保育士から転職する際の志望動機の書き方にコツはあるのでしょうか。

保育士から転職する方は何をアピールして良いか悩んでいる方もいるかもしれません。

ここでは保育士から転職を考えている方向けに、転職のコツを解説していきます。

面接で意識すべきポイントや面接でアピールできる保育士の強みなどもみていきましょう。

好印象を与えるためのポイントや志望動機の例などもありますので、ぜひ参考にしてみてください。

保育士から転職を考えている方は必見です。

Contents

保育士から転職する際の志望動機の書き方を解説

女性

保育士から転職する際の志望動機の書き方には、いくつかポイントがあるのが事実です。

どの職種からの転職でも大切なことももちろんありますが、保育士ならではのポイントもあります。

志望動機はもちろん、面接においても保育士の経験を強みとすると良いでしょう。

他の職種では中々アピールできない強みが保育士にはたくさんあります。

逆に保育士からの転職で準備が必要なこともあるので、事前に知っておくと良いでしょう。

保育士が転職する際のポイントを学んで、転職を成功させてください。

志望動機を書く前のポイント

最初に、志望動機を書く前のポイントを紹介していきます。

突然に志望動機を書き始めるのではなく、事前に確認しておくべき内容をみておきましょう。

自己分析を徹底しよう

女性

保育士に限らず志望動機を書く際に大切なのが自己分析を行うことではないでしょうか。

自分の強みや弱み、どのような職種に向いているのかなど自分を知っておくことが大切です。

自己分析がしっかりできていないと、転職後も何か違う…と転職を続けてしまうことにもなりかねません。

そうならないためにも、転職前にはしっかり自己分析を行っておきましょう。

自分をしっかり理解した上で志望動機において、強みをアピールする必要があります。

志望動機を書き始める前には、自己分析をしっかり行っておいてください。

なぜ転職をするのか明確にしよう

女性

転職では必ず質問されるのが、なぜ転職をしたのか?という内容ではないでしょうか。

転職をしたい理由は人それぞれです。

キャリアアップを目指す方はもちろん、給料や人間関係に不満があり転職をしたいと思った方もいるでしょう。

マイナスな内容であっても、プラスな言い方に置き換えて説明する必要があります。

どのような内容でも必要なのが、転職理由を明確にしておくこと。

志望動機を書く際にも、なぜその企業を志望するのかを明確にしておかなければいけません。

なぜ自分が転職をしたいと思っているのか、事前にしっかり説明できるようにしておきましょう。

 

ワンポイント
・志望動機を書く前には自己分析をしっかり行う
・なぜ転職をしたいのかという理由を明確にしておこう

志望動機で意識すべきポイント

次に志望動機で意識すべきポイントを紹介していきます。

保育士を辞める理由と志望動機に一貫性を持たせよう

女性

先ほど志望動機を書き始める前には、転職理由を明確にしておいてくださいと説明しました。

保育士を辞める理由は志望動機に一貫性を持たせることが大切です。

例えば保育士ではなく、志望する企業で営業職に挑戦したいというのも良いでしょう。

保育士のシフト勤務ではなく、常勤での仕事がしたいという方もいるかもしれません。

大切なのは、保育士を辞める理由が志望動機につながっていることがポイントなのです。

自分が転職したいと思っている理由をしっかり考えておくことが大切かもしれません。

経験や能力を入社後どう活かしていくのかアピールしよう

相談

志望動機を書く際には、経験は能力を入社後にどう活かしていくのかアピールすることが大切です。

特に転職においては、現職での経験をどう活かせるのか聞かれることがほとんど。

自分がこれまで培ってきた経験をしっかり説明できないといけません。

自分は何を経験してきたのか、どのような能力があるのか、などをしっかり分析しておきましょう。

しっかり自己分析した上で、自分が志望する企業でどのように貢献できるかを説明できることが大切です。

志望動機にもしっかりこれらの内容を記載しておいてください。

なぜ応募先企業なのか明確にしよう

女性

保育士に限らず、転職で大切なのが応募先企業なのかを明確にすることです。

志望動機や面接においても、なぜ応募先企業なのかということを確認されることがあります。

特に同業他社が多い職種などでは、なぜ応募先企業なのかを明確にしておく必要があるでしょう。

企業の理念や扱う商品、目標などをしっかり読み込んでおき企業を研究しておいてください。

ホームページやSNSなどでも事前に確認しておくことができるでしょう。

志望動機では、なぜ応募先企業に転職したいのかを明確にしておくことが大切です。

 

ワンポイント
・保育士を辞める理由と志望動機に一貫性を持たせる
・なぜ応募先企業を志望するのかをしっかり説明できるようにする

面接でアピールできる保育士の強み

ここでは、面接でアピールできる保育士の強みについてまとめました。

保育士ならではのアピールポイントをしっかり理解しておきましょう。

コミュニケーション力

応援のポーズを取る 女性

保育士といえば、コミュニケーション能力が高いことがいえるでしょう。

子供はもちろん、子供の親や先生同士などたくさんの人とやり取りする保育士。

コミュニケーション能力が高くなければできない仕事といえます。

このポイントを強みとしてしっかりアピールしてください。

転職先の職種に限らず、コミュニケーション能力はどの仕事でも必要とされるスキルです。

営業職ではないから…とあきらめるのではなく、職種限らずしっかりアピールしておいてください。

企画力

女性、紹介

意外にも保育士には、企画力が求められていることを知っていますか。

保育園では一年を通じてたくさんの行事やイベントなどが開催されます。

その都度、保育士は企画を行い、子供と一緒に作り上げていく必要があるでしょう。

こういった企画力は転職先の仕事でも十分に活かせるのです。

イベントで企画を行い、発表会を成功させた経験や運動会で自分の企画したプログラムが成功したなども良いでしょう。

これまでの保育士としての経験を強みとしてアピールすることをおすすめします。

臨機応変な対応

OKポーズ

保育士の最も大きな強みといえば、臨機応変な対応ができることかもしれません。

子供たちはとにかく思い通りになることはなく、たくさんの要求をしてきます。

また体調を崩したりケガをしたりすることもあるでしょう。

子供たちの安全を守るために、日々臨機応変な対応ができることは最も大きな強みです。

仕事をする上で臨機応変な対応ができることは企業にとっても必要なスキル。

志望動機でもしっかり強みとしてアピールしましょう。

 

ワンポイント
・コミュニケーション能力や企画力は保育士の強み
・臨機応変な対応ができることはどの企業でも求められる

面接で好印象を与えるには

次に、面接で好印象を与えるためのポイントを紹介していきます。

意外に抜けがちなポイントなのでしっかり確認しておきましょう。

自分を採用するメリットを伝えよう

ミーティング

保育士に限らず転職の面接では、自分を採用するメリットを伝えることが大切です。

新卒とは違い、面接官も転職者には厳しいチェックを行っているでしょう。

自分を採用するメリットがしっかり説明できないといけません。

自分の持っている強みなどをメリットに変換し、自分を採用するメリットを伝えましょう。

入社後に自分が何ができるのか、どういったことに貢献できるのかを考えるのがおすすめです。

これらも自己分析がしっかりできていないと明確にできない内容かもしれません。

入社後のビジョンを明確にしよう

握手する

転職に限らず新卒でも大切な内容ではありますが、入社後のビジョンを明確にすることを心がけましょう。

転職は合格ではなく、入社してからがスタート。

入社後の自分の目標などをしっかり立てておくことが必要なのです。

働きたい部署やキャリアプラン、自分が数年後にどうありたいかなど具体的に考えてみましょう。

面接ではこういった質問にしっかりと返答できると印象も良くなります。

自分のやりたいことをアピールするチャンスでもあるので、しっかり考えておきましょう。

 

ワンポイント
・自分を採用するメリットをしっかり説明する
・入社後のビジョンを具体的に考えておこう

好感を持たれる志望動機の例

次に、好感を持たれる志望動機の例をまとめていきます。

志望動機作成前に確認しておくと良いでしょう。

例:志望動機に一貫性があるケース

パソコンを操作

「これまで保育士として3年間の経験を積んできました。

保育士としての業務を行う中で、人とのつながりの重要性を感じています。

そこで人と会社をつなげる人材系の仕事への魅力を感じ、たくさんの人をつなぐ御社に興味がわきました。

これまで培ってきた人のつながりを大切にスタンスを持ちながら、仕事をしていきたいと思います。」

このように保育士から別の業界を目指す場合には、志望した理由をしっかり説明しましょう。

新しい仕事をしたいと思った理由を説明することがおすすめです。

また入社後にどういった仕事をしたいかをアピールするチャンスになるかもしれません。

例:保育士としての強みをアピールするケース

女性

「これまで経験してきた保育士の仕事では、日々コミュニケーションを丁寧に行うことを大切にしてきました。

子供はもちろん、親や周りの先生とのやり取りも丁寧に行ってきました。

業界トップの売り上げを持つ御社では、お客様に対して丁寧な対応が求められると思います。

培ってきたコミュニケーション能力を活かして、御社に貢献していきたいと考えています。」

このように、保育士としての強みであるコミュニケーション能力を志望動機で伝えるのも良いでしょう。

これまで培ってきた経験をしっかり見つめ直してみてください。

また、応募先の企業がなぜ良いのかを説明することも忘れないようにしましょう。

保育士から転職する女性が準備するべきこともご紹介

保育士から転職する女性が、準備するべきこともいくつかあります。

転職を始める前に必ず確認しておきましょう。

転職の情報収集をしよう

PCを操作する女性

保育士が転職する際は、必ず転職の情報収集をしておいてください。

保育士は別の業界で働いていた場合とは異なり、新卒で入社した時の環境も形態が異なるのが事実です。

面接などにもあまり慣れていない方も多いかもしれません。

転職においてはコツやポイントなどもあるので、しっかり調べておきましょう。

下調べを行っておくことで、転職時の不安も解消できます。

志望動機の書き方や面接でのポイントなどを確認しておくと良いかもしれません。

可能なら必要なスキルも身につけておこう

考える女性

保育士の方の中には、パソコンでの業務や外回り業務に慣れていない方もいるかもしれません。

特に使用頻度の高いパソコンソフトが扱えることは社会人にとって当たり前のスキル。

パソコンを触ることが少ない保育士からの転職では不利になることもあります。

転職を始める前には、こういった不得意だと思うスキルを身につけておくと良いでしょう。

パソコンの利用や名刺交換など、社会人として当たり前のスキルを学んでおくことをおすすめします。

転職の情報収集は、転職エージェントの活用が効果的

女性

保育士からの転職は、転職情報を確認しておくことをおすすめしました。

転職の情報収集は、転職エージェントの活用が効果的です。

インターネットで調べればもちろん情報を得ることもできますが、不安に思う内容は人それぞれではないでしょうか。

自分に合った相談ができる転職エージェントは必要な存在となるでしょう。

転職エージェントでは下記の内容などを相談できます。

  • 志望動機の書き方
  • 面接の練習
  • その他不安なことを相談

転職の情報収集に悩んでいる方は転職エージェントを利用してみてください。

女性向け転職エージェントを上手く活用しよう

女性

転職の情報収集は転職エージェントを利用すると良いと説明しました。

特に、女性の転職は女性向け転職エージェントを活用することをおすすめします。

女性向けの転職エージェントでは女性に特化した内容で相談にのってくれるでしょう。

女性ならではの気になるポイントなどもわかるため、気づいていなかった点も教えてくれるかもしれません。

特に職場に女性が多い保育士の方は、女性向け転職エージェントを利用して転職することをおすすめします。

女性向け転職エージェントを利用して転職を成功させてください。

まとめ

家の模型を持つ女性

保育士から転職する際の志望動機の書き方やポイントを解説してきました。

志望動機を書く前には、自己分析やなぜ転職するのかを明確にしておきましょう。

特に保育士からの転職は、辞める理由を明確にし一貫性を持つことが大切です。

また、なぜ応募先企業が良いのかも明確にしておきましょう。

保育士は、コミュニケーション能力が高いことや臨機応変に動けることなども大きな強み。

これらの強みをアピールした志望動機を書くことをおすすめします。

転職で悩むことがあれば、転職エージェントを活用してみましょう。

志望動機の書き方や面接などの相談にものってくれます。

準備をしっかり行い、保育士からの転職を成功させてください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら