美味しい料理を提供する仕事である調理師

料理を作ることはもちろん、下ごしらえやメニューの決定など仕事の種類が多い仕事となっています。

やりがいは多い仕事ですが、中には転職を考えている方もいるかもしれません。

ここでは調理師の経験を活かす転職先について解説していきます。

調理師の経験を活かして活躍できる職種や転職のタイミング、あると有利な資格などを知っておきましょう。

調理師の転職を成功させる方法も紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

事前準備をしっかりして、調理師からの転職を成功させましょう。

調理師の経験を活かす転職先を解説

机をふく女性

調理師は専門性が高い職種なので、転職には不利だと思っている方もいるかもしれません。

しかし、調理師は経験を活かす転職先がたくさんあるのも事実。

これまでの経験をもとに活躍できる転職先がたくさんあります。

調理師の仕事を活かした職種はもちろん、未経験業種に挑戦したいと思っている方もいるかもしれません。

それぞれのポイントがあるので確認しておくのがおすすめです。

また持っていると有利な資格や成功させるポイントなどもあるので、確認しておくと良いでしょう。

調理師から転職を考えている人は事前に確認しておいてください。

調理師が主に転職する際の理由

調理師が主に転職する際の理由には、どのようなものがあるのでしょうか?

低賃金・勤務時間

笑顔の介護士

調理師が転職を考えるタイミングとして最も多いのが、低賃金や勤務時間に関することかもしれません。

夜がメインのお店や行列が絶えないお店などは、休憩時間も取れず夜通し働くこともあるでしょう。

また、調理師は低賃金であることも特徴によくあげられます。

勤務時間が長いにもかからわず、低賃金であることが転職したいと思う理由なのかもしれません。

調理師にかかわらず、低賃金・勤務時間が長いことは転職したいという強い理由にもなるでしょう。

パワハラ・人間関係

女性

パワハラや人間関係も仕事を辞めたいと思う大きな理由となるでしょう。

仕事内容は好きでも、パワハラされたり人間関係が悪かったりする環境では誰も働きたくはありません。

もちろん職場にまず相談する必要がありますが、相談してもすぐに解決しないこともあります。

長い時間悩むことで、精神的にも病んでしまう人も多いのが実態。

精神的に病んでしまう前にも、転職を考えることも大切です。

このように、パワハラや人間関係も転職を考える大きな理由となるでしょう。

仕事そのものが嫌

エプロン姿の女性

調理師は専門的な仕事であり、毎日同じことの繰り返しになりやすい仕事です。

料理をすることが大好きで調理師になったものの、毎日同じことの繰り返しで嫌になってしまう方も。

仕事そのものが嫌になり、転職をしたいという方も多いようです。

仕事そのものが嫌になってしまうと、解決策が中々見つからないのも問題でしょう。

そのため、別業種や別の職場での仕事に興味を持つ方も多いのかもしれません。

 

ワンポイント
・低賃金や労働時間は転職したくなる理由としても大きい
・調理師の仕事そのものが嫌になってしまうケースも

調理師の経験を活かして活躍できる職場

調理師の経験を活かして活躍できる職場にはどのようなものがあるのでしょうか?

保育園・学校給食

子供を抱っこする女性

調理師の経験が活かせる仕事といえば、保育園や学校給食を思い浮かべる方も多いでしょう。

保育園や学校給食は毎日必ず仕事があるので、安定しているのが特徴です。

また、勤務時間も決まっているので働きやすいのもメリットでしょう。

土日や祝日が休みであることも嬉しいポイントではないでしょうか。

個人経営の飲食店では深夜労働などもありますが、保育園・学校給食は夕方には帰宅できるでしょう。

結婚や出産を考えている人にもおすすめの職場です。

長時間の労働や深夜の労働を避けたい方にはぴったりの仕事かもしれません。

施設内給食

女性

大企業や公務員の施設には、大きな食堂が完備されていることがあります。

調理師の経験を活かして、このような施設内の食堂で働くこともできるでしょう。

こちらも保育園や学校同様に勤務時間が決まっているので、働きやすいのが大きなメリットといえます。

保育園や学校では毎日違うメニューを作る必要がありますが、食堂の場合はメニューが決まっている場合も。

同じことを一つ一つ丁寧にしたいという方にもおすすめの職場です。

同じメニューで決まった仕事が良いという方にはぴったりの職場かもしれません。

大型外食チェーン

働くカフェ店員

大型外食チェーンでの仕事も、調理師の経験を活かせる職場だといえるでしょう。

全国各地にあるようなチェーン店であれば、自分の家の近くで働けることもあります。

マニュアルがしっかり作られていることも多いので、働きやすいのも大きなメリットでしょう。

またシフトなどがしっかりしていることも多いので、勤務時間の希望も伝えやすいかもしれません。

働いている人が多い分、わいわいと働くのが好きな方にもおすすめの職場です。

大型外食チェーンでの仕事に興味がある方は一度挑戦してみても良いでしょう。

 

ワンポイント
・保育園や学校、施設などの給食は労働時間も安定
・大型外食チェーンはシフト制で働きやすい

転職のタイミング

女性、NG

転職をしよう!と決意しても、実際いつ転職しようか悩む方も多いでしょう。

転職のベストなタイミングはあるのでしょうか?

  • 転職を決意したあと、実際に転職するのは年末や年度末など区切りの良い時期
  • 職場も来年度の人件費や経費などを計算する時期でもあるので、転職する方も多い時期
  • 転職をしようとする一ヶ月前には上司に伝える

このようにタイミングをしっかり見極めて転職すると良いでしょう。

伝えるタイミングについては、職場によっても異なるので事前に確認しておくのがおすすめです。

突然明日辞めますというのは職場にも、周りの人にも迷惑をかけてしまうので注意してください。

あると有利な資格

調理師の経験を活かして転職する際、あると有利な資格はあるのでしょうか?

調理師

 

女性

調理師として働いている方の中には、調理師免許を持っている方も多いかもしれません。

調理師の免許があると調理法を熟知しているということだけではなく、栄養や衛生面の知識もあると認定されます。

免許があると、調理にまつわる仕事が任せられるというイメージも持たれるでしょう。

これまで手伝い程度の仕事しかさせてもらえなかったという方も、調理師の免許があると任される仕事も増えます。

仕事の幅を広げたいと思っている方は、調理師免許の取得に挑戦しても良いかもしれません。

調理のプロフェッショナルとして働く調理師の免許があると、仕事の幅も大きく広がるでしょう。

栄養士

栄養士

国家資格である栄養士の資格があることも転職に有利に働くでしょう。

栄養指導や管理が行えるので、学校や老人福祉施設など働く幅が広がるのも事実です。

団体向けだけではなく、個人向けにもアドバイスができるので働きたい場所が探しやすくなるでしょう。

調理師の免許だけではなく、栄養士とセットで持っていると一目置かれるかもしれません。

栄養士の資格があると調理をすることだけではなく、アドバイスもできるのでやりがいも感じられます。

ただ調理するだけという仕事に物足りなさを感じている方は挑戦しても良いかもしれません。

 

ワンポイント
・調理師の免許は持っていると仕事の幅が広がる
・栄養士の資格があると、働ける職種も多くなる

調理師が未経験業種に挑戦するためには?

面接

調理師の経験を活かした仕事を探している方がいる一方、別の業種に挑戦したいと思っている方もいるかもしれません。

調理師が未経験業種に挑戦するためにポイントはあるのでしょうか?

調理師が全く別の業種に挑戦する際にはその理由を聞かれることがほとんどでしょう。

これまでの調理師の経験を活かしたアピールをしながらも、熱意を伝えることがポイントです。

調理師が別の業種に挑戦するのは厳しいとは思わずに、ポイントをしっかりと見ておくと良いでしょう。

次の見出しにまとめたポイントをしっかり確認してください。

調理師の転職を成功させる方法

調理師の転職を成功させるには下記のポイントがあります。

調理師から異業種に挑戦する前にしっかり確認しておきましょう。

転職する意味を考える

働く女性

調理師の仕事ではなく、未経験業種に挑戦するということは何か意味があることがほとんどです。

自分のやりたいことや夢などが理由の場合もあるでしょう。

逆に調理師をしていることに悩みがあり、調理師の仕事を辞めたいために転職したい方もいるかもしれません。

自分がなぜ転職をしたいと思っているのか、意味をしっかり考える必要があります。

意味もなくだらだらと転職活動をすすめると後悔することにもなりかねません。

自己分析をしっかり行い、転職したいと思う気持ちを大切にすると良いでしょう。

転職する目的をはっきりさせる

パソコンを見る女性

転職する意味を考えることにあわせて、転職する目的をはっきりさせることも大切です。

なぜ自分が転職するのか目的をしっかり持つようにしましょう。

未経験業種での面接において、必ず聞かれるのが転職しようと思った理由。

その際には新しい職種で頑張りたいというアピールができる絶好の機会です。

例え調理師以外の仕事がしたかったという理由だとしても、選んだ業種は少しでも興味があるのではないでしょうか。

なぜその職種で働きたいと思ったのか、転職する目的をはっきりさせておいてください。

自分の経験を認識する

女性

調理師からの転職では、自分の経験を認識するのも大切なポイントです。

自分はどういった経験があり、何が得意なのかを言えるようにしましょう。

経験が挑戦する職種においても役立つことが必ずあるはずです。

これまでの調理師での仕事で経験して学んだ内容を活かしたいという意欲をみせましょう。

自己分析がしっかりできていればそれだけでも強いアピールになるかもしれません。

アピールできる強みや自分が働くことでの会社側のメリットを明確にしておいてください。

 

ワンポイント
・転職する目的をしっかりさせておくことが大切
・自分の経験を認識して、自己分析をしっかりしておこう

調理師の転職先成功例

次に、調理師の転職先成功例を紹介します。

調理師の経験を活かした転職先と、未経験業種に挑戦したケースをまとめました。

例:調理師の経験を活かした転職

女性

それまで個人経営の飲食店で働いていたAさんは、長時間労働の仕事に悩んでいました。

人間関係は良好であったものの、親密な関係なので言いたいことも言えない状況。

シフトなどはないので、頼まれると深夜まで働いてしまうこともよくありました。

そこで勤務時間が安定している学校給食の仕事に転職。

安定した給料が得られるだけではなく、昼間の決まった時間で働けるようになりました。

それまで体調を崩すこともよくありましたが、今では毎日健康に過ごせるのも大きなメリットです。

例:調理師から未経験業種に挑戦

女性

大型外食チェーンで調理の仕事をしているBさんですが、最近調理の仕事が嫌になり悩んでいました。

忙しい時間帯は職場がてんやわんやで、丁寧に仕事をするBさんは上司から怒られることもしばしば。

元々調理の仕事が好きでしたが、最近では料理をすることも嫌いになってきました。

そこで調理とは全く別のメーカーの事務職仕事に転職をしました。

事務職の仕事は未経験でも挑戦しやすく、調理師で培った丁寧に仕事をするという強みも活かせます。

毎日仕事をするのが楽しいと思えるので、長く仕事が続けられるでしょう。

これまでの調理師としての強みを活かした転職の成功例といえるかもしれません。

調理師からの転職は転職エージェントに相談しよう

メモ

調理からの転職について解説してきました。

転職したい!と実際思っていても、自分にはどのような仕事が向いているのかわからない方もいるでしょう。

そのようなときは転職エージェントに相談するのがおすすめです。

転職についての悩みや相談事も丁寧に聞いてくれるでしょう。

また、模擬面接の実施なども行ってくれるので調理師の転職においての面接の練習もできます。

調理師からの転職は決まった質問をされることもあるでしょう。

転職は自分の力だけでは不安になることもあるかもしれません。

プロの転職エージェントに相談して、転職を成功させてください。

まとめ

女性

調理師からの転職について解説してきました。

調理師は低賃金・長時間労働になりやすい職種であるといえるでしょう。

調理師を活かした仕事に転職したいと思っている方をはじめ、全く別の職種に相談したいと思っている方もいます。

調理師の免許や栄養士の資格をとって、調理師の仕事に挑戦するのももちろんおすすめです。

一方で、全く別の職種に挑戦するのも良いでしょう。

どちらにしても大切なのが転職する意味をもち、目的をしっかりさせておくことです。

現状が嫌というだけで転職するのではなく、自分が何をしたいのかをはっきりさせましょう。

事前準備もしっかりおこない、調理師からの転職を成功させてください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する