離婚することが決まって転職を考える人は多いです。離婚がきっかけで新しい生活を始める人が多いということでしょう。

今までパートで働いてきたけれど自分の力で生活しなくてはいけないのですから、正社員として働きたいと考えるのも当然です。

ただ、離婚が転職に影響するのではないかと不安に思う人もいます。離婚について企業側の受けるイメージはどうなのでしょうか。

こちらでは離婚が転職に影響するのか、また離婚が決まってからの転職活動で注意しなくてはいけないことなど解説しています。

スムーズに転職活動が進められ転職を成功させるための参考にしてください。

Contents

離婚が転職に影響するのか解説

女性

離婚にはさまざまな理由があります。離婚したからといって人間性に問題があるわけではありません。

それでもやはり離婚がネックになって転職活動が前に進みにくいということもあるでしょう。

離婚していることで、企業側にマイナスイメージを持たれるのではないかと考えて積極的になれない場合もあります。

実際に企業側では離婚歴のある女性の転職についてどのように考えているのでしょうか。

離婚歴があっても転職は不利にならない

女性、指差し

結論からいうと離婚歴は決して転職に不利にはならないのです。かなり昔は離婚ということが女性の転職に影を落とした時期もあります。

現在は離婚ということは珍しくありません。お互いに話し合いお互いのために別々の道を歩む夫婦も多いのです。

企業側も離婚歴などよりも人間性を重要視します。離婚を経験したからこそ仕事に対する思いがより強まることもあります。

離婚歴はプラスになることがあっても、決して不利にはなりません。自信をもって転職活動を進めてください。

転職のタイミングは離婚後の方が良い?

スーツ姿の女性

離婚を決めて転職活動をする人が多いとお話ししましたが、転職のタイミングとしては離婚前と離婚後のどちらが良いのでしょうか。

離婚が決まってから転職活動を始める人が多いでしょうが、実際に企業に応募し面接などを受けるのはどのタイミングですべきか迷います。

離婚前には気持ち的にもゆとりの無い場合が多く、転職活動を始めても良い結果が得られるとは考えにくいでしょう。

離婚後の方が良い

離婚にはさまざまな手続きが必要となります。精神的にもかなりのダメージを受けるでしょう。

転職活動を始めるのは離婚問題が一段落して、気持ちが落ち着いてからがタイミング的には良いのではないでしょうか。

ひとことで離婚といっても、簡単なことではなく心も身体も予想外の痛手を負っていると考えられます。

その状況の中で転職活動を行うのはやはり無理があります。状況が落ち着き気持ちが落ち着いてからでも遅くありません。

焦って転職しようとしても良い事にはなりません。無理せずに気持ちの整理をしっかりとつけてから臨むようにしてください。

精神的・肉体的な負担を減らせる

離婚後の気持が落ち着いてからの転職活動の方が、精神的にも肉体的にもかかる負担が少なくてすむでしょう。

また心機一転がんばろうという前向きな気持ちで取り組めるのも、離婚後のタイミングではないでしょうか。

その他離婚後に転職活動を行うメリットについて解説していきましょう。

 

ワンポイント
 転職活動は離婚後に行う方が前むきな気持ちで取り組めます。

離婚後に転職活動を行うメリット

メリット

離婚後といっても離婚してすぐにという訳ではなく、離婚して新しい生活を始めることができてからという意味でもあります。

新しい生活には、今までの居住地から引越しをすることも含まれます。実家に帰るのであれば、生活環境も変わってきます。

シングルマザーでがんばろうと思うのなら、一人で生活の基盤を築く必要があるわけです。

そんな中での転職活動にはどのようなメリットがあるのでしょうか。

面接などで離婚後の方がプラスに受け入れられやすいのはどのような場合なのかを確認していきましょう。

仕事への熱意が伝わりやすい

一人で子育てをする覚悟をした場合には、その強い覚悟が仕事に対しての熱意となって採用担当者に伝わりやすいのです。

今までの離婚問題が一段落したことで、これからは自分がしっかりと生きて行こうと考えることも出来るはずです。

心に傷を負ったことで、他人に対しての思いやりの気持も生まれるでしょう。人間的に一回り成長したのではないでしょうか。

そういった人間性が企業側にも伝わるのです。やる気や熱意はやはり離婚問題がすべて片付いたからこそ感じられるものです。

勤務地・勤務時間を気にしなくて良い

保育園に子供を預ける女性

心機一転ということの中には新しい土地で新しい生活をという意味も含まれます。

離婚後新生活を始めてから転職活動をした場合は、勤務地を気にする必要がありません。

実家に戻った場合には、子どもがいても比較的勤務時間を気にせず仕事に取り組めます。これも一つのメリットでしょう。

企業側が採用しやすい面もある

企業側の方でも長く勤めてくれる人を求めているのですから、新し土地で新生活を始めたばかりというのは採用しやすい点となります。

特に聞かれない場合には離婚したことを話す必要はありませんが、離婚して一からやり直すつもりだと伝えると決意が伝わります。

やはり離婚が成立して、気持ちも落ち着いてからの転職の方がいろいろな意味で受け入れられやすいといえるのです。

離婚後の転職活動開始前に終わらせておきたいこと

がんばる

離婚後気持ちが落ち着いたらさっそく転職活動を開始するとよいのですが、その前にきちんと諸手続きは終わらせておきましょう。

離婚することだけに集中してしまうと、それに伴う手続きなど忘れがちです。手続きし忘れで大きな損失を受けることもあるのです。

離婚後の手続きにはさまざまなものがあります。主にどのようなことが必要なのか挙げてみましょう。

役所関連の手続き

  • 住民票の変更
  • 健康保険の変更
  • 児童扶養手当手続き
  • 身分証明書変更

離婚届けの提出は当然ですが、住民票の変更届けや健康保険の変更に伴う手続きなど、たくさんしなくてはならない事があります。

シングルマザーになる場合には児童扶養手当の申請をする必要があります。

離婚したことで苗字を旧姓に戻すときは、身分証明書などの変更届けも必要となります。免許証の変更も忘れずに行いましょう。

きちんと手続きを完了させておくことで、転職がよりスムーズに進みます。

金融関連の手続き

パソコンと本

  • 生命保険変更手続き
  • 預金通帳の変更
  • 児童手当受取変更

保険や預金などの金融関連にも変更の必要があるものが多いのです。子供に関するものも含まれます。

児童手当は受取人の名義を変更する必要がありますし、児童扶養手当は申請する必要があります。早めに手続きを完了させましょう。

お金の事は生活に直結するので、速やかに手続きを済ませておく必要があります。

引越し

実家に戻るにしても住民票を変更し、引越しを完了しておくことが大切です。転職先からの連絡や文書が届かないと困ります。

また引越し先に近い会社を選んで転職活動を始められるので、引越しは完了させておくようにしてください。

 

ワンポイント
 離婚後に必要な手続きは速やかに行いスムーズな転職に備えましょう。

離婚後の転職活動での注意点

職務経歴書

離婚後の転職活動について解説していますが、転職活動では離婚が影響することは無いと考えられます。

私生活で離婚を経験していることはあまり関係なく、企業側が知りたいのはその人のやる気貢献してもらえるかどうかです。

前向きに明るく自己PRをしてください。スキルや資格があればしっかりと伝えるようにしましょう。

ただし、離婚について話すべきかどうか迷う場合もあるのではないでしょうか。離婚のことを話す場合の注意点についてお話しましょう。

自分から話す必要はない

面接などで立ち入った話をされない以上、自分の方から離婚したことを話す必要はありません。

書類などで家族構成が分かる場合はありますが、深く詮索されることはないでしょう。

大切なのは離婚歴などではなくて、その人の人間性企業にとってプラスになる人かどうかなのです。

採用担当者にもよるでしょうが、正直に離婚はしましたが自分はこういうことで御社に貢献させていただきたいです。

と伝えることで、好印象に繋がる場合もあるのです。自己PRをすることでポジティブな印象を持ってもらえるでしょう。

自分自身の強い意志を伝えたい時に、離婚したこととシングルマザーとして今後がんばって働きたい旨を話すのはよいでしょう。

嘘をつかない

良くない例

特に聞かれなからといって、離婚したことを隠して転職活動をするのはやめましょう。いずれ分かることです。

まして離婚して家を出ているのに、住所は以前のままで交通費の支給を受けるなどは絶対にやめてください。

転職後に離婚が成立した場合には、必ずその旨を伝えて住所変更を行うことを忘れないようにしましょう。

うっかりしたとしても嘘をついたと見なされます。嘘は何のメリットにもならないばかりか、マイナス評価になってしまいます。

離婚の事実を伝えなければならない場合もある

シングルマザーとして子育てをするためには、会社側にそのことを知っておいてもらう方がよい場合もあります。

両親と同居なので日頃は心配無いけれど、学校行事などでどうしても休みをもらうことがあるかもわからないと予め伝えるのです。

日頃はサポート体制ができているというところで企業側は安心し、正直に話したことを評価する場合もあるのです。

 

ワンポイント
 離婚を話す必要はありませんが場合によれば伝える方がよいこともあります。

転職先での名字は?

考える女性

離婚が成立して転職活動を行っている場合、自分が選択した名字で対応が変ってきます。

離婚前の名字のままを選択するのなら、戸籍を別に作る必要があります。

子供を同じ名字にしたい場合も戸籍を新しく作る必要があるので、しっかりと確認の上手続きするようにしてください。

離婚が成立しているかどうかで対応が変わる

転職の場合も離婚が成立している場合、新しい会社では旧姓で働きたいと思うなら旧姓で応募するとよいでしょう。

子供の学校などのことで名字は変えたくない場合も、自分の戸籍を新しく作って子供を籍に入れる必要があります。

今まで長く使っていた名前なので、名字はそのままにしたいと考えるのなら離婚前の名前で応募し、そのまま勤めることも可能です。

離婚が成立していない場合は会社に相談

まだ離婚が成立する前に転職活動を行った場合には、あらかじめ会社に名字が変更になる可能性があることを伝える必要があります。

その上で名字をどうするかは離婚成立後に決定して会社に伝えるようにしましょう。

 

ワンポイント
 転職時の名字については離婚成立後と前で対応が違います。

離婚後の転職をスムーズに行う方法は?

履歴書

離婚が成立したら、まず必要な手続きを行いましょう。手続きをしっかりと完了させることが転職をスムーズに行うためには必要なのです。

引越しが完了したら引越し先から通える範囲での転職先を探します。どのような職種が希望なのか細かな希望も加えて探しましょう。

女性の転職に特化した求人情報はなかなかないので、探すのは少し大変かもわかりません。

離婚後の転職活動と転職の成功は転職エージェントの力を借りるとスムーズです。

離婚後の転職活動に困ったら転職エージェントに相談しよう

スーツを着た笑顔の女性

離婚後の女性にはさまざまな手続きが必要になります。心身ともに疲れてしまうこともあるでしょう。

そんな中で転職活動も並行して行われるのですから、前向きな気持ちでいても壁に突き当たってしまうこともあります。

シングルマザーでがんばろうと考えているなら尚更です。転職活動もなかなか思うように進まないこともあるのではないでしょうか。

離婚後の転職の相談は転職エージェントを活用してください。豊富な経験から適切なアドバイスをもらえます。

一人で悩む必要はありません。転職エージェントの力を借りて転職をスムーズに成功させましょう。

まとめ

ノートパソコン、案内する女性

離婚をきっかけに転職を考えるという人は多いです。今までパートで働いていたけれど正社員として働きたいと考える気持ちはわかります。

離婚が成立してから転職するか、離婚前の方がよいのか転職のタイミングについても悩みますが、転職活動は離婚後に行う方がよいでしょう。

離婚が成立してもしなくてはいけない手続きなどをすべて行ってから、転職活動を行うようにしてください。

離婚したことを特に話す必要はありませんが、話しておいた方が企業側にとっても良い場合には話すことも必要です。

離婚後の転職に悩んだら転職エージェントに相談しましょう。豊富な経験と知識でスムーズな転職活動をサポートしてもらえます。

離婚後の新しい自分の出発です。ぜひ転職エージェントを活用して希望通りの転職を成功させてください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら