担当部署の人が再度面接を実施することもあります。

この場合面接回数が数回増えることになります。

 
【無料】パソナキャリアに転職相談する  

面接に備えよう

指示棒をもつ
面接回数が減るわけ、増えるわけについて説明しました。

面接では様々なポイントがチェックされるので面接回数に関わらず面接に備えることが重要です。

事前準備はしっかりとしよう

パソコンをする女性
まず事前準備をしっかりするようにしましょう。

転職の面接ではある程度、質問される内容が決まっています。

「自己紹介」「転職理由」「志望理由」「これまでの経験業務」についてなどです。

上記の内容をしっかりと自分の言葉で説明できるように準備をすることが重要です。

準備の際には頭の中でイメージするだけでなく、箇条書きのメモにしたり、ワードなどで話し言葉でまとめたりすると良いでしょう。

まとめ終わったら実際に口に出して、話す練習をします。

はじめのうちはメモを見ながら話しても良いです。

面接当日はメモを見られないので、何も見ずに話したい内容を伝えられるようになるまで何度も練習しましょう。

面接官ごとにアピールポイントを変えよう

面接
また面接官ごとにアピールポイントを変えることも重要です。

ほとんどの企業で一次面接、二次面接、最終面接ではそれぞれ面接官が異なります。

面接官によってポジションや役職も違うのでチェックしているポイントも違います。

そのため話す内容を面接官に合わせて変更することが大切です。

効果的に自分のスキルや人柄をアピールすることができます。

 

ワンポイント
面接では以下を心がけましょう
・事前準備はしっかりとしよう
・面接官ごとにアピールポイントを変えよう

それぞれの面接官の視点

電球
それでは面接官はどのような視点で応募者の評価をしているのでしょうか。

各面接でのチェックポイントを解説していきます。

一次面接でチェックしていること

解説
まず一次面接でチェックしているのは人柄面です。

一次面接では企業の人事担当者が面接官となることが多いです。

人事担当者は実務の担当者ではないので、募集ポジションの業務内容についてはあまり詳しくありません。

そのため自己紹介・転職理由・志望理由などから応募者がどのような人柄なのかを判断します。

例えば「長期的に働いてくれそうか」「人柄が社風とマッチしているか」「コミュニケーション能力は高いか」などがチェックされています。

人事担当者としてはなるべく長く働いてくれる人を採用したいです。

そのため転職回数が多かったり、転職理由が曖昧だったりすると「すぐに辞めてしまうのではないか」と懸念を持たれてしまいます。

第三者が聞いて納得できるように説明するようにしましょう。

二次面接でチェックしていること

ピースサインの女性
二次面接では実務担当者が面接官になるとこが多いです。

そのため「これまでの経験業務」「成功体験・失敗体験」についてチェックされます。

求人票の職務内容を参考に自分のどの経験・スキルが入社後に活かせそうか、について話すようにしましょう。

また成功体験や失敗体験を聞かれることもあります。

成功体験について話す際にはどのような問題がありその問題に対してどんな行動をしたか、を伝えましょう。

続いてその行動によりどんな改善や成果が出たかを分かりやすく説明することが大事です。

成功するまでの過程が曖昧だと、その時は運が良くて成功したのかもしれない、と思われてしまうことがあります。

考えて行動したことで良い結果が出たと説明することで再現性がある、ということをアピールするようにしましょう。

失敗体験では失敗から何を学び、その後どのように改善したか、が重要です。

小さなことでも良いので失敗後に行動や意識を改善した結果、成果に繋がったことを話すようにしましょう。

最終面接でチェックしていること

最終面接では志望意欲をチェックしています。

最終面接の面接官は会社の代表や役員が担当することが多いです。

一次面接にて人柄面、二次面接にてスキル面のチェックが終わっているので最終面接では志望意欲が重要になります。

志望意欲は以下のようなポイントでチェックされます。

  • 会社の事業や今後の展望を理解しているか
  • 一次面接、二次面接にて面接官から得た情報を元に志望理由などをブラッシュアップできているか
  • 入社後に活躍するイメージができているか
  • キャリアプランについて

様々な質問から応募者の志望意欲をチェックしてきます。

応募企業に入社したい、という熱意が伝わるように明るく、前向きに話すことも重要です。

1回の面接で内定が出ることも

女性、ガッツポーズ
企業によっては1回の面接で内定が出ることもあります。

面接は緊張するので、少ない回数で採用がもらえたら嬉しいです。

1回の面接で内定が出る場合、以下の4つのような理由があります。

採用の決定権がある職場

まず1つ目の理由は採用の決定権がある場合です。

先ほどお伝えした通り、人事→実務担当者→代表・役員の流れで面接を行うのが一般的です。

上記の場合採用の決定権は最終面接担当者の代表や役員にあります。

しかし企業によっては、人事や実務担当者が採用の決定権を持っていることもあります。

このような場合には人事や実務担当者が採用の可否を決めることが可能です。

そのため1回の面接で内定が出ることになります。

決裁者の日程が決められている

2つ目は決裁者の日程が決められている場合です。

スケジュールに余裕がない時には1回の面接で内定が出ることがあります。

急ぎの案件である

キャリアウーマン
3つ目の理由は急ぎの案件である場合です。

急ぎの案件の場合には時間を省略するために面接回数が少なくなります。

例えば人手が足りない、プロジェクトが始まるので1日でも早く入社してほしい、などの理由があります。

どうしても採用したい

4つ目の理由はどうしても採用したい場合です。

応募者がとても企業にマッチしていると判断された場合にはすぐに内定が出ることがあります。

理由としては二次面接・最終面接を実施しているうちに、応募者が他の企業を受けたり、内定が出て辞退したりするのを防ぐためです。

ワンポイント
1回の面接で内定が出るケース
・採用の決定権がある職場
・決裁者の日程が決められている
・急ぎの案件である
・どうしても採用したい

1回の面接で内定が出た時の懸念事項

1回の面接で内定が出たらとても嬉しいです。

しかし内定を承諾する場合、気をつけなくてはいけないこともあります。

転職での面接は企業が応募者の採用可否を判断するだけでなく応募者が企業を判断する場でもあります。

応募者が確認する点は仕事内容や会社・メンバーの雰囲気が自分に合っているか、などです。

面接の回数が1回の場合にはその確認が十分にできていない可能性が高いです。

この状態では入社後に「聞いていた話やイメージと違った」というようなミスマッチが生じてしまいます。

もし企業へもっと聞きたいことや一緒に働く人達と会ってみたいなどの要望がある場合には正直に伝えるようにします。

応募者を採用したいと考えている企業であれば、できる限りの対応をしてくれるはずです。

 
【無料】パソナキャリアに転職相談する  

筆記試験は絶対にある?

試験勉強
企業によっては筆記試験を実施しています。

試験の内容はSPIや企業独自のものなど様々です。

筆記試験は書類選考通過後や一次面接終了後に実施されます。

SPIであれば書店に参考書が売っているので不安な人は購入してみるとよいでしょう。

企業独自のものの場合はインターネットなどで調べてみると選考経験者が例題などを載せていることもあります。

また転職エージェント経由で応募している場合には転職エージェントに相談してみるのもおすすめです。

筆記テストでお見送りになってしまうのはもったいないのでしっかりと対策をして本番に臨むようにしましょう。

職種によって転職の面接回数の違いがある

転職での面接の平均回数は2〜3回とお伝えしましたが、業界や職種によって少し違いがあります。

金融業界と医療系・エンジニア系について解説していきます。

金融業界は多い傾向

電卓とお金
金融業界では面接が4回以上実施されることもあります。

金融業界は機密情報を扱うことが多く、特に情報漏洩や不正が許されない業界です。

人間性を見極める必要があるため複数回の面接を実施するようです。

医療系・エンジニア系は少ない傾向

考える看護師
一方で医療系・エンジニア系は面接回数が少ない傾向にあります。

医療系・エンジニア系は人手不足となっておりすぐに採用したいと考えている企業がほとんどだからです。

またスキルや経験重視で採用の可否を決定することが多いので、スキル面の確認ができれば面接を複数回行う必要がないことも理由です。

 

ワンポイント
面接回数は金融業界だと多く、医療系・エンジニア系だと少ない傾向があります。

転職に対する不安がある人は転職エージェントに相談しよう

相談
転職活動では面接だけでなく書類作成年収交渉など様々なことに対応しなくてはなりません。

初めて転職活動を行う人や転職活動に苦戦したことのある人は不安なことも多いです。

そんな時には転職エージェントに相談してみてください。

転職エージェントに登録すると、まず面談にて希望や悩みのヒアリングが行われます。

その後ヒアリング内容を元にエージェントから求人が紹介される流れです。

応募する企業が決まったら履歴書・職務経歴書などの応募書類を作成します。

転職エージェントでは書類の添削サービスを受けることができるので初めて作成する人でも安心です。

また書類選考通過後は面接対策も実施してくれます。

選考フェーズに合わせて想定質問をしてくれて、面接の練習ができるので万全の準備をして当日の面接に臨むことができます。

それぞれの面接の後には面接官からのフィードバックを聞くこともできるためその後の転職活動にもプラスになるでしょう。

また内定獲得後は年収の交渉を応募者に代わって実施してくれます。

お金の話をこれから入社する企業へするのは気が引けます。

しかし転職エージェントが変わって交渉してくれるのであれば心強いです。

その他にも転職エージェントは転職活動全般の相談に乗ってくれます。

転職に対して不安のある人は是非登録してみてください。

 
【無料】パソナキャリアに転職相談する  

まとめ

女性
転職においての平均面接回数や各面接にてチェックされているポイントを解説しました。

業界や職種によって面接回数は異なることがわかりました。

また一次面接、二次面接、最終面接ではそれぞれ面接官の見ているポイントが違います。

そのため面接官の見ている視点に合わせて回答を準備することが重要です。

転職エージェントを利用すると面接対策をしてくれたり、想定質問を教えてくれたりします。

またその他にも様々なサポートを受けることができるので転職活動に慣れていなくても安心です。

転職活動をする際には転職エージェントの利用を是非検討してみてください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら