華やかなイメージのあるブライダル業界は女性に人気な業界の1つです。

素敵な結婚式ドレスに憧れがあったり、人の喜ぶ姿を見たりする方にはぴったりです。

また新郎新婦の人生の大切な瞬間に立ち会うことができるのでやりがいを感じられる仕事でもあります。

今回はブライダル業界の中でもドレスコーディネーターを紹介します。

ブライダル業界に少しでも興味のある方はぜひ参考にしてください。

ドレスコーディネーターの仕事内容を解説

女性、指差し
ドレスコーディネーターと聞くとなんとなく結婚式のドレスに関わる仕事かな、とイメージは湧きます。

結婚式の重要ポイントである新婦のドレスに関わる仕事なんて毎日楽しそうです。

しかしその仕事内容を細かく説明できる人は少ないと思います。

ここからはドレスコーディネーターの詳しい仕事内容を解説していきます。

仕事内容は大きく分けて3つ

ドレスコーディネーターの仕事内容は大きく分けて以下の3つです。

  • 衣装案内
  • 衣装手配
  • 予約管理

それぞれ詳しく説明していきます。

衣装案内

まず1つ目は衣装案内の業務です。

この仕事では新婦のドレスと新郎のタキシード選びをサポートをします。

女性なら1番輝く姿で結婚式を迎えたいと思います。

そのため新婦にとってウェディングドレス選びはとても大切です。

また新婦のドレスは結婚式の中でも参列者などにとても注目されるポイントです。

新婦の希望や予算にベストマッチするドレスの提案をしていきます。

また新郎の衣装も新婦のドレスとのバランスを考えて選びます。

その他にメイク・ヘアセットなども衣装案内業務の1つです。

衣装のトータルのコーディネートが会場や演出とマッチするかも考慮して、提案していきます。

コーディネートが完了した後、契約業務をするまでが衣装案内の業務となります。

衣装手配

2つ目の仕事は衣装手配です。

新郎新婦が選んだドレスやアクセサリーなどが当日会場に届くように手配する業務です。

当日の運営スタッフに引き継ぎを行ったり、指示書などにアイテムの詳細を記載したりします。

手配にミスがあると結婚式当日に新郎新婦が思った通りの衣装やコーディネートで登場できなくなってしまいます。

やりがいはありますがその分、ミスが許されない責任の重い仕事です。

予約管理

OKサインを出す女性
3つ目の仕事は予約管理業務です。

これから衣装を決めたい、と考えている新郎新婦からの電話での来店予約を受けたり管理したりする業務です。

電話にて予約を受けた場合にはその電話で大まかな衣装の希望やイメージをヒアリングします。

これによって事前にある程度衣装を準備することができ、当日のご案内がスムーズです。

また新郎新婦の希望に応じて、マッチする担当スタッフの振り分けを行います。

ドレスコーディネーターは、ドレス以外もコーディネートする

アクセサリー
先述の通りドレスコーディネーターはドレス以外のコーディネートも行います。

まず新郎のタキシード選びです。

タキシードにもドレス同様、様々なカラーやデザインがあります。

新郎の衣装を選ぶ際には新婦のドレスとのバランスがとても重要です。

新郎新婦2人でバランスが取れているカラーやデザインにするようにします。

また新郎新婦のヘアメイクやアクセサリーの提案も行います。

アクセサリー1つでトータルの印象が大きく変わることもあるのでドレス同様とても慎重に選ばなくてはいけません。

ドレスコーディネーターに求められる能力は?

解説
ドレスコーディネーターの仕事内容について解説しました。

業務内容はドレス選びだけでなく多岐に渡っていることがわかりました。

そんなドレスコーディネーターですが、どのような能力が必要な仕事なのでしょうか。

以下のような能力のある方はドレスコーディネーターに向いているかもしれません。

傾聴力

まず1つ目の能力は傾聴力です。

新郎新婦には様々な希望や要望があります。

希望にあった提案をするために本心を話してもらうことが必要です。

例えばドレスは豪華なものにしたいが予算を抑えたいなどです。

新婦によっては新郎に遠慮して思っていることが言えない人もいます。

そのような際にはドレスコーディネーターが橋渡し役となり双方の思っていることを聞き出すことが重要です。

また来店時に、衣装への具体的なイメージを持てていない新郎新婦も居ます。

このような時にも様々な話の中から曖昧なイメージを新郎新婦と一緒に明確にしていくことが求められます。

提案力

面談
2つ目に求められる能力は提案力です。

新郎新婦から聞いた情報をもとに衣装やその他の提案を行う力が必要です。

ドレスコーディネーター自身は「これが似合う」と思ってもそれが新郎新婦の希望と違っていると信頼されなくなってしまいます。

希望のヒアリングを行った上で、それに合うものを提案する能力が重要です。

しかしただ新郎新婦の希望を聞いているだけでも御用聞きのようになってしまいます。

これまでの経験や知識からプロならではの視点でアドバイスを行い、新郎新婦の選択をより良いものにできるように提案することも求められます。

ホスピタリティ

笑顔
3つ目の能力はホスピタリティです。

例えば新郎新婦の大切な日を最高のものにしてあげたい、という気持ちを持っていることです。

心から2人の幸せを願って衣装の提案できるとその思いが新郎新婦へも伝わり、良い提案ができなり満足してもらったりすることができます。

その他にもホスピタリティがあると細かい点に気づくことができるため、新郎新婦から信頼されやすいです。

ファッションセンスや色彩感覚

色鉛筆
最後に求められる能力はファッションセンス色彩感覚です。

ファッションセンスはドレスとアクセサリーのコーディネートのために必要です。

また色彩感覚は新郎新婦の衣装の組み合わせなどで役に立ちます。

新婦のみで綺麗だったり、新郎のみでカッコ良かったりしても、新郎新婦2人での調和がとれていないとチグハグな印象になってしまいます。

そのためファッションセンスと色彩感覚の両方がドレスコーディネーターにはとても重要です。

 

ワンポイント
ドレスコーディネーターに求められる能力
・傾聴力
・提案力
・ホスピタリティ
・ファッションセンスや色彩感覚

ドレスコーディネーターに活かせる経験は?

クエスチョンマーク
上記4つの能力が求められるのがドレスコーディネーターです。

もし未経験からドレスコーディネーターへ転職する場合、どのような経験があると良いのでしょうか。

まず飲食・小売業界での接客やヒアリング経験はドレスコーディネーターでも活かせるでしょう。

またホテルなどでの就業経験がある方も経験を活かすことができます。

ホテルマンはホスピタリティ精神を持っているためドレスコーディネーターとしても新郎新婦に寄り添った接客ができるでしょう。

またアパレル業界にてコーディネート力や色彩感覚を養ってきた方も知識や経験を活かせます。

ドレスコーディネーターに向いてる女性の特徴

ガッツポーズする女性
ここまでドレスコーディネーターに活かせる経験を説明してきました。

ではドレスコーディネーターに向いているのはどんな女性なのでしょうか。

以下の特徴に当てはまる方はドレスコーディネーターへの転職を考えてみると良いかもしれません。

人を喜ばせるのが好き

まず人を喜ばせるのが好きな人です。

結婚式は新郎新婦にとって唯一無二の特別な日です。

そのような日を最高なものにすることができたら新郎新婦はとても喜びます。

ドレスコーディネーターになったらその特別な日のサポートができます。

人を喜ばせるのが好きな人にとってはとてもやりがいのある仕事です。

聞き上手

2つ目の特徴は聞き上手なことです。

ドレスコーディネーターは新郎新婦の希望を聞き出すことがとても重要です。

聞き上手の人は相手が話しやすい雰囲気を作るのが得意なので、ヒアリングした情報から適切な提案ができます。

ファッションが好き

笑顔と洋服
3つ目の特徴はファッションが好きなことです。

ドレスやアクセサリーなどを組み合わせて衣装を完成させるので、おしゃれやファッションが好きな人は楽しんで仕事ができます。

ドレスは1つ1つデザインや素材が違うのでファッションが好きな女性なら見ているだけでワクワクするでしょう。

また定期的に新作のドレスなども入ってくることがあります。

新しいドレスでコーディネートの幅も広がるので、新鮮な気持ちで業務をすることができます。

結婚式への憧れがある

女性なら結婚式に憧れを持っている人も多いはずです。

感動的でキラキラしている憧れの結婚式に日々関わることができたら幸せでしょう。

 

ワンポイント
ドレスコーディネーターに向いてる女性の特徴
・人を喜ばせるのが好き
・聞き上手
・ファッションが好き
・結婚式への憧れがある

ドレスコーディネーターのやりがい

スッキリした表情の女性
仕事をする上でやりがいを感じたいという女性は多いのではないでしょうか。

ドレスコーディネーターの場合、どのようなことがやりがいとなるのかを解説します。

夢を叶える仕事

まず新郎新婦の夢を叶える仕事という点です。

新婦は特に「こんなドレスを着たい」という夢を持っています。

ドレスコーディネーターはその夢を叶えることができる仕事です。

また新婦のご両親や新郎が新婦のドレスアップした姿を見て、感動することもあります。

新婦のウェディングドレス姿を見たいという人たちの夢も叶えることができます。

華やかなドレスに囲まれて働ける

また華やかなドレスに囲まれて働ける、という点です。

通常の服と違い、ウェディングドレスは高価でゴージャスなデザインのものが多いです。

そのようなドレスに毎日囲まれて仕事ができるのは気分が良いでしょう。

 

ワンポイント
ドレスコーディネーターのやりがい
・夢を叶える仕事
・華やかなドレスに囲まれて働ける

ドレスコーディネーターの年収

お金
そんな憧れのドレスコーディネーターですが年収はどれくらいなのでしょうか。

地域・前職の経験・年齢にもよりますが平均だと280〜400万円となっています。

スキルや経験が上がると年収も上がることが多いので、就職してからも努力することが重要です。

女性がドレスコーディネーターに転職するなら?

転職エージェント
女性がドレスコーディネーターに転職する場合、どのようなステップを踏んだら良いのでしょうか。

ここからはドレスコーディネーターへ転職する際の流れをお伝えしていきます。

まず求人への応募経路は以下のようなものがあります。

  • 企業へ直接応募
  • 求人サイトから応募
  • ハローワークにて応募
  • 転職エージェント経由で応募

まず企業へ直接応募する場合には企業のHPから採用情報を確認します。

その後必要書類などをアップロードして企業からの連絡を待つという手順です。

求人サイトからの応募では自分の希望条件を入力して該当した求人に応募します。

ハローワークではハローワーク職員に希望を伝えて求人を紹介してもらいます。

転職エージェントの場合はキャリアアドバイザーと二人三脚で転職活動を進められるのがメリットです。

まず転職エージェントへ登録すると求職者への希望のヒアリングが実施されます。

その後希望に応じてキャリアアドバイザーから求人が紹介され、求職者は応募する企業を決定します。

応募の際に必要となる履歴書・職務経歴書の作成を行いますが転職エージェントを利用する場合には書類の添削サービスを受けることが可能です。

また選考フローでは面接対策の実施や過去の質問例から想定される質問を教えてくれることもあります。

面接後には企業の面接担当者からフィードバックを受けることができるのでその後の転職活動にも活かすことができます。

加えて転職エージェントを使うことのメリットは年収交渉をしてくれることです。

入社前に応募企業に対してお金の話をするのは悪い印象を与えそうで不安、という人もいると思います。

転職エージェントを利用した場合には求職者に代わってエージェントが企業へ年収交渉を行ってくれるので安心です。

その他にも転職活動全般の相談にも乗ってくれます。

転職活動を初めて実施する方や書類作成に不安がある方などは転職エージェントの利用を検討してみると良いでしょう。

 

ワンポイント
ドレスコーディネーターへの転職をする場合には転職エージェントを利用すると様々なサポートを受けることができます。

まとめ

指輪
ドレスコーディネーターの仕事内容・向いてる女性の特徴・仕事のやりがいについて解説しました。

新郎新婦の特別な日を、衣装という観点からサポートができる仕事でした。

内容を読んでみてドレスコーディネーターの仕事に興味を持った方もいると思います。

ドレスコーディネーターへ転職するには様々な方法があります。

その中でも転職エージェントを利用すると手厚いサポートを受けることができることもお伝えしました。

ぜひ転職エージェントを利用して女性の憧れのドレスコーディネーターへの転職を成功させてください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら