色々な手段を駆使して様々な情報の発信をするマスコミ。

マスコミ関連の仕事に就きたいと一度は考えたことがある方は多いのではないでしょうか。

テレビ局などの映像・活字の記者・広告・イベントなど活躍の場も多様化が進んでいます。

マスコミ業界もデジタル化が進んでおり浮き沈みも激しい業界です。

華やか、派手である一方できつい、不規則というイメージもあると思います。

それではマスコミ業界を目指す際のポイントについてご紹介していきましょう。

Contents

マスコミ業界の志望動機の書き方を解説

メモする女性

マスコミの仕事には情報発信要素が多く含まれます。

自分・他者の意思もあれば事実・現実もあります。

どのような情報であっても伝える力が必要になる業界なのです。

就職活動をする際には必ず志望動機が必要になります。

マスコミ業界も例外ではありません。

それでは志望動機に組み込むべきポイントを挙げてみましょう。

  • マスコミ業界を選んだ理由
  • 志望する職種
  • 何を実現したいか
  • なぜその企業なのか

些細な理由から志望したとしても何も問題ありません。

ただしマスコミは非常に人気の業界です。

ほんの一握りの募集に対し多数の希望者が殺到します。

応募者に埋もれないためにも読んでもらえる志望動機である必要があります。

そのためには些細なきっかけであってもどのようにして志望に至ったかをしっかりトーリー立てしましょう。

志望動機は志望する業種・企業に沿っていることが大前提です。

企業研究はできるだけ掘り下げることが大切です。

マスコミ業界に求められる人物像

女性,パソコン,ビジネス街

 

マスコミ業界はどのような人材が求められているのでしょう?

一口にマスコミといってもさまざまな業種・職種が存在します。

希望の業界に就職できたとしても最初から希望する仕事ができない可能性も高いです。

マスコミ業界で通用する人物像とはどのようなものかご紹介します。

クリエイティブ力・企画力をもった人

マスコミは情報を扱う業界です。

発信する情報の内容はもちろん、発信する手段も重要です。

既存のやり方を踏襲する場合はどのような変化をつけるか?

新しい手法はないか?など。

マスコミは誰に何を伝えるかとその手法が評価されます。

そのため特に制作に関わる職種ではクリエイティブな思考の持ち主や企画力に自信がある方が好まれるでしょう。

もともと想像力豊かな方もいますが他業界・業種で得た経験や知識も役立つでしょう。

試行錯誤を繰り返す根気強さをもった人

悩む女性、ノートパソコン

マスコミ業界は一人前になるまでに時間がかかります。

他業界では一通り仕事を覚えたらすぐに担当業務が割り当てられます。

仕事によってはジョブローテーションにより数年で業務自体が変わることも珍しくありません。

比較的短い期間で様々な役割の仕事を経験することになります。

しかしマスコミはアシスタント的な業務の期間が長くなります。

おおよそどのくらい経験すると次のステップに移るという目安が分かりにくいのです。

こなさなければならない末端業務も多いです。

ただ単に日々仕事に追われるだけで終わってしまうこともあるでしょう。

目の前の仕事をこなすだけでは先に進むことは難しくなります。

マスコミでは他の人とは違う発想・感性が必要です。

そこに正解はありません。

しかしちょっとした工夫が誰かの目にとまり仕事が認められるチャンスに繋がります。

試行錯誤を繰り返しながら根気強く続けられる忍耐力が必要になるでしょう。

様々な情報をキャッチアップできる人

マスコミは情報を扱う仕事ですので様々な情報に常に敏感であることが求められます。

デジタルニュースやテレビのニュース速報のように今起きていることを伝えるメディアもあります。

新しい技術の紹介もマスコミの重要な役割です。

イベントでは様々な試みも実施されます。

職種によって内容は異なりますが最新だけでなく話題性や伝えるべきものを見分ける力が必要です。

あらゆる情報を受け取るアンテナを持っている人が活躍できる素養があるといえるでしょう。

もちろん一人で全ての情報に精通することは非常に困難です。

様々な業界や年代の方との情報交換の場を持つなど人脈のネットワークを構築できることも大切です。

 

ワンポイント
 マスコミ業界に向いているのはクリエイティブでタフな情報通。

志望動機を上手に伝えるコツ

満足度の高い従業員志望動機は読んだ人に一緒に働きたいと思わせるものであることが大切です。

熱い思いで応募するのはみんな同じです。

なぜ働きたいか、どうしてマスコミなのか、気持ちを伝えるだけではインパクトが弱くなります。

それでは読み手に印象を残し、興味を抱かせる内容にするのはどうしたら良いのでしょう?

企業の特徴に合わせて書く

志望動機にはその企業を希望する理由も盛り込みましょう。

個人的な意思のみだと共感を得にくいため企業の特徴にそった内容をおすすめします。

自分が所属する企業がどのように見られているかについての意見は企業側としてもありがたいものです。

しかし一般的なイメージは印象が薄れる可能性があるので注意しましょう。

独自に企業の特徴を発見するためには企業研究が不可欠です。

企業研究は時間をかけてじっくり行いましょう。

仕事の内容を自分の経験に結びつける

業務内容や職種にもよりますがマスコミは個人の経験が活かせる部分が多い業界です。

学生から社会人までの間に大多数の方が自分で情報を発信した経験があるでしょう。

マスコミ業界を希望される方は何らかの形で情報発信に携わることを希望していると思います。

例えば今までに発表した経験がない人がアナウンサーを目指すことは難しくなります。

しかし学校の放送部でのアナウンス経験や企業広報としてイベントの司会経験は十分アピールポイントできるでしょう。

どのような経験からマスコミを志望しているかは個性を見せるチャンスです。

採用担当者に伝わるようしっかりアピールしましょう。

マスコミ業界ならではの志望動機のポイント

電球のマークと女性

マスコミ業界は正確にこなしていくことを目的とした職業ではありません。

また決まった業務を着実に実施したり、トラブル対応能力に長けていたりすることが強く求められる職種でもありません。

取り扱う内容はモノではないことが圧倒的に多く、情報を伝える媒体としての存在になります。

人々の生活に密接に関わるようで実態がない情報に対しどのように考えているかを志望動機で伝えましょう。

入社後にどのような仕事をやりたいのか書く

パソコンを操作する女性

マスコミ業界は希望する職種を決めて応募するケースが多いです。

入社後にどのような職種を希望するかはしっかりと伝える必要があります。

ただ希望の理由を述べるだけでなく実際にやりたい仕事も記すると良いでしょう。

職種はイメージではなく企業研究にもとづく内容であることに注意してください。

マスコミ業界の志望理由を明確に書く

マスコミ業界を希望する理由も明確にしましょう。

マスコミに近い経験がある方はマスコミ業界だから実現できることが効果的です。

マスコミ業界とは無縁の方は趣味や夢などと紐づけて表現すると良いでしょう。

繰り返しになりますがマスコミは情報発信を主とした業界です。

マスコミにしかできないことは数多く存在します。

しかしデジタル化が進み個人で世界に向けて情報を配信することも比較的容易になりました。

マスコミ業界にこだわる理由を表現することが重要といえるでしょう。

感動した記事や作品について書く

マスコミ志望の理由に何かしらのメディアからの情報に感銘を受けたことをあげる方も多いと思います。

いつまでも印象に残っている映像・記事・キャッチフレーズなどです。

具体例をあげることに問題はありませんが制作元には十分注意しましょう。

志望する会社とは別の会社制作の作品を賞賛することになりかねません。

また記載する内容にも注意が必要です。

志望動機では伝える力も評価されます。

作品に対する思いは大切ですが感想文にならないよう十分注意してください。

どのように感銘を受けどのような影響を受けたなど情報に対する自分自身の反応を言葉にしましょう。

 

ワンポイント
 職種に関係なく志望動機はマスコミ業界にこだわりましょう。

マスコミ業界の志望動機の例文

企業研究や求められる人物像を掘り下げたら実際に志望動機を書いてみましょう。

志望動機の書き方自体は他の業界と変わりません。

志望動機を最後まで読んで興味を持ってもらうことが重要です。

読みやすい文章のコツはストーリーに違和感がないことと同じ文体を続けないことです。

もちろん誤字脱字は厳禁ですので何度も読み返し第三者に確認してもらうことをおすすめします。

例文① 得意分野をアピール

テキストを読む女性

「アメリカのドラマが大好きで毎日欠かさず見ています。

英語はもともと得意ではありませんでしたがドラマ好きが講じて必死に勉強し現在は字幕なしで理解できるようになりました。

英語力が評価され現職ではホームページの英訳やパンフレットの英訳を担当しております。

英語サイト開設により海外からの引き合いも〇〇%増加しました。

映像翻訳の実績はありませんがドラマに関する知識と英語力は実務でも活かせる自信があります。」

マスコミは大手から下請けまで様々です。

本当にやりたいことがある場合は大手にこだわらず下請などの希望業種に挑戦することもマスコミ業界への近道です。

例文② 現職の職種を活かす

「自分の文章の力でできるだけ正確に情報を配信することが新聞業界の使命だと常々感じておりました。

学生時代から今まで貴社の社説の大ファンで毎日欠かさず読んでおります。

自分で購読している新聞以外で他社の社説を読むこともありますが貴社の社説が一番自分の考えに近いと感じます。

残念ながら自分の文才には自信がありませんが現職の経理業務で貴社に貢献したく応募いたしました。」

マスコミ業界にも一般企業と同じような職種があります。

現職の経験を活かした転職を希望の場合はチャンスが広がります。

例文③ 企業への思いを伝える

「幼少時に聞いて今でも忘れられないCMのキャッチフレーズがあります。

現職は△△でマーケティングに所属しているためCMにはとても敏感です。

ふと耳にするキャッチフレーズで印象に残るのは貴社制作のものが多いことに気づきました。

幼少期から忘れらないキャッチフレーズも調べてみると貴社制作の〇〇でした。

興味のない製品に興味を抱かせる言葉の力に強く魅力を感じております。

貴社のメッセージ性にも非常に感化されました。

扱う製品は自社から他社になりますがマーケティング知識を駆使して貴社に貢献したいと思います。」

経験をアピールするには現職の会社名や所属部署が有利になる可能性があります。

 

ワンポイント
 志望動機は具体的な例を軸に組み立てる。

マスコミ業界の志望動機のNG例

×印マスコミ業界は人気が高く応募が殺到します。

どの業界にでも当てはまるような一般的な志望動機では採用担当者の目に留まることは難しいでしょう。

例文① 転職理由が不十分

「テレビが大好きでずっとテレビ制作の仕事に憧れておりました。

学生時代は運動部に所属し社会人になっても運動を続けており体力には自信があります。

どんな仕事でも持ち前の忍耐力と好奇心で挑戦していきたいと思います。」

意思は伝わりますが希望する業界・職種が曖昧で印象は薄くなるでしょう。

例文② 具体性に欠ける

「出版のデジタルメディア化に非常に興味を持っております。

現職はIT業界ですが、ITの知識や技術を貴社の業務で役立てたいと考え応募いたしました」

ITの知識や技術はとても貴重ですが内容によっては必ずしも自社で対応する必要はありません。

どのように役立てたいのか例を挙げると内容が具体的になり興味をもってもらえるでしょう。

NG例にならないためには

曖昧な志望動機は敬遠されます。

志望動機を組み立てたら他の業界・企業・職種に当てはまらないことを確認しましょう。

他社にも当てはまる場合は希望企業の特徴を取り入れた内容を加えると具体性が増します。

 

ワンポイント
 どこでも通用する能力はインパクトが弱いため不利になる可能性大。

面接対策のポイントもチェック

なるほど、女性

面接は会社との相性を確認する唯一の機会です。

エントリーシートはすでに通過しているため面接官は応募者に興味を持っています。

文字では表現できなかった志望動機や自己PRを準備しておきましょう。

応募企業の志望職種で何をしたいかを明確にアピールすることを忘れずに。

志望動機がうまく書けない時は自己分析を深めよう

考える

マスコミ業界へ転職したいけど志望動機がうまくまとまらない。

そんな時は自己分析が足りないのかもしれません。

自分の能力や経験の棚卸・長所短所・得意不得意・やりたいことなどを整理します。

自己分析の結果が企業が求める人物像や職種にマッチしているか確認しましょう。

募集内容に自分を合わせるのではなく自分が志望する内容の企業を探すことが大切です。

マスコミ業界の志望動機で困ったら転職エージェントに相談しよう

面接の様子マスコミはクリエイティブな面が多いため人気が高い業界です。

そして新卒・中途ともに応募者が多く狭き門です。

一般企業に近い職種もあればマスコミ独特の仕事も数多く存在します。

マスコミを希望する理由によりアプローチを変えることも必要でしょう。

マスコミ業界へ挑戦したいと思ったら転職エージェントに登録から始めてはいかがでしょうか?

転職エージェントは求人情報を持っているだけではありません。

過去に紹介した実績がある企業については採用情報も詳しく聞くことができます。

試験や面接の傾向と対策も入手できる可能性が高いです。

数少ないチャンスを手にするためにもぜひ転職エージェントに相談することをおすすめします。

まとめ

話をする男女 笑顔の女性

人々に様々な影響を与えるマスコミ業界。

クリエイティブな日常に憧れいつか挑戦したいと考えている方は多いのではないでしょうか?

あるいは新卒採用では叶わなかった夢を転職で実現したいと思う方もいるでしょう。

社会人経験を十分に活かした転職活動を成功させるために転職エージェントからのアドバイスは貴重です。

人気の業界の狭き門を突破するためにも転職エージェントは強い味方になるでしょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら