身内の介護は、時に突然必要になることがあります。

今まで元気だったお母さんが骨折を機に歩けなくなってしまったり病気をしてしまったり予測がつきません。

介護休業という制度もありますが、介護休業給付金では足りなかったり職場で居づらかったりと結局辞めてしまうことも多いです。

そんな介護離職をした後、介護をしながらでも仕事と両立できる職場に転職したいという女性も珍しくありません。

本記事では、身内の介護をきっかけとした転職をする場合について詳しく解説していきます。

身内の介護がきっかけの転職を解説

悩む女性

他の転職の人たちと違って、身内の介護がきっかけで転職する場合、ネガティブな気持ちになってしまっている人もいます。

ただでさえ大変な転職活動ですが、介護をしながら転職活動となるとさらに大変です。

初めて介護をする人は特に、身内の介護の大変さに苦労しながらの転職活動は簡単ではありません。

では、身内の介護がきっかけの転職の場合どのようにすればいいのでしょうか。

これから紹介するポイントをチェックしてみてください。

 

ワンポイント

一般的な転職活動と違って介護と両立できる仕事を探すことが大切です。

自分が働きたいと思う場所であることはもちろんですが、介護と両立できる仕事なのかしっかり見極めましょう。

介護がきっかけの転職

女性

介護がきっかけの転職は、次の仕事をどんな風に選ぶのかがキーになってきます。

せっかく新しい職に就いたとしても、介護と両立できなければ意味がありません。

まずは、介護がきっかけの転職に気を付けることを紹介します。

仕事と両立できるか

まずは、介護と仕事を両立することができるかを1番に考えましょう。

介護をしながら仕事をするわけですから、簡単ではありません。

力仕事や休みの取れにくい職種だったり、突発的な休みに全く対応してもらえなかったりする職場はおすすめしません。

中には、介護中の人を歓迎しているような求人もあります。

まずは身内の介護をしながらでもできるような仕事を探すことを意識しましょう。

経験を活かした職種につくか

経験のある職種に就くというのも1つの手です。

経験のある職種であれば、ある程度即戦力になります。

新しい仕事を1から覚え直すというストレスも減りますし、自分のペースで仕事をしやすくなります。

例えばですが、突発的な休暇に備えて早めに仕事を進めておくなど自分の中でペース配分を決めることもしやすいです。

介護と仕事を両立する1つの方法として、経験のある職種に就くこともおすすめです。

介護の経験が活かせる職種

解説

身内の介護をしている人は、どんな職種がおすすめでしょうか。

介護の経験を活かすことができる職種についても解説していきます

介護職

まずは自分の介護の経験を活かして介護職に就くという手があります。

身内の介護をする中で、介護される側の人がどんなことを求めているか分かってきたという方も多いでしょう。

また、身内の介護をするために資格を取ったという方も少なくありません。

そういう場合、今の介護の経験を活かせる介護職に就くのをおすすめします。

身内の介護を理由に退職して、しばらく介護に専念していた人は特に、介護をすることに慣れているので戦力になりやすいです。

また、まだまだ介護の経験が浅いという方でも、仕事を通して介護の仕方を覚えることができるため、おすすめです。

保育職

保育士

意外かもしれませんが、保育職というのもおすすめです。

保育職は食事の援助やトイレの誘導、手伝いなど1日の流れ自体は介護職と似ています

相手は子供といえ、なかなか体力のいる仕事ではありますが、そういった意味で保育職も介護と両立するのに合っているでしょう。

保育職は、朝だけのアルバイトや夕方だけのアルバイトなど希望の時間帯を選ぶことができます。

また、時間通りに上がれることが多く、比較的介護をしながら働きやすい傾向にあります。

ただし、正社員として保育職に就く場合は注意が必要です。

正社員の保育士は、持ち帰り仕事やサービス残業などが比較的多いためしっかりと求人の内容を確認する必要があります。

イベント準備や、壁面づくりなどほとんどの保育中にはできないため家で作ったり残業で作ったりします。

保育職に就くなら、身内の介護があるため残業NGということをしっかりと事前に伝えておきましょう。

介護事務

介護の事務仕事というのもおすすめです。

自分が経験している介護に関することなので、仕事も比較的覚えやすいのがうれしいところです。

また、事務なので介護ほど体力を使うことがなく、自宅の介護で体力を削られているという方にもおすすめします。

介護事務の資格の合格率は50%となっており、少し難しい印象があるかもしれません。

ですが、介護事務の資格を持っていると就職にも有利ですし資格の有無で給与や待遇関わるケースも多くあります。

もし今余裕があるのであれば、介護事務の資格を取り転職するというのをおすすめします。

介護職への転職

女性エージェント

では、ここからは介護職への転職について詳しく解説していきます。

身内の介護をしながら、仕事も介護となると介護ばかりで辛くなってしまうことも少なくありません。

介護職をしながら身内の介護をするのは、いくつか気を付けることはポイントがあります。

詳しく解説していきますのでぜひ参考にしてください。

介護からの転職で気を付けること

白いスーツの女性

まずは転職で気を付けることを解説していきます。

介護をしながらの転職は、なかなか大変です。

だからといって、転職してすぐにまた転職するということは避けたいものです。

これから紹介する気を付けることを確認してみてください。

介護の状況

まずは、今の介護の状況をしっかりと整理しましょう。

全時間帯自分で介護をしているのか、週に何度かデイサービスを頼んでいるのかなど週間のスケジュールを見てみましょう。

それをすることで、今どれくらい自分に自由な時間があるのか把握することができます。

自由な時間の内、すべてを仕事に充てるとそれはまた辛くなってしまいます。

自由な時間の内どれくらいの時間を仕事に充てるか考えてみてください。

そうすることで、正社員で働くべきなのか、パートタイムなどで働くべきなのかがわかります。

また、介護ばかりだと気が滅入るため仕事に出たいという方も少なくありません。

そんな方は仕事の合間はデイサービスを頼んだり他の人に介護を頼んだりすることになるでしょう。

どれくらいの時間働き、介護を他の人に任せるのかを自分の中でしっかり整理してみましょう。

支援体制

介護で支える女性

介護において、自分以外の人からの支援体制についてもしっかり考えましょう。

中には、お金がもったいなくてデイサービスを受けたくないという方や、近くにそういった施設がない場合もあります。

親戚が近くに住んでいるもしくは他の家族が介護を手伝える状態であるかなど支援体制はさまざまです。

転職先を探す前に、自分には今どんな支援があるのか環境を整理して考えてみましょう。

今後の見通し

今後の見通しについてもしっかり考えておきましょう。

今は自分が介護しているけれど、どこか入所施設を探す予定なのか、ずっと自宅で介護していくのかなどです。

それによってどんな企業に転職するかも変わってきます。

身内の介護をしていると、忙しい毎日だとは思いますが、職探しを考えるなら今後の見通しについてもよく考えましょう。

 

ワンポイント

転職を考えたら、まずは現在の介護の状況や支援体制について整理しましょう。

また、他の家族も含めて今後の見通しを立ててみましょう。

あきらめない選択

ジャンプする女性

身内の介護をしている人の大半は、介護だけをこなしているわけではありません。

炊事や家事など介護以外にもさまざまな家の役割を担っていることが多いです。

そんな中で「自分も外に出て働きたい」とは言い出せず諦めてしまう方も少なくありません。

でも、あなた1人で抱え込む必要はありません。

介護も家事も1人ですべて請け負ってしまうと精神的に参ってしまいます。

「うちは私が外に出て働くのは無理だな」と思う方も、一度仕事について考えてみてください。

働きたいという気持ちがあるのなら、あきらめないことです。

介護と仕事を両立させるコツ

キャリアウーマン

介護休業という制度があるくらい、介護と仕事を両立させるのは難しいです。

ですが、決して無理な選択ではありません。

ここからは、介護と仕事を両立させるコツについて解説していきます。

制度を活用する

何度か話していますが、会社の福利厚生の一環として介護休業という制度があります。

この制度を利用すれば、介護を目的として仕事を休業することができ、その期間介護休業給付金を受け取ることも可能です。

そのほか、会社によっては「ファミリーサポート休暇」など独自で制度を設けているところも多くあります。

長年勤めている会社でも意外と制度について知らなかったりします。

1度時間を作って、就業規則をじっくりと見てみましょう。

転職の場合は、転職先の介護にかかる制度がどんなものがあるかしっかりと確認するようにしましょう。

具体的な計画をたてる

なんとなく「平日10~15時くらいで働こう」といったざっくりとした計画では、いざというときに困ります。

仕事の日に急な体調不良や、仕事中にデイサービスから連絡があった場合にどうするか、家族会議を開きましょう。

他に頼ることができる家族がいない場合は、地域のサポート制度がないか見てみてください。

ファミリーサポートなどといった名目で、そういった方々を支援している自治体はたくさんあります。

まずはどんなふうに働くか、そしてどんな時にどうするか、具体的な計画を立てましょう。

がんばりすぎない

スマホを持つ女性

1番は、頑張りすぎないことです。

介護をしながら仕事をするというのは、体力的にも精神的にもとても大変です。

それでも「私が仕事をするって決めたから」と自分で抱え込んで頑張りすぎてしまう人が多くいます。

決して1人で頑張る必要はありません。

適度に力を抜き、周りの力を借りて頑張りすぎないようにしましょう。

 

ワンポイント

介護と仕事を両立させるには、がんばりすぎてはいけません。

使える制度は利用し、周囲に助けを求めましょう。

介護と両立しやすい職種

スーツ姿の女性

では、介護と両立しやすい職種とはいったいどんな職種があるでしょうか。

転職先を探す際の3考にしてください。

勤務時間・休日が決まっている

まず、介護と両立しやすい職種として、勤務時間・休日が決まっているということが挙げられます。

身内の介護をしながら仕事をする場合、その間デイサービスやほかの人に介護を頼むことになります。

介護と両立させるには、他の人に頼む日や時間帯をしっかりと決め、勤務時間や休日が決まっている仕事がおすすめです。

臨機応変に対応可能

介護をしていたら突然の体調不良などで仕事中に呼び出しされることも少なくありません。

そのため、急にシフトに穴をあけてしまうなどの理由で、職場が居づらいと感じることもあります。

ですが、中には子育て中や介護中の女性に理解のある職場があるというのも事実です。

また、同じような境遇の方が多く働いている場所であれば「お互い様」の精神ができ、居づらさも軽減されます。

急な変更にも臨機応変に対応できるような企業を探してみましょう。

 

ワンポイント

勤務時間や休日が決まっている職種は特に、介護と両立しやすいです。

身内の介護があることを伝え、周囲の理解を得るようにしましょう。

介護がきっかけの転職は転職エージェントを活用しよう

面談中

介護をしながらの転職活動はとても大変です。

介護をしているというだけで日々忙しいですし、その中で自分に合った企業探し、面接準備など大忙しです。

そんなときは、転職エージェントを活用しましょう。

転職エージェントに今の状況や希望を伝えれば、あなたにぴったりの職場を探してくれます。

もちろん、不安があったり納得がいかない勤務先であったりすれば断ることも可能です。

あなたが納得いくまで転職エージェントは相談に乗り、面接準備など幅広いサポートをしてくれます。

介護をしながら忙しい転職活動まで1人で背負わず、転職エージェントに頼ってみましょう。

まとめ

車いすを押す女性

高齢化社会が進んでいる昨今では、介護問題が深刻化しています。

介護休業などの制度も普及してきていますが、企業によってはまだまだ取りにくい状況が続いています。

そんな中で「外に出て働きたい」というあなたの気持ちを諦める必要は一切ありません。

まずは、紹介してきたとおり自分の今の状況、今後どうしたいのか、今後の介護の状況など整理してみてください。

そして、転職エージェントと相談しながらあなたにぴったりな職場を見つけてください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら