フレックスタイム制を導入している企業が多くなり、女性のフレックスタイム制の企業への転職希望者も増えています。

こちらではフレックスタイム制を導入しているのはどのような職種なのか、メリットデメリットについても解説しています。

フレックスタイム制の企業への転職を希望しているならぜひ転職活動の参考にしてください。

Contents

フレックスタイム制を導入している主な職種を解説

パソコン

社員一人一人のライフスタイルを重視した働き方を設定するフレックスタイム制ですが、どのような職種で導入されているのでしょうか。

フレックスタイム制とはそれまでの就業時間8時から15時までを、社員のライフスタイルに合わせて時間の設定を可能にする制度です。

フレックスタイム制の歴史は意外と古く、法定から30年以上たっているのです。2016年からは公務員の職場にも取り入れられています。

フレックスタイム制に向く職種というなら、個人での仕事内容が多く他の社員との仕事での繋がりが多くない職種ということになります。

営業職など顧客との接点のある仕事やチームを組んで取り組んでいる仕事などはフレックスタイム制の導入には向かないのです。

フレックスタイム制を導入しているのは、やはり個人で進められる仕事が多い職種となるでしょう。

フレックスタイム制の仕組みは?

女性、パソコン

解説してきたように、フレックスタイム制とは企業内で社員のライフスタイルに合わせた就業時間を決めることができる制度です。

企業で定められた労働時間は守りますが、年間でその労働時間を働くなら1日の就業時間は比較的自由に設定できるという仕組みです。

その働き方は職種により効果を上げるものもあれば、問題をかかえるものもあるのです。

フレックスタイム制の仕組みについてもう少し詳しくお話していきましょう。

フレックスタイム制といえば、出勤時間を自由に定められる制度と考えがちですが、企業側が一定の制限を設定できるのも特徴です。

企業側はフレキシブルタイムとコアタイムを設定し、バラバラになりがちな社員のワークスタイルのバランスを保ちます。

フレキシブルタイム

フレキシブルタイムは出勤退社可能な時間帯です。例えば早朝6時から9時、夕方15時から19時をフレキシブルタイムに設定します。

社員はフレキシブルタイム内であるなら出社時間と退社時間を自由に決めることができるのです。

子供の保育園のお迎えに合わせて早めの退社も可能になるので、子供を持つ女性にとっては嬉しい制度といえます。

コアタイム

コアタイムとは必ず勤務していなければならない時間帯です。企業側のミーティングや会議のある時間帯に合わせて設定されます。

例えば9時から12時(ミーティングが多い)13時から15時(会議が多い)に設定すればこの時間帯には全社員が勤務することになります。

朝が強い社員は6時に出社し、コアタイムには当然勤務して15時に退社することが可能になる訳です。

これはあくまでも一例ですが企業ごとに必ず社員が一同に会せる時間帯を設定して、デメリットへの対策を行っているのです。

 

ワンポイント
フレキシブルタイムは自由に出勤が可能な時間、コアタイムは必ず出勤しなくてはいけない時間です。

フレックスタイム制を導入している主な職種

女性、指差し

フレックスタイム制の特性からみて、導入されやすいのは個々で行う仕事内容の職種が多いです。

  • 事務職
  • デザイナー職
  • エンジニア職
  • 企画職

個人で仕事を進めていくことのできる職種がフレックスタイム制を導入しやすいといえるでしょう。

それぞれの職種ではどのような導入がされているのかを確認していきましょう。

事務職

事務職の場合も大きな意味では個人個人の仕事といえます。自分で時間配分を考えて仕事を行うことが可能です。

コアタイムにコミュニケーションを図ることができるので、事務職はフレックスタイムを導入しやすい職種といえるでしょう。

デザイナー職

製図の様子

デザイナー職は最も個人で行うとことの多い職種で、フレックスタイム制を導入しやすい職種といえるでしょう。

自宅での仕事も可能なのでアイデアが浮かんだ時には一気に仕事をするなど、時間の配分も比較的自由に設定できます。

クライアントとの打ち合わせなどが入った時には時間のバランスがとれにくい場合もあるので注意が必要です。

エンジニア職

一人で仕事を行うエンジニア職もフレックスタイム制を導入しやすい職種といえるでしょう。

ただしクライアントによっては打合せなどが入る場合もあり、その場合はフレックスタイム制は難しいこともあります。

プロジェクトを組んで一つの仕事を行っている場合には、かえって残業が多くなるなどのデメリットに繋がる危険性もあるのです。

企画職

企画職の場合も企画は主に一人で行う仕事なのでフレックスタイム制の導入をしやすい職種となります。

チームを組んで仕事をする場合も多い職種です。その場合にはフレックスタイム制は利用できません。

企画職の場合も数人で集まって一つの仕事を行っている場合には、デメリットとなることもあるので注意が必要です。

 

ワンポイント
フレックスタイム制を導入しやすいのは個々で仕事を行っている職種です。

フレックスタイム制の導入が進んでいる業界

女性

業界によってもフレックスタイム制の導入の進み具合が変っています。フレックスタイム制を多く導入しているのはどのような業界でしょう。

IT業界では場所を選ばず仕事ができる企業が多く、すでに多くのフレックスタイム制を取り入れているところが多いのです。

IT・通信・インターネット

やはりITや通信などはフレックスタイム制の導入の多い業界となります。

フレキシブルタイムやコアタイムを設けることでバランスよく仕事に取り組めます。

自宅での仕事も可能な業界もありますが、フレックスタイム制が導入されている企業もあります。

マスコミ

タブレット

マスコミ業界もある意味フレックスタイム制の導入をしやすい業界といえるでしょう。

マスコミ業界であってもすべての職種がフレックスタイム制を導入できるとは限りません。

それでも比較的自分のペースで動きやすい業界であることは確かで、フレックスタイム制を取り入れた職種も多いです。

コンサルティング

コンサルティング業界はさまざまな働き方のある職種といえます。クライアント企業へ出向いて業務を行う場合もあります。

その場合はフレックスタイム制を導入することでかえってデメリットとなる可能性もあります。

それでも通常どこでも業務ができるという点では、フレックスタイム制を導入できる業界といってよいでしょう。

 

ワンポイント
フレックスタイム制が導入しやすいのは場所を選ばず仕事ができる業界です。

フレックスタイム制に向いている職種の特徴は?

パソコンを操作

お話してきたようにフレックスタイム制を導入しやすい、向いている職種はある程度自由に仕事配分のできる職種となるでしょう。

自分で業務をある程度自由に時間配分できて、場所を選ばず仕事ができるという職種がフレックスタイム制には向いています。

どこでも業務ができる

フレキシブルタイムは必ず会社にいなくてはいけないという訳ではありません。自宅であっても業務のできる環境であればよいのです。

ただしコアタイムの時間帯は会社で一同に会する必要があります。コアタイムはミーティングや会議を行うための必要な時間となっています。

自分のペースで業務を進められる

同様に自分のペースで仕事をすることができる職種もフレックスタイム制の導入がしやすい職種といえるのです。

パソコンを使って自宅で仕事ができる職種はフレックスタイム制となってることが多く、自由に勤務時間の配分を行っています。

女性がフレックスタイム制導入企業に転職するメリット

保育園の送迎をする女性

女性のフレックスタイム制の企業に転職希望者が多くなっているのは、どのような背景があるのでしょうか。

転職先にフレックスタイム制の導入企業を選ぶメリットにはどのようなことがあるのかを解説していきましょう。

女性の転職者がフレックスタイム制の企業を選ぶのは、結婚や出産でライフスタイルが変わったなどの理由が挙げられます。

結婚や出産で今までのように遅くまで仕事をする訳にいかなくなった、などの理由で転職を考える人が多いのです。

子供を保育園に送って行くのは夫で、早めに帰宅して迎えに行くのは妻というように自分自身で調整できるのがメリットです。

ワークライフバランスが取りやすい

パソコン操作

ライフスタイルによって仕事の時間を変えて、生活と仕事のバランスを取りやすくできるのが大きなメリットなのです。

妻が朝7時から16時までのフレックスタイム制で仕事を行うことで、役割分担がはっきりとできて仕事がやりやすくなります。

うまく時間を配分すれば、子供の保育園へのお迎えや家事がスムーズにこなせるようになるので、特に女性にとっては嬉しいです。

労働時間を効率的に配分できる

労働時間を自分の都合に合わせて配分することで、効率よく仕事ができるのもメリットといえるでしょう。

効率のよい仕事ができることで、残業時間の削減もメリットの一つとなります。

女性の働きやすいフレックスタイム制導入の企業探しは、女性の転職に特化した転職エージェントを活用してください。

フレックスタイム制のデメリット

悩む 女性

ライフスタイルを見据えたフレックスタイム制のメリットをお話しましたが、フレックスタイム制のデメリットについて挙げてみましょう。

  • 顧客や取引先に合わせられない
  • 急な仕事への対応ができない
  • 社内でのコミュニケーション不足
  • 計画できない社員にとっては管理しにくい

顧客や取引先からはフレックスタイムなどに関係なく連絡があります。朝一番や終業前でも就業時間内であれば連絡をしてくるでしょう。

フレックスタイム制のデメリットはそういった顧客や取引先への迷惑をかけやすい点です。

同様なことにはなりますが、急な仕事の依頼に即対応ができないこともデメリットの一つです。

フレックスタイム制では従業員同士のコミュニケーションが取れにくくなるというのもデメリットといわれています。

このデメリットに関してはコアタイムを設定することによって、改善される場合も多いのではないでしょうか。

フレックスタイム制での労働時間は自分自身で管理する必要があります。ワークライフバランスを取れない社員は管理しにくいでしょう。

しっかりと自分の労働時間を管理できない社員にとってはフレックスタイム制はデメリットでしかありえません。

フレックスタイム制を利用するのなら、しっかりと自分自身の労働時間を把握して勤務中と休みの区別をつけるようにしましょう。

 

ワンポイント
フレックスタイム制には顧客に合わせられない管理しにくいなどデメリットもあります。

フレックスタイム制の職種へ転職する際の注意点

忙しい 女性

以前はフレックスタイム制の清算期間は1ヵ月でしたが、法改正により3ヵ月までと定められたのです。

このためフレックスタイム制を利用する社員は3ヵ月に渡っての業務配分をしっかりと行う必要が出てきました。

例えば6月から8月の3ヵ月を例にとると、繁忙期の6月をしっかりと働き8月は子供の夏休みのため労働時間を少な目にする。

などの工夫ができるようになっています。よりしっかりとした計画性を持って業務配分を行う必要があるのです。

フレックスタイム制の職種への転職に困ったら転職エージェントに相談しよう

転職エージェント

フレックスタイム制についてお話しましたが、おわかりいただけたでしょうか。

女性がフレックスタイム制の職種への転職を希望するのは、ライフスタイルの変化家庭と仕事のバランスを取りやすいことなどのためです。

フレックスタイム制を取り入れている企業の求人を探す必要がありますが、なかなか思うように転職活動が進まない場合が多いです。

フレックスタイム制の職種への転職は転職エージェントに相談してみましょう。

転職活動は一人で悩まずぜひ転職エージェントを活用して、スムーズに乗り切ってください。

まとめ

ポイント

フレックスタイム制は社員のライフスタイルに合わせて就業時間を設定する制度で、多くの企業で取り入れられているのです。

フレックスタイム制を取り入れやすい職種は個々で仕事を行う事務職やデザイン職・エンジニア職などになります。

フレックスタイム制でのメリットはワークバランスが取りやすくなることや、労働時間の効率良い配分などさまざまです。

デメリットには社員同士のコミュニケーション不足や顧客からの連絡に対応しにくいなどが挙げられます。

フレックスタイム制はしっかりと自己管理し業務配分を行うことで、家庭と仕事の両立が図れるため女性の転職希望者が増えているのです。

転職エージェントの力を借りながら、ぜひ転職活動を成功させてください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら