飲食業界で働きたいという女性は多いです。

接客が好き、その店のメニューが好きなど動機はたくさんあります。

でも、それをいざ志望動機として文字に起こすのは意外と難しいものです。

今回は、飲食業界に応募する際の志望動機の書き方について詳しく解説していきます。

飲食業界の志望動機の書き方を解説

ポイント

飲食業界は街にたくさんあふれています。

小さな喫茶店やカフェから、定食屋、大きなチェーン店の居酒屋など種類も様々です。

だからこそ、志望動機を一辺倒で書いてしまうと書類審査が通りづらい傾向にあります。

「この店じゃないとダメだ」という理由をしっかりと伝えられるようこれから紹介するポイントに注意してみてください。

 

ワンポイント
飲食業界の志望動機は、そのお店にアプローチした具体的な内容で書くようにしましょう。

飲食業界に向いている女性の特徴

メニューの説明をする女性

飲食業界というのは、お客様を案内したり料理を運んだり、さまざまな仕事をこなさなければなりません。

基本的に忙しくずっと動き回っていることも覚悟しておきましょう。

それでは、そんな飲食業界で働くのに向いている女性というのはどんな人でしょうか。

飲食業界に向いている女性の特徴についても解説していきます。

接客が好き

まず、飲食業界に向いている女性の挙げられる特徴として「接客が好き」ということです。

飲食業界は、街に数多くあふれています。

味で勝負している人ももちろんいますが、「人」で勝負している人もたくさんいます。

「このお店にまた来たい」と思ってもらえるようなお店にするには、決して味の問題だけではありません。

そのため、接客がとても重要です。

飲食業界のホールなどで働いていると、他の仕事をしている最中でもお客様に話しかけられます。

「今これをしているのに…」とストレスを感じず、接客に切り替えることができるような方は飲食業界に向いています。

コミュニケーション能力が高い

ビールを運ぶ居酒屋店員

飲食業界に向いている女性の特徴として「コミュニケーション能力が高い」という点も挙げられます。

先ほどからいっているように、飲食業界において接客は非常に重要です。

それ以外にも、お店の厨房担当の人とのコミュニケーション、店長とのコミュニケーションなどさまざまな人と関わりがあります。

飲食業界は忙しい時間はとことん忙しいので、コミュニケーションがしっかりとれていないとミスが出てしまいがちです。

そのため、さまざまな人とコミュニケーションをしっかりとれる人が向いているといえます。

また、お酒を提供するようなお店であれば酔ったお客様の相手も必要です。

1人でしっとりと飲みたい人、ゆっくりとカフェで読書を楽しみたい人などさまざまです。

飲食業界の従業員は、そんなさまざまなお客様のニーズをいち早くつかみ、その環境を提供することが求められます。

そのためには、日ごろから従業員内ともお客様ともコミュニケーションをしっかりと取ることが大切です。

食べることが好き

どんな業種もそうですが、自社商品を「素晴らしいものだ」と好きになれなければなかなか仕事は続きません。

そういう意味で、「食べることが好きな女性」というのは飲食業界の仕事に非常に向いています。

まかないなどで自分のお店の商品を食べてみたり、休日に食べにいってみたりするのもいいでしょう。

お客様が何を求めてそのお店に来ているのかがわかります。

そういったことが苦痛にならない「食べることが好き」な女性は飲食業界に向いているといえます。

 

ワンポイント

飲食業界に向いている女性の特徴は、以下の3つです。

  • 接客が好き
  • コミュニケーション能力が高い
  • 食べることが好き

飲食業界の面接でアピールすべき点は

パソコンを打つ女性

では、飲食業界の面接でアピールするべき点においても解説していきます。

面接でアピールするべき点は、大きく分けて以下の2つです。

  • スキル
  • 過去の経験

具体的にこの2つをどんな風にアピールすればいいでしょうか。

それぞれ詳しく解説していきます。

スキル

まずは当然ですが、自分自身のスキルについてアピールしましょう。

接客だけでなく調理補助もできる、こんな資格を持っているなど自分にとって些細なことでもしっかり伝えてください。

既に紹介したコミュニケーション能力の高さもアピールになります。

その際、具体的な例を出してコミュニケーション能力の高さをアピールするようにしましょう。

過去の経験

コーヒーを淹れる女性

過去に飲食業界で働いたことがある人は、必ずそのことを伝えるようにしましょう。

飲食業界特有の忙しさや、休みが取れにくいといった悩みなどすべて理解していると判断されれば採用の確率は上がります。

採用担当者の多くは、採用したのはいいものの、いざ働くとその辛さにすぐ辞めるという悩みを持っています。

だからこそ、飲食業界経験のある人は重宝される人材です。

その経験が長ければ長いほどアピールになります。

どんなお店で、どれくらいの期間働き、どんなことを任されていたのかしっかりアピールしましょう。

なぜこの会社を選んだか明確にしよう

女性、指差し

何度もいいますが、飲食業界は街にあふれかえっています。

小さな喫茶店から飲み屋、バー、大きな居酒屋、レストランなどたくさん種類もありそれぞれ客層も違います

それでは、そんなたくさんある飲食業界の中で、なぜこの会社を選びエントリーしたのでしょうか。

それをしっかりと明確にするようにしましょう。

入社後にどう貢献できるかを伝えよう

働くカフェ店員

まず、志望動機を書く際のポイントとして入社後にどのように貢献できるかを伝えることが大切です。

採用担当者は面接のその時の印象だけでなく、採用した後どんな風に活躍してくれるのかを気にしています。

それを先回りして、自分はどんな風に活躍することができるのかアピールしていきましょう。

自己PRから貢献できること

まずは自己PRから貢献できる内容をしっかりと伝えましょう。

人が好きということや、接客には自信があるなどといった内容で大丈夫です。

そのほか、コミュニケーション能力が高く従業員やお客様としっかりコミュニケーションが取れるというようなことも有効です。

料理やコーヒーを淹れることが好きな人は、そういったことをアピールするのもいいでしょう。

飲食業界といっても仕事は接客だけではありませんから、さまざまな観点から自分の良さをPRしていきましょう。

経験から貢献できること

次に、経験から貢献できることについてもPRしていきましょう。

例えば、飲食業界での経験がある人は、すぐに現場に慣れ将来的にリーダー的存在になりたいと目標を掲げるのも好印象です。

そのほか、既に過去にリーダー経験があるような人でしたら、それを存分にアピールしましょう。

シフト作成などの事務作業もできるようであればかなり重宝されます。

まずは自分が今までしてきた経験を振り返り、どんなことができるのか考えてみましょう。

それから、今回応募する企業の仕事にどんなふうに活かすことができるか考えてください。

それが大きな自分の強みになります。

飲食業界の志望動機例文

女性、パソコン

ここからは、実際の志望動機の例文を紹介していきます。

志望動機を書く際にぜひ参考にしてください。

接客が好きなことをアピールする場合

私は人と話をすることが大好きなので、接客業に非常に興味があります。

また、規模の大きな貴社で働くにはお客様だけでなく従業員の方などさまざまな方とコミュニケーションが大切だと考えます。

大学時代にはゼミの代表などもしており、たくさんの人としっかりとコミュニケーションを取ることが得意です。

貴社で働くことになった暁には、しっかりコミュニケーションを取り誰もが働きやすい職場を目指して尽力したいと考えます。

お店のメニューが好きなことをアピールする場合

私は、週に1回は通うほど貴社のお店が大好きです。

特に〇〇というメニューが大好きで、来店したときにはいつも注文させていただいております。

貴社のメニューはどれも材料の産地からこだわり、手間をかけたとてもやさしい味がしています。

今回、私も貴社のその大好きなメニューを作ったり、お客様におすすめしたりする仕事に就きたいと思い応募いたしました。

貴社のメニューの良さは理解しておりますので、ゆくゆくは新メニュー開発などにも挑戦したいと考えています。

過去の経験をアピールする場合

机をふく女性

私は、出産を機に退職しましたがその前は約5年間飲食店でフルタイム勤務をしておりました。

ホールでの接客はもちろん、繁忙時期には調理補助のヘルプに入るなどの経験もあります。

また、それらの頑張りを認めてもらい、シフト作成などの事務作業なども行っていました。

シフトの作成においてうまくハマらない場合は従業員へ交渉したりなど、さまざまな経験をさせてもらっています。

出産によりブランクはありますが、貴社でも同じように目標感をもって働きたいと考えております。

飲食業界の志望動機NG例文

×をする女性

では、次は陥りやすい志望動機のNG例文も紹介していきます。

具体的な例を挙げていきますので、意識してみてください。

具体性がない

私は、飲食業界で働くのが夢でした。

貴社のお店には私の大好きなメニューがたくさんあり、それらを作るお手伝いをさせていただきたいです。

大好きな貴社の従業員として働き、ぜひ活躍していきたいと思い応募させていただきました。

私が入社した暁には、一生懸命働かせていただき、必ず貴社に貢献させていただきます。

抽象的で信憑性がない

私は、昔から接客業にあこがれを持っていました。

明るい性格が取柄なので、どんなときにも明るい接客ができると思っています。

また、普段から友人にも「人を嬉しくする笑顔だね」と言われ、接客には自信があるつもりです。

飲食業で接客をしてたくさんのお客様を喜ばせられるような従業員になりたいと考えていますので宜しくお願い致します。

NG例にならないために

NG例のように、書いてあることに具体性がなかったり、抽象的過ぎて話に信憑性がなかったりというのは採用されにくいです。

まずはしっかりと自分がアピールしたいことを具体的に考えてみることです。

可能な限り、何個も自分のアピールポイントを挙げてみましょう。

また、抽象的になることがないように、アピールしたいことに対する具体的な話を考えてみましょう。

具体的なエピソードを交えて話をすることで、読み手にもその話の意図が伝わりやすくなります。

アピールしたいことが思いついたら、そのアピールポイントに関する具体的なエピソードを考えてみましょう。

 

ワンポイント
志望動機を書く際には、しっかりと具体的に実際のエピソードを交えながら書くようにしましょう。

飲食業界でのキャリアパスを明確にしよう

女性、ガッツポーズ

飲食業界で働くと一言でいっても、そのあとのキャリアパスはさまざまです。

まず今回の企業に応募して、自分はそのあとどうなりたいのかというキャリアビジョンをしっかり意識しましょう。

例えば、そのお店でリーダーや店長をサポートするようなポジションに就きたい、ゆくゆくは自分の店を持ちたいなどです。

自分のキャリアパスをしっかりと思い描き、そこからぶれないようにしていくことが大切です。

 

ワンポイント

飲食業界に勤めたそのあと、自分はどうなりたいのか未来の自分をしっかりと考えましょう。

志望動機の書き方は転職エージェントに相談しよう

面接する女性

飲食業界はたくさんあります。

だからこそ、どこにエントリーしたらいいのかなかなか悩んでしまうことが多いです。

そんなときは、転職エージェントに相談しましょう。

同じような居酒屋に見えても、その従業員への待遇はその店によって全く異なります

福利厚生や手当などもそれぞれ異なりますから、しっかりと確認することが大切です。

ですが、自分で探していると「企業が多すぎてどれが自分に合うか分からない」となってしまいがちです。

まずは転職エージェントに相談し、自分の要望を伝えてみましょう。

転職エージェントがあなたにぴったりの企業を探してくれ、あらゆる面から転職のサポートをしてくれます。

まとめ

テイクアウト商品を渡す店員

今回は、飲食業界に応募する際の志望動機の書き方について紹介してきました。

具体的な書き方のポイントや例文など参考にしていただけたでしょうか。

面接で会える前に、履歴書の志望動機で選考から落ちてしまうともったいないです。

しっかりとアピールできることを洗い出し、それを文章にしてみましょう。

書き方はもちろん今回の記事を参考にしながら、転職エージェントと相談して作ってみてください。

飲食外界への転職が上手くいくよう祈っています。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら