マスコミ業界といえばテレビをはじめとする新聞・雑誌などのマスメディアの情報手段を持つ華やかなイメージで人気の業界です。

マスコミ業界への転職を希望する女性も多く、その職種はさまざまで多岐に渡っています。

変らぬ人気を誇るマスコミ業界ですが、スマホなどモバイル端末の普及によりTVの視聴率や雑誌新聞の売上の低下が今後の課題です。

こちらではマスコミ業界の将来性について解説しています。マスコミ業界の現状や課題についてもお話ししているので参考にしてください。

Contents

マスコミ業界の将来性を解説

女性

マスコミ業界にはさまざまな企業そして職種があります。どのようなものがあるのか挙げてみましょう。

  • テレビ局
  • 新聞社
  • 出版会社
  • 広告代理店

マスコミ業界ではこのような企業・分野があり、さらにその分野ごとに職種があるのです。

詳しくみていきましょう。

テレビ局(公共放送・全国放送・BS・CSなど)…プロデューサーやカメラマンそしてアナウンサーなどのさまざまな職種があります。

新聞社…新聞記者・カメラマン・ビジネス職・技術職など職種も多岐にわたっています。

出版会社…編集者・営業・企画制作などの職種の他、作家やライター・デザイナーなども職種の一つといえるでしょう。

広告代理店…CMプランナー・デザイナー・コピーライターなど職種は多いです。

このようにマスコミ業界の職種は多岐にわたり、女性にとっても活躍の場が多く魅力のある業界であることに違いはありません。

将来性はというと、スマホをはじめとするモバイル端末の普及に伴い各分野ともに苦戦を強いられており課題も多いのが実情です。

マスコミ業界の現状

カメラ

テレビ局はスポンサーや広告が主な収入源となっています。新聞社や出版会社も購読料や書籍販売の他広告が主な収入です。

そのスポンサーや広告シェアが、モバイル端末などのWeb媒体へ移行しつつあるのが現状なのです。

加えてテレビでは視聴率の低下、新聞社・出版会社では購読顧客や書籍購入者の減少のため今後の課題も山積みの状態です。

今後のインターネットやビジネスモデルに対しての対応により、マスコミ業界の将来性も大きく変わっていくことでしょう。

インターネットコンテンツが増加している

インターネットコンテンツの増加もマスコミ業界衰退の理由の一つです。

インターネットでは豊富なコンテンツで動画を配信しており、今やテレビに替わり視聴者の心をつかみ始めているのです。

もちろんテレビ局でも手をこまねいている訳ではありません。特にキー局では動画サイトとの協力関係を保持しようとしています。

テレビ局もインターネットを積極的に利用している

インターネット配信動画などに対して、テレビ局の各キー局では配信サービスの株式を保有して積極的に視聴者の取り込みを図っています。

一度きりの放送を動画配信で再度放映することは、収入源を確保できるという利点となってテレビ局側にとってもメリットとなるのです。

 

ワンポイント
 テレビ局も積極的にインターネットを取り入れています。

 
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

マスコミ業界の将来性は?

電卓と映画道具

将来性を考える時、インターネット市場にどう参入していくかがマスコミ業界に課せられた問題であるといえるでしょう。

テレビ局のみでなく他の分野でも同様の取り組みが必要となってきます。広告に関していえば収入源の見直しが必要です。

きっちりと今後を見据えて課題解決していくことで、マスコミ業界の将来性は決して暗いばかりではありません。

インターネット広告市場の拡大

お話ししたように、テレビ業界での収益の多くはスポンサーや広告といわれています。

キー局はずいぶん昔から広告で持っているといわれるほど、多くのコマーシャルで成り立ってきました。

もちろん番組内容がよい程視聴率に繋がり、その内容により広告収入も上がるといえるでしょう。

番組がマンネリ化することでつまらないと視聴者の酷評を受けた場合には、おのずと広告収入は減ってしまいます。

もともとの収入が減るのですから、マスコミ業界の中で仕事をしている広告代理店や制作会社の衰退も時間の問題といえるでしょう。

どれだけインターネット広告市場に組み込めるか、また細かな顧客をどれだけ拾えるかも大きなポイントとなるのです。

デジタル化に柔軟に対応できるかどうか

古い体質の根強いマスコミ業界ですが、今後デジタル化にどれだけ柔軟に対応できるかも、明るい未来を描けるかどうかの差となります。

マスコミ業界の中の広告市場はデジタルの波にしっかりと乗り、市場を拡大させています。

その需要は今後もますます高まることでしょう。他のマスコミ業界としても、デジタル化にどう対応するかが今後のカギとなるでしょう。

エンタメの需要は存在し続ける

シンセサイザー

マスコミ業界の中でのエンタメの需要はどうでしょうか。結論をいえばネット社会においてもエンタメの需要が無くなることはないでしょう。

エンタメ業界の中でも明暗は分かれており、衰退していくものと今後伸びていくであろうものがあるのは事実です。

このまま対策をしなければ衰退していくと考えられるエンタメはどの業界でしょうか。一概にはいえませんが挙げてみます。

  • 映画業界
  • 音楽・出版業界
  • テレビ・ラジオ業界
  • パチンコ業界

衰退の理由は何といってもインターネットの発展です。娯楽の少なかった時代ではなく、今では誰もがインターネットを楽しめます。

無料で映像や音楽を楽しめる時代になったことが、上記のエンタメ業界を追い詰める結果となってしまったのです。

そんな中、まだまだこれから伸びていくと予想されるエンタメ業界にはどのようなものがあるのでしょうか、挙げてみましょう。

  • ゲーム業界
  • エンタメプラットフォーム業界
  • 体型型
  • レジャー業界
  • キャラクター

こちらはインターネットの普及により発展している業種です。スマホやタブレットといった端末を利用するゲームなどが挙げられます。

一つの大きなプラットフォームの中で発展している業種もあります。体験型エンタメやレジャー業界も同様です。

インターネット上でキャラクターの投票を行うというアイディアで伸びている業界もあります。

 

ワンポイント
 マスコミ業界の中でも衰退しつつあるエンタメと進化しているエンタメがあります。

マスコミ業界が抱える課題は?

スマホで音楽をきく女性

衰退や発展をふまえて、今マスコミ業界が抱える課題について考えてみましょう。

テレビ業界でいえば、伸び率は横ばいという局もあり一概にいえません。ただ今までと同じ状況でいれば下降に転じる恐れはあります。

デジタル化を上手く取り入れることが課題の一つといえるでしょう。

インターネットの発展による構造変化

インターネット配信への構造変化もその一つです。これはテレビ業界だけでなく、映画・出版・音楽などマスコミ業界全般にも通じます。

インターネット社会に応じた変化がマスコミ業界にも起こっているのです。マスコミ業界の変化は転職希望者にとっても重要な問題です。

既存のコンテンツとインターネットの融合

パソコン

マスコミ業界へ転職を希望する場合には、インターネットについてもしっかりした知識を持っておく必要があるでしょう。

テレビ業界も番組中にTwitterと融合して視聴者の意見を取り込むなど、さまざまな取り組みを始めています。

出版業界も新聞社もデジタル化した本や新聞記事をスマホなどの端末で読めるように大きく変わっているのです。

若者のニーズのキャッチアップ

テレビ・本・新聞離れしている若者のニーズに応えるべく、コミックやゲームの無料配信や映画ニュース配信など趣向を凝らしているのです。

 

ワンポイント
 マスコミ業界の課題はインターネット発展による構造変化にあります。

マスコミ業界で女性は今後活躍できる?

映画館

女性がマスコミ業界に転職して活躍するためには、どのようなことが必要となるのでしょうか。また今後活躍の場があるのかが心配な所です。

男女の区別なく仕事ができるマスコミ業界ですが、女性が活躍できる職種も多岐にわたります。特に募集の多い職種を挙げてみましょう。

  • 放送業界…ディレクター・技術スタッフ・編集・報道記者
  • 出版業界…編集者・営業・ライター
  • 新聞業界…営業・取材記者・編集者
  • 広告業界…営業・グラフィックデザイナー・企画

マスコミ業界への転職は各分野ともに希望者も多く倍率も高くなっています。自分をしっかりとアピールして臨みましょう。

女性らしい心配りが必要な分野での活躍は、転職者だからこそという場合もあるのです。

転職に成功する為には転職エージェントを充分に活用し、しっかりとサポートしてもらうことをお奨めします。

マスコミ業界でキャリアアップするために

カメラ女性

マスコミ業界に転職が決まったなら、キャリアアップのためにどのようなことが必要なのか解説していきましょう。

マスコミ業界にはさまざまな分野があるので、どの業界の職種に転職が決まったのかによりキャリアアップの状況も変わってきます。

ただ、どの分野の職種もデジタル化に拠点を移行しつつあります。インターネットに関してさまざまなことを知っているのは強みです。

ネットについてしっかりと経験を積みキャリアを磨くとよいでしょう。

臨機応変に対応できる力を身につける

説明する女性

マスコミ業界はデジタル化に対応すべく変化しようとしています。臨機応変に対応できることが必要なのです。

昔ながらの体質を良しとしてきたマスコミ業界ですが、インターネット社会に対応できるようにさまざまな取り組みを試みています。

そういった波に乗れるように、出来ることを増やしていくこともマスコミ業界で働くためには必要といえるでしょう。

管理部門から製作部門へステップアップする

一つの部門で長く同じことをしていくのでなく、キャリアアップして違う部門へステップアップしていくのが今後の働き方といえます。

どのような部門での仕事でも即戦力として働けるように、間口を広くしておくのも大切なことなのです。

 

ワンポイント
 女性に求められるのはマスコミ業界の変化に対応し即戦力としてキャリアアップすることです。

 
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

マスコミ業界で求められる能力

笑顔のビジネスウーマン

特にマスコミ業界では今後女性にも能力しだいでは、活躍の場を広げて力を発揮してもらいたいと考えています。

マスコミ業界で求められる能力について解説していきましょう。

体力・行動力

マスコミ業界では何といっても体力が必要な職種が多いです。そしてフットワークの良さも必要なのです。行動力も能力の一つと考えましょう。

特に新聞業界や広告業界では行動力が必要となります。テレビ業界も体力勝負のところがあるので体調には充分注意が必要です。

プレゼン能力

解説

マスコミ業界の中でもクライアントにプレゼンを行う職種は多く、例えば広告業界などは広告を売るためのプレゼン能力が不可欠です。

プレゼン能力があることはマスコミ業界の中においてはかなりの強みとなります。

男性女性の差がないのはマスコミ業界の特徴の一つですが、特にプレゼン能力に関してはその特徴が顕著といえるのです。

情報収集能力

マスコミ業界で何よりも必要なのは情報を収集する能力です。フットワークよく行動して情報を収集するようにしてください。

新聞業界やテレビ業界などでも情報収集能力を持つ人を特に募集しています。転職後もこの能力をキャリアアップに活かしましょう。

マスコミ業界は未経験でも転職できる?

職務経歴書

マスコミ業界への転職は人気のため倍率も高くかなり狭き門となっているのですが、職種によっては未経験でも可能な場合はあります。

大手よりも下請けと呼ばれる制作会社や広告代理店などでは、未経験者の応募を受け付けていることが多いのです。

マスコミ業界で働きたいという場合は下請け会社でキャリアを積み、キャリアアップしてから大手業界へ転職するのも一つの方法でしょう。

マスコミ業界の転職に困ったら転職エージェントに相談しよう

転職エージェント

マスコミ業界の転職の場合一般的な就職と違い求人もなかなか無いというのが実情です。

求人情報には常に気を配る必要がありますが、すべての求人情報に目が届く訳ではありません。

マスコミ業界への転職は転職エージェントの力を借りるとスムーズに行く場合が多いです。

転職エージェントなら、豊富な経験や求人情報で適切なアドバイスが期待できます。

ぜひ活用してマスコミ業界への転職を成功させてください。

 
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

まとめ

女性,注意点

マスコミ業界はインターネット社会に対応することで、将来性も大きく変わってきています。

デジタル化に柔軟に対応することがマスコミ業界の未来を明るいものにしてくれるでしょう。

マスコミ業界への転職は男女の区別はなく、能力次第で女性にも活躍の場が充分あります。

未経験者でも下請けと呼ばれる制作会社や広告代理店などで募集していることがあるので、求人情報には気を配りましょう。

マスコミ業界への転職を成功させるためには、転職エージェントに相談するのも一つの方法です。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら