栄養管理士が資格を活かせる転職とはどのような業界・企業があるのでしょう?

管理栄養士は国家資格のため誰でも簡単になれる職業ではありません。

一方で食・栄養は万人が必要とするものなので活躍の場は非常に広いといえるでしょう。

企業によっては資格手当をもうけている場合もあります。

せっかく苦労して取得した資格。

フルに活用するにはどのような選択肢があるのかご紹介しましょう。

管理栄養士から転職する方法を解説

解説

管理栄養士からの転職はいくつか考えられます。

基本的には同業他社への転職または管理栄養士の資格を活かせる全くの異業界への転職になるでしょう。

また雇用形態も正社員・非正規雇用が選べます。

いずれにしても管理栄養士の資格に何らかの関連がある職業を希望される方が多いのではないでしょうか?

管理栄養士の職業と管理栄養士の資格が役に立つ職業では仕事内容も異なります。

現職と同様の仕事でステップアップしたいのか、あるいは新しい業界にチャレンジしたいのか?

目標や目的によって業界や職種を絞ると良いでしょう。

転職を考え始めたら最初に転職エージェントに登録することをおすすめします。

転職エージェントは様々な職業を取り扱っていますので初期の段階から色々と相談すると良いでしょう。

 

無料転職相談をして新しい生活を始めよう!

 

管理栄養士の転職事情

研究員

管理栄養士の資格が役立つ仕事は多岐にわたります。

しかし管理栄養士のみの仕事となると限定されてしまいます。

管理栄養士として働くか管理栄養士の有資格者として働くかにより職場は全く異なるのです。

また専門的な職業を希望する場合は他の資格や知識が必要になる場合があります。

管理栄養士としてどのようなキャリアを積んでいきたいかしっかり自己分析を行いましょう。

管理栄養士は様々な分野で歓迎される資格です。

求人も数多くありますので自分がやりたいことを明確にしておくことが大切です。

管理栄養士の資格が活かせる業界の一例をみてみましょう。

  • 学校・病院・施設の栄養管理
  • 食品・飲料メーカー
  • スポーツ業界
  • 美容業界
  • 飲食業

食は人々の生活で欠かせないもの。

食べ物を通じて栄養管理できる管理栄養士はとても重要な資格なのです。

 

ワンポイント
 管理栄養士は幅広い業界で活かせる資格。

管理栄養士からの転職でおすすめの職種

管理

それでは管理栄養士から転職する場合はどのような職種があるのでしょう。

資格や知識が活かせるおすすめの職種についていくつかご紹介していきます。

事務職

管理栄養士の代表的な職業として学校・病院・食堂などの献立や栄養相談業務に携わる方が多いと思います。

同じ献立でも対象者や人数が異なると仕事の内容も大きく変わるのではないでしょうか。

業界は違っても職種が同じ場合は即戦力として活躍できます。

一般企業の事務職でも管理栄養士が活かせる職種があります。

総務やオフィス全体のサービス部門などの健康相談や生活についてのアドバイザーです。

管理栄養士として事務職を目指す場合はこのような業務を行う健康管理室などもおすすめです。

またお客様相談室やカスタマーサービスなど顧客対応が必要な職種でも知識や資格は有利でしょう。

管理栄養士として食材管理の経験がある場合は発注や在庫管理に関連する職種も選択肢の一つになります。

食品の仕入関連の業務など一般企業のバックオフィス業務でも経験が活かせます。

営業職

資料説明

管理栄養士の資格や経験は食品を扱う会社・スポーツジム・介護施設などの営業でも役立ちます。

製品やサービスを説明するだけでなく自分の知識も交えて話を進めることができるのです。

有資格者の言葉には説得力がありますし、説明を受ける側も信頼しやすくなるでしょう。

実際に管理栄養士として働いていたことはとても貴重な経験になります。

食品関連業界

管理栄養士の資格は食品開発や研究部門などでも需要があります。

新商品の栄養成分を考えたり栄養成分から新商品を開発することもあるでしょう。

また自社の製品を使用した献立考案など食と栄養の知識を十分に活用できる機会が考えられます。

意欲があれば品質保証や薬事などの専門分野に進むことも可能でしょう。

食品や飲料などのメーカーが特におすすめです。

美容関係

美容関係の仕事でも管理栄養士は求められています。

美容に良い食品や必要な栄養などについてアドバイスできることは非常に有利です。

美容関係が希望の場合はエステティシャンなどの道も候補になるでしょう。

食は美容への影響力も大きいため管理栄養士は美容カウンセラーにも向いています。

また栄養はダイエットにも非常に深く関係しています。

ダイエットや健康維持を目的とした利用者を対象としたスポーツジムでも肩書として十分活かせるでしょう。

 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


異業種への転職で活かせるスキル

ファイルをもった女性管理栄養士としての経験は様々な仕事で活かせることがわかりました。

ここでは管理栄養士とのしてアピールできるスキルについてご紹介します。

コミュニケーション能力

管理栄養士として献立や栄養管理のカウンセラー経験者はコミュニケーション能力が高いといえます。

例えば献立は機械的に作成すれば良いものではありません。

年代・時期・対象者によって注意する点が異なります。

最近はアレルギーや宗教などによる食事制限も増えてきました。

誰もがおいしくそして必要な栄養がとれる献立を作るのは簡単ではありません。

食を通じてコミュニケーションをとることを求められます。

管理栄養士には実際に対象者の顔や話を聞いて状況を理解する力も必要です。

管理栄養士は様々な面からコミュニケーションをとる習慣が自然と身についているのです。

食に関する知識

管理栄養士は国家資格です。

受験資格の設定があるため、誰もが受験できる試験とは異なり一定期間の学習や経験が必要です。

管理栄養士は食と栄養の全般について学んでいるため知識に偏りがありません。

様々な栄養学に関する知識は大いにアピールすべきポイントです。

もともと管理栄養士の募集であれば採用者は資格の内容を認識していると考えられます。

管理栄養士を前提としていない職業に応募する場合は管理栄養士ならではの視点を大切にしてください。

勤勉さ

管理栄養士の仕事は大きな目標を達成するというよりは日々の対応がメインです。

どちらかというと小さな事に一喜一憂することの方が多いでしょう。

日々コツコツと取り組むことを要求される部分が多いのです。

マンネリ化しないために、常に進化・変化する食文化に敏感でなくてはなりません。

自分の役割に真摯に向き合う仕事の経験はどのような業界でも歓迎されるでしょう。

 

無料転職相談をして新しい業界にチャレンジ!

 

異業種への転職を成功させるポイント

ポイント

すでにご紹介しているように管理栄養士は様々な業界・職種に活躍の場が広がっています。

そうはいっても異業種への転職が簡単というわけではありません。

転職してから後悔することがないよう異業種へ転職する際のポイントをおさえておきましょう。

転職する目的を明確にする

転職の理由は様々です。

転職するからには新しい業界・職種・職場で何をしたいかを必ず明確にしましょう。

管理栄養士の求人は数多くあります。

特に病院や施設では管理栄養士が不足している地域もあるほどです。

異業種への転職は同業種内とは異なります。

周囲との関係も特定多数から不特定多数に広がります。

考え方も個人の利益から会社の利益に変えなければなりません。

業界を変えたい場合は同じ業界内では達成が難しい目標を掲げると良いでしょう。

目標を元に業界や職種を絞ると志望動機にも繋げやすくなります。

早めに転職準備をする

ワンポイント

異業種への転職は業界や企業研究を一から始める必要があります。

仕事をしながらの転職活動は非常に負担が大きくなります。

転職を考え始めたら転職エージェントに登録すると良いでしょう。

漠然と転職活動を始めるよりは適切なアドバイスを受けながら準備を進める方が効果的です。

転職は多くの場合、周囲の人に気づかれないように活動します。

転職エージェントから転職活動が漏れることはありませんので、安心して色々と相談すると良いでしょう。

転職に関する知識を身につける

転職を何度も経験している人はあまり多くないと思います。

転職する際は転職準備・転職活動・退職・入社などの流れについても事前に確認しておくことが大切です。

企業にとって退職者がでることは好ましくありません。

転職活動していることが現在の職場に知られると転職活動に支障がでる可能性があります。

できるだけ普段とは異なる行動を避け、転職活動に気づかれないよう注意します。

また転職が決まった後に有給を消化する場合は現職の引き継ぎなどに問題が発生しないよう配慮しましょう。

 

ワンポイント
 転職する際はお世話になった会社にも最大限の配慮を忘れずに。

転職時に欠かせないこと

パソコンを使う女性

転職には必ず必要な準備があります。

自己分析・企業研究・業界研究は管理栄養士に限らず、転職時に必須の事前準備といえます。

自己分析

自己分析は志望動機や自己紹介の内容で大きな割合を占めます。

選考が進むにつれて考え方や内面に関する質問も増えてきます。

ポジティブ・ネガティブ両面についてしっかり自分を表現できるように準備しましょう。

自己分析結果は文章ではなくキーワードとして纏める方法がおすすめです。

転職活動では複数の企業に応募することが想定されます。

志望動機などはそれぞれの企業にあったキーワードを組み合わせて作成するとストーリーを組み立てやすくなります。

また自己分析には第三者の意見も貴重です。

職場に限らず周囲からの評価も参考にしましょう。

企業研究

検索する女性

希望する企業が決まったら企業分析を行います。

異業種からの転職の際は、志望理由は他社とは異なる点を明確にする必要があります。

他社でも実現可能な内容は指摘されると考えた方が良いです。

なぜその企業なのか、また入社後何ができるのかを志望企業の特徴としっかりリンクしておきましょう。

業界研究

異業種からの転職の場合は業界研究も非常に重要です。

業界が変わると少なからず仕事内容も変わります。

管理栄養士としての資格や経験がどのように活かせるかは業界により異なります。

業界の特徴や希望する分野に当てはまるかを確認しましょう。

ただし事業形態は変化する可能性があります。

企業と違い転職理由は必ずしも業界に特化している必要はありません。

 

ワンポイント
 転職活動の準備は自分がどのような人間で何をやりたいかを整理することから始める。

管理栄養士から異業種に転職する際の注意点

注意点

管理栄養士は栄養を管理する対象者が比較的近くにいて、人をみる仕事というイメージがあります。

決められた予算の中でやり繰りするのでコスト管理能力も必要になります。

ミッションとしては予算内で栄養を管理することです。

一般的な企業はどうでしょうか?

企業は利益を生むことがミッションです。

異業種へ転職する際は求められる職務をしっかり確認しましょう。

異業種では管理栄養士にしかできない業務はあまり多くはありません。

管理栄養士は一つの資格としてとらえる方が無難です。

異業種への転職は管理栄養士に拘らない業務を希望する方でないと難しいかもしれません。

 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


管理栄養士から転職する際の面接でチェックされることは?

面接

管理栄養士に対して面接官はどのようなことをチェックするでしょうか?

管理栄養士の資格は国家資格なのでその内容について説明を求められることはあまりないでしょう。

また接客メインの仕事への転職の場合は、異業種であっても管理栄養士に対する懸念は少ないかもしれません。

しかし一般企業の場合は品質保証・開発・事務・営業など職種に関係なくビジネスマナーからチェックされます。

社会人としての一般常識も面接の一部ですので、面接時の身だしなみ立ち居振る舞いには十分注意しましょう。

また電話応答やパソコン操作なども一般業務として求められます。

経験・知識不足を感じる方や自信がない場合は、転職活動を機に勉強を始めると良いでしょう。

転職者は即戦力を期待されることを忘れずに。

異業種からの転職に関してもう一つの注意点は仕事の違いです。

面接では求人内容に合致した転職理由をしっかり伝えられるように準備しましょう。

同時に管理栄養士の活かし方も認識に相違がないことを確認するようにします。

入社後のミスマッチを防ぐためにも面接時の相互確認が重要です。

 

ワンポイント
社会人としてのビジネスマナー・基礎知識は事前対策が必須。

管理栄養士からの転職に困ったら転職エージェントに相談しよう

相談

自分で募集を探す、ハローワークに通うなど、転職活動にはいくつか方法があります。

転職は人生においても一つの重要なターニングポイントです。

時間をかけて丁寧に探せば良い転職ができるかというとそういうものでもありません。

納得できる転職をするためにはどうしたら良いでしょう?

一つはできるだけ多くの選択肢を持つことです。

選択肢が多い方が自分の希望にあった求人が見つかる確率が高くなります。

もう一つは事前の情報量です。

求人情報に掲載される内容は条件的なものが多く、一つでも合わないと諦めてしまうかもしれません。

希望する企業の面接に進んだ場合は面接対策なども必要です。

どちらも転職活動には不可欠ですが自力で入手することは容易ではありません。

転職したいけど転職活動の始め方が分からない場合は転職エージェントへ相談してみてはいかがでしょうか?

転職エージェントは様々な業界・職種の求人情報を提供しています。

また募集内容について企業から直接求められている人物像を聞き出すこともできます。

応募する前に募集内容を細かく確認できることは求職者にとって大きなメリットです。

ぜひ転職エージェントを活用してください。

 

無料転職相談をして新しい仕事に挑戦しよう!

 

まとめ

ガッツポーズの女性

食と栄養を結ぶ管理栄養士。

万人が必要とする栄養との関わり方は一つではありません。

管理栄養士の資格を活用して活躍の場を広げませんか

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために以下のサポートを全て無料で実施いたします。

  • 非公開求人紹介
  • 職務経歴書のフルオーダー作成
  • 応募企業への推薦
  • 面接のフィードバック
  • 模擬面接の実施
  • 内定後の労働条件確認

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!

 

非公開求人紹介

転職エージェントに相談すると、一般に公開されていない非公開求人への紹介が可能です。

非公開求人には大手企業優良企業が多いと言われています。

条件が良い仕事だったり募集人数が少ない場合があるので、一般募集で応募が殺到しないように非公開としているのです。

この非公開求人はエージェントの紹介でしか応募することが出来ません。

キャリアアドバイザーによるヒアリングであなたにピッタリの求人をご紹介いたします。

職務経歴書のフルオーダー作成

応募したい企業が見つかったら先方に提出する職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい職務経歴書の作成を目指しています。

応募企業への推薦

フルオーダーの職務経歴書とともに応募企業への推薦状を作成いたします。

応募推薦状はエージェントに相談した人にしか受けられないサポートです。

模擬面接の実施

コールセンター

ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。

面接のフィードバック

面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

また内定した場合でもフィードバックいたしますので自分がどこを評価されたのかが分かり、入社後のモチベーションにも繋がります。

内定後の労働条件確認

事務

 

企業内定後には労働条件の確認給与の交渉をさせていただきます。

内定承諾書を提出する前に確認しておきたい雇用形態の調整を代わりに行います。

納得して仕事を始めていただけるように最後まで徹底サポートさせていただきます。

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!