転職活動を始めて、自走力という言葉を知った方も多いのではないでしょうか。

自走力とは、「自分自身で行動していく力」を意味します。

企業にとって、自ら進んで考えて仕事に打ち込める人材は貴重です。

さらに自走力があれば、自身のレベルアップやキャリア形成に結びつけることもできます。

転職するなら身に付けておきたいスキルといえるでしょう。

今回は、面接時に自走力をアピールする方法について解説します。

自走力を養う方法も併せて紹介していくので、参考にしてみてください。

面接で自走力をアピールする方法を解説

女性、虫眼鏡

自走力は、企業に積極的にアピールしたい自己PRのひとつといえます。

状況を把握して課題の解決策を自分で考える能力は、働く上で非常に重要です。

上司の指示や周囲のフォローを待っているばかりでは、仕事は進みません。

しかし責任感を持って取り組む姿勢があれば、期待以上の成果を残せるでしょう。

このように、自走力によって仕事の質まで高めることができます。

企業はもちろん、自分自身にもプラスとなるスキルです。

面接ではこの自走力を強く打ち出していくことで、採用担当者の関心を引き寄せられるでしょう。

ぜひ参考にして、面接の成功へと繋げていってください。

中途採用で自走力が求められる理由

女性、デスク

新卒入社の場合は、まず仕事を覚えていくところから始まります。

徐々に仕事に慣れていく中で、自走力を身に付けることもできるでしょう。

しかし、中途採用となると企業の求める人物像・スキルレベルが異なってきます。

そのため自走力の有無が、合否の結果を左右するかもしれません。

自走力のある人は実際に成果を残しやすい

自走力のある人は、任された仕事に対してプラスアルファの結果も残せるといえます。

単に言われたことだけをこなすのではなく、知識・経験を活かして行動するように心がけましょう。

自分で仕事のやり方をブラッシュアップすることが肝心です。

スムーズに仕事が進めば、思いがけない問題点にも気づくことができるかもしれません。

そしてどのような改善策を取るべきか、さらに考えを深めていきます。

仕事を完遂すると同時に、より良いフィードバックが得られるでしょう。

成果が出れば、仕事のやりがいを感じやすくなります。

また周囲からの信頼も厚くなり、仕事の幅を広げていくことが可能です。

中途採用では即戦力が求められる

中途採用の求人では、即戦力を求める企業が多いといえるでしょう。

そのため業務の引継ぎ・指導を受けながら、自発的に考えて行動する意識がカギとなります。

たとえ環境が変化したとしても、今まで積み重ねてきた知識と経験は無駄ではありません。

経験値がある分、イレギュラーにも柔軟に対応することができるでしょう。

仕事の基本的なスキルは、転職にあたってもちろん必須要素です。

さらに経験・知識を活用できる証拠として、自走力も率先してアピールしてください。

志望先に即戦力として認められることが、転職成功のポイントです。

自走力のある人は周囲へのいい刺激になる

女性、ガッツポーズ

自走力は、自分や企業以外にもいい影響を与えているかもしれません。

何事も自分で考えて懸命にやり遂げようとする姿は、周囲のやる気を高めてくれます。

1人1人に自発的な働き方が定着すれば、業務の効率も自然と上がっていくでしょう。

さらに仕事・人材両方の質を向上させ、企業の業績拡大にも繋げていくことができます。

人と企業を成長させる大きな可能性を秘めている点が、自走力の魅力のひとつです。

 

ワンポイント
・実際にプラスアルファの成果を残しやすいと評価されるから
・経験を活かして即戦力となることを期待されるから
・周囲や企業にとっていい影響を与えてくれるから

面接で自走力をアピールするコツ

女性、指差し

自走力は、即戦力として結果を出せる強みをアピールするのに最適な要素です。

また、周りに好影響を及ぼすというメリットも備えています。

企業の求める人物像に当てはまりやすいといえるでしょう。

転職時の面接では、自走力があることを相手にわかりやすく伝えることが大切です。

そのコツについてしっかり把握しておきましょう。

「なぜそうしようと思ったのか」まで伝える

ただ「自走力がある」と話すだけでは、採用担当者の心を掴むことができません。

その主張を裏付ける説明がなければ、説得力に欠けてしまうからです。

自走力にまつわるエピソードには、必ず動機を添えるようにしましょう。

その行動に至るまでのプロセスを明らかにすることで、自走力の高さを印象付けられます。

また、物事を深く掘り下げる視野の広さや行動力も示すことができるでしょう。

さらに順序立ててエピソードを話すことにより、論理的な思考力を証明できます。

相手とのコミュニケーションが取りやすくなるよう、話す内容は事前にしっかり精査してください。

転職先で自走力をどう活かしていくかを伝える

女性、デスクワーク

具体的なエピソードを交えて自走力をアピールしたら、その活かし方についても言及しましょう。

転職先で取り組みたい仕事や挑戦したい分野を話す際には、自走力が強い軸となります。

せっかく熱意があっても、ビジョンが不足していれば曖昧にしか伝わらないかもしれません。

目標に向けてどのように行動していくのか、自分なりに考えたプランを明示してください。

自走力を活かし、自分で目標設定して達成のために努力できることを強調します。

また志望する業界・企業の動向や業績を理解した上で、目標を据えることが重要です。

自ら進んで企業研究を深めた証拠であり、自走力を上手く活用しているといえるでしょう。

 

ワンポイント
・自走力に関するエピソードでは、行動に至った動機を明らかにする
・志望先での自走力の活かし方を積極的に提案する
 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


面接で自走力のチェックがされる質問の例

面接する女性

ここまで、自走力をアピールするべき理由とそのコツについて詳しく見てきました。

自走力があると論理的に証明することが、採用担当者の印象に残るための重要なポイントです。

では、採用担当者は面接の際にどのようにして自走力をチェックしているのでしょうか。

自走力の有無を試す質問として、3つの例を挙げていきます。

このような質問をされた場合は落ち着いて返答し、自走力アピールをより強めていきましょう。

仕事で意識していることを聞く

考えられる例として、仕事上で特に意識していることを問われるかもしれません。

人によってこれまでの職歴は様々です。

同じ業界から転職する方もいれば、異業種・未経験からの挑戦という方もいるでしょう。

しかし仕事へ取り組む姿勢は、経験値で差が出るものではありません。

むしろ、ひとつの公平な判断基準として参考にされる可能性があります。

そのため今までの仕事で何に気を付けてきたのか、的確に伝えることが重要です。

  • どのような成果を求められているのか
  • より効率的な仕事の進め方はないか
  • 周囲と連携しながら行動できているか

このように、仕事の本質に向き合って考えているという姿勢を示しましょう。

答えられず終わってしまい、言われたままに仕事をしている、と取られないよう注意してください。

意識を行動にどう反映させているのか聞く

自分の意思や考え方をしっかり持つことは、自走のスタート地点として大事です。

ただし実際に行動が伴わないと、自走力があるとはいえません。

だからこそ、採用担当者も鋭く質問してくる可能性が高いです。

自分の考えを行動に落とし込めているか、という点が重視されるでしょう。

  • 周りの意見を聞きながら自分で計画と目標を立てる
  • 作業の一元化や新しいツールの導入などを提案する
  • こまめな報告・連絡・相談を徹底する

このような実践経験が、自走力を裏付けてくれます。

仕事上の意識と併せて回答を想定し、慌てずわかりやすく説明できるように準備しておきましょう。

上司が忙しい場合などの対応方法を聞く

質問・報告したい時に、上司が忙しそうにしていたらどのように行動するべきでしょうか。

実際にはケースバイケースで、絶対的な正解はないでしょう。

しかし、この質問によって自走力の有無・レベルを判断されるかもしれません。

上司の手が空くまでただ待っているのは、もったいない時間の使い方です。

一方で、自分の都合を優先してしまうと上司に迷惑をかける可能性もあります。

まずは自分でできることを考えて取り組む、という習慣を身に付けたいところです。

そしてタイミングを見極めて、上司に進捗報告と相談を行います。

その際、自分が問題解決のために取り組んだ作業内容と理由もきちんと説明してください。

自走力を活かした上司への対応方法により、自分で働きやすい状況を作れることをアピールしましょう。

 

無料転職相談をして面接も転職も成功させよう

 

面接で自走力をアピールする例文

女性、ボード

それでは面接本番で自走力をアピ―ルするために、例文をご紹介していきます。

具体性あるエピソードと結果を織り交ぜ、自走力を活かした働き方のビジョンが伝わるようにしましょう。

実務経験から自走力をアピール

「私の強みは、仕事をスムーズに行えるよう常に自分で考えて提案していくところです。

これまで、企業の営業事務として働いてきました。

営業職の方から指示を受ける一方で、顧客先の企業の方と関わる機会も多くありました。

その中で、納期やスケジュールについて質問されてすぐに回答できないケースが続きました。

そこで、受注案件の詳細について必ず確認することを心がけるようにしました。

どんな情報を把握しておけばいいのか、上司に相談しながら打ち合わせを行いました。

これによってすぐにお客様に対応できるようになり、クレームを減らす結果にも繋がりました。

御社でもこの自走力を最大限に発揮し、業務に貢献したいと考えています」

普段の意識から自走力をアピール

「私は、何事についても自分の意見をしっかり持つよう心がけています。

職場で仕事を引き継いだ際に、簡略化できそうな点や変更した方が良い点に気付きました。

マニュアル通りに進めたとしても支障はありません。

しかし、今後誰かに引き継いでいくことも考えると改善した方がいいのではないかと考えました。

そこで上司に提案したところ、検討して承諾をもらうことができました。

さらに仕事上での工夫や役立つスキルについて、詳しく教えてもらう機会を得ました。

周りに流されるのではなく、自分で考えて行動することで成長できたと感じています。

この自走力を活用して、御社でより一層のレベルアップを目指したいです」

面接で自走力をアピールする際の注意点

女性、NG

自走力をアピールしようとするあまり、行動面にフォーカスしすぎないよう注意してください。

ただ自分の考えを推し進めた、と捉えられる危険があります。

行動に移した目的や理由は、必ず最初に明らかにしておきましょう。

そうすることで説明がわかりやすくなり、自走力に対する信ぴょう性も増します。

行動力のベースにきちんとした計画性や論理的思考があるかどうかは、重要な要素です。

採用担当者に納得してもらえるアピールを作っていきましょう。

 

無料転職相談をして面接も転職も成功させよう

 

転職したい女性が自走力を培う方法

女性、パソコン

転職するにあたって、面接で自走力をアピールできることは大きな武器となります。

積極的に身に付けて磨いていきたい能力だといえるでしょう。

そこで、自走力を育てるための方法について解説していきます。

PDCAを丁寧に実行する

PDCAとは行動の振り返りサイクルを指しています。

  1. Plan:計画
  2. Do:実行
  3. Check:評価
  4. Act:改善

この順番に自らの行動を当てはめることで、成功したポイントや失敗点が明確になります。

計画段階で自分の目標・意見をしっかりと定めて進めていきましょう。

最終的な結果から、目標達成ができたかどうか判断します。

そして修正点と改善点を抽出し、次の計画に移るまでが一連の流れです。

このサイクルを繰り返すことによって、自分で考える癖が身に付くでしょう。

さらに、考え方や行動指針をブラッシュアップする経験を積み重ねていけます。

自走力を鍛えるためには、PDCAの実行に注力してください。

仕事の目的を意識する

任された仕事に対して、「何のために必要なのか」という目的を考えるようにしましょう。

メール作成の依頼なら、送る相手が社内・社外どちらであるかによって対応の仕方は異なります。

また、伝えるべき内容・項目も変わってくるでしょう。

付け加えておきたい情報も考慮すると、受け手の助けになるかもしれません。

どんな仕事であっても、5W1Hを意識して取り組むことで自走力を培うことができます。

ベストな方法を模索し続ける

女性、ひらめき

仕事の目的を把握し、計画に沿って行動する中でも時には振り返りが必要となります。

今の取り組み方がベストかどうか、常に自問する習慣を作りましょう。

PDCAサイクルに当てはめて振り返ってみてもいいかもしれません。

自走力は、心がけ次第でどんどん磨きあげてくいくことができます。

その時に応じた柔軟な行動で、自分の可能性の幅も広げていきましょう。

 

ワンポイント
・PDCAを繰り返して行動をアップデートする
・仕事の目的を常に意識する
・ベストな取り組み方を考え続ける
 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


自走力はどんな業界・職種でも役に立つ力

女性、コート

自走力は、特定の業界・業種に限らず活用できるスキルだといえます。

与えられた仕事の目的を考えて適切な方法で進めていく姿勢は、働く上で必要不可欠です。

自走力を身に付けていれば、志望先の企業でも積極的に業務に貢献できます。

この点をアピールすることで、企業側も理想的な人材として評価してくれるでしょう。

自走力は、普段の意識や社会人経験を通じて培うことが可能です。

面接で自走力があることを具体的にアピールし、自分の価値を証明していきましょう。

 

ワンポイント
 業界・業種を問わず活用できるスキルとして、積極的に自走力をアピールしていきましょう。

面接の不安は女性向け転職エージェントに相談しよう

女性、ガッツポーズ

自身の強みとして自走力をアピールする際、上手くできるか不安に思う方もいるでしょう。

面接で採用担当者とやり取りするのは、どうしても緊張してしまいます。

前もって話す内容をまとめ、練習していても面接への不安感は消しきれないかもしれません。

そんな方におすすめしたいのが、転職エージェントへの相談です。

転職エージェントは1人1人に合わせてヒアリングを行い、転職をサポートしてくれます。

転職活動を続けているうちに生じる悩みも、転職エージェントに打ち明けてみましょう。

悩みや不安を解消し、生き生きと自信をもって面接に臨んでください。

 

無料転職相談をして面接も転職も成功させよう

 

まとめ

女性、ビジネスウーマン

今回は、面接で自走力をアピールする方法についてお話しました。

自分で考えて行動する力は、どんな業界・業種でも大いに役立つスキルとして注目されます。

だからこそ、自走力のある人物だというアピールをわかりやすく伝えることが重要です。

自走力を証明する具体的なエピソードと、その活用方法を事前にしっかりまとめておきましょう。

自走力を身に付けて育てていくことも、日頃から意識してみてください。

志望先の求める人材として、ぜひ自走力を自己PRに応用していきましょう。

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために以下のサポートを全て無料で実施いたします。

  • 非公開求人紹介
  • 職務経歴書のフルオーダー作成
  • 応募企業への推薦
  • 面接のフィードバック
  • 模擬面接の実施
  • 内定後の労働条件確認

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!

 

非公開求人紹介

転職エージェントに相談すると、一般に公開されていない非公開求人への紹介が可能です。

非公開求人には大手企業優良企業が多いと言われています。

条件が良い仕事だったり募集人数が少ない場合があるので、一般募集で応募が殺到しないように非公開としているのです。

この非公開求人はエージェントの紹介でしか応募することが出来ません。

キャリアアドバイザーによるヒアリングであなたにピッタリの求人をご紹介いたします。

職務経歴書のフルオーダー作成

応募したい企業が見つかったら先方に提出する職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい職務経歴書の作成を目指しています。

応募企業への推薦

フルオーダーの職務経歴書とともに応募企業への推薦状を作成いたします。

応募推薦状はエージェントに相談した人にしか受けられないサポートです。

模擬面接の実施

コールセンター

ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。

面接のフィードバック

面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

また内定した場合でもフィードバックいたしますので自分がどこを評価されたのかが分かり、入社後のモチベーションにも繋がります。

内定後の労働条件確認

事務

 

企業内定後には労働条件の確認給与の交渉をさせていただきます。

内定承諾書を提出する前に確認しておきたい雇用形態の調整を代わりに行います。

納得して仕事を始めていただけるように最後まで徹底サポートさせていただきます。

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!